「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:TV( 51 )

テレビ事情、the Voiceの場合

eugeenさんの記事のタイトルをパクってみました(エヘ)。

The VoiceというのはNBCチャンネルでやっている歌のオーディション番組です。
前のシーズンの途中から見始めたところ、ルールがイマイチ分からないまま、優勝者が決まってしまったため、今シーズンは最初からちゃんと見てみようと思って。

歌手のオーディション番組で有名なのはアメリカン・アイドルですね。
これは確かFoxチャンネルでやってるんですが、うちのアンテナでは写りが悪いので見たことがないのです(ケーブル契約をしているときはほとんどアメリカのテレビを観ていなかった)。
アイドルオーディションだから、若くて見た目も重視なんでしょう?

Voiceの方はおそらく、それに対抗してブラインド・オーディションという形式で第一審査があります。後に各出演者のコーチとなる4人の審査員がステージに背を向けて座っていて、歌声を聞いただけで「この人を自分でプロデュースしたい!」と思ったら、1曲歌い終わるまでに、ボタンを押して椅子ごと振り向き、”見た目”を確認できるというルール。もしも、複数のコーチが振り向いた場合には、出場者が自分でコーチを選べます。残念ながら誰も振り向かなかった場合には不合格。
各コーチが持てるチームの定員が決まっているので、歌う順番によっては「上手だから欲しいけれど、もう枠がない」というケースもあるのです。

このブラインド・オーディションが数週間にわたって放送されていて、10人x4チームが残りました。

先週から始まったのは、”the Battle”という対決で、同じチーム内でペアを作り、その2人(2組)で1つの曲を歌うのです。パート分けがあったり、ハモる部分があったり、衣装やメイクもプロの手によるものを身につけてお客さんとコーチの前でパフォーマンスを披露します。

歌い終わったところで、コーチが「このバトルの勝者は、、、」と言って、残したい人を選びます。
選ばれなかった方は、コーチに「こんな素敵な経験をさせてくれて、本当に感謝しています、、、」などとお別れのスピーチをするのですが、そこに登場するのがStealボタン。
オーディションの時に振り向いたけれど自分のチームに取れなかったコーチや、今回のパフォーマンスを聞いて「ここで落とすのはもったいない」と思ったコーチが”盗み取り”(stolen)するのです。その声もかからなかったら本当に敗退(eliminated)。

ブラインドオーディションに受かった人同士でも、一緒に歌うとどちらかが際立ってしまったり、逆に二人の声や息がとても良く合ってしまって一方を選ぶのが難しくなってしまったりというのが見ていて面白いところ。

出場者だけでもかなり上手だなと思うのに、歌のレッスンが映っているときにコーチがちょこっと口ずさんだりするのが、ものすごく上手だったりするのも「うわぁ、、レベルが違う」と面白かったり。

そんなわけで、月曜と火曜の夜はワタクシちょっと忙しいのですよ(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-23 17:42 | TV

スーパーボウルと節分

この時期は、毎年、夫は休日出勤なのです。
何年連続でしょうね。

私はといえばフットボールのルールは覚えないまま、またこの日を迎えました。
(これ以外にアメフトの試合を見ないから 笑)

オープニングアクトは
b0066900_18105519.jpg

b0066900_18105684.jpg


リバウンド無しでスリムなスタイルをキープしているジェニファー・ハドソンと
b0066900_18105798.jpg

b0066900_181058100.jpg


相変わらず美人だけど、ちょっとむっちりしましたか?のアリシア・キーズ

ちょっと目を離しているときに限って、点が入ったりしてるうちに
b0066900_18105939.jpg

b0066900_1811046.jpg

b0066900_1811168.jpg


楽しみにしていたハーフタイムショーになり、ビヨンセが登場しました。
この数日前に、記者会見で口パクについてのコメントに先立って歌ったアカペラ国歌がすごく格好良かった彼女ですが、この日はリハーサルもばっちりだった様で「どうよ!」といわんばかりの圧巻のステージでした。
出産後で体型が変わってしまったなんてこともなく、かえって以前より締まったような?

TVで見ていると、ステージの設置と撤収があっという間な点にも毎回感心するのですが、これは生で見ていてもそうなんでしょうかね?気になるな〜。
でも、スーパーボウルのチケットって$1000でしたっけ。。。

ビヨンセが終わってしまったあとは、なんだか気が抜けて、独りで見ているのもつまらなくなり、「そういえば、今日は節分じゃん ^^」と思いだし、キッチンとリビング(つながっているけど、キッチンからTVは全く見えないのです)を行ったり来たりしていました。

ものすごいプレーがあったり、停電があったりしたらしいんですけどね、そういう場面は見なかった(爆)。あ〜、また知らない間に点が増えてるよ〜と思いつつ、大豆をふやかしたり、お米をといだり、マグロを漬けにしたり、玉子を焼いたり、、、。

49ersが勝って(こっちのユニフォームの方が好きだったので、なんとなく嬉しい。その程度 笑)勝ったチーム名すら、間違ってましたよ(汗汗)
膨らんだ豆をオーブンで炒りはじめ、太巻きの具が揃ったところで夫が帰宅。

二人とも恵方巻き丸かぶり〜の文化で育ってはいないので、太巻きは切り分けて食べました。
b0066900_1811454.jpg


煎り豆もソフトに仕上がって食べやす〜い。(日にちが経っても固くならないですのよ、奥さま。)

デビルマン顔の猫は、撒いた豆を追いかけてきょろきょろ、ちょっと楽しそうでした。
[PR]
by daysofWLA | 2013-02-03 15:34 | TV

女子サッカー決勝戦をみて

去年のワールドカップの決勝戦の時と同様に、勝敗の結果が分かってから試合を見たワタクシです(笑)。

それでも、十分にハラハラしながら見てしまうものですね。

アメリカで暮らしていると、特に職場が大学なので、若くてぴちぴちした白人の学生さんをたくさん見かけます。
とくに、運動選手と思われる(ジャージや短パンを着ているので)人達の、体格の立派なこと。
何を食べたらあんなにすくすくと育つのかと思うほど、大きく、みっちりしています。

ワールドカップの時に比べると、なでしこの選手達もすこし筋肉が付いてがっしりしたような気がしましたが、まだまだアメリカチームの選手にはかないません。
それでも、同じように体の大きな外国チームに勝って決勝に進んできたんだから、体格差をカヴァーできる技術とチームワークがあるんだろうなと思いつつも、フィールドで自分たちより10cm以上も大きい人を目の前にしたら、どこにボールを出していいのか分からないような「壁」感を味わっているんだろうなぁ
なんて、思いながら見ていました。

アメリカ人は女子サッカーは白人の選手ばかりだったけれど、他の種目もみたら、「人種のるつぼ」の特長を生かして、それぞれのスポーツに適した体型を選べるようなものです。

単一民族(正確には違うかも、、、ですが)の日本が、欧米発祥(=欧米有利な)の色々な種目に代表を出しているというのは、スゴイよね。

スゴイといえば、レスリングの吉田沙保里選手の金メダル。
この人の記録って、ものすごいんですよね。
でも、その日の日本で配られた号外では、なでしこ銀メダルの裏扱いだったとか。
う~ん、、、、
なでしこが人気&期待が大きかったとは言え、レスリングが個人競技とはいえ、もうちょっと讃えてあげたらいいのに。
所属しているALSOKのCMでの扱いも、なんだかなぁ。CM自体は面白いんですけど、仮にも金メダリストをコメディータッチで使わなくてもと思うんですよ。
CMをみて、「うわーレスリング格好いい、私もやりたい~」と憧れる子供が出るような扱いをして欲しいなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-09 16:21 | TV

2012ロンドンオリンピック 水泳と体操

オリンピックの前半は、水泳と体操ばっかり見ていました。

水泳は、ほら、フェルプスがメダルの記録を伸ばすかどうかで、アメリカが集中的に放送していましたから。
でも、おかげでRyan Lochteというハンサムさんを目当てにすることが出来て楽しかったで~す。
負けて、残念そうにしている顔も良いのよね~。日本でも人気があったかしら?
(「シルベスタ・スタローンにしか見えない」って、夫には全く同意を得られませんでしたが)

日本の放送ではラストネームが「ロクテ」と書かれていたけれど、英語の発音を聞いていると「ロッティ」に聞こえましたよ。

日本選手も決勝にたくさん絡んでいたから、一緒に見ることが出来ました。
メドレーで「北島選手を手ぶらで帰すわけには、、、」って日本チームがメダルを取れたのは良かったですね。うるうる。

水泳を見ていて楽しい理由は、体型かなと思います。
どの選手も筋肉が流線型でツルッとしていて、毛もすっかり剃っているので肌もつやつや。
手足が長い。
イルカやアザラシを見ていて癒されるような気持ちになるのかな。(あくまでも個人的感想 笑)



体操は、日本の内村選手がスゴイというのを聞いていて、見たいと思っていたんですが、なんだかタイミングが合わず、演技はほとんど見られませんでした。
あとで、youtubeをチェックしないとね。
ココで全部見られるらしいです。
とりあえず、内村選手が好きだというブラックサンダーがニジヤに売っていたので、食べておきました。(美味しかったですヨ)

体操のアメリカ女子は、メダル争いに食い込んでいたのでNBCの放送で結構見ましたよ。
黒人のGabbyちゃんが可愛らしくて、ひいきにしていました。
Flying Squirrel(飛びリス)の愛称通りのピョンピョンした演技でした。

あと、ブルガリア代表39歳のヨブチェフ選手
TVに映ったのを見た時は、「え?コーチ?」と思ったんですが、6度目のオリンピックだったとのこと。
吊り輪の演技はだいぶプルプルしていましたが、あの筋力をずっと維持しているのってスゴイですね。

体操を見ていてのおもしろさは、シルク・ド・ソレイユのショーを見る時のおもしろさと通じるものがあるんだなと思います。自分では絶対に出来ないコトの連続ですからね~。
[PR]
by daysofWLA | 2012-07-31 21:47 | TV

2012ロンドンオリンピック 開会式

オリンピックの開会式をまともに見たのは、初めてでした。

うちのテレビで一番まともに映るチャンネルがNBCでよかった。
アメリカではオリンピック放送はNBCの1社独占で、期間中は毎晩アメリカチームのハイライトをダイジェストで流します。
日中に試合の様子も流していたようですし、ケーブルやサテライトを契約している場合は、もっと見られたようですけど、日本の番組を録画した分も見ていたのでダイジェストで充分だったかな。


開会式の出し物?は、twitterやFBなどをちょっとでもやったことがある人でないと、よく分からない構成だったんじゃないでしょうか。
音楽やファッションが色々出てきたのは面白かったです。シルク・ド・ソレイユのLOVEに似た内容だったような。
ビートルズを外さずにはいられないでしょうから、当然といえば当然でしょうか。

各国の行進は、国によって歩き方ひとつとっても自由だったり、きっちりしていたり。
ユニフォームも、色とりどりで面白かったです。
ヨーロッパのどこかの国で、かわいいワンピースを着ていたんですが、どこの国だったのか画像が見つかりません。探している最中に色々見過ぎて、分からなくなってしまった。
オランダやスペインではなかったの。グルジアだったかなぁ?
長靴を履いていた国も、しゃれていました。

日本は、アルファベット順で行くとジャマイカの次でヨルダンの前なんですよね。
いつもUSPSのサイトのプルタブリストで見ているので、覚えちゃいました。
ユニフォームはちょっと地味だなぁと思ったら「高島屋」だったんですね。
デザイナーズブランドじゃないのかぁ。

行進で、日本のすこし前に登場した「インデペンデント・アスリート」の人達。
ああいう形でオリンピックに参加するケースがあることを、初めて知りました。

日本が行進に出てくるまでは頑張って見ていたけれど、そのあとは気が抜けてウトウト。
気づいたら、アメリカがラルフ・ローレンのスーツで歩いていて、「あ~、これが噂のメイド・イン・チャイナ」と思いつつウトウト、イギリスの金ぴかを眼に収めたら、、、、

点火式は見逃しました。

ベッカムがモータボートを運転しているのは見たんですけどねぇ。
[PR]
by daysofWLA | 2012-07-27 23:22 | TV

龍馬伝、やっと見終わる

本当~~~~に、いまさらなのですが、龍馬伝の最終回を見終わりました。

放送当時は割と後れをとらずに見ていたのですが、武市さんが切腹になるあたりで、録画が途切れてしまい、ちょっと気が抜けて放置。

本放送が終わって総集編で抜けている部分を見てから、長崎編の途中からを見始めました。

このあとも飛び飛びで、あまりに飛び飛びで、足かけ3年も掛かってしまったゼヨ。

過去の大河ドラマでは、新撰組!と篤姫をちゃんとみていたので、この龍馬伝と合わせると、幕末の歴史のあっち側とこっち側とそっち側から、眺めることが出来て面白いです。あと、仁もね。

最終回は、史実とは違うのでしょうが、岩崎弥太郎が龍馬達の暗殺現場のすぐそばにウロウロしているという設定でした。
そして、暗殺犯である京都見廻組・今井信郎役の市川亀治郎と絡む絡む。
二人がほとんど鼻をくっつけるくらいの位置で睨み合うシーンがあったのですが、従兄弟同士だけあって横顔の輪郭がそっくり。

主役の暗殺シーンよりもこの場面の方が凄みがあって、印象に残ってます。

市川猿之助襲名歌舞伎でもそういうシーンはあったのかしら? 次は観に行きたいな~
[PR]
by daysofWLA | 2012-07-13 23:24 | TV

いかにもアメリカらしい

日本のTV番組(2/23放送分の奇跡体験!アンビリバボー)の中で、
「事故で脊髄損傷した息子のために未承認薬を試す」という話がありました。

少年がサンディエゴの自宅で事故にあい、それをなんとかして助けようと父親がインターネットでサーチ。72時間以内に投与すれば効く可能性がある未承認薬を、ワシントンDCにある製薬会社から届けてもらう。果たしてタイムリミットに間に合うか、、、

という展開です。

その中で、
未承認薬を「おもいやり使用」として、特例的に認可してもらうのですが、
FDAの担当者が2週間の休暇を取っているため許可が出せない」といわれる。

ようやく認可が下りる目処が立って、製薬会社に発送依頼をしたところ、西海岸と東海岸で3時間の時差があるため、その日の発送締め切りを過ぎてしまっていた。

ワシントンDCに住む知人に、製薬会社に薬を取りに行き翌日一番の飛行機に乗せてもらうように依頼。ところが、空港到着が離陸5分前だったため、「もう乗せられません」といわれる。

気の良い航空会社スタッフが「おまかせ下さい」と預かってくれることになったが、乗り継ぎのシカゴで大雪のため、荷物の積み替えが遅れ、結局タイムリミットに間に合わなかった。

と、次から次へとアメリカらしい出来事が起こっていました。
あまりにも「らしく」て、これらアクシデントが続くことについてはアンビリバボーとは思えませんでした。

搭乗手続きが遅れて乗せてもらえないというのは他の国でもあるでしょうけれど、悪天候で乗り換え便が云々というのは、シカゴやデンバーなどでよくある話。地理的に真ん中なのでしょうが、天候に左右されない場所だったら良いのにね。

担当者が不在で手続きが遅れるというのは、自分の職場でもよくあるのです。
誰か代行できる人を立てればいいのになぁと思うのですが、代行をたてからといって業務がうまく行かない可能性もかなり高いのがアメリカかも。

実際、自分が休暇を取って同僚にフォローを頼む時は、「うまく行かないだろうな」と覚悟して最小限にしておいてます。ジンクスみたいなものですが。

しかも、担当者不在を知らせてもらえればまだ良い方で、ずいぶん反応が遅いなと思って「先日頼んだ手続きの進捗状況は」と問い合わせて初めて、「不在のため手続き開始が○日以降になります」なんてシレっと言ってきますからね~。

そんなんじゃない、まともな職場もあるのかなぁ。アメリカでも。。。


b0066900_10533464.jpg

結局、この番組のケースでは、「事故から72時間を過ぎての投与でも、薬の効果があった」という、これまた”奇跡大好き”を喜ばせる結果となり、すっかり大人になった少年は普通の生活が出来るようになっていましたよ。

めでたし、めでたし。
[PR]
by daysofWLA | 2012-03-07 21:41 | TV

秘密のケンミンshow;県民バーガー祭り

ケンミンshowは、よく見る日本のテレビ番組のひとつ。
最近は紹介役のタレントさんも「実は食べたことが無くて、、、」と言うことが多く、その土地でもそれほど有名でない物まで探し出して紹介するようになってきたんでは?という気もするけれど、試食のコーナーがあって見ていて楽しいです。
日本に住んでいるならば、頑張れば食べに行かれたり、通販でお取り寄せしたりも出来るかもですが、こっちで観ていると「真似できるんじゃ?」という意欲に駆られるのも楽しい見方かも。

2月9日放送分は日本各地の珍しいバーガーを紹介する回でした。

香川県;讃岐うどんバーガー
チキンバーガーに、小麦粉で固めて揚げ、ショウガのきいた醤油誰に絡めたうどんを挟んだもの。
うどんをおかずにごはんを食べたアルバイト先の”まかない”を思い出すような、かなりのボリューム

栃木県;焼きそバーガー
ジャガイモ入り焼きそばを大きな餃子の皮で包んでコロッケ状にし、パンで挟んだもの。
焼きそばパンは好きですよ。たぶんこれも。。。ビバ!炭水化物攻撃

愛知県;おきつねバーガー
トンカツをカリッと焼いた油揚げで挟んだもの
蛋白質多めで意外にヘルシー?あちこちカリカリで口の中に何か刺さりそうな気も。。。

高知県;鰹のたたきバーガー
ポン酢で一晩漬けた鰹のたたきの大きな切り身、タルタルソースなどを、鰹ぶりを練り込んだパンで挟んだもの
正体が明かされる前に鰹だな!とピンと来ちゃいましたよ

見ている横から、「うまそー、たべたーい」と言う声が聞こえたので、近い材料で再現してみましたよ。

鰹は無かったので、冷凍してあったアヒツナで”アヒツナバーガー” ていうか、アヒツナ”サンド”ですね。
表面を焼いたアヒツナのかたまりを、なんちゃってポン酢(めんつゆ+ライム汁)に漬けて、
レタス、ローストパプリカ、オニオンスライス、タルタルソースと一緒に挟みました。
どうだっ!
b0066900_16531298.jpg




ちなみに、同じ日に紹介されていた「まな板を使わずにリンゴを切り分ける技 by 長野県民」もやってみました(夫がね)。一切れだけ食べたい時(ニンニク臭を消す時など)便利だわ~
b0066900_16531892.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2012-02-18 16:44 | TV

イタリア語

日本のテレビを付けたままにしていたらイタリア語講座をやっていました。

ふだん、街中で目や耳にすることの多いスペイン語に関しては英語と似ている単語も多い印象でしたが、その番組内で出てきたイタリア語の単語はほとんど意味が想像できないものばかり。
ヨーロッパに行ったらこんなに分からないことだらけ、きっと疎外感でいっぱいになるだろうなぁと思いました。

なんだかんだいっても英語は学校でずーーーーっと習いますし、読み書きする機会もあったので、アメリカに初めて来た時でも、本当に片言だったけれど「まったく通じない〜!ひぃ〜」ってことは無かったわけです。看板などは読めるし。

そういえば英語が通じない国には行ったことがないです。
ドイツ語は大学でやったけれど、看板が読めるほどには覚えていません。
いってみたら、右も左も分からない状態になるのかしら。それも面白そうです。

あまりにも知らない単語だらけだったので、イタリア語勉強してみようかという気になりました。でも、スペイン語の方が、世界的に見たら通じる人口が多いのか=お得感?。。。うーん悩む。

ところで、その番組の中にお料理コーナーがありまして、イタリア人のお母さんが説明しながら作るのです。野菜の名前や切り方、火加減などの単語を学べるというわけ。
タマネギを薄く切る時に中心から外側に向かって刃を入れたり、ナスのあく抜きに塩を振ってしばらく置いておくなど、国によって下ごしらえの方法も違うのですね。
1回見ただけではそれらの単語は覚えられませんでしたけれど、レシピは覚えてしまったので、冷蔵庫にあるものでさっそく再現
b0066900_1723141.jpg

なかなか美味しくできましたです。
お料理番組から外国語を勉強するっていうのも楽しそうだな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-25 08:00 | TV

お正月番組

1日半仕事を休んでようやく風邪が治りました。
寝込んだのは久しぶりでした。

木曜の夜に突然「あ、治った!」と分かる瞬間が来て、
それからはお腹が空いたり、においが分かるようになったりして面白かったです。

日本のお正月番組をいくつか見たので、メモっておこうかと。

紅白歌合戦;去年は見なかったので、2年ぶりです。
舞台装置がずいぶんデジタル化されてるんですね。背景の絵がグラフィックとか。
小林幸子さんだけでなく他の人もここぞとばかりハデハデにしてあるのがおめでたくて元気が出るなぁと思いました。
ふだん日本の歌番組はあまり見ないので、久しぶりの歌手の人たちを見て、誰がどこをいじってるだとか、これはピーリングかな等と、やいやい言いながら見るのも面白かったです(性格悪っ)。
アメリカの歌番組はオーディション番組でも層が厚いというか、歌唱力のレベルが高いと思うんですが、日本の歌手でも演歌の人はやっぱり上手ですね。
紅白や、ものまね番組を見るとカラオケに行きたくなるのはどうしてでしょうね。

ガキの使いーー笑ってはいけないエアポート;大晦日から数日にわけて、ながら見。
けっこうな真面目な俳優さんが出ているのが面白かったです。
お下劣ですけどね。このシリーズも長いので、色々なことがお約束になっていて、予定調和な部分も多いですけれど、おせち作りながらとか、掃除しながらとかだらだら流していても横目で笑えるのは気軽でいいです。
最後の奥田民生さんの歌とそれに合わせて流れるダイジェスト映像だけ見れば、それで済むって感じもしました(笑)

さんまのまんまスペシャル;キョンキョンと一緒に出てきた飯島直子さんが「変わらない」のにびっくりしたのと、向井理さんの登場で、ゴルファーの上野桃子さんが急にナヨナヨしてしまうのが可愛かったです。あとは、向井理さんのあとに出てきた今田耕司さんが「(不細工だから)損や〜」と言っていたけれど、今田さんってスタイル良いんだなぁと感心しました。背も高いし脚も長いし。


さんまのカマ騒ぎ;恋のから騒ぎよりこっちの方が好きです。お下劣ですけどね(爆)。
マツコさんが以前より体調が良さそうに映っていて安心しました。ナンシー関さんみたいに太りすぎで早死にしないように、がんばって欲しいです。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-06 21:38 | TV