カテゴリ:愉しいこと( 68 )

2013のサンクスギビング

ああ、なんだか11月は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
例年だと夏休み後(新年度で)ちょっと忙しい時期を過ぎるとサンクスギビング(木曜日)+ブラックフライデー+土日で連休なのですが、新しい職場は有休を取らない限り金曜は平常通りのため、1日だけのお休みだったのでした。

休み前、週の前半も通常通り忙しく、ターキーを焼く時間も無いし〜、「ターキー好きじゃなーい」という人もいるしと思っていたら、ご近所の友人宅からお招きにあずかりました。
b0066900_3533569.jpg

しかも、新顔のぴちぴちイケメンにゃんこがお出迎え。

男の子だからか、手足が大きくてかわいいなー。
タワーに登ったり、オモチャを引っ張ったりひとりでもよく遊ぶんですが、とっても"静か"なのです。
バタバタと音を立てて走り回るどこぞのヤンチャ三毛とは何か違う。
アメショー柄がくっきりしてるので、実はやんごとない王子様なのかも006.gif
な〜んて、猫の素性をあれこれ想像するのは楽しいですね。

その夜は美味しい鶏鍋をご馳走になって、翌日はひとり仕事へ。
ま、道もパーキングも空いてて楽なんですけどね。
[PR]
by daysofWLA | 2013-11-29 11:34 | 愉しいこと

パスタ皿

大きめの白いパスタ皿が欲しいとずっと思っていて、デパートで実物をチェック。
家に帰ってオンラインで値段をチェック&注文
したのが2月中旬のこと。

しばらく待っても全然出荷された形跡がなく、また待って、お店に問い合わせたら、まだしばらくかかると言われ、しばらくしたら今度は4月下旬の発送とお知らせがきてようやく届きました。

パスタじゃなくて蕎麦サラダだけど、早速使ってみた。
大きさ的にも余裕があって良い感じ。
b0066900_1458887.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2013-05-01 20:50 | 愉しいこと

つくレポ ? 2012年 春

あちこちのブログにお邪魔しては、美味しそうなレシピを参考にさせてもらっております。
おかげで、毎日のように新しいお料理が食べられて楽しいです。

最近では、
rakukoさんの所で見かけた〆鯖
b0066900_16361684.jpg



いっちゃん(エリオットゆかり)さんの所で見かけたヘルシー塩麹和え
b0066900_1637579.jpg



keitonさんの所で見かけたスタッフドトマト
b0066900_16362487.jpg




おやつは、
ゆきこさんの所で見かけたおからクッキー
b0066900_16371242.jpg



などなど、作ってみました。
どれも美味しかったです。(クッキーはまだ残ってますヨ (^.^))

見かけたらすぐに試してみたい方なので、まるっきりレシピ通りに作ると言うよりは、家にある材料で真似てみるという感じのことが多いんです。
なので、「つくれぽ」と言って良いのかどうか?

兎にも角にも、ブログのおかげで我が家の食卓が潤っていると言って、決して間違いではありません。
感謝・感謝。
[PR]
by daysofWLA | 2012-05-09 23:41 | 愉しいこと

麩饅頭作ってみました

b0066900_15361033.jpg


生麩にあんこが入って、笹の葉に包まれている和菓子。
ツルッとした生地が、お団子とはちょっと違うモチモチ感で美味しいですよね。
治部煮に入っている生麩も好物です。
求肥とか外郎とか寿甘とか、、、クニクニ系が好きなワタシ。

そんな生麩ですが、調べてみたら意外にも簡単に作れてしまうのでした。

材料はグルテン粉ともち粉(白玉粉を使っているレシピもあり)。

強力粉をこねてグルテンを取り出すところからやる方法もありますが、これは以前やって気が済んでいるので(笑)、グルテン粉を使います。

基本は上記2つの粉に水を加えて、フードプロセッサーでぐるぐる混ぜて、茹でるだけ。
b0066900_154078.jpg

加賀料理のお上品な生麩は蒸しているようですぞ。)
もち粉の配合によって、柔らかさが変わるようです。
次回、試してみる予定のレシピはこちら
b0066900_154011100.jpg

麩饅頭は茹でる前にあんこを包みます。
急な思いつきだったので、小豆ではなく胡桃餡にしました。

b0066900_153655.jpg

夕ごはんのおかずが生麩の田楽で、デザートが麩饅頭
ふふふ、麩三昧。
[PR]
by daysofWLA | 2012-04-16 20:27 | 愉しいこと

Valentine's Day

ギターの練習に出かけようとする時に、エレベーターでデートに出かけるカップルと一緒になりました。

彼女の方は真っ赤なミニドレスに黒いふわふわしたボレロ、彼氏の方は黒系のシャツとパンツでビシッと決めています。特に彼女の方はエレベーターをおりてガレージに行くまでの間も楽しくてしょうがない様子でキャピキャピとしゃべりっぱなし。それを彼氏の方が人目(私)を憚って押さえようとしている様子も微笑ましかったけれど、その彼女のテンションと同じくらい、ぶんぶん振りかけたような香水の香りでちょっとクラクラしてしまいました。

「若い人たちはちゃんとディナーにお出かけするのね~」

と、感心しながらガレージを出てみると、アパート周辺の道もかなりの渋滞。
大通りへ出る交差点も信号5回目に変わってようやく左折できて、でも、その先もびっちりと車が詰まって動きません。

お稽古の時間には全くもって間に合わないのでキャンセルしてもらいました。

バレンタインデーのアメリカでは、街の中がこんなことになっているなんて、8年目にして初めて実感しましたよ。日本ではクリスマスが恋人と過ごす日のようになっているけれど、アメリカはまさにバレンタインデーが恋人達の日。人気のレストランでは、ディナータイムを早番と遅番に分けて、入れ替え制で予約を受け付けているとか。

ふぅ~っ。大変ですなぁ。

うちは、日本式。
b0066900_16555850.jpg

前日に、チョコレートのレビューの良かったケーキ屋さんまで出かけてきました。夫が寝たあとにこそこそとラッピングをして、冷蔵庫にセット。
当日は朝ごはん当番の夫が一番に冷蔵庫を開けて「やっほーぃ!」と喜ぶであろう仕掛けです。

b0066900_16475379.jpg


ケーキ屋さんで買ったのは、Kisssチョコのような形の生チョコレート。柔らかいチョコをパリッとしたチョコで包んで、さらにパウダーもかかっています。見た目は手作り感がありありですが、味はかなりgood。
一緒にチョコレート色のマカロンもギフトボックスに入れてもらったら、ちょっとおしゃれなアソートボックスみたいになりました。

b0066900_16475884.jpg

あとは、ふだん買わないような板チョコを食べ比べてもらおうと、カカオ濃度の違うモノを組み合わせてみました。私はダークチョコレートの美味しさはサッパリ分からないのですが、美味しいかな?


ふだんよりちょっとだけ「おつまみっぽい」夕ご飯を用意しているところへ、夫帰宅。
b0066900_1648423.jpg


可愛くラッピングされたチューリップの鉢植えを抱えて帰ってきました。(アメリカ式!?)

チューリップは数日前に鉢植えを見て夫が良いよねーと言っていたお花。本人の希望という気もしないではないけど、私も自分の好物のマカロンを買ったので(爆)、どっちもどっちですね~。
これが結婚10年目のありようってことでw。


食後は、紅茶と合わせてゆっくりとデザートタイムです。
外食も良いけど、食べ終わってそのまま帰りを気にせずゆっくり出来るのが家ごはんの良いところですね。
b0066900_16483078.jpg

マカロンって、「見た目が可愛いだけでホントに美味しいと思ってるの?」って言う人もいるけれど、
美味しいですよねぇ~。クリームとの境目のネチっとするところも好きです。

[PR]
by daysofWLA | 2012-02-14 18:00 | 愉しいこと

デザートに甘酒

塩麹に続き、甘酒も作ってみました。
ものすごぉぉぉく甘いので、酸っぱいベリーを入れています。
以前マクロビの教室に行った時に、砂糖のかわりに使うものとして紹介されていましたが、
納得の甘さです。
b0066900_8292219.jpg

なので、小さい容器に入れて、お昼のあとにちょこっと食べるデザートとして持ってきました。
飲み物とするならもっと粒々を無くしても良いのかも知れません。
いまのところ、このオートミール状態で食べています。
酒粕で作る甘酒と違い、アルコールは入っていません。

うちのごはんはデフォルトで玄米なので、出来るのも玄米甘酒です。だからちょっと黄色っぽい。

お正月用に精米されたもち米でも作ってみたんですが、玄米甘酒の方が甘み以外の味があるようで美味しい気がします。

作り方は
ごはん300g
水 300cc
麹 100g

を混ぜて、蓋付き容器に入れ、55-60度で8時間。

この55-60度というのがなかなか難しいのです。

オーブンで出来ると簡単なんですが、うちのは最低温度が200F。麹が死んでしまいます。


ネットで見かける作り方のサイトには「炊飯器の保温機能を使いましょう」と書かれています。

が、うちの炊飯器では70度になってしまうのでした。
蓋を開けたままにして、タオルをかぶせるのもやってみましたが律儀に70度キープ。
一応甘酒は出来るけれど、甘みが少なかったです。

わざわざこのために渡米10年目にして変圧器を入手したというのに。
(日本から持ってきた炊飯器のため、変圧器を使わないと保温機能が使えなかったんです)


変圧器を買う前に試した、オーブンにデロンギヒーターを入れる方法。
これはきちんと60度を維持でき、美味しい甘酒ができましたが、ヒーターを最高目盛りで一晩つけっぱなしにするので、「電気代が、、、ちょっと怖いね」、ということで一度目以降は却下されました。


調べてみたら、1台でヨーグルト、納豆、甘酒など色々作れるものがあるそうなのです。
これ
通常のヨーグルトメーカーと違うのは、温度が可変式なのです。
なんとも魅力的!

夫が日本に行くので買ってきてもらおうかなぁと思いましたが、
その前にもうひとつ別の方法を試してみました。

それは、魔法瓶。
ごはんと水を混ぜたものを70度にしたところに麹を入れ、お湯を入れて温めておいたステンレス魔法瓶にデロデロデロ~~ンと入れます。
蓋を閉めて8時間放置。
ちゃんと甘酒になりました。
これなら、電気代かからず。


というわけで、しばらくはこの方法でやってみます。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-12 12:56 | 愉しいこと

塩麹

日本にいる友人から、プレゼントが届きました。

中に入っていたのは、
b0066900_1633041.jpg

乾燥こうじ & 麹漬けのレシピ本。


なんでも、お肉、魚、野菜などなど漬け込むと美味しくなる「塩麹」という調味料が話題になっているそうで、

「ぜひ挑戦してみてね」とのこと。

面白そう~。

乾燥こうじは、カラカラになったお米にふわふわとした綿のような麹菌がくっついたモノでした。
これに塩と水を加えて、室温で飼う(生き物なので)こと、1週間。
b0066900_1633743.jpg

カラカラだったお米がお粥のように柔らかくなり、舐めてみると塩味の中にまろやかな甘さが出てきます。
(この状態で冷蔵庫に移して半年くらい持つそうですが、その前に使い切ってしまうでしょう)


では、さっそく使ってみましょう!!

骨付き豚バラ肉
b0066900_5595478.jpg


牛肉
b0066900_163512.jpg



大根とカブ、白菜で漬け物
b0066900_1635527.jpg

b0066900_1635919.jpg



サーモン
b0066900_1634414.jpg



塩漬けや味噌漬け、酒粕漬けともちがった、柔らかい甘さになります。
とくに、脂身がマイルドになるようです。

私は豚肉が美味しかったですが、夫は牛肉を漬けたものがお気に入り。
(これは好みの違いですね)

他にもお刺身用の魚を短時間漬けると「なれずし」のようになるとか、豆腐を漬けてから湯豆腐にするとひと味違うとか、色々な使い道があるそうです。


私にとっては初めて聞くもので、実家の母に話しても「ふ~ん(聞いたこともない)」という感じでしたが、お味噌を手作りしていた夫の実家では使われていたらしく、送られてきた麹を見て「懐かしい」と喜んでいました。自家製のお米を持っていくと麹と交換してくれるお店があったとか。

お義母さんの手作りお味噌、美味しかったなぁ。。。

お味噌造りは工程が多くてとても手を出せないと思っていたけれど、この塩麹は手軽にこうじ菌を楽しめて面白かったです。
[PR]
by daysofWLA | 2011-12-08 22:34 | 愉しいこと

仮装して出掛けてみよう!

まだまだ、しつこくハロウィーンネタですよ。

ハロウィーンの夜に仮装した子供たちがお家を廻るのはTrick or Treat !ですが、大人が出掛けるのはどこでしょう?

うちから車で15分ほど行ったところにあるWest Hollywoodという街では、毎年ハロウィーンの夜に仮装パレードが開催されているのです。
市の中心を通っているSanta Monica Blvdを1km以上(DohenyからLa Cienegaまで)にわたって通行止めにし、その中を仮装した人々やそれを見に来る人々がぶーらぶら歩き回ります。

何年か前に近くまで行ってみたものの通行止めや大渋滞に阻まれて、遠くから人だかりをチラ見しかできませんでした。
今年は、少し早めにお友達を誘って一緒に行くように計画してみました。

ゲイの人たちが多く住むことでも有名な地域なので、見に行くだけでも楽しそうですが、せっかくなので仮装して行くことに。現地への送迎は夫がしてくれることになったので、駐車場の心配もなく安心です。
b0066900_172669.jpg



以下は、今回の参加を踏まえての傾向と対策?

Point1;準備は早めに
コスチューム屋さんは間際だと大混雑間違いなしなので、余裕を持って2週間ほど前に選びに行きました。
パッケージのモデルは当然白人さんがほとんどなので、アジア人の顔・体型に合うかどうか、試着できるお店がよいですね。
トリックorトリートもそうですが、ハロウィンのお出かけは基本夜なので、明るい色の方が目をひきますね。
でも、ゾンビやゴースト、魔女、悪魔など、暗~い色のも人気です。
今年はティム・バートン展の影響もあるのか、彼の映画のキャラもたくさん見かけました。


Point2;小物にも手を抜かない(笑)
衣装本体と別に、トータルコーディネイトで小物も用意するとかわいいのです。
ここ数週間ちまちまとミシンで作っていたのが、この小道具たちでした。
b0066900_17132136.jpg

b0066900_17132524.jpg

衣装に合わせたバッグと、アクセサリ。

Point3;衣装に負けないメイク(笑)
せっかくの仮装に、ふだんのナチュラルメイクでは地味すぎますっ。
器用なお友達がメイクを買って出て、こんな感じのアイメイクを施してくれました。
b0066900_171572.jpg


とはいえ、これでもプロのおネエさんたちと並ぶと、すっぴんみたいなものでしたけどね(^^)

Point4;寒さ対策
いくらLAが暖かいとはいえ、10月末の夜は冷え込みます。
もともとの体温が高い白人系の人は平気でも、日本人には寒いですよ〜
ヒートテックを着たり、ホカロンを貼ったりしてみました。
写真を撮る時に、腰に回された手が「熱っ」とびっくりするのも面白かったです。

Point5;もちもの
東京や横浜の大きな花火大会くらいの人混みでした。
お財布を持ち歩くのは物騒なので、現金とiPhoneだけを持って行ったのですが、ID(運転免許証)を忘れました=お酒が飲めません。これは大失敗。
ID無しだけでなく、どのお店も混んでいたせいもあって、入れなかったので夕ごはんのあと、帰るまで水分補給無し。これは要対策です。
あと、ちょこっと直す程度のメイク道具も持って行けば良かった。
途中でつけまつげが半分とれてしまったので、米粒で付けて見たの図(爆)
b0066900_172080.jpg



Point6;ゆっくり歩こう?
日本人って人混みに慣れているんだなぁ。。。と思い出しました。
上に書いたように、この程度の人混みは経験があるので、もみくちゃになりながらも、割とすいすい歩いていたんですが、同行していたアメリカ人の子から「歩くの早いのね」とちくりと言われてしまいまして。
ま、急いでたわけでもないんですけどね。
私たちと同じように、たいていの人が会場を東西に往復するように歩いているので、どこか人の流れる場所を見つけて滞在するのも良いかもしれません。
大きな通り(RobertsonやSan Vicente)との交差点にはライブステージがあるのでその近くで踊っている人もたくさんいました。

Point7;充電はたっぷりと
持っているカメラで、オリンパスPenはフラッシュが付いてなく、Nikonのデジイチでは重すぎるので、現地での撮影はiPhone のみ。直前にほぼフル充電していったおかげで、フラッシュを使っても、カメラAppを付けっぱなしでも電池は大丈夫でした。
念のため、MapやFacebookなど電池をよく使うAppは切っておきましたけど。
「天国のジョブスさん、iPhone使っている人がたくさんいましたよ~」
b0066900_170212.jpg




いやぁ〜。とーーっても楽しかったです。
本当に様々なコスチュームの人がたーーーくさんいて、もみくちゃアリ、ダンスあり、写真撮影あり。
目立っている人と一緒にとってもらったり、逆に「一緒に撮らせて〜」と言われたり。

b0066900_16595394.jpg

年齢、性別、人種のどれをとっても色々な人たちが集まっていて、自己表現のように仮装をしているのは、アニメエキスポのコスプレの人たちとはずいぶん雰囲気が違っていました。
アニメのコスプレは、オリジナルのキャラクターにどれだけ近づけるかがポイントなのに対し、パレードのコスプレは、原型(あるとは限らない?)を元にどれだけ個性的に魅せるかを楽しんでいるように感じました。
中には、障害のある人が車椅子に乗ったままゾンビの仮装をしていて、見て良いものなのか一瞬考えてしまいましたが、そういう人でも参加できる雰囲気があるというのは懐のふかい街なのだなぁと感心しました。

みんなが楽しんでいる中に居るだけでも、楽しくなる、、、

これぞ、お祭り。
b0066900_1721174.jpg



今はまさに「祭りの後」という感じで寂しい気さえします。

More
[PR]
by daysofWLA | 2011-10-31 19:34 | 愉しいこと

今週の金曜飲み会

さーて、今週のお仕事もお終い。

恒例になりつつある、家飲み会(参加者は夫と私)の買い出しに、近所のTraderJoesまで寄り道しました。

かごにポイポイ食べたい物を入れてキャッシャーに並んだ時、夫が

「カード持ってるの?」

「ないよ、無いっていったじゃん」

「オレも財布持ってないよ」

え〜〜〜。サザエさんじゃないですか。
ふだんお財布を持ち歩いていないので、こういう事になりました。

かろうじて夫のポケットに$13入っていたので、それで買える分だけかごに残し、あとは棚に返しに行きました。

何やってるんだかねぇ。。。。


というわけで、今週のつまみ。

ケールチップス;初めて作ってみましたが、ショリショリでおいしい〜!
b0066900_15204957.jpg


サーモンサラダ;レタスに巻いて食べます
b0066900_15205229.jpg


みそ&クリチーディップ;セロリにつけて食べます
b0066900_15205526.jpg



これに、トルティーヤチップスとノンアルコールビール。

今週も、「おつかれさまでした〜〜!」
[PR]
by daysofWLA | 2011-08-19 19:55 | 愉しいこと

金曜は、家のみ会

このところ金曜日は、家で居酒屋ごっこをやっています。
b0066900_1530085.jpg


おつまみをいくつか用意して、ビールで晩酌です。

ビールがあんまり得意でないお腹を持つ夫ですが、日本滞在中にノンアルコールビールにハマって帰ってきました。
私も普通のビールは1本以上飲むと酔っぱらって翌朝のヨガに行くのがつらくなるので、2本目以降はノンアルコールです。

アメリカのノンアルコールビールもいくつか種類があって、飲み比べるのも楽しいです。
ただし、少しはアルコールが入っているみたいで、たくさん飲むとほんのり酔ってくるそうです。


この週末はお客さんが来たので、ちょっと豪華に見えるおつまみを用意。
唐揚げ、マグロのコチジャン和え、自家製サルサとチップス。。。
b0066900_15303749.jpg


b0066900_15284624.jpg


(実は唐揚げが鶏肉ではなくて大豆タンパクだったりするんです。)

暑い時期に揚げ物は億劫ですが、良い方法を思いつきました。
BBQと同じくベランダでやってしまうのです。
BBQグリルさんにはちょっと脇に寄ってもらって、持ち出したカセットコンロの上で揚げ揚げ~。
部屋の中に油のニオイも残らず、とっても良い感じでした。
[PR]
by daysofWLA | 2011-08-05 19:41 | 愉しいこと