パイプ洗浄剤を切らしたときは

古いアパートのせいか、お風呂や洗面所の排水口がひんぱんに詰まります。

専用の洗剤(溶解剤)も色々売ってますが、ワタシ的に使い切ったら次を買っておくというモノではないため、詰まったときに切らしてること多々アリ。

そんなときは、

ブリーチどん!(一社独占(たぶん)の漂白剤ですよ)
b0066900_1004121.jpg


これをドボドボ〜と垂らして、しばらく放置します(朝仕掛けて、帰ってくるまでとか、短くても2時間くらいは置いてます)。
放置中は排水口を使わないようにブリーチのボトルで目印&ブロック。

で、しばらく経ったところで、やかん一杯の熱湯をジョ〜〜〜〜。

これでたいてい、スルスルと流れるようになるのです。

HowToサイトなどを見ると、石けんカス落としに効果的な重曹+お酢コンビも良いとか。


ところで、これ、うちのバスルームの換気扇なのですが、うるさいと思いませんか?

デフォルトでは電気のスイッチと強制的に連動していたのを、あんまりうるさいので、延長コードで別スイッチとつなげていたのです。
それを、先日の「市による点検」(これ自体は2分で終わりました。キッチンを少し覗いた以外、他の部屋はノーチェック)に先だってのオーナー会社によるチェックの時に「外しなさい、キ〜ッ!」と怒られ、元に戻しました。
「うるさいから、、、」と音も聞いてもらったんですが、「これは普通です!」と。
普通なのかなぁ。
建物の古さに見合う普通なのかなぁ。
ドアが開いていると、TVの音はかき消されますよ。ドアを閉めた状態では中に居たくない感じ。
デシベルとか計ってみたいです。

そろそろ、別スイッチに戻しましょうかね。
[PR]
by daysofWLA | 2013-02-07 14:31 | 家のこと
<< 冷蔵庫の買い換えを妄想する スーパーボウルと節分 >>