お風呂の工事のつもりでいたら

コリアンスパに行った翌日だったでしょうか、アパート全体の給湯器が壊れました。部品が届かないとかで3日ほどお湯なし生活を強いられました。
やっとお湯が出るようになったと思ったら、今度は温度調整がうまくいかなくなり、毎朝のシャワータイムは罰ゲームのよう。適温から熱湯へ、ダイアルで温度を下げれば、冷水へと、その不安定さはYellowstone National Park で泊まった老舗ホテルOld Faithful Innに負けないほどです。

しばらく経って、マネージャーから4月xx日からxx日に全ユニットのお風呂のレバー(温度と水量を調整するための)を交換します。
とお知らせがありました。

当然の事ながら、その工事日程はかってに延期になったようで、お知らせは何もなかったかのように剥がされていました。
そしてまた1週間ほどして、4/30-5/4で工事をやります。との張り紙。

で、今日がうちの部屋の工事日でした。

出かける頃に近いところでガリガリと音がしていたのでバスタブ内のシャンプーのビンなどはどけておきました。
b0066900_11145785.jpg

これが新しいレバーと蛇口。
一番下に写っている、排水ストッパー(入居時から壊れたまま)のレバーは修理しなかったようです。

お風呂だけチェックしてキッチンで作業をしていたところ、猫の姿が見えなくなったので、ベッドルームへ探しに行って見たら、

ビックリ

b0066900_13554958.jpg


誰か旅行から帰ってきたんですか?状態でスーツケースがクローゼットから出ています!!
TVの大きな空箱やポスターの額なども出されて私のデスク周りにバリケードを作ったの???

ちょっとわけが分からず、クローゼットに入ってみると、
物入れの棚が壁から離されてその新しいスペースで猫がチョロチョロ。
b0066900_13555035.jpg



壁には大きな穴がくり抜かれているのです。
b0066900_13555078.jpg



元々作業用にフラップ式の蓋があったのにそこからでは作業が出来なかったんでしょう。
b0066900_13555180.jpg


その上をザックリくり抜いてレバーの交換をしたようです。
確かにお風呂のレバーの裏はその位置だけど、

くりぬいた壁は引っかかっているだけだし、
棚やスーツケースは戻していないし、
やりっ放し過ぎですよ~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今日、出掛けに貼り紙を見直したら
「Make clear the area opposing bath tub」(バスタブの裏側をあけておくように)と書いてありました。
文句は言えないのかな。


<追記>
5/4;マネージャーさんに、「壁は直すの?直すまで荷物はどけておいた方が良いの?」と聞いてみたところ、
”Of Course! We will repair the wall”「もちろん!!直すに決まってるじゃない!」
「でもいつになるか分からないから、日程が決まったらまた張り紙するから、それまで元に戻しておいて良いよ」と言ってました。

しょうがない、片付けるかなぁ~。
[PR]
by daysofWLA | 2012-05-03 18:52 | 家のこと
<< Five Guysで悪あがき The Help >>