暑い日にサウナ@Century Day and Night Spa

8月の暑い日が続いていた頃、しばらくヨガを休んでいたせいもあるのか、熱が身体の中にこもって汗が出ない様な感じがしていました。(じっさい、ほとんど汗をかかず)

こんな時には、サウナで汗腺を開いてしまいましょう!と、韓国スパへ出掛けました。

今回はどこにも割引クーポンが見あたらなかったので、私にとってLAで初めて行った韓国スパである、CenturySpaへ行ってみました。

ここは、以前は男女完全別だったのですが、少し前に共用のチムジルバン(温かい床の広間)が出来たとのこと。

行ってみると、男女別のSpaは$20、チムジルバンといくつかのサウナルームは追加で$5でした。

Spaの方もシャワーブースやアカスリスペースがリモデルされていました。
ここの特徴である、大きくて深い浴槽はそのまま、薬草風呂、ジェットバス、冷水風呂の3種類です。

ですが、シャワーブースの壁に付いている照明の傘が腐食していたり、大きな浴槽のタイルがぬるっとしていたり(温泉の湯ノ花と思い込もうかとしましたが、無理でした)、ドライとスチームのサウナが両方ともイマイチ熱くなかったり、、、とそこはかとなく不潔感が漂っています。

前回行ったCrystalSpaや他の新しめの韓国Spaでは、タオルや施設内ウエア(Tシャツと短パン)が使い放題なのに、ここでは入り口で1セット渡されたら、それっきりです。
ウエアも洗ってはあるんだけど、なんだか変な薬品ぽい臭いがしました。

チムジルバンは別なフロアにあって移動するのですが、その移動経路が外履きの人も通るようになっていて、Spaのあとに裸足で通るのが正しいのか疑問です。
b0066900_1642916.jpg


チムジルバンは新しいだけあって清潔で、しかも異常にデカイ。
ちょっとした体育館ぐらいあります。
その壁際には、60℃近い温度の、Salt Room, Gold Roomなどが設けてあるのですが、熱々の石や塩の上をこれまた素足で歩かなくてはならないのです。
タオルやござが敷いてあれば良いのに。
このフロアーには、食べ物や飲み物を出す売店も出来ていました。
ただし、Spaのエリアには無料の水タンクすらないのです。

そんなわけで、サウナで汗腺を開くという目的は達成したものの、値段の割りに満足度は低いなと思いました。
改装と同時に24時間営業になったので、掃除する時間が無くなったんでしょうかね。

帰ってからレビューを見てみると、意外にも高評価の意見が多かったです。
ただし、好レビューを書いている人はそのほとんどが「男性名」。
いくつかは、「ここはゲイ・フレンドリーで、とっても気分が良かった」なんていうものも。

以前から、スタッフの人が初めから英語で対応したり(他の韓国Spaは韓国語デフォルトが多い)、お客さんにも白人の人が多かったりしていたので、それは好印象だったのですが、男風呂の方はお客さんに偏りが出来ているのかも知れませんね。
(もしかして男風呂の方はもっと清潔なのか?)

客層はどうでも良いのですが、あまりにも清潔感に欠けた印象だったので、もう行くことはないと思います。広々としたお風呂が好きだったので、とっても残念なのですが。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-12 15:25 | 楽しいお出かけ
<< 強引な畑づくり 20年ぶりにピカピカ >>