<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ポチッとな

家の中でもフラッシュを使わずに猫が撮れるレンズをD40xにくっつけて以来、すっかりそのレンズしか使わなくなっているんですが、
レンズが大きいので、ちょっとお出かけに持っていくには大仰になってしまって。

ここしばらく、サブカメラになる小さいのを買おうか迷っていたのです。

候補に考えていたのはRicohGRdigitalII。
レビューを見ても評判が良いし、お友達もお勧め~といっていたので。
ここ最近値段が下がっていたのもあって、もう買ってしまう寸前でした。

そんな折、もうすぐGRdigitalIIIが出るという話があって。
どんな風に機能が変わるのか変わらないのか、値段はどうなのか?
そんなことが気になって、GRIIを買いそびれていたら、、、、、

夫が見つけて来た、このカメラ
レンズも明るいし、手ぶれ防止もついているし、きっと良いよー。と。
GRについて調べているときも、目にはしていたんですが値段は高いし、一眼レフだったらもう持っているから気に留めてなかったのです。
日本で発売されたばっかりだから、アメリカだともっと高いんだろうなぁ、と思ってamazonを調べてみたら、

あれ?日本で買うより安いの?

思わず、ぽちっとな、してしまいました。
え”~~~っ。
夜中だったので、つい、勢いで(汗)。


発送までまだ日があるから、気が変わったらキャンセルできるかな。。
といいつつ、写真とって見るのが楽しみ(笑)。
一眼レフ使うまで、ずっとデジカメはオリンパスだったので、久しぶり~って気になります。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-23 01:11 | 趣味のこと

くるくる復活

iMacを買ってから久しぶりにマウスを使うようになりました。

それまではずっとPowerBookだったので、使っていなかったのです。
b0066900_15371553.jpg

付属でついてきたマウスにはくるくるボールがついていて、スクロールの時にとっても便利だったんですが、数日前から、スクロールが下向きにしか動かなくなりました。

上向きの可動範囲の限界に達してしまったのか???などと考えて、愚かにも巻き戻しのような動きをしてみたり。
でも、直らず。

調べてみたら、エタノールなどで汚れを拭き取ると良いとのこと。

なーんだ。

コットンをしめらせて拭いてみたら、ちゃんと360°動くようになりました。

そんなに大きくないボールなのに、拭いていると、結構汚れている部分があって、ばっちぃ。
いっそのこと、分解して取り出して掃除したくなります。

昔は底面もボールだったのが光学で動くようになったように、くるくるボールもボールじゃない原理で動くようにできないんでしょうか?
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-16 23:27 | 佳いもの

姉妹都市の話

今日は、歯の定期クリーニングでした。
ここ数回担当してもらっているCさんは、Hygenistにしては珍しく(そうでもないのかしら?でも女性の方が多いイメージ)男性です。

「久しぶりだねー、どっか旅行とか行った?」なんて具合にソーシャルトークは始まります。
私の方はあんまり話すネタもないので、”How about you?”と話題を振ってみると、

「実はねー、日本に行ってきたんだよ」とのこと。
春頃にUCLAの歯医者さん数名が日本に行ったことは知っていたので、それに同行したのかなと思いつつ、続きを聞いてみると、

「大阪の貝塚市に行った」というのです。

それ、どこ?

知り合いでもいるのかしらと思ったら、
なんでも、貝塚市というのがCulverCity(WLAの近くにある市です)と姉妹都市という縁で、両地で開催される市民マラソンにランナーを招待し合っているのだとか。
フルマラソン4時間の記録という選考基準をパスしたCさんはみごと今年の招待ランナーに選ばれて大阪のマラソンを走りに行ってきたんだそうです。

え〜!
いわれてみれば、引き締まって、運動しているっぽい人ですけど。

大阪では、ホームステイ先のお家では上げ膳据え膳・お土産付きで歓待され、一緒にカルバーシティから招待された女性ランナーや他の都市からの招待選手とともに、市長主催のバンケットにでたり、マラソン当日には最前列でスタート、翌日は京都観光で雪の金閣をみたり、、、ととっても楽しい思い出になったのだそうです。

姉妹都市って、名前だけではなくてそういう市民の交流イベントもやっているのですね。

後で調べたところによると、その昔活躍した全日本バレーボールチーム”東洋の魔女”がアメリカで親善試合をしたときにカルバーシティがホストになったこと。そして、そのチームの中核選手達が所属していたチーム、ユニチカが貝塚市にあったところから、カルバーシティと貝塚市が姉妹提携を結んだのが始まりなんですって。
いまは、ユニチカチームも移転してしまいましたが、町としてバレーボールが盛んだったりという名残はあるようです。
そして、カルバーシティの図書館には貝塚市が贈呈した日本庭園があるんですって。

私には全く関係のない土地だったりするわけですが、日本に行ってきたアメリカ人からとっても楽しかったよという話を聞くのは、何とも嬉しいものですね。


おかげさまで、歯もすっかりきれいにしてもらえ、ふだんの歯磨きもちゃんとできているそうで、良かったです(^.^)。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-13 15:10 | LA生活

アメリカンBeef食べ比べ

お昼寝しちゃったので、さすがに眠くありません。
b0066900_1741629.jpg

先週の独立記念日にお友達の主催でBBQにお呼ばれしました。
(パーティ全体のその他の豪華なお料理はeugeenさんのブログをご覧ください〜)

その際ごちそうになったお肉、ラムとビーフのRibeye、もう一つaged beef、どれもそれぞれ美味しかったのです。
ラムはグリルで脂が抜けて美味しく焼き上がり、リブアイは柔らかい赤身のお肉がとってもジューシー。
そして、aged beefは冷蔵庫で約2週間(場合によってはもっと)熟成させたお肉だそうで、水分が減ってうまみが凝縮、しかも酵素の働きで柔らかくなっているという特性そのまま、お肉の味がしっかりと感じられました。この日いただいたのは、熟成の過程によるものなのか、下味は塩・こしょうのみなのに、ナッツのような香りもついていて、柔らかいのに香ばしいような不思議な感じです。
一緒に出されたワインとも良く合っていて、”お肉に合う赤ワイン”を改めてちゃんと実感したような気がしました。

b0066900_17425895.jpg

さて、そんな美味しいお肉、いったい牛のどの部分なのか気になって調べてみました。
アメリカのお肉は、日本と呼び名がちがっていて、お店でステーキ肉を買おうと思ってもイメージがわかないことありませんか?(わたしだけ?)

まずは熊本畜産協会のページから牛肉の部位についておさらい。
b0066900_1648537.jpg


つぎは、wikipediaからbeefの分類を。
あらまぁ、アメリカの分類ってずいぶん大ざっぱ、と思ったら
より細かい分類はこちらにありました。
お店で見覚えのある肉の名前が並んでいます。
この↑チャート、Costcoの肉売り場に貼っておいて欲しい(笑)。

大まかに、ステーキ肉でいうと
Ribeye;背骨の外側の背中の真ん中辺り、赤身のうまみが楽しめる。
Sirloin; Ribeyeより腰に近い部分(人間のlove handleの辺り?)、霜降り具合が美味しい。
filet(mignon); 背中の内側の柔らかいお肉、tenderloinの一部、脂肪が少なく柔らかい。
って、感じでしょうか。

それぞれの部位の中でのお値段の差は、脂肪の入り具合とか、USDAのGradeの違いなのかもしれません。

日本のサイトによると、テンダーロインの中で最も太い部分をシャトー・ブリアン、そうでない部分をフィレ・ミニオンと分けるようです。アメリカのお肉屋さんにもそういう区分けがあるんでしょうか?今度見てみましょう。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-12 00:38 | 楽しいお出かけ

罰ゲーム

朝からものすごーく眠くて、ヨガのクラスにも起きられなかった土曜日。

冷蔵庫空っぽだけど午後からギターのクラスがあるし、そのあと食料品の買い物に行けばいいかなぁと、のんびり支度をしていると、ギターの先生から電話あり。
「急用のため、今日のレッスンを別の日に振り替えさせて」
とのことでした。

出かけなくて良いと分かったら、また強烈に眠くなってきて、買い物に行くことも出来ず6時過ぎまで爆睡。


土曜日なのに一日働いて帰ってきた夫と、買い物がてらいつものChineseで夕ご飯を食べてしまおうとガレージへ。

車に近づいてみると、トランクが開いてます。
あれぇ?
ドアの鍵を開けようとしても、ボタンが効かず、、、

バッテリーが切れちゃってました。

最後に乗ったのは、私。それも先週の日曜日。
買い物のあと荷物を下ろして、ちゃんと閉めてなかったみたいです。

あぁ。


仕方なく、歩いていける近所のChineseへ。
土曜日の夕ご飯時なのに、他のお客は一人もいないし、ウェイトレスさんは具合が悪いのか空いたテーブルで突っ伏して寝ているし。
ウェイターさんはやっと注文取りに来たと思ったら、なんだか横柄だし。

嫌な予感はしていたものの、

出てきたお料理、劇マズでした。
これって、罰ゲームですか?っていうくらい。
車のバッテリー切らしたから、お仕置きですか?
それにしても、連帯責任になった夫もかわいそうだこと。


バッテリーが切れてないときに行ったら、もうちょっとまともなお料理を出してくれるんでしょうか?(笑)


明日の朝、AAAを呼んで車を直してもらおう〜。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-11 18:46 | 困ったこと

Garage Bandというソフト

Macに付属されているアプリケーションにGarageBandという音楽ソフトがあります。
ギターのアイコンで、デスクトップに自動的に表示されていて、長いこと気にはなっていたのを、
最近、ひょんな事から使えるようになりました。

いろいろな音源を組み合わせて、曲をアレンジしたりできるみたいです。
ちゃんと使いこなせば。

録音が出来るので、軽い気持ちでギターの練習を録ってみました。
上手く弾けたらブログに載せちゃお〜〜なんて思っていたのです。

がっ、、、
録音したものを聴いてみると…


ひぃ〜〜〜〜〜〜∫(TOT)∫

自分の声が録音されたものを聞くのは恥ずかしいものですが、
弾いているのを聴くのもひどい(爆)
ジャイアンのリサイタルみたいだわ。

毎日、「拷問ターイム!」といいながらも、TVを見ている横での練習をだまってきいている夫とふじ子に申し訳なくなりましたよ。

ギターを習い始めてちょうど1年経ち、自分では「だいぶ良い感じになってきたんじゃない?」なんて思っていましたが、自画自賛というか、身びいきというか、まったくもって色々甚だしい。
今の先生が、褒め上手でホント良かった。
反省して、もうちょっとまじめに練習しましょう。

耳直し?にYoutubeで今練習している曲をとっても上手に弾いている人のを探してみました。
このくらいさらっと弾けると良いんですけどねぇ。



[PR]
by daysofWLA | 2009-07-09 23:02 | 趣味のこと

左岸;江國香織

借りてみてから知ったのですが、この本(左岸)には、「右岸」という辻仁成バージョンがあるらしいのです。

江國香織と辻仁成といえば、”冷静と情熱のあいだ”で離ればなれののち再会するカップルを男女それぞれの側から書いたコンビです。

”冷静ーー”はキープして繰り返し読む本の1つなので、かなり期待して読み始めました。

が、、、、

江国版=左岸の主人公の女性は、かなり奔放で、お相手がコロコロ変わります。
幼稚園時代から50歳くらいまで書かれているのに、いったい右岸の主人公はだれなの?というくらい。ずっと、陰のように登場する人物が右岸の主人公となるようなのですが、かなり左岸の中では影が薄いので、”冷静ー”ほどは盛り上がって読めないのではないかと、今から心配です、、というより、あまり読もうという気になりません。

「左岸」自体は一人の女性の人生をなぞるという形で、面白かったんですけれど。
主人公が若かったときには、母親の生き方を「勝手だ」と反抗していたのに、娘を持ってみたら自分にそっくりな頑固な性格に悩まされ、娘からは「お母さんは私に関心がないみたい」と言われたり、、、。

人生ってそういう繰り返しになっているのかもしれないですね。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-07 20:39 | 読んだもの

猫の誕生日

うちのふじ子は、パサデナの辺りでうろついているところを捕まって、
シェルターに連れてこられたそうです。
迷子だったのか、野良ちゃんだったのか。

シェルターに見に行った去年の年末時点で、「推定6ヶ月齢」とのことだったので、家に来てちょうど半年経った7月4日を1歳のお誕生日にしました。

おめでとー。

ひさしぶりの、ネコ缶ですよー。
b0066900_1647583.jpg



ばくばく食べてます。
b0066900_16474539.jpg


で、食べた後は、最近お気に入りのおっぴろげ〜。
b0066900_16482957.jpg


元気で長生きするのだよ。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-04 13:42 | 猫のこと