<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

世界の車窓から〜〜Solana Beach

b0066900_15482920.jpg


というわけで、一人での参加となったワークショップはなかなか楽しいものでした。
専門中の専門分野の講習だったので、説明も全部理解できるし、他の参加者の方や講師の人からマニアックな話を聞けてとても有意義でした。
うん、正直、一人の方が気楽で良かったです(^.^)。

さてさて、どうやって帰ってきたかと言いますと、、、
参加者の一人の親切な方に最寄り駅まで送って頂いて、Amtrak Pacific SurflinerでLAまで帰ってきました。
これがSolana Beach駅。
b0066900_15494678.jpg

b0066900_15505167.jpg


駅の周りはDesign districtとなっていて、家具やインテリア関係のお店が集まったオープンモールのような通りがあるので、1時間ほどの待ち時間もお散歩して過ごしました。

そろそろ電車が来るので橋を渡って反対側のホームに行きます。
b0066900_16143149.jpg


お約束通り?15分ほど遅れて電車が来ました。
といっても改札もなく、発車のベルもなく、ただ乗るだけ。
(切符は車内で車掌さんが回収に来ます)
見晴らしの良さそうな2階席にしました。
シートは飛行機より広く、リクライニング、テーブル、フットレスト付き。
120Vの電源もあるので、パソコンをやっている人が多かったです。

この路線、海沿いをとおってSan DiegoからSan Luis Obispoまで行く人気路線だそうで、なるほど、きれいな夕陽が見えちゃったりします(最初の写真)。
通勤に使っている人が多いのか、Irvineでかなりの人が降りました。

途中で15分の遅れを取りもどすこともなく、3時間弱($23)でLAに到着。
Union Stationの中も良い雰囲気ですね〜〜。
b0066900_15512958.jpg

b0066900_15514744.jpg


ダウンタウンまでは、夫が迎えに来てくれました(Thanks!)が、後から考えたら、出張費が出るのだから駅からタクシーで帰っても良かったのですな。
ていうか、そもそも最初っからカープールじゃなくて、電車で行くことを思いつけば良かった!?!?

とにかく、電車の旅は楽しかったです〜〜。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-19 18:43 | 旅行のこと

ラ・ホヤに置いてきぼり

LAから車で2時間ほど南に下ったところにある、美しいリゾートの町、ラ・ホヤ。

その近くで開催されるワークショップに参加するために、同僚と出かけたのが火曜日の夕方のことでした。
ワークショップは翌日1日だけなのですが、集合時間が8:15分と早いので、前泊することにしたのです。

うちは車が1台しかないので、私が乗っていってしまうと夫が困るかもしれないからという理由で、同僚が運転を申し出てくれて、実は彼女の車は数週間前に新車で買ったばかりのレクサスなので、”ゴージャスなドライブだ”と喜んでいたのです。

途中ちょっとした渋滞はありましたが、おおむね順調で、カーナビつき、革張りシートのドライブは、快適でした。ビバ、レクサス。

いつもサンディエゴに行く時はフリーウェイ5でそのまま行ってしまうので、知らなかったのですが、ホテルのあるDelMarという町は、Solvangのような可愛らしい建物が並んで、プラプラ歩いたら楽しそうな感じでした。
翌日は、あのハニカミ王子がプレーしていたTorrey Pinesのゴルフコースの近くを通るし、海沿いの眺めもいいし、出張で寄り道できないとはいえ、素敵なところに来られてラッキーだな~なんて、良い気分でした。

ホテルに着く直前に、同僚のご主人から携帯に電話がかかってきて、
それも、車のハンドルについたボタンを押すだけで通話できるので「すごいね~」などと楽しく驚いて、彼女もご主人に「後少しでホテルだから、着いたら掛けなおすね~」などとご機嫌で話していたのもつかの間、

ホテルに着いて、駐車場でスポットを探していましたが、最初に見逃したところが停めやすそうだったと、車載カメラの後方映像をカーナビモニターで確認しながらバックで進んで、
切り替えして、いざ停めようとしたとき、

ばきばきばきばき、、、、、

モニターには何も映っていなかったのに、車の後ろに何かが、、、、

降りてみると、新車のレクサスの左テールランプがこなごなに砕け、駐車中のトラックにぶつかっていました!!

ランプの破片をいとおしそうに拾いあげながら、泣きそうになって、だんなさんに電話する彼女。
そのうち、トラックの持ち主も出てきて一緒に車を見ていたのですが「トラックはたいしたことなさそうだけど、今は暗くてわからないから、明日の朝、話をしよう」ということになりました。

じゃあ、とにかく部屋に入って落ち着きましょう、と思っていたら、
"I want to go home now, I don't want to stay here,
anymore"
と言い出す彼女。


私 「あ、そうなの?(ワークショップは行かないの?仕事なのに?)
  でも夜遅いし、動揺しているから今すぐ帰らないほうがいいんじゃない?」

彼女「明日の講義も聴ける気分じゃないし、、、とにかく帰りたい!
あなたは、明日レンタカーでもしてLAまで帰ってきて」

私「(もう何を言っても、しょうがないんだろうなぁ。。。)オッケー。ところでトラックのおじさんとの話し合いはどうするの?」


彼女「必要だったら私の電話番号でも渡しておいて、もう行くから、じゃっ」


そう言って、壊れたライトの欠片と私を駐車場に残して、傷ついたレクサスに乗って(でも、ま、かすり傷だけどね)帰っちゃいました!!

まじで。。。

あなたならどうする?
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-18 21:36 | 困ったこと

布ぞうり

なんだか、流行っているとかいうのを新聞で読んでしまったら、作りたくなってしまって、
でも、ふつうの大きさを作るには、手元に手頃な布きれがないので、去年のアクリルたわしの残り毛糸で。
b0066900_15565863.jpg


作り手に似て、足の模型も扁平足?

b0066900_1604846.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2007-09-17 23:52 | 趣味のこと

自転車に乗って

ものすご~く久しぶりに、自転車をベッドルームから出しました。

ベッドルームにしまいこんだのは、去年のクリスマスだったとして、その前も入れるとどのくらい乗っていなかったのか、、、。
空気も抜けてしまっていたけれど、ガレージにあったはずの空気入れは見つからなくって、(たぶん盗まれた!!!)、仕方なく購入。。

せっかく空気を入れてもらったので(はい、自分では入れないのです)、一人サイクリングに行ってきました。

目的がないとすぐ帰ってきてしまいそうなので、インド屋さんでサモサを買って来る事にして、出発。
日が暮れる少し前の、やわらかい空気は、たとえ排気ガスいっぱいのVenice Blvdのbike laneを走るといえども、爽快な風でした。

鍵を持っていかなかったので、お店の外にいたお客さんに、ちょっとのあいだ自転車を見ていてもらって(良い人でよかった)、無事、サモサをゲット。来た道と同じルートを通って帰宅。
最後のちょっとした坂を、意外にも楽に上れたのに気を良くしたけれど、最後の最後の難関は、アパートの2階まで自転車をかついで上がることだったのでした。
さすがにちょっと息があがった。

1時間半くらいの、のんびりペースのサイクリング。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-16 15:31 | 楽しいお出かけ

ちえねつ

9月から新しく英会話のクラスに通い始めたのですが、これがものすごく大変で、久しぶりに焦っています。

今まで通っていたUCLAの留学生向けのクラスでは、色々なクラスをとって慣れてしまったせいもあるし、週ごとに発表の担当者が決まっていたので、自分の番でなければ予習しなくても何とかなる感じだったのです。
先生の当たりはずれも大きかったので、こんなものか、となめていた部分もあります。

でも、今度のクラスは、授業中にランダムに指名が来て、本を音読させられるので、せめて単語の意味くらいは分かるように予習して行かないと、ついていくのがやっとな感じ。

高校の英語のクラスを思い出します。

もともと、英語で本を読めるようになりたかったので、きっとすごく為になるクラスであると期待しているのですが、クラスの中で自分がこんなに出来の悪い生徒であるというのも、得難い体験で、、、。
他の人の読むのを聞いていると、上手な人の時は”発音が良い”とか”リズムに乗っている”と褒める先生も、読み方があまり上手じゃない人の時は、まったく褒めないので自分がいかに下手かがはっきり分かって気持ちが良いほど。

これでも、国語の時間は、朗読が得意だったんですけどねぇ(日本語だからね)。

そんなわけで、授業が終わった後は、脳全体がぼ〜っと痛くなって、熱を持ったノートパソコンみたいな感じになります(笑)。
仮想でもいいから、メモリ増設したい。

1セメスター終わる頃には、少しはバージョンアップできるかなぁ。。。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-14 21:55 | myself

キッチン

ネットサーフィン中に、「読むと無性にカツ丼が食べたくなる」本として紹介されているのを見かけました。
ずいぶん昔に、読んだことがあるはずだけれど、カツ丼はおろかあらすじもほとんど覚えておらず、まして、”キッチン”にその続編”満月”があるというのも忘れてしまっていて、自分の記憶も案外あてにならないものです。

読み返してみても、「キッチン」と「満月」は初めて読んだように新鮮で、確かにカツ丼が美味しそうに描かれていました。

ああ、でもここまで書いていて、たしか映画化されたときにヒロインに選ばれた川原亜矢子さんを新聞かなにかで見て、なんだか腹を立てたのを思い出しました。
ははは。
今の、雑誌などで犬と一緒に見かける川原さんは、わりと好きな方なのに、当時はなにかが気に入らなかったのでしょうねぇ。変な人>自分。

表題作の「キッチン」と「満月」はまったく覚えていなかった私ですが、3作目の「ムーンライトシャドウ」ははっきりと覚えていて、読み返しながら以前のぞくぞくした感じを思い出しました。
きっと、この話が強烈に気に入って、他のは忘れちゃったんだろうなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-13 20:44 | 読んだもの

Professional とは

いろいろな単語が当てはめられるようですが、
このシリーズはなかなか気に入りました。
プロの仕事人めざして、がんばりましょっと。

P: proud
R: reliable/respect
O: orderly
F: fair
E: efficient
S: safe
S: supportive
I: informing
O: organized
N: negotiable
A: ambitious
L: loyal
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-13 17:41 | myself

Eagle Rockハイキング

前回とおなじTopanga State Parkですが、今回はイーグルロックの名前の由来をちゃんと教えてもらいました。
b0066900_1631622.jpg

”イーグルの飛ぶ姿”(背中から見た図)に似ているからだそうです。
でも、実際に、イーグルもたくさんこの辺りにやってくるそうで。。


b0066900_16313727.jpg

夕陽が山の向こうに沈んだあと、空の色がピンクから紫っぽく変わっていく様子や、星がだんだんと数を増していくのが見られて、きれいでした。
ご一緒した、同じ蠍座生まれの方に、さそり座の星がどこにあるかも教えてもらったので、識別できるレパートリーが北斗七星の柄杓に加えて、ひとつ増えました(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-10 16:34 | 楽しいお出かけ

鮭フレーク

お寿司以外で食べる一番好きな魚は鮭かも知れません。
母が作ってくれるお弁当のご飯の上に、鮭フレークがのっていたりするとものすごく嬉しかったものです。とくに、お中元やお歳暮で加嶋屋のが届いたりするのは楽しみでした。

そんな私が、今回作ってしまったのはコレ!
まさか自分で作る日が来るとは。。。(笑)
b0066900_172345.jpg


More
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-09 23:52 | 猫のこと

マクロビオティック教室

少し前から、自分でレシピ本を見たりしてマクロビオティックのお料理を取り入れているのですが、”陰・陽”の基本編のクラスがあるというので行ってみました。

習ったレシピは、プレスサラダ、野菜のウォーターソテー、茹で野菜とカボチャの種のソースの3種類。
説明を聞きながら、作り方のデモンストレーションを見せて頂くのですが、野菜の切り方ひとつとっても、さすがにプロの包丁さばきは勉強になります。

帰ってきてから、自分で復習しながら作ってみた”茹で野菜とカボチャの種のソース”。
b0066900_15235997.jpg

それぞれの野菜の固さにあうように、1種類ずつ茹でるので、どれかがクタクタになることもなく、それぞれの野菜の味が活きて、ほっとするお料理です。

ソース作りには、ものすごく久しぶりにすり鉢を使いました。
フードプロセッサーや、ブレンダーとは違う食感になるようです。
(家のキッチンにすり鉢があったのも、忘れかけていたほど。。。)
オイルは何も使っていないのに、コクがあって美味しいソースです。
[PR]
by daysofWLA | 2007-09-08 15:04 | 食べること