久しぶりに昼ヨガ

年末から、体重が微増し続けています。
食べるものはそんなに変わっていないはずなのに、
ホリデーシーズンのごちそう期で食べる量が増えて、そのままなのかも。

とりあえず運動量を増やしてみようと、久しぶりに昼休みのフリーヨガに行ってきました。

開始当初の人気は落ち着いたようで、この日は10人くらいの集まりでした。
部屋のサイズから行くと、このくらいの密度が心地よいです。

インストラクターはS先生。
相変わらず、個人にポーズのお直しを全くせずに淡々と、シークエンスを進めてスタイルでした。

それでも、久しぶりのフロー系だったので、全身をまんべんなく動かせた感じがして気持ちが良かったです。
最後のショルダースタンドは、サンサルテーションだけのウォームアップでは、まだ肩がうまく開かない感じだったので途中で止めました。


面白かったのは、最前列にマットを敷いていた年配の女性です。
マットも自前、服装もきちんとヨガウエアで準備万端という感じなのですが、
先生のイントロがはじまると、全く違う動きをするのです。
それも、各ポーズを簡単バージョンにアレンジというわけでもなくて、全く別のもの。
みんながダウンドッグをやっているときに、仰向けに寝てツイストしてみたり。

結局、自分のやりたいポーズをひととおり終わったときに、
クラスはまだ途中なのですが、マットを丸めて部屋から出て行ってしまいました。

ふだんよくそのクラスに行っている同僚曰く、「彼女は毎回ああなのよ」。
とのこと。
しかも、他の人が知らずに彼女のスポットにマットを置くと、無言でその人のマットをずらして自分の場所を確保するんだそうです。

ひょえー。おそろしやー。

S先生も何か言えばいいように思うのですが、もともと、自分のシークエンスを
誰がどの程度ついてきているかもあんまり気にしていないような人なので、
いままでも何にも言った様子がないそうです。

自分が教えている目の前で、全く違うことをされたら、かなり気分が悪いでしょうに、
それでも平然と教えられるのは、ヨガのおかげで精神が安定しているからなのでしょうか。

ヨガスタジオでも、クラスの間にトイレに行ったり水を飲みに行ったりはかなり自由ですが、
さすがにお金を払っているクラスで、好き勝手なポーズをする人はいないので、
やっぱりフリークラスだからというのもあるかも知れません。


でも、やっぱりびっくりだわーーー。


今月から仕事のスケジュールを少し変えてみたので、昼ヨガにいける機会が増やせそうです。
運動のあとでお昼を食べ過ぎないように気をつけなくっちゃ。
[PR]
by daysofWLA | 2011-04-13 12:10 | 趣味のこと
<< デパートの機動力 コリアタウンでボッサム >>