Vegan Sushi

お誘いを受けて、とあるレストランへ、プレオープンパーティに行ってきました。

West LAから小一時間(渋滞込み)の所にある、Granada Hillsという町の、Vegetable Delightというお店です。

こちらは、18年も続いているというベジタリアン(素菜)中華料理のお店。
そのお店で、日本人のHarumiさん&Miwaさんが、ヴィーガン寿司&デザートを提供することになり、そのお披露目の会でした。

マクロビオティックの要素も入っていて、お砂糖、魚系の出汁も使わず。
もちろん化学調味料も使われていないので、頭が痛くなる心配もありません。

オープニングパーティって初めてだったので、サンプルサイズでの提供かなと思っていたのですが、こんなに色々なメニューがバフェスタイルのフルコースで振る舞われましたよ。

新しいお料理がを取りに行くたびに、だんだんとお腹が苦しくなってくるのは分かっていたのですが、美味しそうなのでついつい食べてしまい、次の日の夜までお腹が空きませんでした。


前菜プレート
クリーミーなポテトサラダと、お豆腐の胡麻ソースがとっても美味しかったです。
酢の物も、つんとした酸っぱさがないマイルドなお味。
真ん中にあるのはスパイシーな味付けの枝豆です。
この他に、コーンクリームスープも頂きました。これがまたふわっふわで。コーン好きにはたまりませんでしたよ。
b0066900_13474742.jpg




お寿司プレート
ベジ鮪&サーモン握り、カリフォルニアロール、etc
カリフォルニアロールに入っている、ツナマヨのようなもの。魚っぽい味がするんです。
ふしぎ~。
b0066900_13475185.jpg

鮪とサーモンはパプリカで出来ていますが、ヅケになっているものが気に入りました。
エリンギや椎茸の握りは、キノコの美味しさがよく出ています。これは普通のお寿司屋さんでもあったら嬉しい。
どれも、お魚を切り身にするお寿司よりも、きっとずっと手間がかかっていますよね。


お肉プレート
鶏の唐揚げと、トンカツ。
どちらもセイタンなどのグルテンミートで出来ているそうです。
唐揚げのこんがりした所など、ほのかにレバニラに入っているレバーの唐揚げのような味もします。
トンカツも柔らかくて美味しかったですが、私はもうちょっとクリスピーな方が好きなので、衣と肉(じゃないけど)のバランスで、ヒレカツのようなひとくちカツサイズで食べたいなぁと思いました。
b0066900_13475437.jpg



炭水化物プレート
明太子スパゲッティ、ベジピラフ、鰻ちらし寿司
明太子スパゲッティは絶品です。ホンモノのタラコスパではあり得ないタラコの粒々の多さ。
ちらし寿司は、肉厚な椎茸を鰻に見立ててありました。酢飯の味付けが握り寿司よりもしっかりしていて、美味しかったです。ちらしに干し椎茸は割と普通でもあるので、鰻というからには焦げなんかがあったら楽しいかなぁと思いました。
b0066900_13475931.jpg


デザートプレート
オレンジムース、キャロットケーキ、ティラミス
乳製品が入っていないとは思えませんね~。甘さも柔らかいです。
ムースはとてもサッパリしていて食後のデザートにぴったり。
キャロットケーキは市販のものよりもさらにguiltlessな感じです。
ティラミスもとーーっても美味しいです。穀物コーヒーの苦みがちょうどよく効いています。
b0066900_1348272.jpg


ほかに、イチゴムースもあってお土産にいただいたのですが、こちらはオレンジムースよりもこってりしていました。イチゴがどれだけたっぷり使われいるんでしょうと思うほど、しっかりとしたイチゴ味です。

ふつう、マンゴープリンや杏仁豆腐くらいしかない中華のお店で、こんな美味しいデザートが食べられるのは嬉しいなぁ。

Harumiさん&Miwaさん、美味しいお料理をどうもごちそうさまでした。
これからたくさんのお客さんが増えていきますよう、応援しています。


一時期マクロビオティックのクラスを受けたり、「内食ベジタリアン」を試していたこともありますが、野菜だけのお料理は良い食材を選ぶところから、つくる手間もかかるし、最近はかなりお肉や乳製品も食べるようになっていました。
でも、こうして久しぶりにビーガン料理を頂いて、刺激を受けた気分です。
[PR]
by daysofWLA | 2011-07-06 19:00 | 楽しいお出かけ
<< 今朝のふじ子 ヘルシーメニュー続報 >>