たのしい”びびなび”

このところ、引越しがらみの話ばかりです。
ま、しょうがないか。

部屋の荷物整理に大変役立っているのが”びびなび”というサイト。
このなかの「個人売買」のページで、引越し先に持っていかないものを売っているのです。

アメリカは、ムービングセールやガレージセールが盛んで、週末に街を走っているとあちこちに”Moving Sale @どこどこstreet”なんて看板がよく電柱に貼ってあります。
とくにこの辺りは、お天気の心配が要らない分、道端に商品をならべて(こんなもの買う人いるの?というようなものも多いですが)、本を片手にデッキチェアーでお店番なんて姿も見かけます。

このびびなびのサイトは、言わばオンラインのムービングセール会場。
売りたいものを、売りたい値段で出品すると、買いたい人から連絡があるという仕組み。
一番の利点は、「日本語」。
値段の交渉や、場所の説明など日本語で出来るのはやっぱり簡単なのです。
電話連絡が必要なときも、安心。

また、びびなびの中でも、ロサンゼルスエリアは見ている人が多いらしく、物によっては出品して5分もしないうちにメールが届いたりすることも。

そんなわけで、荷造り以外にも、写真とって→出品して→メールの返事書いて→受け渡し、、、とちょっと手間はかかるけれども、ほとんどはパソコン作業だけで、まだ使えるものを捨てなくてよいのはうれしいです。


貰い手がいなかったら、スリフトショップ(ドネーションされたものを安く売るお店)に持って行こうと予定していたものほとんどが、引越し前に引き取ってもらえそうで、ガソリン代まで節約できて(だいぶ値下がりしましたが)お得~。
[PR]
by daysofWLA | 2008-12-09 19:15 | 家のこと
<< ホームレス中学生 本の整理 >>