Value Vet

猫にカラーを巻いてから、1週間以上経ったのですが、あんまりはかばかしく治りません。

汚れたカラーを洗おうと外した途端にまた掻き壊して流血したり、だるそうにぐったりしている時間が多くなったので、病院に連れて行きました。

いままで行っていた病院は、毎回$200-$400かかってしまって、その後「ここら辺で一番高い」ところだと言うことを聞いたのと、毎回予約をしていっても、かなり待たされるのであんまり連れて行きたくなかったのです。

そこで、今回は近所のペット用品店の裏にくっついている、Value Vetという安そうなところに連れて行ってみました。
受付に書いてあった診察料$30というだけでも、以前の病院の半額です。


このクリニックの良いところは、診察や処置を飼い主の目の前でやるところです。
キャリーから出すときや、体温を測ったり、触診の間も飼い主がペットに触っていられるし、見えるところにいるから安心するみたいでした。
以前の病院では、簡単なワクチンとチェックアップだけでも、先生のゴム手袋をびりびりに引き裂くほど暴れたそうなのですが、今回は治療の間中、うんともすんとも言わずにとってもおとなしく、”Good Girl,Good Cat!"を連発されました。(親バカ)

先生の見立ては、「何らかのアレルギー」。
ダニや真菌などの検査は何もせずに、とりあえず抗生物質とステロイドで様子を見ましょうという方針でした。

連れて行く前に、ぐったりしていたのは熱が少し高かったようで、病院で抗生物質の注射と、ステロイドを飲ませてもらって帰ってきたら、久しぶりに部屋中を飛び回るくらい元気になっていました。(さすがステロイド)

まあ、いわゆる「ステロイド獣医さん」なのでしょうが、今回は皮膚病ですし、緊急を要したり、命に直接関わる病気でない限りは良いのではないかなと思います。
2週間の服薬で改善しなければ、また考えましょう。

良心的な値段で、信頼できる獣医さんが近くにあると良いんですけれどね。
[PR]
by daysofWLA | 2010-02-07 23:06 | 猫のこと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://daysofwla.exblog.jp/tb/12806368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takusukila at 2010-02-09 08:53
アメリカは医者も弁護士も会計士も獣医も、腕が良い=高いという方式が成り立ってるように思います。 you get what you pay forと言いますが、まさにその通り・・・かなーと。 NYの場合は腕のよくない獣医でも高いですが・・・(汗)。 ふじこちゃん、早くよくなりますように!
Commented by daysofWLA at 2010-02-09 15:21
takusukilaさん、そうなんですよね。
それなりの病院にいるお医者さんは高いなりの技術があるのだと思います。猫は何をされたかしゃべらないから、せめて目の前で処置してもらえると、値段に納得がいくのでしょうが、、。
お薬は効いてきているみたいで、目に見えて良くなってきました。どうもありがとうございます。
Commented by あづ。 at 2010-02-09 23:18 x
ふじ子ちゃん、お薬が効いたようでよかったですね。
薬は、あまり使用しない方がよいのでしょうが、長く辛い時間を経ても完治するとは限らないので、
有効性が高い場合は、使ったほうが絶対に良いと思うのです。
アレルギーの原因が判るとよいですね。
時期が時期だけに、乾燥性の皮膚炎だったりしないのかしらん。
このままよくなってくれるとよいですね。
Commented at 2010-02-10 08:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by daysofWLA at 2010-02-10 16:04
あづ。さん、あんまり劇的に治るので、良いのだけど、ちょっと心配になります。でも、人間に比べたら寿命が短い分、つらい思いをするのも出来るだけ短くしてあげたいなぁと思います。
このところこちらは雨続きなので、乾燥も収まってきているからそれも良かったのかもしれないです。
Commented by daysofWLA at 2010-02-10 16:08
鍵コメさん、そうなんですよ、早くお会いできたら良かったですね。
そちらの番地マイナス96です。ちょうど交差点のところ。同じホテルを毎日、真裏から見ています。
LAの楽しい思い出とともに、気をつけて帰られてくださいね。
Commented by きこ at 2010-02-11 02:51 x
おひさしぶりです〜。ブログ一気に読んでしまいました。ふじ子さん、調子悪いみたいでかわいそう。動物や赤ちゃんの病気って言葉で表現できないだけに見ていて辛いです。平気そうだけど実はすっごくしんどいんやろうなーとか。うちももう7歳で猫にしては若くないから寝る時間が増えています。
Commented by daysofWLA at 2010-02-11 13:36
きこさん、一気読みいただいて、ありがとうございました。
ふじ子の耳はおかげさまでもうずいぶん治ってきました。
しゃべってくれたり、言って聞かせられると良いんですけれど、難しいですね。
ミツバちゃんは7歳なんですね。まだまだ折り返しにも来ていないところですよ。お昼寝が長いのはこのところ寒いのもあるかも。
<< 365ブランドにご注意 停電でした >>