土の入れ替え

日曜の朝、出かける予定よりずいぶん早く起きられたので、ここしばらく「やらなきゃ」と思っていたことをやっつけました。

うちのベランダで、もう2年以上頑張って咲き続けているインパチエンスの植え替えです。

発芽ペレットで大きくなった苗を植えて以来、切り戻しはしたものの植え替えはしていなかったので水をやるたびに土がかたくなっているのが気になっていました。土の量もだんだん減っているような気もしていて。

ちょっと前に伸びすぎた茎を切った部分も落ち着いて、小さな芽が根元の方から伸びてきているのも見えます。今なら調子がよさそう(といっても、インパチエンスはいつでも調子が良さそうです)。トリミングしたので作業もしやすいです。

根元の周りをざくざくとスコップでえぐってひと株ずつ取り出しました。
途中でイトミミズサイズの百足さんにコンニチハ。

プランターの端っこや底の方に残った土は、伸びて絡み合った根でカチコチに固まっています。
(それだけの根っこを切り落としてしまった訳ですが、ま、なんとかなるでしょう)
かたいのは表面の土だけではなかったのです。
それらの古い土はもう栄養もないだろうと再利用せず廃棄にしました。廃土は袋に詰めて一般ゴミのシューターにボトン。ゴミの日を考えなくて良い生活は楽です~。


b0066900_3274531.jpg

せっかくなのでプランターもきれいに洗い、新しい土を入れ、取り出した株の根っこに付いている古い土もなるべく落として植え付け。
隙間にフカフカの新しい土を足して、水をたっぷりやれば作業終了です。

ついでに、ひとりぼっちのパイナップルと老いぼれローズマリーにも同居を持ちかけてみました。
ローズマリーのプランターの土は、インパチエンスのものよりもさらにかちかち。
他のプランターと同じペースで水をやっていても土とプランターの隙間から底に流れ抜けていただけのようで、ボロボロに乾燥しきっていました。
当然ローズマリーの根っこもひょろひょろと頼りないものが数本のみ。それでもまだ緑の葉が出ている部分もあるので、復活に期待してみます。

b0066900_3274836.jpg

このひどい状態のローズマリーを料理に使うことは最近はないのですが、水やりの時にあの香りがふわっと立つのは好きな瞬間です。だから、元気になるといいな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-29 07:44 | 趣味のこと
<< 野菜中心ディナーで調整 ナウシカ・ナイト >>