<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

自転車を買う1

すこし前から、自転車購入を考えていました。夫婦ともども、運動不足はあきらかですし、これから夏に向けて旅行に行くこともあるだろうし、国立公園などに自転車もっていけると楽しいかもねなんて話になったのです。

夫は早々に、ネット版Moving Saleとも言うべき「びびなび」で手頃なのをみつけあとは引き取りに行くだけ。

一方私は、マウンテンバイクのようなハンドルがまっすぐな形の自転車は乗るのが怖いタイプで(前傾するので)、普段は街乗りメインだとしても、ちょっと公園の中など走ることもある(かもしれない)のだったら、サスが付いていたり少し「良い」のを買った方がいいのかなと迷ったり。
自転車って、専門店で見ると、ものすごく種類がいっぱいあって、しかも値段もそれなり。ネットでいろいろ見てみると、ルイガノというカナダのメーカーの自転車がなかなかおしゃれで良い感じだけれど、うちの近所では取り扱っていないみたい。。。
で、結局考えるのに疲れて近所のSportsMartで見つけた$200ドルくらいのマウンテンバイクで手を打つことにしました。もし万が一、自転車にハマって乗りまくるようならその時に良いのを買えばいいじゃない、ということで。

というのも私、手足が普通の人よりもだいぶ短いので、普通のWomenサイズよりさらに1つ小さいモノじゃないと、乗れないことが分かったのです。ふぅ。迷うほど選択枝無かったのでした。

選んだのはこれ
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-29 08:05 | 愉しいこと

Spanglish

メキシコからbetter life のためアメリカに移住してきた美しい母(Flor)と娘(Cristina)が、裕福な白人Clasky家で過ごすというお話。
Claskey家の夫人Deborahは、きれいなモノ、人が好みで、かなり情緒不安定という性格。Florの美しさを一目で気に入り雇うのですが、その後、マリブのリゾートハウスでFlorの娘とも一緒に暮らすことになると、Christinaの外見の可愛さと賢さにめろめろになってしまい、実の娘(Bernice)やFlorを傷つけていることに気づかずに世話を焼くようになります。
Deborahの夫Johnは、世界的に有名な若手シェフとして成功を収めながらも、妻に代わって子供達の精神的ケアや、妻自身の相手にも忙しい毎日。

最初英語が全く理解出来なかったFlorは、自分の意志を白人家族達に伝えるため、ひいてはChristinaを守るため、勉強しいつの間にか、Johnと対等に話が出来るようになります。会話でお互いを理解出来るようになったJohnとFlorは、互いに好意を持っていることに気づいてしまうのですが、その頃Deborahの不倫(これまた見た目の良い不動産業者)も発覚し、これ以上一緒にはいられないと、FlorはClaskey家を去ることに。

FlorがClaskey家を去ることで、Christinaも白人の家族の一員のような暮らしは出来なくなり、Deborahの勧めで通うことになった私立学校も辞めなくてはならず、大泣きするのですが、その後母娘はたくましく暮らしていき、数年後ChristinaはPrinston大学を受験するようになるようです。

Flor役のPaz Vegaさんは一見ペネロペ?と思ってしまうような女優さんで、スタイルも良いしとても綺麗なのですが、John役(ものすごくいい人の役)のアダムサンドラーは私の好みでないため、ラブストーリー的な展開にはちょっとガッカリしてしまったのでした。とはいっても、レストランでJohnがFlorのために作ってくれる料理はとっても美味しそうで、その後の展開はなかなかハラハラしてしまいましたが。
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-28 03:05 | 観たもの

プロセスチーズ

b0066900_9335593.jpg

WholeFoodsやTrader Joe'sに行くと美味しそうなチーズが色々あるのでたまに買うのですが、いつも無難なところでブリーなどソフトなモノばかり選んでしまいます。
実を言うと、日本の6Pチーズのようなプロセスチーズが一番好きです。今回はこれはもしかしてプロセスっぽいかも!とにらんで買ってみました。

セロファンを開けてみると、赤いカプセルがパックリ割れて、少し柔らかいチーズが出てきました。お味はやや濃厚。6PチーズよりはQちゃんチーズ(スティックチーズ)に近いような感じです。求める固さではなかったけれど美味しかったのでヨシ。
b0066900_9353219.jpg


笑うウシ(La vache qui rit=Laughing cow)といえば、キリのクリームチーズで日本でもお馴染みだったけれど、あれ、スペルが違う?日本のはKiriだったような。
  このウシさん、自分の顔の絵のイヤリング下げて笑っているのね。
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-27 09:19 | 食べること

dental emergency kit

さてこれは何でしょう。
b0066900_16591669.jpg

夫がドラッグストアで見つけてきたのですが、歯の詰め物が取れた時などに応急処置で仮詰めするためのキットなのです。
私も、3週間前に詰め物が取れてしまい、しかし歯医者の予約は5月頭しか空いておらず、その間お世話になっています。
歯医者さんで金属の詰め物が出来るまで、仮詰めでニガイ臭いのする白いモノを詰めることがありますが、まさにアレなのです。
私のケースではど素人に詰めてもらって、すでに3週間もっているので、アメリカのモノにしてはなかなか良い仕事をする優れものだと思います。
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-25 16:52 | 困ったこと

ミョウガ Zingiber

LAに来て3ヶ月ほど経った去年の夏、「ミョウガとショウガとゴーヤの梅和え」を食べたくて材料を日系スーパーに買いに行ったところ、ミョウガのあまりに「良いお値段」にびっくりしました。1個で$1.98くらいしていました。(日本だと1パック100円くらいですよね)

ネットでサーチすると英語名はZingiber (またはJapanese ginger)とのこと、さらに探すと、苗を通販で買えるところが見つかったのです。
7月半ばに注文したもののいろいろ手違いがあって届いたのが8月半ば。苗というよりチョウセンニンジンみたいな根でした。
さっそくプランターに植えました。

待つこと1ヶ月、9月半ばになっても一向に芽が出ません。腐ってしまったのかと掘り起こしてみると、腐ってはいませんが芽が出る気配もなし。何も変化が見えないのもさみしいので、水苔でくるんでガラスのビンに入れ水栽培にしてみました。

さらに待つこと1ヶ月。10月半ばについに芽が出ました。プランターに戻すと少しずつ育ってショウガと同じような茎と葉っぱになりました。

そして現在、2つの苗からそれぞれ1本ずつだった茎は、計6本くらいに増えて、最近また新しい芽が出始めました(赤矢印)。
でも、肝腎の食べる部分(花蕾)にはまだお目にかかれません。
しっかり地下茎が育たないと、出てこないらしいのです。
プランターしかも室内という可哀想な環境ですがこの夏に収穫出来るでしょうか。
乞うご期待。(芽が出たらfoodの記事で発表しようっと)
b0066900_14312932.jpg


More
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-24 14:03 | 愉しいこと

Pho2000

日本にいた頃は、エスニック料理に入っている”パクチー(コリアンダー)”が苦手だったのです。(カメムシの味(もちろん食べたこと無いけど)がするので)
しかし、LAに来て、メキシカンのサルサや、Mongolian noodleに入ったパクチーを食べるうちに、食べられる→無いと物足りないかもに好みが変わってきました。

そこに加えて、SanDiegoでのタイ料理大敗事件があり、なんだかパクチーの効いたエスニック料理が食べたいなと思っていたのです。
いつも行く韓国系スーパーマーケットに行く途中(コリアタウンの中)にPho2000というベトナム料理屋があったのを思い出し、行ってみることにしました。

house specialというフォーとsummer roll(生春巻き)を注文。
最初にトッピングの野菜が山と盛られたお皿が出てきました。場所柄、韓国人のお客さんが多いようで、タマネギスライスにチリソースをたっぷりかけて、スパイシーなおつまみとして食べている人がほとんど。なるほどぉという感じです。
b0066900_1341526.jpg

b0066900_134126100.jpg

我々は、出てきた熱々のフォーにモヤシ、タマネギ、パクチー、スイートバジル?を思いっきり乗せ、ライムを絞って頂きました。

スープはあまり甘くなく(夫曰く魚の出汁の味がするとか)、私好み。トッピングはミートボール、牛すじのトロトロ煮たもの、センマイ、薄切り牛ナマ肉でした。

フォーってあまり本格的なモノは食べたこと無かったのですが(ここのが本格的なのかどうかは???)、何となく、「小腹が空いた時に」食べるような軽い麺というイメージを持っていました。しかし、このお店のはとてもボリュームがあって、夫でさえ麺を残したほど。コストパフォーマンスもなかなかでした。
b0066900_13415023.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2005-04-23 08:47 | 食べること

Meet the Fockers

Meet the Parentsの続編がDVDになったので観てみました。
看護士として働きはじめたGregが婚約者のPamとその両親Jack&Dinaと一緒にGregの両親に会いに行くというお話。
Jack達とは全く違うタイプの両親(Bernie&Roz)に滞在中だけ大人しく振る舞ってくれるように頼むGregの願いもむなしく、sexにオープンな二人は、ゲストにGregの”初体験”を披露してしまう始末。
一緒に連れて行ったJackの初孫(Pamの甥)LittleJackの教育方針を巡ってもいろいろなトラブル発生、またしてもGregに嘘の臭いを感じ取ったJackは"Circle of Trust"を持ち出してきたり。。。。

第1作に比べるとGregの可哀想ッぷりがいまひとつな気もするし、Gregの両親はTVの"Dharma&Greg"のDharmaの両親ぽい感じなので、二家族が出会ったあとの騒動などはなんとなく読めてしまったのでした。

まだ話の出来ない赤ちゃんとコミュニケーションする”ベイビーサイン”をJackが採用していたのですが、これはなかなか面白いものですね。芸なのか言語なのか微妙だとは思ってしまうのですが。

あとは、Gregの初体験相手Isabelの息子が、「結構そっくり!(特にマユ毛)」で笑えました。
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-22 04:19 | 観たもの

carrot cake & rice pudding

前の日、英会話の先生から、「私の好きなsweetなんだけど味見してみて」とキャロットケーキとライスプディングを頂きました。
実はニンジンはあまり得意じゃないのだけど、そうは言わずに一口頂くと、「しっとりしていて、美味しい!(全然ニンジン臭くない)」。「しっとり」という単語が浮かばずに、「"juicy"じゃなくて、"wetty"じゃなくて、、、」とぶつぶつ言っていたら"moist"と教えてくれました。そうそう、”moist”。

ライスプディングの方は、こってりしたタピオカ入りミルクババロアという感じ。以前に日本のお菓子で「餅」(桜餅とか柏餅)を紹介したことがあるので、「食感的には、半分つぶした餅(道明寺みたいな)に似ている」といってみました。
その場では食べきれなかったのと、せっかくだから夫にも味見させようとお持ち帰りに。

そして今朝、朝ご飯(朝御ケーキ)に食べようと楽しみに起きてみたら、夫が「ライスプディング美味い!」ともうとっくに食べていました。
私のまわりによくいる「プリン好きな男の人」の一人なので、たぶん気にいるだろうと思ってはいたのですけれどね。ちなみに、キャロットケーキも食べ終わって、そちらの方は証拠隠滅されていました。(・_・?)

彼女曰く、あまりfancyなお菓子ではないので、ケーキ屋さんと言うよりは小さなデリなどで売っているんだそうです。"コンビニおやつ"みたいな感じなんでしょうか。
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-21 09:12 | 食べること

生卵のあじ

同僚の中国人と良く食べ物について話すのですが、「中国では生卵食べるの?」と聞いてみたら、ものすごく気持ちワルそうな顔で「食べたこと無い。たまに、卵とお酢に漬けて、殻が柔らかくなったものを飲む人はいるけど」といっていました。
「日本ではお醤油味でご飯にかけるのがpopularなのよ」といったら、「どんな味?」と聞くのです。
 どんな味と聞かれても、卵かけご飯の味は、お醤油味の生卵の味だし、、、イクラがたっぷり乗ったいくら丼の味と言っても分からないだろうしなぁとおもって、「egg taste」といったのですが、変なモノ食べると思っているんでしょうね。

ほぼ毎日一緒にお弁当を食べていると、彼ら(中国人)のお弁当は、普通のご飯とあまり大差ないように見えます。というのも、日本人にとって「お弁当用のおかず」というのは、汁気をなくして、さめても美味しいモノを考えて入れているように思うのですが、うちの同僚達のは、ご飯の上に、前の晩のおかずだったと思われる野菜と肉を炒めたようなモノをドン、と乗せて終わりということが多いのです。なので、おかず用の紙カップにそれぞれのおかずを入れてお弁当箱に詰めた日本式お弁当は、ちょっと驚かれたようです。
 他には、肉などは鳥でも豚でも骨付きのモノが良く入っています。たまには豚足とか。日本人も骨付きのスペアリブとか唐揚げとか食べないことはないけれど、お弁当にはあまり入れないと思うのですよね。しかも、彼らの場合、お箸を使わず(家では使っているらしいが)にスプーンだけで食べるので、かなり「犬食い」かつ「骨などをぺっぺと吐き出す」ので、一緒に食べるのがちょっと苦痛になることも。全員ではなく、スプーンを使ってあまり人目に付かないように骨を出す人もいることから考えると、食事のお行儀は個人によるのかなとは思うのですが。

といいつつも、彼らのおかげで、日系スーパーより安くて品質の良い、中国系スーパーや韓国系スーパーを教えてもらったので、ありがたいなぁと思ってます。
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-20 05:47 | 食べること

PIYO class

2月から始まったPIYO(Pilates&Yoga)のクラスも残すところあと1週となりました。インストラクターのBrook先生が卒業&就職するので、次のquarterは続けて毎週来るのが難しいかもという話で、継続出来るかどうか決まっていないのです。

PIYOのクラスではウォーミングアップ、脚まわり腰回りのストレッチ、ウェストまわりを絞り込む運動、バランス、クールダウン、という感じで、1時間が過ぎていきます。
今日は思い出せる範囲でご紹介。

詳しくはこちら
[PR]
by daysofWLA | 2005-04-18 04:54 | Yoga/Pilates