レストランでサンクスギビングディナー

夫婦二人でターキー焼いてもねぇ、、、ということで、サンクスギビング当日はレストランを予約してみました。

営業しないお店が多い中、開いているお店はどのくらいお客さんが来るのか興味があったのです。

サンクスギビングはディナーとは言っても、家庭では昼間から集まるおうちが多いそうで、家を出る頃には、日本のお正月のように車も少なかったです。

お店は4時から8時までの営業で、5時に予約を入れてみました。
着いてみると、4時からのお客さんでほぼ満席。
5時からの組は入り口に近い辺りに増設した様なテーブルになりました。
奥の席の方が内装も素敵なので、これはちょっと残念だったな。

満席のため、ウエイターやウエイトレスさん達もものすごく忙しそうです。

コースは
前菜;サラダ or スープ
メイン;ターキー、ステーキ、or 魚
デザート;パンプキンパイ or クリームブリュレ&パンプキンケーキ
のプリフィックスです。

アミューズとパンを摘みながらしばらくするとお料理が運ばれてきました。
b0066900_8173358.jpg


スープはバターナッツスクワッシュのポタージュに椎茸のトッピング。
b0066900_8173113.jpg

この椎茸は、ちゃんと旨味の働きをしていましたよ!

ターキー
b0066900_8172961.jpg

胸肉ともも肉の大きなスライスに、スタッフィング、キノコと野菜のソテー、クランベリーソース、ヤムひと切れ。バランスが悪いくらいに大盛りではないですか。

普段はもも肉がちょっと苦手なのですが、このお肉は臭みもなく味わい深かったです。
胸肉はふわふわ?というくらいにやわらかく、ひと皿で2種類の鳥を味わえた気分。
これがプロと家庭料理の差かしら。
もとのターキーもすごく大きいんでしょうね。

リブアイステーキ
b0066900_8172613.jpg

夫が注文した物ですが、これもびっくりするほど大きなひと切れでした。
外側のカリッと焼き上がった部分と中のレア部分が良いバランスです。

パンプキンパイ
b0066900_8172328.jpg

パイ自体は甘さ控えめで、キャラメル&ホワイトチョコレート風のソースと良く合います。
添えられていたベリーのキルシュシロップ漬け(和え?)がとっても美味しくて、これはうちでもやってみたいなぁ。

クリームブリュレ
ひとくち味見しましたが、こっちも美味しいのですよ。
b0066900_8172268.jpg



というわけで、ボリュームたっぷりのお料理でかなりお腹いっぱいになりました。
他のテーブルで、ドギーバッグをもらっている人を見て、「あ、がんばって食べなくても持ち帰れば良かったぁ」と思ったときは遅かった(笑)。

お客さんは、うちのようにカップルで来ている人、ちょっと大きめの家族グループで来ているような人たちが半々くらいでしょうか。
6時には最初の組が帰り始めていたので、2回転は確実、もしかしたら3回転はするのでしょうね。

お隣のテーブルでチップの計算をしているのが聞こえてしまったのですが、「15%!」と女性が言い張っていたので、サンクスギビングのディナーでもそんなものなんだ!?と少し驚きました。
特別の日にはチップを多くするものなのかなぁと思っていたんですけど。


このところの平日に比べると、ずいぶん早い夜ごはんだったので、帰ってきてもまだ7時過ぎ。
私がターキーと赤ワインの相乗効果でウトウトしている間に夫は再び仕事に戻り、Black Fridayセールがキックオフになる頃にようやく帰宅しました。
ブラックフライデーのために何日も前からお店の前でキャンプしている人達をTVで見ていたので、「どんな感じか買い物に出掛けてみる?」なんて話も出たんですけど、「欲しいものが無いよね」ということで、出掛けず仕舞いでした。
[PR]
by daysofWLA | 2012-11-22 17:00 | 楽しいお出かけ
<< Peet's Coff... コンタクトレンズでmonovi... >>