LAの3月1日

オダマキです。

1袋分の種をまいたのが、去年の初夏。
いくつか芽は出たけれど、生き残ったのが2株。
ちょっと時期が遅かったのか、その夏にはひょろひょろと伸びただけで、花は付きませんでした。
同じプランターに植えた矢車菊が枯れたあとも、オダマキの葉だけが残り、冬の間はカビっぽい斑点が出たりして、つらそうでした。
調子の悪そうな大きな葉をカットしておいたら、1月の終わり頃から元気な芽がむくむくと出てきました。

でも、今回の葉っぱは伸びが悪いなぁとおもっていたところ、
2株のうちの1つに、なにやら見かけない白いものが出現しました。
白いものは、ぷく~っとふくらんで、2日後には紫色に。

そしてとうとう、パカっ。
b0066900_1162731.jpg

1袋から花ひとつ。なんと効率の悪いこと。。。。
でも、咲いたところが見られて良かったわ。
子供の頃に住んでいた家は、むちゃくちゃ日当たりの良い庭があり、オダマキなんて雑草かと思うくらいポコポコ咲いていたのです。
こんなに効率が悪いのは陽当たりのせいなんでしょうね。かわいそうだな。

b0066900_1163053.jpg

お見せできるのがオダマキひとつだけでは寂しいので、UCLAのガーデンのお花を載せましょう。
桜、椿、ツツジ、藤、、、みんないっぺんに咲いております。
b0066900_1163230.jpg

b0066900_1163323.jpg

b0066900_1163531.jpg

b0066900_1163766.jpg

前に載せたミモザも、その他のチマチマした黄色い花も他の時季には咲きません。
四季がはっきりしないとはいえ、真夏に比べると春はお花が多いのです。
不思議な気候ですね。
[PR]
by daysofWLA | 2012-03-02 01:10 | 趣味のこと
<< Costcoでお買い物(3月4日) Egyptian Magic ... >>