Value Vet

猫にカラーを巻いてから、1週間以上経ったのですが、あんまりはかばかしく治りません。

汚れたカラーを洗おうと外した途端にまた掻き壊して流血したり、だるそうにぐったりしている時間が多くなったので、病院に連れて行きました。

いままで行っていた病院は、毎回$200-$400かかってしまって、その後「ここら辺で一番高い」ところだと言うことを聞いたのと、毎回予約をしていっても、かなり待たされるのであんまり連れて行きたくなかったのです。

そこで、今回は近所のペット用品店の裏にくっついている、Value Vetという安そうなところに連れて行ってみました。
受付に書いてあった診察料$30というだけでも、以前の病院の半額です。


このクリニックの良いところは、診察や処置を飼い主の目の前でやるところです。
キャリーから出すときや、体温を測ったり、触診の間も飼い主がペットに触っていられるし、見えるところにいるから安心するみたいでした。
以前の病院では、簡単なワクチンとチェックアップだけでも、先生のゴム手袋をびりびりに引き裂くほど暴れたそうなのですが、今回は治療の間中、うんともすんとも言わずにとってもおとなしく、”Good Girl,Good Cat!"を連発されました。(親バカ)

先生の見立ては、「何らかのアレルギー」。
ダニや真菌などの検査は何もせずに、とりあえず抗生物質とステロイドで様子を見ましょうという方針でした。

連れて行く前に、ぐったりしていたのは熱が少し高かったようで、病院で抗生物質の注射と、ステロイドを飲ませてもらって帰ってきたら、久しぶりに部屋中を飛び回るくらい元気になっていました。(さすがステロイド)

まあ、いわゆる「ステロイド獣医さん」なのでしょうが、今回は皮膚病ですし、緊急を要したり、命に直接関わる病気でない限りは良いのではないかなと思います。
2週間の服薬で改善しなければ、また考えましょう。

良心的な値段で、信頼できる獣医さんが近くにあると良いんですけれどね。
[PR]
by daysofWLA | 2010-02-07 23:06 | 猫のこと
<< 365ブランドにご注意 停電でした >>