マカロンの副産物

久しぶりにマカロンを作りました。
b0066900_16545579.jpg

お菓子作りもそれをきれいな写真に撮るのも上手なJ子さんがうちまで来て下さって、一緒にチョコレートマカロンを焼いたのです。

今回は卵白液ではなく普通の玉子(TraderJoesの$1.79/パック)を白身と黄身に分けて使いました。
b0066900_16545464.jpg


結果がこちら。
はじめは高温で焼く3分経ってもピエが出ず「こんな失敗って〜」とドキドキしましたが、温度を少し上げて時間を延ばしたら続々とピエが出てきて、その後の低温での焼きも上手くいったのです。

久しぶりでもうまく焼けて嬉しいな。もうマカロン極めたんじゃない?
と浮かれていたら、バニラバタークリームが上手に絞り出せないの刑が待っていました。
最後はティースプーンで小さく取って挟んだのですが、量がうまく調整できずクリーム多めのサンドも出来てしまったり。
やっぱり一筋縄ではいかないマカロンなのでした。


あまった黄身は、ちまたで噂の醤油漬けにしてみましたよ。
漬け時間を半日と一晩で食べ比べてみると、
b0066900_16545745.jpg

半日漬けた物は玉子かけご飯の味。
b0066900_1655127.jpg

一晩漬けた物は、イクラ丼の味。
イクラ丼を食べると玉子かけご飯の味がしますよね。それが逆に再現されるとは。
ちなみに、これまで生で食べたいときは日系スーパーで売っている「地鶏の玉子」を買ってましたが、今回の醤油漬けで、TJの一番安い玉子でも大丈夫なんだな、と証明されてしまいました。
ま、まだサンプル数は2例だけ(夫と私)なので、試される場合は自己責任でお願いします。004.gif
[PR]
by daysofWLA | 2013-03-09 12:27 | 趣味のこと
<< 渋谷駅が無くなる!? Global Forever ... >>