<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ぴったり4年経ちました

LAに住むようになったのが、2004年の3月31日。
今日でぴったり丸4年経ちました。

4年前にLAXに降りて、もわーっと暖かかったのを思い出します。

というわけで、明日からアメリカ生活5年生です。

持ち物も増えたし、体型もアメリカナイズされてきたし、パソコンのHDもそろそろいっぱいだし、、、あちこちいろいろ整理しないといけません(爆)
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-31 17:28 | myself

C-SpaceでYoga

UCLAのキャンパス内に、C-spaceという部屋が出来て、そこで職員向けに無料のクラスが開かれるようになった。
板張りの床に、和紙で出来たついたてやランプがあって、なかなかよい雰囲気の部屋になっている。
壁の向こうがトイレになっているのか、かなり頻繁に水の流れる音が聞こえるのだけれども、職場にこんなスペースを作って開放してくれるというだけでも有難いもの。

クラスはYoga、Tai-chi、Pilates(それぞれ1時間)、Guded-meditation(30分)があって、仕事前の朝6時から、もしくはお昼休みに行かれるようになっている。

何回かお昼休みのYogaクラスに行ってみたけれど、ずいぶんリフレッシュされた。
時間が決まっていると、それに向けて仕事を配分したりと、メリハリがつくのもいいかもしれない。
ヨガマットやブランケット、座るためのクッションも用意されているので、本当に時間が空いた時にぱっと行かれるようになっているのも嬉しい。
実際、ジーンズでふらっと来ている人もいる。
1時間のクラスとはいえ、太陽礼拝のシーケンスを中心に、うっすらと汗ばむほどの運動量がある。しばらくヨガスタジオには週1回しか行かれてなかったのだが、平日に少しでも体を動かしたためか、土曜日のクラスでもすこし楽に動けるようになった気がする(当社比20%増しくらい??)


Medidationのクラスも興味があるけれど、体を動かさずに頭だけリラックスしてしまうと、午後の仕事に戻れなくなりそうな気がして(笑)まだ試していない。

期間限定のクラスだという噂もあるので、できれば長いこと続いて欲しいところ。
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-31 10:16 | Yoga/Pilates

ひさしぶりに

金曜日がUC系のお休みだったので3連休となった週末の中日。

久しぶりにカラオケに行ってきました。
前回行ったのが、2006年の9月だったので、ずいぶん久しぶりなのです。
というのも、夫はあんまり好きではないらしく、週末のレジャーとして提案しても却下されつづけていたので、夫の仕事が一区切りついたところで行くことにしてました。

本来なら、うれしい”一区切り”の時に、好きじゃないところに行かなくてはならないなんて、夫にとっては罰ゲームのような気もしないでもないのですが、、、。

近所のニジヤのモールにあるお店(ハッピーアワーで一人$5、持ち込み料金一人$1)に行きましたが、夫曰く、曲の演奏がイマイチのような気がするとのこと。
私は、そんなことは気にもならず、いっぱい歌えてストレス発散になりました。
歌える歌が古いのばっかりなので、新曲があるとかそういうところはお店の評価にはならないのです(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-29 14:26 | 愉しいこと

今年のTAX

毎年ゆううつなTaxReturnの申請。

うちは、夫婦でそれぞれ別にビザをとっていたのと、LAに来たのも夫が2002年、私は2004とばらばらだったので、免税期間もそれぞれ違っていました。
ファイリングが別々だと、送り先も異なっていて、郵便料金もそれぞれかかるし、自分の分は自分でやらないといけないし、、面倒だったのです。

それが、今年から晴れて”Joint”で申請できるようになりました。

つまり、二人分合わせてのJoint申請プラスOnline申請というのをがすべてやってくれました~~。
感謝感謝。
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-23 09:20 | LA生活

お誕生日おめでとう

春に生まれた優しい貴女に。

b0066900_12371344.jpg


飛行機にのってぴゅーんと会えると良いのにね。
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-21 12:33 | myself

こびとのくに

歯の定期クリーニングに行ってきた。
歯医者をUCLA内の先生に変えたのが半年くらい前なのだが、とにかく職場から近くて便利。
同じキャンパス内だから当然なのだけれど、ふだん働いている建物の真向かいの建物が病院なので、5分前に出れば間に合ってしまう。

受付で名前を告げると、「向かいの部屋に行ってください」といわれる。
入ってみると、子供用の歯科医院になっていた。

壁には動物や、花、蝶々やカエル(こっちの子供ってカエル好きなのかしら、、、私はキライデス)の絵がカラフルにかかれている。

患者用のリクライニングシートは小ぶりで、しかも背が低い。
座って背もたれを倒すとずいぶん低く感じ、周りの器械や家具は特に小さいわけではないのだけれど、なんだかコビトの国(映画Elfのウィル・ファレルのイメージ)に来たみたい。

大人用シートとの大きな違いは、うがい用のドレイン?(なんと言うのでしょう、治療中や終わった後に、口をゆすいだspill outをガァーーと吸い込んでくれるアレ)がついていないこと。

終わった後でイスから下りて、壁際にある小さな小さな”とっても背の低い”流しで口をすすぐ。
飛行機のトイレの流しのように、レバーを踏むとガーッと水が排水されるようになっていて、子供は喜んでやりそうだ。
あんまり低いので、顔を流しの近くに持っていってブクブクうがいをしていたら、起き上がるときに、流しの上の棚に頭がごちんとぶつかりそうになった。

親知らずの周りのフロスを丁寧にやるように言われた以外は、特に問題も無く、クリーニングはきっちり45分で終わった。
すばらしい。

次回は9月。
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-13 11:00 | LA生活

9ヶ月ぶり

に、髪を切ってみた。

去年の6月に部分縮毛矯正というとてつもなく面倒なストパーをやって以来ずーっと伸ばしっぱなしにしていたので、伸びに伸びて肩甲骨より長くなっていた。
(日本に帰ったときに、少しそろえてもらったのだけれど、その時は「あんまり長さは変えないで」とお願いしたので、見た目は有意差なし)

このくらいの長さになると、座った時にイスの背もたれと背中の間で髪をはさんでしまい、ふとした拍子に首がグケッとなる。

学生時代も同じくらいかもっと長かったこともあった筈なのだけれど、そのときは気にならなかったなぁ。
あんまりイスに座っていなかったのかしら。


というわけで、急に何もかも面倒になって、「切りたく」なった。
美容院に電話してみると、めずらしくすんなり当日予約が入れられて、切る気モチベーションは急上昇。

スタイルはお任せで、「ばっさり」をお願いして小一時間。

出来上がったのは、耳の下くらいのボブでした。
いまのところ、そんなに広がりもしないし、とにかくシャンプーが楽で嬉しい。
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-12 17:35 | 愉しいこと

いつもとちがうレンズで

奥行きがぼやけるとちょっと良い感じ。

b0066900_1684179.jpg

2008年の桜



b0066900_169233.jpg

アスパラとエノキのチヂミ/ますます菜菜ごはんより



b0066900_1693377.jpg

夕ご飯のパスタ、レンジで茹でてソースと和えただけ



b0066900_16141428.jpg

大根おろしのモチモチ揚げ/赤峰勝人の野菜ごはんより
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-10 23:59 | 趣味のこと

お茶とケーキ

先日の餃子ランチのベツバラタイムの写真です。

お土産に持って来てくださった、Santa MonicaのReal Food Dailyのケーキ3種類(チョコレート、ハワイアン、チーズケーキ(どれも3等分してあります))。
他にMontanaにあるbakery(今度お店教えてくださ~い)のアップルパイとブラウニーもあったのですけれど、贅沢なことにお皿に盛りきれなくて。。

b0066900_5484612.jpg

最近、このお皿に盛るとケーキがすごく美味しそうに見えることを発見したので、普段のお茶にもどんどん使っちゃうことにしました。

どのケーキも甘すぎず、食べた後で頭が痛くもならず、とっても美味しかったです。
(さすがに、食べきれませんでしたけれど)

今回みたいにToGoで家で食べる時は、きれいに切り分けて色々味見できるけれど、お店で複数でお茶する場合って、「こっちの食べてみて」って良くありますよね。
人数が多いと、お皿をぐるぐる回すことになったりして(笑)。
先日、とあるインターネット掲示板に、
「そういう状況で(相談者が「味見する?」と聞かないのに)毎回「ひと口頂戴」と言う友人に、なんと言って断ったら角が立たないか?」
という話題が盛り上がっていました。相談者は、自分の好きなケーキが決まっているので、一人でまるまる1個じっくり食べたい派なのだそうです。


私はどうかなぁ??そのときに食べたいのを注文するから、あんまり人のをもらいたいとは思わないですね。たぶん。
味見する?ときかれたら、自分の分もどうぞってなるけれど。
他の人のが美味しそうだったら、次回に注文すればいいかな、、くらいな感じ。
かといって判断が早いのではなくて、選ぶまでは時間がかかるタイプです(笑)。
ひとの口つけたものは嫌だとか、そういう潔癖な感覚は無い!です。
(たとえば職場の上司とランチに行って、ワンプレートのものをそれぞれ注文しているのに、シェアするとかいうのは気持ち悪いし、嫌ですが(爆))

皆さんはいかがですか?
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-08 12:48 | 食べること

佐々木夫妻の仁義無き戦い

最近、わが家は夫婦揃って働きすぎ。
今日なんて、家に着いたのが10時過ぎてしまった。
残業代も出ないのに、こんなに働くなんて日本いるかのよう。

寝る前に、頭の中を仕事モードからリラックスさせるのには、やっぱり日本語の方が良いのか、このところ日本のTVが流れていることが多い。
このドラマも続けてみているものの一つ。

SMAPの稲垣君と小雪が夫婦で、二人して弁護士事務所を共同経営している。
二人の性格が、普段の生活でも弁護方針でも真逆というほど違っているのがコミカルに描かれているというドラマ。

要は、稲垣君が真面目、几帳面、きれい好き、正義感に熱いひとで、小雪が大雑把、部屋が散らかっていても気にならない、夜型人間なのである。

結婚してから3年くらい経っているらしく、あまりの妻のだらしなさに堪忍袋の緒が切れた稲垣君が「離婚だ!」と言っては、なんだかんだで毎回ラブラブに?落ち着くというような話になっている。
でも、ナレーションは「離婚騒動の記録である」と言っているので、最後には離婚するのかも。

うちでは夫がはじめに見だして、部屋を散らかし放題の小雪が、稲垣君に説教されるという部分に、非常に共感したらしく、私にも見ろと言ってきた。
小雪の言い分の方に、非常に共感できる私にはあまり効果が無かったんじゃないかと思う、今日この頃。

先日の餃子ランチの時も、友達を呼ぶ手前、ダイソン君はかけたし、クイックルみたいなハタキでパタパタしておいたし、キッチンもリビングも片付けたつもりでいたのだけれど、、、。
帰ってきた夫は、

「この状態で人を呼んだのか~」と、驚いていた。

来てくれたのは私の友達だから、いいじゃないですか。ね。

ところで、
[PR]
by daysofWLA | 2008-03-07 22:00 | TV