<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヘッドライトの交換

4/29のこと、しばらくぶりで夜に運転して帰ってきたら、車のヘッドライトが片方切れているのに気がつきました。

切れたままで走っていてお巡りさんに見つかると、整備不良で”罰金”なので、急いで交換しなくてはなりません。


ヘッドライトって、あの四角くてデカイのを取り替えるのかと思って調べてみると、真ん中の電球だけを取り替えれば良いらしいと分かりました。
しかも、自分で出来そうなビデオも発見。(注!:音がでます)
How to replace headlight bulb


電球は近所のPepBoysというカー用品屋さんで売っていそうなのでそこに行ってみました。
お店にはいったとたんに、なにやら全体に”やるきのない”雰囲気が漂っています。

そこは、工場も併設してあるのですが、電球のありかを教えてくれた店員さんはメカニックに関する知識はほとんど無い様子。
2台のレジ両方に人がいて、並んでいる人もいないのに清算もなかなかしてくれず。

工場の方の受付にいたおじさん(修理担当の人で自分の仕事が終わって帰る前にたまたまフロントにいた人らしい)に聞いてみると、「そんなの簡単だから自分で出来るよ、どうやるか教えてあげよう」と車の前を開けてくれました。

ビデオを見たときは出来そうだなと思ったのですが、実際はホコリやオイルでかなり内部が汚れていたのと、電球を引き抜くのがちょっと硬そうで、爪が折れそうだったので、やっぱりお店に頼むことに。

さっきのおじさんはもう帰ってしまって、遅番の修理の人(たった一人)の手が空き次第やってくれたようで、最初に言われた時間よりは早く終わったのですが、そのあとフロントで修理伝票を発行するのに待ち時間が15分ほど、そのあとまたお店のレジで清算して、修理フロントに預けてある鍵を受け取るのにまた15分ほど待たされたのが響いて、お店についてから出るまで1時間もかかってしまいました。
(ヨガのクラスに間に合わなかったー!!!)

修理フロントの人が一人しか居らず、ひとつのことしか一度に出来ないタイプだったのが原因でしょう。
修理の人の感じがよいのを、フロントが台無しにしている気がします。
しかも、フロント内に何も手伝わない人がただ座っていて、(たぶん誰かを待っているとか、店員さんではなかったのかもしれない)「手が足りないのになぜ手伝わない~~」感を増長していました。

私よりあとに来た人には、車で20分ほどかかる別のお店の方が早いと勧めたり(でもその時点で、10分くらい話し込んだあとだった)、次の日の予約を取りながら「予約を入れてもその時間より前に予約無しで来た人がいたらそっちを先に始めちゃうから1時間くらい待ってもらうかも」といったり、なんとも効率の悪いお店でした。

軍手持参で自分でやってみればよかったのでしょうが、、、ま、日没前に新しいランプが付いたので良しとしないといけないのかなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-30 18:30 | 困ったこと

Museums on Us

Bank of Americaのカードを持っている人は、あちこちの博物館が無料になりますよ~。

詳しくはこちら。
Museum on Us

以前、このプログラムでHuntington Libraryに行ったときは、5月だけだったのですが、今年は(来年にかけて)毎月、無料の週末があるみたいです。
どのmuseumもたいてい無料の日があるけれど、平日に設定されていることが多いので、週末に無料だと行きやすいですね。

といいつつ、うちはもうずいぶん前にBOAの口座を閉じちゃって、カードも解約していたような。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-29 17:03 | 愉しいこと

新型インフルエンザ

メキシコで豚インフルエンザに感染した人が亡くなっている、というニュースが出回ったのが先週の後半のこと。
ちょうど、風邪を引いていた私も、インフルエンザじゃない?などと心配されて、「豚じゃないよー」などと冗談を言ってましたが、そんなことも言ってはいられなくなってきたようです。

豚インフルエンザとは、豚にインフルエンザを起こすウイルスの名前かつ、その病気の名前。
本来は、簡単に人間に感染するものではありません。

ここ数年、日本でも養鶏場で発生が見られて、かわいそうにニワトリさんが全処分ということになっている鳥インフルエンザも元々は鳥の病気。

ニンゲンの間で流行して風邪のひどいのを引き起こすウイルスとは別物なのです。
ところが、例えば豚は豚のウイルスだけでなく、鳥インフルエンザウイルスやヒトのインフルエンザウイルスにも感染してしまうので、体の中にいろんな種類のウイルスを持ちます。
そうすると、豚の体の中でウイルスが増殖する間に、ヒトのウイルスから部品をもらったり、鳥のウイルスからもらったりして、新しいウイルスが出来てしまうのです。
これが変異体。

変異体は、人にも感染することが出来るようになり、豚ー豚だった感染経路が、豚ーヒト、ヒトーヒトへと広がっていきます。
しかも、新しいウイルスなので、ワクチンが開発されてない。
時に変異体は、元々のウイルスに比べて感染力や死亡率が高くなることがあるので、世界的に大流行が起こってしまうことを各国で警戒しているのです。

なので、現在、メキシコはじめいろいろな国で感染が確認されているウイルスは、正確には(豚由来)新型インフルエンザというわけ。もう豚インフルエンザじゃないですからね。

ちなみに、インフルエンザのワクチンで聞いたことのある、香港型は鳥インフルエンザから変異して香港から流行が始まったウイルス、ソ連型は豚インフルエンザから変異したものとされています。

インフルエンザウイルスの予防には、保湿・保温が一番。ウイルスは湿度の高いところを好みません。ビタミンを取って免疫を高めること。使ったティッシュはそこらに置かず、すぐにゴミ箱に捨てましょう。ちょっと体調がおかしいなと思ったら、仕事に来ずに主治医に連絡、出来るだけ家でおとなしくしているように、というのが、職場に回ってきたインフルエンザに関するメールに書いてありました。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-29 00:19 | LA生活

LA観光 友達編

友人がサンフランシスコの方から遊びに来てくれました。

同じカリフォルニアといっても、北と南では飛行機でもなんだかんだで5,6時間かかってしまうため、会うのは3年ぶりくらい。いえ、もっとかも。

「タオルとか何にも持ってこないでいいよ~」との言葉どおり、ハンドバッグひとつで現われて、私の仕事が終わるまでモールで買い物して待っていてくれました。
昔っから、おしゃれで格好よかった彼女。久しぶりに会ってもきれいだわ~。


金曜の晩は、うちで和風居酒屋メニュー。
お刺身をいろいろ買って、ビールも買って、、。
キッチンで一緒に準備をしていると、学生のころに私の下宿で友達同士集まってお鍋とかお好み焼きとかしていたのを思い出します。


土曜日は全身リフレッシュの日
朝からJasmine先生のYogaに一緒に行って、気持ちよ~くストレッチし、午後からは韓国スパであかすりとマッサージ。
ジャグジーやヨモギ湯、いくつかのサウナと水風呂を行ったりきたり、お湯に飽きたら床暖房の大広間でゴロゴロ寝転がって、「ここってユートピアだねぇ、帰りたくないねぇ」と。
全身スベスベになって、向かった先はWesternをずーーーっと北上したところにあるグリフィスパーク。
天文台からロサンゼルスを一望して、高いところからの景色で気分よくなり、タイタウンでディナー。

日曜はモントレーパークでDimSumを食べたあと、思いっきり逆方向(爆)のサンタモニカビーチへ。
という予定でしたが、お腹がいっぱいになりすぎたので中間地点のうちで小休憩。
日本のお笑い番組をみながらガハガハ笑って、免疫力を活性化(笑)。
だいぶ日も涼しくなってきたころにビーチへ。
おなじ西海岸、サンフランシスコの方にもビーチはあるだろうと思っていたら、レドンドからマリブまでずっと続いているような長い長いビーチはないのだとか。しかも、LAのビーチの方がずっと暖かいらしい。
すごく感激してくれて、よかったです。
そういえば、マリンスポーツをする友人だったので、もっと早い時間にビーチに向かえばよかったなぁとちょっと反省。


空港でまた少しおしゃべりして、いよいよお別れ。
電話やメールだけではいまいち分かっていなかったそれぞれの近況も、この3日間でお互いにだいぶキャッチアップできたので、次回会うのがもっと楽しみになりました。

次は私が、何にも持たずにふらりと行ってこようかと。。。(^^)
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-26 19:10 | 楽しいお出かけ

今日のハタケ042309

週末からの猛暑がようやくおさまってきたLAです。

我が家のベランダ畑も、双葉期から本葉期に移行して、何の種を蒔いた場所だったのか分かるようになってきました。

推定小松菜
b0066900_10133559.jpg


推定水菜
b0066900_10162589.jpg


バジルちゃん。本葉は小さいけれど一丁前にバジルっぽい。
b0066900_10173061.jpg


そして、トマト&シラントロを蒔いたメキシカン畑は全く芽が出ずに2週間経ち、袋に残っている種を全部蒔いてさらに2週間ほど。ようやくシラントロの芽が出てきた模様です。
b0066900_10193673.jpg

それにしても、発芽率悪すぎ。


大葉、三つ葉の和風ハーブ畑も種全部蒔きしたのに音沙汰なし。
やっぱり、トマトも含め3年以上も前の種だとだめなんですねぇ。
来月、両親が日本から遊びに来るので種を持ってきてもらおうかな。。。
苗を買って来ちゃおうかな。。。


だめだめなのは、種だけでなくニンゲン=ワタクシも。
土曜日くらいから、鼻がぐずぐずし出してアレルギー再発かな(ちょうどクローゼットのものを出し入れしたので)と思ったり、日曜日に出かけたあとから、体がずっと暑いのを炎天下にいたからかなとおもったり、おなかの調子が悪いのをなんか変なもの食べたかな(ほぼ同じものを食べている夫は大丈夫なんですが)と思ったりしていたら、しっかり風邪引いてました。
お天気が涼しくなってようやく自分が熱っぽいのに気づいた鈍い女です。
季節の変わり目を逃さず風邪を引く女とも言われています。
明日から、友達が飛行機で遊びに来てくれることになっているので、今日中に治さないと!と今日はお休み取りました。午後にはごはんも食べられるようになって、こうやってブログも更新できるということで復活したみたいです。
みなさまもお大事に〜。

おまけ;こんなのも生えてきてます。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-23 16:23 | 家のこと

名前を理解したらしい

猫の話です。

このところ、かくれんぼがマイブームのご様子のふじ子さん。

ぱっと見渡していないときに、「ふじこー」とか「ふーちゃーん」と呼ぶと、
b0066900_1624226.jpg

にょろっ、と顔を出して、

b0066900_16262511.jpg


「ここだよーん?」みたいな顔をするようになりました。

たぬきー、とかデビルマーンとか、ちがう名前で呼んだときは出てこないので、一応、自分の名前は『ふじ子』だと覚えたらしいです。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-22 00:16 | 猫のこと

室内アンテナの実験・ビデオ屋閉店

ケーブルテレビを契約していながら、朝の出かける前のニュースとお昼のmaury show(相変わらず見てる)以外、ほとんどケーブルの番組を見ない我が家。

毎月$50ほどの出費がもったいないよねぇ、、、、と、室内アンテナ(HD対応のもの)を試しに買ってみました。
RCAのアンテナで$15ほど。
b0066900_16195053.jpg

結果、
・analogチャンネルは、砂嵐の中にぼんやり顔が見える程度のひどい画像で観るに耐えない感じ
・digitalチャンネルはケーブルと変わらないきれいな画像で問題なく観られる(これにはびっくり)
・受信できるチャンネルは1〜60くらい。
・ケーブルで観られないサブチャンネル(18-2とか)は受信可能(digitalなので)
・逆にケーブルのチャンネルにある400番台のHD専用チャンネルは受信できない
・digitalチャンネルでHDの番組を流している場合は、HDでみえる。
・シグナルの弱いチャンネルは、画面がジグソーパズルのようになってしまって判読不能になる
・うちの部屋では、アンテナシグナルが届きにくいっぽい(映らないチャンネルが多い)

というわけで、すべてのチャンネルがdigitalになった場合、かつ、受信感度が良い条件のお家なら、ケーブル無しでクリアなテレビが観られるようです。

うちにとっては、朝の日本語ニュースを見るチャンネルが映らなかったこともあって、とりあえずケーブルTV解約はまだしないことに。
観るチャンネルがほとんどないのに、そのうちの1つが写らないというのもマニアックで面白いです。
アンテナは返品するかなー。


もうひとつ、
ソーテルのレンタルビデオ屋さんが閉店セールをやっていました。
b0066900_16171397.jpg

VHSビデオものは指定の箱に詰め放題で$10とか、映画の中古DVD$20/5枚とか、日本のテレビ番組のDVDなどはかなり安く売っていたのでした。
あ、VHSのビデオデッキも売ってましたよ。
お店のリース期限が切れるための閉店という事でしたが、最近はインターネットさえあれば、動画サイトでいろいろな日本のTV番組がみられる様になっていますし、そういう影響もあるのかもしれませんね。

家具・インテリアのお店EXPOのセールものぞきに行ったんですが(もうほとんど残っていなかったけど)、閉店前のeverything must goセールってなんだか寂しいですね。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-18 22:50 | TV

チームバチスタの栄光

以前、コメントであづ。さんが面白いと教えてくださった、「チームバチスタ」シリーズを読み始めてみました。新しい作家さんの名前を知るのは、ブログからが多かったりする今日この頃です。

バチスタと聞くと、ドラマで見た”医龍”を思い浮かべてしまい、あのあんまり切れ者に見えない心臓外科医のイメージが強くて、これまで読まずにいたのです。

読み始めてみると、主人公はバチスタ外科医ではなくて、不定愁訴外来の田口先生。
この先生が、院長から頼まれて、バチスタ手術で連続して起きている死亡事故について調査するというお話でした。

って、あらためて説明するまでもなく、映画やドラマにもなっているほどストーリーは有名っぽいのですが。。。

全体として文章がブツ切れで、マンガを読んでいるような味わいな為、夫は読み終わらずに挫折。
私は、登場人物のキャラ設定が気に入りました。
田口先生とコンビを組む厚生省の変なお役人”白鳥圭輔”が、ものすごく変な人で、彼に振り回される周りのどたばた振りが面白いのです。


調子に乗って、映画版も見てみたら、これはかなりがっかり。
田口先生が女性(竹内結子)になっているし、白鳥氏も阿部ちゃんで格好よすぎ。
原作のあらすじをなぞっているだけのようです。

でも映画に懲りず、小説の方の2作目「ナイチンゲールの沈黙」とエピソード0のような「ブラックペアン」も読んでみました。

ブラックペアンは、「チームバチスタ」で院長となっている高階先生が20年前、東城大学にやってきたころのお話。
看護婦の藤原さんや猫田さんがまだ若く、後の田口先生や、速水先生、島津先生も学生としてチラッと登場します。
もしかしたら、読んだ3冊の中ではこれがいちばん面白いかも。もちろん、チームバチスタの登場人物を知った上で読んでいるからなのでしょうが。


”ナイチンゲール”のストーリーと同時進行で起こっている事象について書かれているのが、「ジェネラル・ルージュの凱旋」なのだそうですが、図書館のオンラインリストにはまだ載っていないのです。
韓国語版はあるのに。
せっかくなので、ナイチンゲールの記憶が新しいうちに読んでみたいなぁと思っています。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-18 06:26 | 読んだもの

Ziba Beauty Threading

久しぶりに眉毛をやってもらおうと、Anastasiaに行ってみたらお休みでした。

先週も行きそびれて、今日はどうしてもすっきりしたい気分だったので、こちらにチャレンジ。
タイミング良く待たずに入れて、値段を聞いたらAnastasiaで眉毛だけの値段($40くらい+チップ)よりも安かった($35チップ無し)のでFull Faceをお願いしました。

おでこの生え際のうぶうぶ、もみあげ周辺、口角の上辺りの猫ひげっぽい部分、頬と顎、そして眉毛と顔全体の産毛を抜きまくってもらうコースです。

ねじった糸で挟んで抜くので、口の周りや頬などあんまり生えてない部分はほとんど痛みがなく、ショリショリショリと気持ちいい感触。
ですが、もみあげに近い部分の頬や生え際に近いおでこは、今まで無防備に生え散らかっていた分、ブチッブチッとまさにむしり取られるような感触。
涙がちょちょぎれました (;。;)。
ふだんシェーブしてないせいかと思ったのですが、Threadingにはシェーブはしてない毛の方が良いみたいです。

その2カ所が強烈に痛かったので、眉毛周辺はだいぶましに感じられ、たぶんワックスよりも痛くないです。
眉毛を整える時には、自分の両手でまぶたと眉毛の上の皮膚を押さえて伸ばすようにホールドするのですが、「これがもし緩んで、眉をしかめたりすると、糸に眉毛をむしり取られちゃったりするのかな?」と考えていたら、ちょっとぞくぞくしました(笑)。

仕上げに、冷たいローションをスプレーして顔に残った抜け毛を拭き取ってもらっておしまい。

Anastasiaだと、形を整えたあとパウダーで描いて、女優っぽい眉毛に仕上げてくれますが、Zibaではナチュラルにそろった状態で放免されるので人によっては”ちょっと書き足したい”気分になるかもしれません。
顔全体は剥きたまごのようにつるっとして、ファンデーションの乗りが良くなりそうな手触りになって、かなり満足。

眉毛だけだと$11と安く所要時間も短いので、買い物ついでに(あんまり立ち寄らないモールにあるのですが)空いてたら気軽に寄れるかな、と思いました。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-11 16:36 | 愉しいこと

便利なくるくる

日本のシステムキッチンだったらきっと付いている、もしかしたらアメリカでも最新式のキッチン収納にはあるのかもしれない、しょう油やオイルの瓶を入れる幅の細い引き出し。

うちのアパートのキッチンは、かなり収納が多い方で、戸棚はたくさんあるのだけれど、毎日使うこういう瓶をしまえる高さはの棚は、踏み台に乗らないと届かなかったりする。

で、仕方なく、瓶はガスコンロの横あたりに、ボウリングのピンのように並ぶことになる。
そうすると、前のアパートでもそうだったのだけど、気をつけていても油やしょう油やバルサミコ!の液だれで台は染みになっちゃうし、奥の方の瓶は取りにくい。

そんな問題を解決してくれたのが、
この”くるくる”(自称)。
b0066900_17581724.jpg


瓶がたくさん乗っても、スムースにくるくる回るので、奥のものも取り出しやす〜い。
今乗っているのは、しょう油、料理酒、みりん、オリーブオイル、バルサミコ、キャノーラ油、ごま油、ナンプラー、しょう油差し、ペッパーミル、塩ミル、ごま、梅酢、スプレーオイル。
結構あるなぁ。。



b0066900_17573438.jpg

小さいくるくるもあって、こっちはスパイスを乗せて、戸棚の中に。
意外なことに、乗っている総重量が重い大きなくるくるの方が動きがスムースです。
軽いスパイスの容器はくるくると回したときに倒れて引っかかったりするので。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-08 01:34 | 佳いもの