2009年 03月 03日 ( 1 )

天地人(初回~7回まで)

今年の大河ドラマ、天地人

昨年の「篤姫」がとーーーってもよかったので、つい続けてみているのですが、
かなり残念です。

まず、時代設定が地味。
衣装が地味。
登場人物がマイナー。

この辺はしょうがないと思うのですよ。
おととしの風林火山もほぼ同じ時代だったし、主人公の山本勘助もマイナーだったし。
でも、風林火山は、面白かったです。
俳優さんが皆さん、せりふも殺陣も上手だったから。
合戦のシーンとか迫力ありましたし。

天地人の場合、
初回にちょろっと妻夫木君(変な前髪)、小栗旬君(変な生え際)、などが出てきてて、そこで「なんか軽いな~」という違和感を感じたのですが、すぐ子役に切り替わったのです。

この子役ちゃんたちが、上手でねぇ。
5歳の子が11歳の主君に召抱えられるという設定で、けなげなのです。
「こんなに頑張ってるんだから、温かく見守ろう、うるうる」と観ていたら、2回目で急に妻夫木君にバトンタッチ。
14,5歳の設定なのですが、見えない。
主君役の北村一輝さんも、二十歳そこそこの役のはず。見えない。
かろうじて、若々しい演技ができているのは常盤貴子さんくらいかな?
上杉謙信(阿部寛)や織田信長(吉川晃司)は良いとして(年齢設定としてね)、秀吉役の笹野高史さんが、草履あっためてる時点でかなりおじいさんです。

今まで見た分では、妻夫木君演じる主人公はかなり泣き虫でへたれっぽく、これも「若い(幼い)うちはしょうがない」という設定からだんだん強くなっていく様子なのですが、前提として”若く見えない”ので、ピンときません。

こんなに俳優さんの実年齢と差があるなら、あと数回、ちょっと大きい子役を使えば良いんじゃなかったのかと思っちゃいます。

あと、残念な理由がもうひとつ。
セットが安っぽいのです。
篤姫の豪華絢爛江戸城大奥に比べては気の毒かもしれないけれど、上杉謙信(アベちゃん)がこもっている岩屋とか、文化祭の大道具みたいに張りぼて感かもし出してます。
姫様たちの衣装も、ぺらぺらだしねぇ。

演出も変です。
変すぎて、それを目的に観ても面白いかもと思ってしまうくらい。
場面が急に暗転して、登場人物にスポットライトがあたって語りだす。。。というのがお気に入りのようです。ミュージカルかっ!
紅葉とか北斗七星も、何でそんなににせものっぽさをアピールするかというくらい、安っぽい。
(スポットライトの演出はLAではまだ放送されてない様なので、お楽しみに!)

NHKも予算削減されているんですかねぇ。。
まあ、海外にいて受信料払わずに観られているわけだから、文句は言えない?

いやぁ、でもちょっとひどい出来ですよ。
何で視聴率がそこそこ行っているのか不明。

気に入っているという方に、面白さを教えて欲しいところです。
万が一これから面白くなっちゃうかもしれないので、念のためもうちょっと観続けようと思いますので。

あぁ、篤姫ちゃんが懐かしい。
[PR]
by daysofWLA | 2009-03-03 22:11 | TV | Trackback | Comments(2)