<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Zafu、作っちゃいました

サンクスギビングの4連休、皆様、いかがお過ごしでしたか。

私はといいますと、連休とはいえ、4日のうち3日はちょこっと仕事に行かなくてはならなかったので、どこにも出かけずに家におりました。
といっても、退屈していたわけではなく、リビング改造プロジェクトの続きに励んでいたのです。

今回は、クッションカバーから、少しレベルアップしてZafuを作ってみました。

Zafuというのは、言葉から座布団から来ているのでしょうが、円形の堅めのクッションでして、正座やあぐらの時にお尻の下に入れて、座りやすくするものです。
以前に購入して、リビングでカーペットに直接座るときに愛用しています。
使い心地はかなりよく、1個を夫と取り合い気味になるのもあって、もう一つ欲しいなぁと思っていたのです。

ただ、主に、ヨガグッズとして売られているので、お値段はあまりかわいくなく。
セールになっているのは色が選べないので、、、ならば作っちゃおうと思い立ちました。
作り方はこちらを参考に、うちにある実物を見本にサイズなど合わせました。

b0066900_1836230.jpg

3個完成したところ。&笑点猫。
一番上の紫のがHugger Muggerのホンモノです。

3個作るうちにだいぶミシンにも慣れてきて、さくさく作れるようになってきたので、調子に乗ってさらに2個作ります。(布もそば殻も余らせてもしょうがないのでね)
クッションカバーと同じ模様のが多くなると、オリジナルの紫色がますます仲間はずれになってきて、可哀想なのでカバーもつくることに。
なんでしょう、これ。”Sewing High”?
b0066900_18381094.jpg

結局、布が足りなくて、カバーはパッチワーク状態になりました。
b0066900_18385482.jpg

色を合わせたいだけなら、カバーだけ作れば良かったのではという話もあり。

そんなこんなで、ついに5個のZafu&カバー(リバーシブルなのよ)完成。
b0066900_1840527.jpg

こんなに増やしてしまって、瞑想道場でもやるのか???やりませんよ。
b0066900_1843356.jpg

Zafuが作れるならボルスターも作れそうですが、妙な気が起こらないうちに、ミシンは返却するのです。

Zafu作りに没頭しているうちに、手持ちぶさたな夫がクリスマスツリーを出してくれて(^.^)、今年のサンクスギビングは無事終了。
元家庭科部(小学校の時)としては、かなり楽しい4連休でした。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-30 23:53 | 趣味のこと

ニッポンのお菓子

ひと月ほど前ですが、日本にいる友人が誕生日にあわせて、”国産品”いろいろ詰め合わせ小包を送ってくれました。

普段、日系スーパーに行ってもお菓子はあまり買わないので、久しぶりに色々食べられて楽しかったです。大事に食べていたけど、いっぱい入っていたお菓子もついに食べ終わってしまったので、感想を。
(こういう記事だと、がらさんのブログっぽい)

b0066900_16335477.jpg



・Cheese Kugel;強烈なチーズ臭の層に包まれた、赤ちゃんボーロという食感。
        ふつうにクラッカーにチーズ挟んだ方が美味しいかも。

・Fran Whipps; いちご?味が、ホンモノに近いのか、ちょっとすっぱめ。
       いちごポッキーの方が好きだな…

上記2点を除いては、どれも美味しかったのです(笑)。さすがニッポン。


・たけのこの里 クッキー&クリーム;ホワイトチョコだと思って食べていましたが、今ひとつ味にパンチがないなと思いながら食べ終わりました。
いま記事を書いていて、クッキー&クリーム味だったと判明。ならば納得。
たけのこが1個ずつ個包装なので、一気食いしなくて良いですねぇ。

・ALMOND カフェモカクランチ;チョコとアーモンドの間に、コーヒーキャンディーみたいな層があるのです。これも、チョコがお上品すぎる、、(甘くないので)と思ってしまいました。
でも、美味しいです。

・CRUNKY和栗;クランキーチョコは、基本的に好きなので(とくにホワイト)文句なしに美味しく頂きました。でも、栗が入っているとしらなければ、分からず食べて終わってしまったかも。

ここからベストスリー!
第3位;
いもけんぴ;端っこのカリカリ具合が堅めで良い感じでした。国産芋100%と書いてあるってことは、国産じゃない芋けんぴもあるってことなのですね。

第2位;
Jagabee;じゃがりことどう違うのか、おんなじ気もしましたが、美味しかったです。
うすしおだけど、ジャガイモのおいしさが引き立っていたとおもいます。

第1位;
All Osatsu; しっとりクッキー?パイ?の間に、スイートポテトのペーストがしっかりと挟まっているのです。甘さもやわらかくて、噛むほどにじんわりとおいしさが広がる感じでした。
オールレーズンはあんまり好きじゃなかった記憶ですが、これは美味しい。

というわけで、上位3つは、”イモ”勢がしめました。

久しぶりに日本のお菓子を食べると、包装や季節限定の味など細かい芸に感心します。
甘みも塩気もこんなに控えめだったのかぁと、普段、いかにアメリカお菓子の味になれてしまっているかも思い知ったのでした。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-22 23:05 | 食べること

模様替えプロジェクト その1

いまのアパートに引っ越してきて、もうすぐ1年になります。

このところ、あちこち荒れ放題で(掃除してないから 汗)うんざりするような部屋だったので、この冬は片付け&模様替えに励むことにしたのです。
(年明けから、また激務の波がやってきそうなので…)

まずは、リビングの模様替えから。

1)スイッチの壊れていたフロアランプを引退させて、壁付けのライトを導入。

2)クッションカバーを新調(中身はまだ使えるので布を買ってきて作っちゃいました)

3)椅子のクッションを新調。
  いままで染み隠し&猫毛対策にかけていたカバーは撤去。

4)コーヒーテーブル新調。(やっと気に入ったのが見つかりました)

というわけで、あたらしくなったリビングです。
b0066900_15515890.jpg


ちょっぴり帰ってくるのが楽しみな部屋になったかしら〜?

残りの課題は「キッチンの棚の整理」と「クローゼットの開かずの箱退治」。
あともうひとつ裁縫仕事はサンクスギビングの連休中にできるかな?。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-22 22:40 | 家のこと

いまさらですが、

久しぶりにリトルトーキョーの図書館に行って、そう言えばと思い出してやっと読みました。

それは何かというと、

b0066900_14202815.jpg


ハリーポッター最終巻。
長いシリーズが、やっと終わってすっきり。
たくさんのキャラが死んでしまいましたねぇ。
最後の○○年後、というのはいかにもありきたりで無くても良かったような気もしましたが、言わせたい一言があるので、しょうが無かったのかなぁ。

借りてきたその日にベッドに入ってから上巻を読み始めて、読み終わったのが、午前4時。
次の日も、夜にお風呂に入りながら下巻を読み通して、途中でバスタブに熱いお湯を足したりしながら、読み終わって寝たのが3時。

そんな無茶をしたので、しっかり風邪を引きました。
無理はいけませんな。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-18 21:18 | 読んだもの

ピェンロー鍋

キコさんのブログで紹介されていたピェンロー鍋をやってみました。
レシピはこちら

レシピを読むだけで、美味しいのは分かっていたけど、想像通りに美味しくできてうれしい。
b0066900_12292365.jpg

干し椎茸でしっかりとだしを取り、たっぷりのゴマ油でコクを出すので、お肉なしでも十分美味しいかもしれない。
うちでは、スペアリブを買ったときに切り落としておいたバラ肉のかたまりを、細かく切って入れました。

味付けはそれぞれ、取り分けてから塩を好みの量入れるのです。
1杯ごとに違う味が楽しめるのも、面白いですよ。
b0066900_12303620.jpg

この日はこの鍋だけで、お腹がいっぱいになってしまい、締めの雑炊あるいはうどんに行き着かず。
二人でびっくりするほどの量の白菜を消費しちゃいました。

翌日、残ったスープにうどんを入れて、またまた楽しめました。
この冬、リピートしそうです。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-09 19:16 | 食べること

This is it

マイケル・ジャクソンの映画、観てきました。

いままで、彼のパフォーマンスをテレビなどでもまともに見たことが無く、
亡くなったときに初めて過去の映像を見たような感じの私ですが、
とっても感動しました。

コンサートのリハーサルを映していたフィルムを編集したものですが、
リハーサルとはいえ、歌もダンスもさすが。
50歳で、若い頃のレベルをあれだけ保っていられるのは、彼だからこそなのでしょう。

観ていてつくづく、惜しい人が亡くなってしまったなぁと感じずにはいられませんでした。
とはいえ、彼がもし生きていたとしたら、ロンドン公演ももしかしたらそのあと行われたかもしれないその後のツアーも、私が興味を持つことはなかったかもしれないので、そう思うと不思議な気もします。

それから、あれだけのダンスや歌のリハーサルを連日行って肉体的にも疲れていただろうはずの彼が、薬に頼らずには眠れなかったという事実も可哀想だなぁと思いました。

まだ見ていない方、ぜひ映画館へ。
最初に誘ったときは、「全然みたいと思わない」と言っていたうちの夫も、見終わったあとは絶賛していて、ぜひブログに載せろと言うほどなのです。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-07 16:20 | 観たもの

ドリカムか!?

昨日、ラジオをつけていたら
「あれ、なんでドリカム?」と思ってしまう曲が流れていたのです。
”決戦は金曜日の” 「あああ~あ~あ~あ~あああ~っ」みたいな部分にそっくり。

続けて聴いていたら、何度も聴いたことのある曲で、もちろんドリカムではなかったのですが。

あとで調べてみたら、
Got to be real”(クリックするとYoutubeですヨ)という曲でした。

ドリカムの”決戦は金曜日”(ついでにこっちもyoutube)の方が、もちろん作られたのはあとなのですが、ちまたでも「わざと似せている」とか「パクリ」とか言われているそうで。
イントロの部分から、けっこう似ているのでおもしろいです。



話は変わって、今日のお昼。
ご飯を食べに家に帰って、仕事に戻ろうとしているとき、TVからWinkの”悲しい熱帯魚”(古っ)が流れてました。
(Hey!Hey!Hey!の1989年のヒット曲コーナーだったみたい)
あの辺の年代の曲は、カラオケいきまくりだったので、つい、猫を抱っこしてノリノリになってみたのです。

「いや~ん、はなせ~」といやがる猫にかまわず、フリフリしていたら、
おしりを支えていた手にペチョッとなにか感じました。

やばいっ、と、猫を放し、手をかいでみると

案の定、くっさ~~~い

やられましたです。肛門腺汁。
犬や猫を飼っている方はご存じでしょうが、彼らの肛門の両側には肛門腺という、分泌腺があってそこからマーキング用の汁を分泌するのです。スカンクの臭いのも同じところから分泌されるそうです。
(幸いに、この辺にはスカンクは居ないので嗅いだことはありません)
あんまり嫌だったんで、つい出ちゃったんでしょうね。

ごめんねぇ。

手についた臭いは洗っておちたのを確認して仕事に戻ったのですが、席に戻ってパソコン仕事をしているとなんだかまだ臭いのです。
もしやと思って、着ていたシャツを脱いでかいでみたら、くっさー。
シャツが黒いからわからなかったわ。
下にもう1枚着ていたので脱げて良かったですけれど、でなければ、午後じゅう職場の人から臭い疑惑をかけられるところでした。

まったく、ふじ子さんたら、
「かわいいふりしてあの子、わりとやるモンだね byあみん」ですよ。

夫曰く、私がいじめたのがいけないみたいです。
反省反省。
[PR]
by daysofWLA | 2009-11-04 17:35 | 困ったこと