Fireworks in Marina del Ray

毎年、聞こえてくる花火の音にそわそわしてしまうので、今年は見に行ってきました。
b0066900_17365971.jpg


今回の写真は、ダメダメです。
というのも、最初に三脚もスタンバイしていた場所からだと、木のかげになって花火がまるっきり隠れてしまい、人混みの中まで移動してようやく見えたという状態でした。

花火って、「見上げるほど高く上がるもの」というのは、日本のものでしたね。
マリナ・デル・レイの場合、船か桟橋からあげているようだったので、特に高さが低かったような。それにしても、木より低いって、、、、ちょっと。

でも、マンハッタン・ビーチや、サンタモニカの方の花火も遠くに同時多発的に見えたりして、それはそれで面白かったです。

”花火!”目的で行った私にとっては、3時間ほど待ったのに、15分くらいで終わってしまって、「え、これだけ」みたいな感じでしたけれど、他の人たちは、早くから来てBBQしたり、ビールやワインを楽しんだり、音楽に合わせて踊りまくったり、、、、と、花火までの時間を楽しんでいるようでした。
花火は目的と言うより口実?



・Public Parkingに停めるのは、5時台に付くのがベストっぽい。
その際、なるべくLincolnに近いところに停めないと、渋滞で時間がかかる

・上着、膝掛けなど、防寒が必要。
・食料、飲み物は用意していくか、Mindanaoを入ったところのRalph'sで調達。
・待ち時間つぶしに、本とか、トランプ?とか

・帰り道、MindanaoからLincolnへは、右折できなくなっていて、その先も交通規制有り。

・カメラは、三脚&レリーズ必須。
ISO100、シャッタースピードはバルブで。らしい。
AFは使えないので、MFの練習をするべし。
[PR]
by daysofWLA | 2007-07-04 17:28 | 楽しいお出かけ
<< 型が二つの理由 森ヨガ&ハイクイベント >>