2009年 03月 18日 ( 1 )

郵便局にて

先日、日本向けに送るものがあって、郵便局に行きました。
職場のキャンパスの中にUSPSexpressというミニ郵便局があるので、そこに向かったのですが、いつもの事ながらかなりの混雑ぶり。
10人以上も列が出来ているのに、カウンターにはお姉さんが一人だけ。


お姉さんがとてもてきぱきして感じの良い人だったので、割とすんなり番が来て、FirstClass(普通郵便)とPriorityとどっちが早いのか?と質問すると、「日数的には変わらないから、FirstClassでいいんじゃない」とのこと。
じゃあそれで、と料金を支払うときに「壊れ物、液体、危険物じゃありませんよね?」ときかれて、

「ちがいまーす、中身は○×○×(食べ物)でーす」と答えると、

「え、それは賞味期限切れてる?」とお姉さん。

この時点で、「切れている」と答えた方がいいような気がしたのですが、つい”I don't think so”とまじめに答えてしまいました。

すると、「うちでは食品は受け付けられません」といわれ、最寄の大きな郵便局に行くように指示されました。
え、食品て送れないんだっけ?と一瞬混乱しましたが、どうもそのミニ郵便局ではだめとの事。
「長いこと待ってもらったのに、ごめんなさいね~」とまたもやお姉さんが感じの良い事をいうので、こちらもすんなり引き下がって、大きな郵便局へ。

おなじく「壊れ物、液体、危険物じゃありませんよね?」ときかれて、今度は余計なことを言わずに”No”と答えてすんなり受け付けてもらえました。
ちゃんと届くといいなぁ。

アメリカの郵便料金って、分かりにくくないですかね?
Flat rateの箱を使って、予想以上に高くなったりしたこともありますし、ウェブサイトで計算してみると、ありえないだろうというような料金がでたり。
窓口でいちばん安いプランや早く届くプランをちゃんと聞けば良いのでしょうが。。。

と思って、サーチしてみたら、分かりやすいページを見つけました。
こちら
オリジナルのUSPSの日本向け発送条件のページに比べてずっと見やすい!

重さが、24ozを超える場合には、FlatRateの箱を使って、Priority Mail Internationalを選んだ方がFirstClassより安くなることもあるって事のようです。
しかも、4LBまでなら自分で包装するよりも、最大で$24も安くなるかもってこと??
いままで、お得そうなFlatRateグッズを今ひとつ使いこなせていなかったので、賢くなったみたいで嬉しいわ。
[PR]
by daysofWLA | 2009-03-18 18:25 | LA生活 | Trackback | Comments(10)