<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

最近見たDVD

Up;
レビューを見てものすごく観たくなったという夫がいつのまにかDVDを注文していた(笑)。

うちのテレビがHDでよかったねーというくらい、映像がきれい。
宮崎アニメの手描き風も好きだけど、PIXERのおそろしいぐらいの質感を出すCGもすごいなぁ。
映画に出てくる人物は、クレイメーションの人形のようなのだけれど、風景、風船、植物などはものすごくリアル。
人物をリアルにしちゃうとアバターになっちゃうのかな(観てませんけど)。

奥さんに先立たれてひとり寂しく暮らすおじいさんが、ちょっとした事件を起こして、施設に入らなくてはいけなくなります。
そのときに、若かった頃の奥さんが行きたがっていた冒険旅行を思い出し、奥さんの思い出の詰まった家ごと飛び立ってしまうというお話。

その旅に偶然同行してしまうのが、近所の子供ラッセル。
初めは、ボーイスカウトの昇進目的で「お年寄りに親切にしたい!」と近づいてきたラッセルですが、
旅のあいだにおじいさんとすっかり仲良くなり、二人で街に戻った後も、仲良く過ごしている様子がエンディングで描かれているのがほほえましいです。

知り合いのおじいさんで、近所の男の子と本当の孫のような仲の良い関係を築いている人がいて、どういうきっかけでそんなに仲が良いのかな?と思っていたのですが、この映画を観て、こういうコトってあるのねと納得がいきました。



Marley&Me

若い夫婦が子育ての練習のつもりでラブラドール(マーリー)を飼い始めたら、どうしようもないバカ犬だったというお話。

犬のしつけにワタワタしている間に、自分たちの子供うまれ、妻は仕事を辞め、夫は少し昇進し、独身貴族の同僚のヘッドハンティングをうらやむうちに、子供が増え、車は大きいものに買い換え、治安の良いところに引っ越し、、、とアメリカ人の順調な生活が描かれていきます。

主人公の夫は新聞のコラムで「そんな生活のどのシーンにもマーリーがいて、どんな思い出にもマーリーはお馬鹿なことをやってくれるのだ」という話を書き続けて人気が出ます。
ま、富士丸君のブログみたいな感じなのかなぁと想像します。

そのコラム集めて本にしたものが原作なのだそうですが、オーエン・ウィルソンとジェニファー・アニストンが夫婦役で、人間主体で話が進んでいくので、マーリーの存在感が今ひとつ薄い。
飼い主も、犬を溺愛しているという感じもしないし。

マーリーのお馬鹿さ加減は、しつけの入っていないレトリバーそのものな感じなので、どんなにハチャハチャでもかわいさは十分伝わってくるから、良いのですけど。

すくなくとも奥さん役はジェニファーアニストンじゃなくても良かったんじゃない?という気がしました。

全体を通して、感動は薄いお話だったけど、最後はお約束で、年取ったマーリーが死んでしまうので、クイールを見たときほどではないけれど、泣けちゃいました。こればっかりはしょうがないですね。
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-30 20:29 | 観たもの

車探し;ディーラー巡り

今週は、いくつかディーラーをまわってみるつもりで出かけました。

1つめ;S社
ここは、以前、旅先で借りたレンタカーがとっても良くて、買い換えるならあの車が良いねぇといっていたメーカー。
レンタルしたときは、私は運転しなかったので、試乗させてもらえたらいいなぁと思ったのです。

前にも一度訪れたことがあるのだけれど、セールスマンの印象が悪くて退散してしまったお店です。
今回は別のセールスマンでしたが、カジュアルな服装で行ってしまったせいか、「買う気無いんでしょ?」と思っているのが見え見えで(今回は買う気あるのにー!)、お目当てよりも下のランクの車のパンフレットを渡して「あばよ」みたいな対応でした。

お目当ての車もお店になかったからしょうがないんだけど、別の車を買おうって気にもならなかったなぁ。
うちの夫なんて、この会社の車がかなり好きなのに、そんな商売っ気の無い態度じゃ、良いものも売れないですよ。
セールスマンの雰囲気って、お店全体で共通なのかしら。

2つめ;A社
あんまり候補として考えていなかったメーカー。
S社に行く途中にあったので、ふらっと寄ってみた。

セールスの人は、とっても説明が上手で、
「どんな車をお探しですか」
「まだ決めてないのです~」
なんて態度の明らかに冷やかしの私たちにも、自社の車がいかに魅力的かを語ってくれます。

しかも、他メーカーのこういう車が同じクラスに相当し、A社のはここが勝っている、代わりにL社はこれが優れている、B社はここが良い、と他社をけなさない説明なので、とっても好印象。

これは彼のセールス戦略なのだろうなぁと思っても、どうせ同じ金額を払うなら、こういう人から車を買いたいと思うよねー。

テストドライブもたくさんさせてもらって、今回は酔わずに済みました。
もちろん車のタイプは全然違うのだけど、前回試乗した車とは大違いの快適さ。

ちょっと惚れちゃいましたよ(車に)。
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-30 13:04 | LA生活

パラボラ猫

ふじ子が耳のところを掻き壊して、両耳ガビガビになったので、
カラーをつけました。
うちのカーペットが、ものすごく静電気を発して、人間も乾燥&じんましんぽくなってしまうのですが、
猫もそれで痒いんじゃないかなぁという予想です。

ひっかかずに治るようならいいけれど、様子見て治らずカビのようだったら、病院に行きましょう。

b0066900_162931.jpg

服を着せたときほど不機嫌ではないけれど、かなり憂鬱そう。
つけて1時間ほどは、ゴッツン、ゴッツンぶつかりながら、部屋の中を歩き回る。

最近お気に入りの、棚の下に入ろうとするも、ぶつかって入れず。

大好きなGreeniesがお皿に入っていても、カラーがじゃまでお皿に近づけず。
b0066900_163862.jpg

小さい脳みそで、カラーよりも遠くに顔を出せばとどくかも!と考えて、一生懸命顔を前に伸ばしている姿がかわいい。

やっと口に入ったとおもったら、ぽろっとこぼして、Greeniesはコーンの内側に落下。


一晩たって、

だいぶ距離感覚になれてきたかも。
水が飲みにくそうだから、カリカリに猫缶をたしてやると、これは必死で食べていた。
変なモン装着されているんだから、これくらいご褒美がないとね。
そうそう、カラーをまっすぐ下に向ければ、ぶつからないのだよ。
b0066900_1635222.jpg

ごはん食べた後、顔とか手とかぺろぺろしたいのに、なめているのはカラーの内側。


砂にカラーが刺さって動きにくそうだったけど、トイレはできた。
砂を掛けるのはあきらめたらしい。
いいよ。それくらい。

がまんして早く治ると良いね。
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-29 20:39 | 猫のこと

上空400km

宇宙飛行士の野口さんが撮影した、。東京の夜景

野口さんのツイッターがあるらしいのだけど、職場からはブロックされていて、まだ見てません。
http://twitter.com/Astro_Soichi


ISSは上空約400kmにいるらしい。
ロサンゼルス-ラスベガス間が約500km。
そう考えると、宇宙って、けっこう近いのね。
インターネットも使えるんだし。

最近、海の中の映像を見るととても怖いのです。
宇宙の方は想像しても怖くない。
深海は行ってみたいと思わないけれど、宇宙には行きたい。
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-29 09:00 | myself

iPadでた

出る出ると言われていた1月27日、ついに、
Appleからタブレットが発表されましたね。

第一印象は、「大きい」なぁ。
大きいiPhoneと書かれていましたが、大きいiPod Touchという方が近くないかしら。
だって、カメラが付いてませんから。
カメラあった方が便利そうなのに。

この日に「iPhone がAT&T以外の携帯会社でも使えるようになること」も発表されるのでは、という噂があって、ちょっと期待していたのですが、これはまだ噂のままみたいです。

私の携帯はverizonという会社ので、このところiPhoneが欲しいのだけれど、AT&Tにすると電波が弱くて職場で使えなくなりそうなので二の足を踏んでいます。

iPadで3Gが使えるようになっているなら、3Gが使えるiPodTouchを出してくれれば、それでも良いのですけれどね。電話機能無しなら契約も安そうだし。

iPad売れるでしょうか?
本が読めるって言うけれど、お風呂には持ち込めないですよねぇ。
バッグに入れるには大きいような気がするし。
ノートパソコンを持って歩く人には、軽くなって良いのかな?

実際に人が使っているのを見たら、欲しくなるかも。
デジタルフォトフレームとして誰かくれるって言うなら、断りません(笑)
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-27 22:16 | LA生活

あの日に帰りたい

少し前に、「あの日に帰りたい」という副題のダイエット企画番組をみました。

体重100kgオーバーの挑戦者たちが、自分が一番輝いていた「あの日」の体重に向かってがんばるというもの。
あの日というのは、挑戦者によって、恋人と出会った頃だったり、子供を産む前だったり、するわけです。


ナビゲーターの石田純一がどの女性に向かっても、真剣な顔で
「がんばって、きれいになりましょう。約束してくれますか」と問いかけるのを見て、さすがだなぁと感心したのですが、、、
(しゃべりは流暢だけど、目に気持ちが全然入ってないように見える中居君とは大違い)

というのはさておき、
その中で、はっとしたのは、190kgからスタートした人の体型。
まあ、よくもそこまで太ったなぁというのもあるのですが、脂肪のついているのが、
私が普段「やばいな」と思っている部位と同じだったのです。

それは、おなか、肩周り、せなか、首周り。
普段アメリカでよく見かける”大きい”人というのは、お腹はどーんと大きくても手足が細かったり、体は巨漢なのに顔はまだ小さかったりするのですが、
やはりアジア人と白人ではお肉の付き方が違うのだなぁとしみじみ思いました。

Biggest Looser(超肥満の人が運動と食事管理された合宿で痩せるのを競うTV番組。優勝者には賞金が出る)を見ていても、まるで他人事な気持ちでしたが、

その番組の190kgの人は「私もこのまま太りつづけたら、ああなるのだわね」というサンプルに見えたのでした。

ふぅ。


あの日といえば、
大学の頃、ある先生が夏休み明けに、ものすごく痩せて学校に戻ってきたことがありました。

学生の間に漂っていたうわさは「だんなさんが浮気したせいらしいよ~」なんてことだったと思うのですが、
すっきり痩せた姿は丸顔が三角顔になってしまうほどで、1学期とはまるで別人でした。

当時の先生とほぼ同じ歳になってみると、ひと夏であれだけきれいに痩せたのには、ずいぶんと努力されたのだろうなぁと、しみじみ思うのでありました。
その後もその先生は、ずっとスリムな体型を維持されていたので(少なくとも私が卒業するまでの数年間は)さらに感心します。

当時の私も、もちろん今よりは少しは軽かったのですけれど。
(ほっそりしていたわけではない!)

帰りたいあの日って、いつ頃だろう?
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-26 22:08 | TV

車探し;テストドライブ1

enterpriseで説明を受けた後、いちど家に戻って、とりあえず乗ってみたい車のディーラーに出かけてみました。

この車を試してみる理由は、

1)かわいい
2)サイズ的に運転しやすそう
3)キビキビ走りそう

です。

この辺りでは人気があって、よく見かける車ですが、
家族や知り合いに乗っている人がいないので、今まで乗ってみたことがありません。

どんな乗り心地なのか楽しみ~。




でした。

我が家にとってはリモートキーでさえあこがれなのに(爆)、インテリジェントキーですよっ!
パソコンについているみたいなスタートボタンを押すとエンジンが始動。
かっこいー。
最初は、夫が運転、助手席にディーラーの人。 私は後部座席に乗り込みます。
ステレオから流れる音楽はLadyGaGa。

公道に出て、数ブロック走り、横道に入って、右折、右折で元の道に戻ってお店に帰る、というルート。

10分くらい走っていたかな?

その間に、ワタクシ、後部座席で見事に酔ってしまいました。
ぐろっきーー
車に酔ったことはほとんど無かった私ですが、ターボのつなぎが悪く(夫の運転が慣れて無いせいもあったと思うけど)加速のたびにガコガコするのと、路面のでこぼこが直に伝わってくるのにやられました。

あんなに可愛いのに、なんと残念だこと。

外観や内装はおしゃれーなんですけどね。
後部座席に乗ったのが失敗だったかな。

あとで、ドライバーを交代してお店の敷地内を運転させてもらいましたが、車酔いの気持ち悪さが後を引いていて感想は改善せず。

写真も撮らなかったわ。そういえば。

ディーラーさんはなかなかの好条件をオファーしてくれましたし、希望の色もすぐに在庫があったんだけど、
乗り心地の悪いのはだめだなぁ。
そこまで、私はその車が好きじゃないってコトなのでしょう。


次行きますよ、次っ。
(これって、失恋したときのアドバイスみたいじゃない?)
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-23 16:25 | LA生活

車探し;enterprise

車を買い換えようと思っています。

理由は、特にないのですが、
アメリカに来てからずっと同じ車に乗っているし、
これを買ったときは、予算と耐久性重視で選んだので
乗っていて楽しい車、好みで選んだ車に乗ってみたいなぁと思って。


AAA(日本のJAFみたいなもの)から送られてくる雑誌に、

「AAAからお得に車を買えますよ。」

という記事があり、夫が電話してみたところ、

レンタカー会社の一つ、enterpriseが中古車販売の代行をしていることがわかりました。

彼らの売りは、

・すべての車に関してメンテナンスやオーナーの履歴をもっている
・AAAの無事故、故障無しのCertifiedである
・提示価格は、最終価格=値引き交渉はしないけれど最初から安く出している=>購入時の交渉時間節約
・購入後、10日間は返却可能

という感じ。

お店のPCからは、Carfaxというサイトの中古車リストから、enterpriseで販売中のものを選んで見せてもらえ、お目当ての車種が決まっているならば、それを抽出して予算や希望のオプションが合うものを選ぶというシステムのようです。

うちの場合は、欲しい車種がまだ決まっていないので、

「とりあえず、ディーラーや中古車屋さんをまわって、色々試乗してみてください」
といわれました。
そりゃそうですね。

ここから買うかどうかは分かりませんが、とりあえず、車探しのはじまりはじまり。
運命の車に出会えるかな。

夫と私では食べ物も、音楽も、映画も何ごとも好みがまるで違い、車に関しても同じく当てはまるのですが、
今のところの我が家の希望条件は、以下です。

・かっこいい(と思える)
・リモコンキー
・運転中車内が静か
・運転が楽しい
・2008年以降の車

決めようと思うと、車ってホントに色々あるんですよねー。
だいたい、みなさんどんな風に車を決めているんでしょう。
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-23 01:30 | LA生活

イボンヌ病院に行く2

先日(1/6)、担当医に診てもらってから2週間弱(1/19)でreferralの手紙が来ました。
手紙の内容は、「皮膚科への訪問(3回まで)が承認されました」というもの。
この手紙に書かれている、Authorization番号がないと、予約ができないのです。

電話をすると、思いの外サクッと翌日の予約がとれて、これでイボンヌちゃんを皮膚科に見せに行けます。
朝8:45という予約時間ですが、このところ早め出勤を続けられているので、怖くありません(^^)v
b0066900_1656417.jpg


診察室に入って、10分ほどして現れた先生は
「じゃあ、その邪魔なのをとっちゃおうね〜」と軽いノリ。

え、今日取っちゃうんだ。

「ちょっと痛いよ」と液体の局所麻酔を注射器で鼻の外側に刺してくのですが、
これが痛い。(;。;)
それもそのはず、歯の麻酔に比べると、ずっと太い針が付いていました。

レーザーか液体窒素で取るのかなと思っていたのですが、次に取り出したのはメス。
「痛くないはず〜」といいながら、取っちゃったみたいでした。
実際、この時にはもう痛くなかったです。

「ちょっとジリジリ音がしますよー」といって、たぶん電気メスでジュッと止血をしておしまい。

1週間は、1日2回石けんで洗ったあとにワセリンなどのクリームを塗り、バンドエイドを貼って紫外線から保護するように、とのこと。

切除したイボンヌちゃんは、検査に出され、問題なければおしまい。
問題があったり、取ったところがまた大きくなってくるようであれば、もうちょっと大きく深くとるのだそうです。

鼻に貼ったバンドエイドが視界に入るのがちょっと気になりますが、
バンドエイドの上から触ったり、鼻をかんだりしても全然痛みがなく、快適です。
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-21 08:45 | 困ったこと

Zipcarのシミュレーション

東海岸の方で広まっていたZipcarというカーシェアリングのシステム。
UCLAの辺りにもやってきたんだそうです。

ボディに緑色の「Z」マークが付いています。
車種はプリウス、シビックなどのハイブリッド車からBMWやピックアップトラックなどもあるようです。

調べてみたら、うちから徒歩圏内にいくつもZipcarのパーキングスポットがあったので、シミュレーションしてみました。

Zipcarの利用料金は $8-9/時 もしくは$72/日(週末価格)

うちの普段の生活だと、車に乗って出かける時間が
通勤 0
ギター教室 2時間/週 >>>約$20
週末の買い物含めたお出かけ 5時間くらい>>> $72にしとこう
といったところ。

1年分で計算すると、92x52週=4784 +年会費$35x2 >>>>約$5000

これは、自動車保険代とガソリン代が含まれた価格なので、
かなり安いのでは。
いまは、保険代だけで、$1500/年くらい払っているらしい。

歩いていける範囲にいくつもスーパーはあるから軽いものは徒歩で、重いものはまとめて買いに行くとか、本当に車が必要なときだけ乗るようにしたら、もっと減るかも。

でも、そんな計画的な生活が出来るかどうか(笑)。
「LAじゃ車が無いとどこにも行けなーい!」と、脳がすっかり思い込んでいますから。
どれだけ都合良く予約できるかにもよるだろうなぁ。

Zipcarの使い方
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-20 00:11 | LA生活