買い時?

同僚がついに家を買うことにしたそうで(まだ探している最中)、嬉しそうなので(そりゃそうだろう)、いろいろ話を聞いてみました。

中学生の息子!命!な彼女なので、家探しの条件は学区優先。
学校のレベルと、住宅価格の折り合いがつくところを選んでいるので、職場からは今よりも少し離れたところになるようです。

「最初は、リアルターを見つけてね、その人が条件に合う物件探しとか、家賃交渉をしてくれたりするのよ〜」
と、嬉しそうに話しだす彼女曰く、

「住宅価格と、ローンの利率が両方下がっている今買わないでどうするの!」
だそうです。

いやいや、買えるものなら買いたいですけれど、先立つものが、、、
なんて返すと、

「ほら、アジア人(本人もね)はやっぱりある程度貯めてから買おうとするわよね、
アメリカ人だったら、もうこの時点で貯金なくたって買っているわよ!!」

いや〜、だからサブプライムで偉いことになっちゃってるんじゃ、、、。


そんな彼女も、5年くらい前に家を買ったお友達からは
「あのとき買っていれば、今や家一件分くらい、黙っていても儲かったのよ!
どうせ今買うならどうしてあのとき買わなかったのよ!」
なんて言われているのだとか。


はなから投資目的な人は別として、自分が住む家を買う場合って、自分たちの生活にとって”今だ”っていう買い時が来るんじゃないかと思っているんですけどね。。。。

と言ったら、
「そんなこと言ってるだけだといつまでたっても、頭金なんて貯まらないものよ」
と、諭されてしまいました(笑)

まあねぇ。
でも、自分の服は滅多に買わない、外食もしない、メイクやスキンケアもしないのが自慢、美容院も数年に一度、祖国に帰ったときしかいかない、、って生活はやだし〜
とは言いませんでしたけど。

ともあれ、家探しというものは、強制的に探さなくてはいけないアパート探しよりも、ずっとずっと楽しそうなので、いつかは体験してみたいものです。

でも正直、書類とか手続きとか、ものすごくめんどくさそうなので、そんなすぐじゃなくても良いな。
[PR]
by daysofWLA | 2009-02-10 18:45 | 家のこと
<< Delonghi SOLARIS 風のガーデン >>