氷なしの値段

b0066900_6194916.jpg

非常〜〜〜に暑かった母の日。(写真は実家で母が咲かせたお気に入りのバラだそうです)

起きぬけに映画を見て、スンドゥプを食べにコリアタウンへ行き、何か冷たいものが飲みたいねとサンタモニカのUrthCafeまで足を伸ばしました。

ロサンゼルスの中を東から西へ(内陸から海へ向かって)移動してみると、サンタモニカはずっと涼しいのがよく分かります。
お天気が良いからと夏の格好で出かけると、アジア人には寒いのですよ。
b0066900_6192013.jpg

そんなわけで、UrthCafeではアールグレーミルクティ・ボバを頼みました。
寒いから”氷抜き”を注文して、めずらしくレシートを眺めてみると、
その分$1チャージされていました。
b0066900_6193220.jpg


ここ、前に「紅茶が濃いから差し湯をください」と頼んだ時も$1とられたんですが、
それに比べたら、氷抜きのチャージは実質量が増えるので納得できます。
氷がとけて味が薄まる事も無い訳ですし。

日本のカフェで氷抜きをたのむと、コップの半分くらいまで減量した飲み物を出されて、情けない見た目にがっかりする事がありますけど、それに比べても、チャージされる方が良いかな。

久しぶりのアールグレー・ボバは美味しかったです。
(途中でボバは要らなくなるのです)
お店では抹茶系ドリンクに力を入れているみたいで、グリーンの飲み物を注文している人がたくさんいました。

相変わらずお店は劇混みなので、早々に外へ出てMain通りのお店を冷やかしたり、ビーチを通って裸足で砂の上を歩いたりしました。
砂はポカポカと暖かくて気持ちがよかったです。
[PR]
by daysofWLA | 2013-05-12 03:31 | 楽しいお出かけ
<< 1カ所目の面接 猫の洗い方 >>