ドリカムワンダーランド in Los Angeles

b0066900_1835494.jpg

あー、楽しかったです。
ドリカム。

「何度でも」から始まってアンコール2曲まで、2時間たっぷりのライブでした。
(LAのセットリストもどこかにアップされるでしょうか)

B'zのライブの時に「中途半端な時間から並んでも、良い場所では見られない」と学習したので、今回はチケットにあった7:00の1時間前=6時から並びはじめました。
(ただし、駐車場に車を入れたのは3時半頃、そのあとはコリアンタウンでお茶をしながら時間を潰していました。)

結局、ドアオープンが7時だったようで、中に入ったのは8時近かったでしょうか。

Wiltern Theatreはステージ前のPitエリアから後ろの方まで客席がスロープになっているのでオール・スタンディングでも見やすかったです。
b0066900_181774.gif


しかも、会場に入ってすぐにBarテーブルとスツールを確保出来たので、それに座ったり、もたれたりしながら見ることが出来ました。
1Fの中では一番後ろの方から見ていたのですが、それでも椅子の列に換算すると30列前後なので、スタジアムや武道館などで考えたら充分アリーナ席レベルです。
しかも、ビールやカクテルをのみながら聴けるのが良いですね。
b0066900_1835712.jpg

B'zの時はチラチラとしか、ステージの上が見えなかったけれど、今回は全体がとってもよく見える位置がとれたので、パフォーマーのダンスや演奏の人たちまですべて視界に入って楽しめました。
(やっぱり見えるほうが楽しめますね)

ただ、2階席の張り出しの下部分だったせいもあるのか、音が響きすぎて、こもっていたのが残念でした。
ほぼアカペラで歌うような曲は良いのですが、ホーン系が入る賑やかな曲だと、演奏が強く響きすぎて歌が聞こえな〜いてこともありました。

前の方に居た方は音はどうだったのでしょうね。

4年に1度のドリカムワンダーランドでは、ファンのリクエストを元にセットリストを組むのだそうで、その集計結果の上位30曲をずいぶん前から予習で(笑)聴いていました。
実際は、この中の20曲近くに加えて、最新のアルバムから何曲か、あとは古めのアルバムから何曲かという構成でした。
新しめのノリノリ曲は、前の方の人たちもあんまり動いているひとが居なくてちょっと、もったいない感じ。

これから、アナハイムやシアトル、NYなどのライブに行かれる予定の方は、”予習”をしていくときっと楽しいですよ〜。

ライブの最後まで、声量も衰えず伸びやかに歌う美和ちゃんはさすがだなぁ、、、と改めて感動しました。
生で聴けてよかった!
[PR]
by daysofWLA | 2011-10-01 20:13 | 楽しいお出かけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://daysofwla.exblog.jp/tb/16378345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すいかりん at 2011-10-06 10:33 x
何時ぞやは暖かいメッセージをありがとうございました。
身体も気持ちもつらい時だったので、本当に嬉しかったです。
おかげ様で、体調も、戻って欲しくなかった体重もしっかり元通りになりました。
また、時々寄らせてくださいね。

ドリカム行かれたんですね~!
羨ましい~!!!
それもほぼアリーナ席なんて。
予習をして行ったdaysofWLAさんはホントにエライ!
Commented by daysofWLA at 2011-10-08 02:19
すいかりんさん、お元気になられたみたいで良かったです。
日本への旅行は楽しいけれど、張り切りすぎて疲れてしまうこともありますね。
ドリカムは古い曲もたくさん歌ってくれたので楽しかったです。
日本のスタジアム規模に換算してのアリーナ相当ですけれど、会場が小さかったりチケットもとりやすかったりと、日本人アーティストのLA公演はなかなかお得ですね。
Commented by Miyako at 2011-10-09 01:34 x
こんにちは! 私も3日のHouse of Bluesのコンサートに行ってきました。 小さい場所だったので、5メートル先に美和ちゃんが。。。。 46歳には見えないお肌ぴちぴち超かわいかったです! 久しぶりに大声出して楽しんできました~ ドリカム最高。
Commented by daysofWLA at 2011-10-10 14:30
Miyakoさん、アナハイムのライブを見に行かれたのですね〜。
私も美和ちゃんがあんなにかわいい感じの人だとは、ライブでみて初めて知りました。
改めて、ドリカム良いなぁ〜と思いますよね。
<< San Diegoへ電車でGo 害虫駆除顛末 >>