アパートのリノベーション その後

5月以降にどんなことがあったかといいますと、

内廊下のカーペットが剥がされ
b0066900_18154095.jpg

バルコニーの床面とフェンスが変わり
b0066900_18154177.jpg

b0066900_18154215.jpg


空部屋をリノベーションするのに撤去した廃材が、2階、3階からコの字のパティオにバキバキと投棄され
b0066900_18154240.jpg


足場と幕が外されて新しい外観がお目見えしたと思ったら、
b0066900_18154330.jpg


エントランスから壁もろとも郵便ポストも撤去
b0066900_18154449.jpg

b0066900_18154594.jpg

ポストはガレージ内に移動したけれど、この頃ガレージが常時解放になっていて郵便物が盗まれ中身が抜き取られて箱だけ捨てられました。

エレベーターのボタンもびよよん
b0066900_1815453.jpg


マネージャーからの工事予定のお知らせが滞る中、内廊下の壁と天井も剥がされて(部屋番号プレートの脇に貼っていた猫ステッカーも無くなってしまった(~_~;))、ある日ドアを開けると粉塵で視界が真っ白だったり
b0066900_18154616.jpg

ドアにジッパー付きのビニル幕が長いこと張られたり、
b0066900_18154726.jpg


エントランスの開口部がばっくりと入れ替えられて、こんな外し方をして建物は歪んだりしないのかな
b0066900_18154815.jpg

と思い始めると、きちんと閉まらなくなった非常口のドアや
b0066900_18154743.jpg

室内のカーペットと壁との間に広がったような気がする隙間が妙に気になります。元々ちょっと傾いてる気はありましたが。

そのうち、内廊下の壁がグレーに塗られ、
b0066900_18154935.jpg

リノベーション済みの部屋のドアは紺色になりました
b0066900_18154913.jpg

クールで今風なのかもしれないけど、寒色過ぎて好きじゃないな〜

b0066900_18155039.jpg

ようやく貼られた内廊下カーペットも黒。

外されたお隣さんの部屋のドアをガレージの廃材置き場で見つけて、さみしくなったり。
b0066900_18155155.jpg


そして、外装の仕上げに、小っ恥ずかしい各国語レリーフ(しかも文字から水がジョロジョロ染み出るのよ‼︎)が登場した時には、「新オーナーとはさっぱり趣味が合わないな」と思い知らされました。
b0066900_18155271.jpg

b0066900_18155241.jpg

お知らせもなく、勝手に番地も変えたみたいだしねぇ


と、諸々うんざりして来たところへ、だめ押し的に
「12月からパーキングの再契約をしてもらいます。引き続きアパートのパーキングを使いたい場合は$225/月家賃とは別に払ってね」という一方的な通告が来まして、
これって既存の住人をじわじわと追い出したい新オーナーの地上げ屋みたいな作戦なわけです。rent controlがあると契約しているアパートの場合、家賃を突然上げるのは違法なんですが、今まで家賃に含まれていたものを別費として取ることにするのは法律的にokだそうで、、、
でも住んでいる側にとっては、室内は今まで通りの上に、工事で快適度が下がっているのに家賃アップと同じなわけで、、、


もう、なんだかとことん嫌になってしまいましてね。

引越しを決心したのです。
[PR]
by daysofWLA | 2014-11-17 15:12 | 家のこと
<< 部屋探し バンクーバー旅行(2) >>