便利な「レモンの塩漬け」

塩麹のレシピをネットで見て回っていた時に、「レモンの塩漬け」なるものの存在を知りました。

b0066900_8235855.jpg

櫛形に切ったレモンに塩をまぶし、塩が溶けるまで置いておくだけ。
タジン鍋の料理に使ったりするようです。

ちょうど良い大きさのビンがなかったので、レモン2個分が入る小さいガラスのタッパー容器で作りました。
室温で1週間くらいで出来るようですが、日本に帰省する前に仕込んだので、冷蔵庫に入れておきました。
帰ってきたら、出来上がってた(^^)v

これがなかなか便利です。
塩味と酸味、レモンの風味が一度に付けられます。

皮ごと細かく刻んでヨーグルトベースのドレッシングに入れたり、キノアサラダに入れたり。

ラム肉を漬け込むのに使ってみたら、これも美味しくできました。
今まではレモン汁+塩+ローズマリー+オリーブオイルでやっていたところを、レモン汁+塩の代わりに塩漬けレモンを使ったのです。

レモン汁の尖った酸味と苦みが”マイルドだろぅ?”になった感じです。
皮の苦みはどこへ行ってしまうんでしょうねぇ。


b0066900_824090.jpg


私の好きなキノコマリネ(いろんな種類のキノコをオリーブオイルと塩とレモンで蒸し煮にしたもの)にも使います。
b0066900_830287.jpg


今までは使い切れないレモンは絞って冷凍していたけれど、塩漬けも使い勝手がよいコトが分かったので、
無くなったらまた作ろうっと。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-01 08:05 | 趣味のこと
<< 三浦しをん作品を読みまくる 2012ロンドンオリンピック ... >>