<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

家族芝居・縮んだ愛

佐川光晴さんという作家さんによって書かれた本を読んでみました。

こういう風に初めての作家さんを読む時は、たいてい新聞の書評から拾ってくるのです。
今回も、asahi.comに「おれのおばさん」という本が紹介されていて、
それが「家族芝居」の続編と書いてあったのでした。

「家族芝居」
東京にある老人向けのグループホーム八方園。
ここには7人の女性が住んでいるけれど、みんな呆けたりせずに元気で暮らしている。
前のオーナーから後を頼まれた善男は、北海道で劇団をやっていたりした元役者。
その八方園に、医学部受験のために善男の従兄弟・瞭(あきら)がやってくる。
瞭が大学に合格してしばらくたったころ、入居者のひとりが亡くなる。
一人娘と縁の薄くなっていた故人のために、善男は泊まりがけのお通夜をその他のおばあちゃん達を連れて敢行する。
それまで、善男の気働きによって、元気を保っていた入居者のおばあちゃん達も仲間の死によって気落ちしてしまうが、偶然に善男や瞭達とつながりの出来た孤児姉妹を幼女にしたり、八方園の会計を管理していた有里が役者時代からファンだった善男をついに自分のものにして結婚することになったりと、八方園に若い住人が増えると言うところで、お話が終わる。

で、善男の元妻・恵子さんが「おれのおばさん」になるそう。

「縮んだ愛」
これは、養護学級の教師をしている男性のひとり語りからなるお話でした。
家庭内別居状態になっている奥さんと息子が、いつのまにかイスラム教に傾倒してしまい、ある夏休み、メッカ旅行に出かけてしまいます。
留守の間に、主人公は昔の教え子たちと偶然再会し、一緒にお酒を飲む仲となるのですが、そのうちのひとりが、何者かに襲われて、意識不明の重体に。
生命の危機は脱したものの、意識は戻らず、かといって世話をしてくれる身寄りもないことが分かり、警察から身元引受人を頼まれる主人公。
そこへメッカ旅行から妻と息子が戻り、家庭内別居が少し改善されるような兆しが見えるうちに、妻がその意識不明の元教え子を引き取ることを提案します。
献身的に世話をする妻に対し、相変わらず意識不明な元教え子を見ているうちに、主人公の気持ちの中で何かがはじけて、、、、
と、ここで、大どんでん返し。
えーーっ、そうだったの?と思わず初めから読み直してみると、そこここに、お酒を飲むシーンの多い事ったら。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-30 23:14 | 読んだもの

106°F

もうこのまま秋になってしまうのかと思っていたら、週末から熱波のような暑さが戻ってきました。

お天気情報によると、今日の昼間の気温は106°F。
摂氏に直すと41°Cらしい。
起きた時にはすでに暑く、こんな風な暑い日に特有の、何かが燃えているような臭いがかすかにしました。
いわゆる、布団を干した時などのお日様の匂いが、ちょっと焦げた感じ。
まだ山火事は起きていないと思うけれども。


お昼休みに、家に帰ろうとビルから一歩外に出た途端、ジリジリと身体が暑さに包まれて、息苦しい感じになりました。

アパートまでは5分ほどだけれど、家で火を使って昼ごはんを作り、また暑い中もどってくるのはしんどいなぁと思い、夫に電話してカフェテリアでお昼にしました。

結局その後、別のビルまで出かけなくてはならなかったのだけれど、途中にある交差点では、信号待ちをしたくないのか、赤信号で渡る歩行者が続出。
気持ちは分かる。

乾燥している分、べたべたはしないけれど、オーブンの扉を開けた時のようにムワーッと暑かったです。
あの温度なら、オーブン無しで納豆が出来そうでした。

日が落ちても暑さがひかない中、夫よりひと足先に帰ってみると、
窓を閉め切ったアパートでひとり留守番をしていた猫が
「おそいじゃなーーーーい。暑かったじゃなーーーーい」と文句ぶーぶー。
でも、出かける前にエアコンをつけていた時は、嫌だったみたいで毛布の上でぬくぬくしていたよね。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-27 19:13 | LA生活

大失敗ーーー栗の渋皮煮

このところ、豆やかぼちゃが美味しく煮えるようになったので、調子に乗ってました。
栗の渋皮煮というのを作ってみようと、たくさん買ってきました。

お湯でふやかしたら、鬼皮は手でもむけるくらいにふやけていて、順調順調。
b0066900_1242550.jpg



と思ったのもここまで。


重曹を入れて渋抜きの最初の茹でこぼしの時点で、かなりの数がぼろぼろに。

ふぇ~~~ん(;。;)。

レシピ通りに、渋皮を洗い落としていく作業中にもボロボロは増え、

もうこれ以上のあく抜きは無理!と、砂糖で煮はじめても、
ぼろぼろはさらに数を増すばかりで、原形をとどめているものの方が少ないような有様。

そして、いくつものタッパーをいっぱいにして増えていく”元”栗のかけら達。
細かすぎて栗ごはんにもならないし(栗ごはん用には別に丸ごとむいて冷凍してあるし)、

どうしましょー(泣)。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-26 21:32 | 困ったこと

東京島

映画の情報を先に知っていたのですが、原作が桐野夏生と知って「えげつないに違いない」と読んでみました。

予想通り、かなりえげつなかった(笑)。

無人島に漂着した約30人の男性とたった一人の女性、清子。
彼女を巡って男たちが争い、彼女もまた自分の生存によりよい条件をもたらす男を求めて、乗り換えていくって話です。

絶望感から壊れてしまう人がいるかと思えば、過去の自分を知られる心配がないことから大口を叩いてリーダーになる人がいたり、自分の中のもう一人の人格に目覚める人がいたりと、なかなかに際だったキャラクターが盛りだくさんです。

一番のキワモノに描かれているワタナベは、映画では窪塚くんが演じているらしく、亀の甲羅だけを身につけたり、清子の夫の残した航海日誌をまさに身にして、人格が変わっていったりという様子をどう見せているのか気になります。


興味深いことに、このお話にはアイデアの元になった実話があるそうです。
アナタハン事件といい、太平洋戦争末期にサイパン近くのアナタハン島に取り残された日本人(女性1人と男性30人あまり)が小説さながらに争い、殺し合いがあったとのこと。

事実は小説より奇なりってことでしょうか。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-25 20:40 | 読んだもの

伊坂幸太郎 いろいろ

ラッシュライフのあと、今年の夏に読んだモノを忘れないうちに書いておきましょう。

<ゴールデンスランバー>
首相暗殺の犯人に仕立て上げられた主人公が、追跡の手をかいくぐって逃げるお話。
一市民ではとうてい太刀打ちできないような黒幕と、綿密に練られた濡れ衣計画のなかで、
次々と主人公を助ける友人達がそれぞれに魅力的。
主人公も、暴漢に襲われたアイドルをたまたま助けたという過去があるだけで、特殊な能力はない。
学生時代の楽しかった思い出が、逃走ルートのあちこちで役立っていたり、主人公の無実を信じるお父さんが一本筋の通った人で気持ちよかったり。
ラッシュライフと違って、時間軸のからくりはないけれど、脇役それぞれがきちんと仕事をしている感じ。最後までドキドキで楽しめて面白かった。

もし主人公が性格が悪くてあまり友達がいない設定だったら、この濡れ衣計画は簡単に成功してしまったのだろうと思うと、おそろしい。
犯罪監視のために街中に設置されたセキュリティポッドなど、近い将来、あり得ない話じゃないし。


<モダンタイムス>
近未来で、暴力的な嫉妬心をもつ妻と二人暮らしのSEが主人公。
浮気を疑う妻から派遣された、「拷問屋」にぼこぼこにされながら、職場では謎の会社のサーチエンジンの業務に巻き込まれていく。
実は、以前読んだ「魔王」の続編になっていた。
魔王を読んでいなくても楽しめると思うけれど、読んでいた方がフムフム感が増すと思う。
魔王では、民衆を心理的に誘導できてしまう首相=魔王だったけれど、モダンタイムスではゴールデンスランバーと同じく国家的な企て=魔王のようになっている。
主人公とそのグループは、メタメタにされながらも核心に近づいて、ダメ元の戦いを挑んでいく。


<SOSの猿>
以前、あづ。さんからコメントで教えてもらったとおり、それ以前の作品とはずいぶん雰囲気が異なっていた。
悪魔払いをする青年が、ある少年の「引きこもり」を直して欲しいと頼まれ、少年の元を訪ねたり、引きこもり以前に接点のあった人に話を聞いたりしていく。
それと平行して、とある証券会社で一社員の入力ミスによって起こった巨額の損失事件を担当する調査員が突如出現する「孫悟空」によって、引きこもり少年の周りの人々と関わりをもっていく。
前半は、平行しているように書かれているお話が、後半で実は違います、となるだけれど、それが、連続ドラマの最終回のあとに、「特別編」と称して編集し直しただけのモノを見させられたような、物足りなさを感じてしまった。
孫悟空のキャラも出現も、何となくかみ合わないというか。。。
最後まで読んでも、イマイチおもしろさを見つけられなかった。


<陽気なギャングが地球を回す>
<陽気なギャングの日常と襲撃>
他人の嘘を見破る成瀬、演説の得意な響野、秒単位で正確な体内時計を持つ雪子、スリの名人である久遠の4人が銀行強盗をする。
「・・・地球を回す」では彼らの鮮やかな銀行強盗の手口が披露され、彼らをじゃまする現金輸送車襲撃グループとの対決が描かれている。
最初の方で出てくる関係なさそうなエピソードが後半にちゃんと生かされているのが楽しくて好き。

「・・・日常と襲撃」はその後日談。
4人が銀行強盗をしていないときに、それぞれの表の顔で人助けに関わる。
銀行強盗なんてしている割に、4人ともかなり人が良いのが面白い。
4人が助けた人達は、実はお互いにつながっていて、そのうちの一人を救出するために4人が顔をつきあわせてみたらお互いの情報が役立ってしまうというわけ。

成瀬は大人の魅力という感じで読んでいて、私の好きな佐藤浩市が演じてくれたらいいなぁと思っていたのだけれど、映画の情報をチェックしたら、なんと佐藤浩市は超おしゃべり男の響野役だったらしい。ちょっとショック。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-24 20:51 | 読んだもの

Costcoで買う物

うちは大人2人ですが、だいたい2週に1回くらいCostcoに買い出しに行っています。


最近のアタリ商品をいくつかご紹介。

・White Peach
b0066900_183215.jpg

b0066900_1825478.jpg

今年の夏は、何回かリピートしました。
日本の桃並みに大きくて、買ったばかりはいわゆるアメリカの桃の味で、実が固くて甘みも少ないのですが、上手に追熟させると、とても甘くジューシーになるのです。
箱買いなので、これを買った週には他のフルーツは買えません。


・Hummus(ひよこ豆のペースト)
b0066900_1834881.jpg

大きいサイズも売っていますが、こちらは食べきりサイズの小分けになっていて、使いやすい。
ガーリックが控えめだから、朝食のパンに塗っても大丈夫。
野菜スティックにつけて食べたりもします。


・ドライプルーン
b0066900_184045.jpg

こちらは大袋。
日本では甘いし、種があるしで嫌いだったんですけれど、
これは種なしでそれほど甘くないので、お腹スッキリ用に毎日食べています。
効果はあると思います。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-23 08:31 | LA生活

小暮写真館

学生の頃、女友達といわゆる恋バナをしているときに、
「○○君って良いだんなさんになりそうだよね」と意見が一致するクラスメートの男子がいた。
私もふくめて、そのN君は全くタイプではなく、心惹かれることがなかったのだけれど(はなはだ失礼)、見た目は(イケメンではないけれど)普通だし、体格もがっしりしているし、授業や実習の態度も真面目だし、何より性格が穏やかだった。
個人的に深くしゃべったり、デーとしたことがないので女子の扱いに長けていたかどうかは分からない。
でも、普通の、まっとうなオトナになりそうな人だったことは確か。
少し後に、可愛い年下の彼女が出来たらしいとわかって、「私たちって見る目無かったのかも~」なんて、全く残念な気持ちにならずに言ったりした(全く身の程知らずな女子だったヨ。。。)。


と、前置きが長くなりましたが、この本の主人公の男の子がそんな感じなのです。
小暮写真館という主人が亡くなって廃業した写真館をリフォームして住んでいる花菱家の長男・英一で、高校2年生。
酔狂なお父さんが看板を残したけれど、両親は勤め人で、写真館はやっていません。

両親は英一の友人が呼ぶのをまねて息子を「花ちゃん」と呼ぶちょっと変わり者(特に父親)で、年の離れた弟(ピカちゃん)は絵の上手な私立小学生。

一番の友人は、歯医者の息子で、見た目・頭脳ともに優秀なテンコ。

ある日、とある女子高生から、「小暮写真館で現像されたんだから責任とって」と心霊写真を預かってしまい、その謎を解くために関係者を訪ねてまわる花ちゃん。
写真館を斡旋した不動産屋さんや、近所のお年寄りのおかげで首尾良く心霊写真の謎は解けるのですが、それが元でまた次の心霊写真が持ちこまれます。
霊は写真の中だけでなく、写真館の店主がそのまま住み着いていることもわかり、弟のピカちゃんがなぜかその幽霊に会いたがるようになり、、そのうち花ちゃんが自分でも意識していなかった人と恋をしていて、、、。


高校の文化祭や駅伝大会など、普通の高校生の日常が実にほんわかと描かれているだけなのに、(幽霊話だけどちっともホラーっ気はありません)、いつの間にか、花ちゃんや他の人物の気持ちに引き込まれて、涙腺がじんわりしてくるのは、心理描写がお得意な宮部みゆきだからでしょうか。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-22 21:27 | 読んだもの

Ophtalmologistに行く

今日は眼科(opthalmologist)の診察日でした。

いろいろな検査のために、いろいろな目薬をさされて、その中に瞳孔を開くアトロピンもあったので、まるで猫のように黒目が大きくなりました。

薬が切れるまでの3時間ほど、ものすごくまぶしいよーーー。しかもよく焦点が合わない。


どうして眼科に行ったかというと、
2ヶ月くらい前から、左目のコンタクトがゴロゴロしていたのが、ついに「はめていられない」感じになってしまったからです。

8月の始めに、街のOptometolist(検眼医)に行って定期検診で見てもらったのだけれど、検眼医はコンタクトやメガネを処方するだけで、治療は出来ないため、
「二週間レンズから使い捨て(ワンデー)レンズに変えてみましょう。」
といわれただけでした。

お試し用のワンデーを使っても、多少ゴロゴロ感は残るし、経済的にもワンデーだと割高なので、治せるモノなのかどうかちゃんとした眼科医に診てもらっておこうかなと。

保険の関係で、まずホームドクター(内科医)に会って、その先生から眼科医に紹介してもらわないといけないので、毎度ながら時間がかかりました。

今日の診察では、
・涙の量は問題ない=典型的なドライアイではない
・眼球や網膜に問題なし
・瞼の縁のOilの腺が詰まっている=>瞼の動きがスムースでない
らしいです。

対処法としては、
1日1回は「蒸しタオルを目に当てる」。
これで、oilが柔らかくなる、、、、かも。

もう一つは、人工涙液(目薬)を一日数回使うこと。
これは、ドライアイ用のドロッとしたモノではなくて、単なる涙液が良いそうです。

その治療?を家でしばらくやってから、
「”大学病院の検眼医”にどんなコンタクトが使えるかもう一度診てもらいましょう。」
とのことでした。

次の検眼医の予約は10月頭です。
9月になったばかりのような気がしていたので、「そんなに先!?」と文句を言ったら
「たった、2週間よ」といわれてしまいました。

確かにそうです。
Time Flies.....
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-20 01:00 | myself

My Sister's Keeper

b0066900_1594644.jpg

ずっと観たかったDVDをついに図書館で発見(笑)。

b0066900_155366.jpg

お昼が変な時間だったので、夜はこんな風にカウチポテトで済ませました。
(ビール、トマト、プリングルス、たこ焼き)

で、映画ですが、、、。

白血病の姉、弟、そして姉のドナーとなる為に生まれてきた妹という、3人兄妹のいる家族。
長女の発病後、母親は仕事をやめて看病に専念し、母親の妹も介護を手伝って、まさに長女の回復のみに全力を注いできた家族です。

妹からの骨髄移植やキモセラピーを受けても、再発し、今度は腎臓移植をしなければ助からないという状況になります。

そこへきて、妹は「臓器提供をするかどうかの選択権は両親ではなくて自分にある」という訴訟を起こします。
これまで、「お姉さんを助けたい」と血液や骨髄を提供してきた彼女ですが、腎臓となると、その後の人生で運動が制限されたり、食べ物や飲み物にも気を使って生活していかなければならないわけで、「そんな人生は嫌!」と主張するのです。

「今腎臓移植をしなければ長女が死んでしまう」という状況で、次女から訴えられた両親。
特に母親は、次女が11歳と幼く、まだ判断がきちんとできないという点を主張するのですが、子どもの父親(夫)や叔母(母親の妹)から、次女の味方になるような意見が出て、気持ちのやり場がなくなっていく様子がよく描かれていました。

裁判の途中で、実はこの訴えは長女が次女を促して起こされたものだということが分かります。

白血病治療仲間でもあった恋人に先立たれ、たとえ腎臓移植を受けても完治には至らないことを知っている長女は、母親に「もう十分」ということを分かってもらえずに苦しんでいました。
残された時を、せめて妹の体を傷付けずに過ごしたかったのかもしれません。



原作とは違って、裁判で次女が勝訴を受け取る前に、長女は亡くなってしまいます。
長女の死後、母親は仕事に復帰し、長男(ドナーにはなれず、看病で忙しい両親からは何かと放っておかれがちだった)は芸術の道に進み、家族の新しい生活が始まりました。

長女が「死後はそこにいるかも」と言っていたモンタナで、休暇に集っている家族がそれぞれ穏やかな表情になっていたのが救いです。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-19 20:52 | 観たもの

お土産はマンゴー2箱

コリアタウンに、焼き魚のお店があると聞いて行ってみました。

b0066900_15213978.jpg

名物のフルーツサラダと韓国料理屋さんでおなじみのお通し。
b0066900_1522582.jpg


これに、サカナ出汁のスープと、豆ごはんとメインのお魚でセットというメニューです。


まずはスープとお通しで食べ始めてみます。
うーん、全体にニンニクが強いなぁ。
風味づけのニンニク味は好きなのですが、
ここまでフレッシュな味が主張しているとちょっと苦手です。

合間にお茶を飲みたくなるのだけれど、プラスチックのコップが魚臭くて、、、(泣)。


と、微妙〜な気分にひたっているところで登場したメインのお魚はというと、

b0066900_15235335.jpg

夫の頼んだGrilled Eel。うなぎです。
お店の人がfreshとは言っていなかったので、おそらく蒲焼の真空パックでしょう。
スライス玉ねぎの上に、蒲焼がべろ~ん、千切り生姜と生にんにくスライスが乗ってでてきます。
味付けが、めんつゆ。
「めんつゆで蒲焼を煮た」というのがぴったりの一品で、生姜とうなぎは合わないと思いました。


b0066900_15231761.jpg


こちらは、私の頼んだサンマ。
いたってフツーのサンマ。
わさび醤油で食べるようになっているせいか、塩はほとんど振ってないみたい。
オーバークッキングだったのか、元々やせていたのか、脂がまったく乗っておらずぱさぱさ。
なんだか残念です。


全体に、「突撃となりの晩御飯」で、そこらの家のごはんを食べているような、
商売っ気のないお料理だなぁと言う印象です。

お店の人のオススメは「ギンダラのスープ」だったんですが、
スープは例のぼこぼこのアルミ鍋で出てくるのが苦手なので回避してしまったのです。
違うメニューを選べばもうちょっと美味しかったかな?



会計後に、このお店のメインのサービス、フルーツのお土産をもらいました。
「ひとり1箱」もらえるんだそうです。
この日は、マンゴー。
夫婦2人で行ったので、2箱。
b0066900_1521289.jpg


正直、この日食べた魚料理はびみょ〜だったけれど、このマンゴーは完熟で、とってもx3美味しいです。
しかも大きいし(足と比べてネ)。
[PR]
by daysofWLA | 2010-09-19 16:20 | 食べること