新型インフルエンザ

メキシコで豚インフルエンザに感染した人が亡くなっている、というニュースが出回ったのが先週の後半のこと。
ちょうど、風邪を引いていた私も、インフルエンザじゃない?などと心配されて、「豚じゃないよー」などと冗談を言ってましたが、そんなことも言ってはいられなくなってきたようです。

豚インフルエンザとは、豚にインフルエンザを起こすウイルスの名前かつ、その病気の名前。
本来は、簡単に人間に感染するものではありません。

ここ数年、日本でも養鶏場で発生が見られて、かわいそうにニワトリさんが全処分ということになっている鳥インフルエンザも元々は鳥の病気。

ニンゲンの間で流行して風邪のひどいのを引き起こすウイルスとは別物なのです。
ところが、例えば豚は豚のウイルスだけでなく、鳥インフルエンザウイルスやヒトのインフルエンザウイルスにも感染してしまうので、体の中にいろんな種類のウイルスを持ちます。
そうすると、豚の体の中でウイルスが増殖する間に、ヒトのウイルスから部品をもらったり、鳥のウイルスからもらったりして、新しいウイルスが出来てしまうのです。
これが変異体。

変異体は、人にも感染することが出来るようになり、豚ー豚だった感染経路が、豚ーヒト、ヒトーヒトへと広がっていきます。
しかも、新しいウイルスなので、ワクチンが開発されてない。
時に変異体は、元々のウイルスに比べて感染力や死亡率が高くなることがあるので、世界的に大流行が起こってしまうことを各国で警戒しているのです。

なので、現在、メキシコはじめいろいろな国で感染が確認されているウイルスは、正確には(豚由来)新型インフルエンザというわけ。もう豚インフルエンザじゃないですからね。

ちなみに、インフルエンザのワクチンで聞いたことのある、香港型は鳥インフルエンザから変異して香港から流行が始まったウイルス、ソ連型は豚インフルエンザから変異したものとされています。

インフルエンザウイルスの予防には、保湿・保温が一番。ウイルスは湿度の高いところを好みません。ビタミンを取って免疫を高めること。使ったティッシュはそこらに置かず、すぐにゴミ箱に捨てましょう。ちょっと体調がおかしいなと思ったら、仕事に来ずに主治医に連絡、出来るだけ家でおとなしくしているように、というのが、職場に回ってきたインフルエンザに関するメールに書いてありました。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-29 00:19 | LA生活
<< Museums on Us LA観光 友達編 >>