<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

変わってしまった?ミスド?

先月の日本滞在最終日、早めの梅雨入りに加え、ちょうど台風も来てしまった。
それでも、街に出かけたい私。
なにせ、買い物に行かれるのはこの日=帰る日しかないのだ。

目指すは横浜西口の東急ハンズ。
とりあえず、あそこに行けば何でもある!のだ。

実家からは歩いていくのが一番近いので、土砂降りの中を濡れても良い格好で出かけた。

買ったのは、TV でみて便利そうだった「米ピタ!クリップ」や、絶対に割れない「どんぶり」など。
こんなに家から近いのに、母も普段はあんまり来ないらしく、楽しそうに商品を見ていた。


そのあとで、久しぶりに行っておきたいなーとミスドへ。

ミスドがあったはずの場所に着くと、黄色&茶色のお店ではなく、白っぽい外装のお店。
ロゴもスタバだかexcelsior caffeだかを真似っこっぽい。

でもドーナツは売っているし、お店の名前の下にby mister donutとある。
勝手に、ぜんぶのミスドがこういうデザインになったのね、と思って入ってみると、

やっぱりなんだか雰囲気が違う。

オールドファッションもしくはフレンチクルーラーみたいな、クラシックなドーナツが食べたかったんだけれど、ドーナツプラントのような凝ったものがほとんど。

仕方がないので、一番シンプルそうなメープルを食べてみた。
うーん、普通すぎる。

おまけに、アイスコーヒーを氷抜きで頼んだら、
「氷の分、量を減らしてあります」とわざわざ教えてくれるほど少ない。真面目すぎる。

ミスドといえば、コーヒーおかわり自由だったのはもうずいぶん昔のことなのかしら。

せっかく来たからお土産もここでと、レジのお姉さんに「あれと、これと、これと、それを持ち帰りで」とショーケースのこちら側から指さして、箱に詰めてもらいました。

ところが、ドーナツとコーヒーを頂きながら、ふと、あとから来たお客さんを見てびっくり。

みなさん自分でトレーにとってレジに運んでいるわ!
気づいてみれば、ショーケースのこちら側はがら空きなのでした。

あぁ、こんなところで”オバチャン”が出てしまった。orz
こんなんじゃ、たとえ晴れた日でも駅前でティッシュは配ってもらえないだろう。


で、LAに帰ってきてから、あのお店は何だったのかしら??と調べてみたら、
ナイフ&フォークで頂くパティスリードーナツや、プレミアムドーナツが売りの
Cafe andnando」というコンセプトショップだったのでした。
あー、そんなんだったら、”凝った”ドーナツを食べれば良かったかも?

あと、店員さんの丁寧なサービスも売りなんだそうで、
だから、ドーナツをトレーに取らないオバチャンにも優しい接客をしてくれたのかも?

あぅあぅ。



そういえば、カレー屋Coco壱番に続き(って、関係はないんでしょうけれど)、
カプリチョーザもTorranceエリアに来るらしいですね。

ミスタードーナツも来ればいいのに~。
日本に上陸したアメリカのドーナツ屋さんみたいに、行列が出来ることはないでしょうけれど。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-29 14:23 | 旅行のこと

猫のお留守番

ふじ子はほとんど人見知りをしない猫なので、シッターをお願いする際、その点では気が楽です。
人間に対してはそうですが、うちに来てから他の猫に会ったことがないので、よその猫に対してはどんな様子になるのか気になっていました。


それで、夏の旅行のときにお泊まりでもお願いできるかどうか、シッターをして下さる方のお家で、すこし前に昼間に2時間ほどお見合いさせてみていたのでした。

結果;
・よそのお宅でもあんまりへっぴり腰にならない
・猫ちゃんに会ったときはシャーという
・慣れてくるとかなり態度がでかい
という様子がみられました。


この時は私も一緒にいたので強気になっているのかも、、と、次は猫だけのお泊まり練習を計画していたのですが、今回の留守中に通いのシッターとお持ち帰りシッターを試していただいたのがお泊まり本番となりました。


結果は、、、といいますと、
飼い主がいてもいなくても、かなり態度はデカかったみたいです。

猫ちゃん達と顔を合わせたときは、シャーシャーいうものの、

うちには無いキャットタワーの頂上に登ったり、

家族の人たちが椅子に座っていると前足をかけて「サワッテ~」と甘えたり、

お風呂やトイレをのぞいたり(笑)(お里が知れます~~)

とっても、とっても、かわいがってもらっていた様子。

私が戻ってからも、「サワッテ~」が多くなったなぁと思ったのは気のせいではなかったのです。
よっぽどよくしてもらったんですね。


良かったねぇ。


あと、心なしかジャンプが上手になって帰ってきました。
前は洗面台に登るのも、かなり慎重に間合いを計って時間がかかっていたのですが、
帰宅後はあちこちに軽々と登れるようになっています。

サマーキャンプに行った子供が、数日で成長して帰ってきたみたいな感じです。
(親ばか)

6/9/11追記
預かってくださったお友達が、記事にしてくれました。
やっぱり、、、態度がXXXLです(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-29 09:18 | 猫のこと

横浜滞在ちう

雨ですなーーー。

奇しくも、去年と同じく梅雨入り時のびしょびしょな横浜に、おとといから滞在中です。

といっても、体内時計が西海岸なまま、今日の便でLAに帰るので、お会いしたい方も、行ってみたいお店も今回は、、、、。
次回はいろいろと、ゆっくりできることを楽しみに。。


「あー、こういうのを”ぎうぎう”っていうのね」って感じなので、コメントのお返事など、もうしばらく失礼します。

元気はありますので、ご心配なく!
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-29 07:43 | myself

バスの旅

夫の実家がある町から、空港までの直通バス(約3時間)に乗りました。

このバスのおかげで、大きなスーツケースがあっても乗り換え無し、しかも、最短時間で行かれるのでとっても便利です。

なのに、利用者が少なくて、ほとんど貸し切り状態。往路も復路も乗客は5人以下でした。
高速道路代やガソリン代がちゃんと採算とれるのだろうかと心配になるほどです。

どうぞ、ほどよく利用者がつづいて、廃路線になりませんように。


私が乗った始発の停留所から2つめの所で、一人のおばあさんが乗ってきました。

バス停まで車で送ってきたおじいさんが、荷物を席まで積みに来て、運転手さんに
「よろしくお願いします」と、帰っていきます。

私と同じく、この路線に乗るのは初めてだったらしく
運転手さんだけでなく通路を挟んだ席の私にまで「よろしくお願いしますね」と、かわいらしいおばあさん。

少し話しているうちに、私が「普段はアメリカに住んでるんですよ」というと
「まぁ~!」と、驚かれて

でも次の会話では、
「雨って英語で何というの?」と興味津々なご様子。
  レインコートのレインですよー、というと、
「あら、そうねぇ。雨の日はレインコートですものねぇ」

「車は何というの?」
  カーですよ。
「あぁ!何とかカーってよく言うわねえ」
「ひとつ賢くなったわ」

と、これまたかわいらしい。

そのあとも、田植えの終わった田んぼを見ながら
「アメリカにも田んぼはありますか?」
  見たこと無いけどありますよー
  お米はちょっと大きいんですよ
「いつだったか、タイ米は大きかったわねぇ。」

「雪は降らないのかしら?」
  雨もあんまり降らないんですよー

などと、
寝たり起きたりの間に、ぽつりぽつりとお話ししました。


ひとりでお子さんかお孫さんの所へ行く様子だったし、声にも張りがあったので
割とお若いのかなぁと思っていたら、
サービスエリアの休憩でバスから降りて歩く姿は、腰がだいぶ曲がり、杖もついて
かなり年配の方のようでした。

「重い荷物は送ってしまったのよ」と言っていたのに、
さらに追加でお土産をたくさん買っている姿をみたら、
そのおばあさんのご家族に「あなたたちに会うのを、こんなに楽しみにしているんですよ!!」と、伝えてあげたくなりました。

アメリカにいると、よく見知らぬオバチャンに話しかけられますし、
地元でもないせいか、ちょっと海外旅行中のような気分でもあったため、
おばあさんとの会話は全然苦ではなかったのです。

私の下りる空港に着いて、
ではお先に失礼します、お気を付けて~
「おねえさんも、道中お気を付けてね~~」と、気持ちよくバスを降りたのですが、

荷物を降ろしてくれる運転手さんが
「すっかりお邪魔だったでしょう、いやぁ~すいませんでしたっ」
なんてすごく迷惑そうな顔で言ってきたのはちょっと興ざめでした。

まだおばあさんはバスに乗っているのだし、そんなこと大声で言わなくても良いのに。
運転手さんだって、バスの中ではおばあさんに親切に対応していたのだから、最後までほんわかな気持ちでいたかったな。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-27 10:03 | 旅行のこと

もう2ヶ月

東日本大震災が起きてからもう2ヶ月。
これまで赤十字に募金をしてきたけれど、まだあまり被災地の人には渡っていないようです。
この先の募金先はどうしましょう。

ところで、
録画してあったテレビ番組、NHKスペシャル「巨大津波”いのち”をどう守るのか」を見ました。
冒頭で「観る人によってはつらい映像もあるかも知れないけれど、これを放送することによって今後救われる命があることを願って放送を決意」とありました。

地震当日に、テレビであちこちに押し寄せる津波の様子を見ていた時はただただ恐ろしいだけでしたが、今回は、プレートの動きと波の発生のメカニズムが説明され、逃れるにはただ高いところに逃げるしかないというメッセージが付いたことで、少し冷静に見ていられました。

地震後の停電によって、被災地ではTV放送がほとんど役に立たなかったことは聞いていましたが、実際に津波の警報を全く知らなかった人が30%(アンケートした中=生存者)くらいいたそうです。

福島原発の事故も、地震そのものだけでなく、その後の停電によって対応が出来なかったことが原因ですし、電気が来なくなることによって、これまでの備えが役に立たなくなってしまう点について、今後考えて行かなくてはならないなぁと思いました。

More
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-11 06:34 | Pray for Japan

背中の皮が…

このところ、LAは暖かくてお天気の良い日が続いています。

デイライト・セービング・タイム(夏時間)のおかげで、夕方仕事を終えて外に出たときに、まだまだ明るいのは気分が良いです。

ところが、お天気が良い=雨が降らないなので、ものすごーく湿度は低いようです。

先週のある日の夜には、突然、身体中が痒くなって掻きだしたら止まらなくなり、掻いた後のミミズ腫れなのか、外部刺激性のじんましんなのかわからないけれど、痒いだけでなく皮膚がワジワジ・イライラするようなとにかく変でした。
原因が乾燥であれ、アレルギーであれ痒みを引き起こす物質は同じだろうと、アレルギーの薬を飲んで寝たら、次の日にはかゆみは治まりました。


ところが、その状態で参加したヨガのクラスで”Cat&Cow”ポーズ;猫のように背中を膨らませ、牛のように背中を反らせるポーズをやったところ、背中の皮がピリピリピリ~と裂けるような感覚が!

実際は目に見えるほど裂けたわけではないのですが、我が身の潤いのなさをしみじみ実感しました。


そんなわけで、買ってみました。
Kiehl'sのボディーローション
b0066900_167069.jpg


うちには、強い香りだと「心臓が痛い」という人がいるのですが、無香料のものなら安心です。
お値段はあんまり可愛くなく、最初は小さいボトルを買おうと思いましたが、レジで暗算したら大きいボトルが一番お得だったので、変えてもらいました。

せっかくなので、たっぷりせっせと使いましょう。



ちなみに、
背中が裂けるすこし前に「目尻に小じわが出てるよ!」といわれて使い始めたのはこっちのクリームです。StriVectin-SD® Eye Concentrate for Wrinkles
b0066900_167106.jpg


2~8週間で効果が出るそうなのですが、もうすぐ2週間。
どうかな~???

寝る前に、目の周りにはこれを、頬骨から下には以前買ったしみ消しクリーム(あんまり真面目に使わなかったので効果はわからず)を、今は保湿クリームと思って塗っているので、顔はけっこうべたべたになり、猫が舐めたがります。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-08 15:08 | 困ったこと

こどもの日

お友達のお宅へ、初節句のお祝いにお呼ばれしてきました。

b0066900_15343732.jpg


ついこの間まで、ふにゃふにゃだった赤ちゃん達には揃って真っ白な歯が生えていて、ハイハイで自ら動いたり、離乳食を食べたり、大人達がしゃべっているところに「あぅあぅ!」と意見を述べたりするようになっていて、とっても可愛いのです。
b0066900_15344174.jpg



生まれて最初に会ったときはうちの猫の方が重かったけど(爆)、今はもうすっかり抜かされて、抱っこさせてもらうとずいぶん重く感じます。

b0066900_1535267.jpg


Rくん、Nちゃん、これからも元気にすくすく育ってねー。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-07 13:12 | 楽しいお出かけ

Lock out

ひさしぶり〜にやってしまいました。
 
自宅でのロックアウト。

今回は、直前まで鍵を持っていたのを「鍵をかけなければ持たなくていいか」とテーブルの上に置き、
ドアノブの鍵を開けるつもりでひねって、ドアを閉じたらロックしてしまいました。

普段うちでは、洗濯は(も?)夫の担当なのだけど、この日は私が早めに帰ってきていたし、夫は遅くなりそうだし、土曜日はお出かけの予定が入っているし、、、で、血迷ってやってみたのです。
洗濯の合間に、夕ご飯の支度も、ギターの練習も終わってそろそろ帰ってくるかな−と思っているところへ
「あと1時間くらいかかるから、先に食べちゃって」
と電話があったので、
じゃあ、洗濯物を取りに行ってからごはんを食べよう〜と、閉じたドアでした。

洗濯室はうちの部屋の斜め前。
ドア一枚の向こうには、すぐ食べられるごはんがあるのに。(ガスの火を消していたのは運が良かった)

いちおう、コインで鍵を開けてみようとしたり、中にいる猫に頼んでみたりしたけれど、開くわけもなく。
とりあえず、時間つぶしで洗濯物をたたんでみたり。
洗濯用のコインはいっぱい持っていたけれど、限りなくパジャマに近い部屋着だから、どこかお店で時間つぶしをするわけにも行かないし。

夫に連絡するにも、マネージャーさんにマスターキーで開けてもらうにも、電話も持ってないのです。
仕方がないので、彼らが住んでいる上の階のお部屋を直接訪ねてみたけれど留守の様子。
どうしようかと思いつつオフィスに降りてみました。

そうしたら、オフィスの前で電話番号をチェックしている女性がひとり。
「どうしたの?」と聞いてみたら、彼女は朝早くに鍵を持たずに出かけてしまい、帰ってきたらルームメイトが出かけてしまっていて部屋に入れないんだそう。

同志発見!わーい。

ダイビングに行ってきたらしく、疲れているから早く部屋に入りたいんだけど、、、とのこと。
メガネもどこかに忘れたとかで、マネージャーオフィスのドアに書いてある電話番号も、3cmくらい近づかないと見えなかったようで、読み上げて手伝って上げました。

彼女がかけてくれたマネージャーさんの電話はやはり留守電でしたが、少し待っていたら彼女のお友達(ルームメイトとは別)がちょうど帰ってきて、彼女はとりあえず落ち着けそうになりました。

私は、電話を借りて夫に電話。
鍵を借りに行こうと思ったら、もう少しで終わるというので洗濯室で待つことにしました。

ドアが閉まるとはいえ、狭い洗濯室で、洗濯機の上にぽつんと座っているのは我ながらかなり怪しかったけれど、ロビーより暖かいし、洗濯物でいっぱいのかごを抱えて自室のドアの前にしゃがみ込んでいるよりはマシかなぁと。

そんなわけで、せっかく早く帰ったのに、なんだか残念な金曜の夜でしたョ(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-06 20:27 | 困ったこと

揚げ物禁止

すこし前からですが、UCLAのカフェテリアから揚げ物が消えました。
もともと、Healthy Choiceといって、各コーナーでもっとも健康的なメニューの組み合わせを提示してはありました。
脂肪の少ないターキーバーガーに、サイドはフルーツとか。
人気がなかったせいでしょうか。今回は不健康なメニューを外してしまうという作戦のようです。

ハンバーガーコーナーではフライドポテトの代わりに、ジャーマンポテトのようなものに変更。
アメリカンドッグ(アメリカではコーンドッグという)もオニオンリングフライもさようなら。

b0066900_9275569.jpg


トスターダという、トルティーヤをお椀型にして揚げた中にサラダが入っているメニューも、
お椀型にBakeしたものに変更。

サンドイッチに付いてくる小袋のポテトチップスもBakedに。


メニューにあるとつい食べてしまいますから、無くなったならば、その分”ダイエッターとしてラッキー”と思うのが良いのです。

チェックしていませんが金曜日の定番メニューだったFish&Chips(白身魚のフライとフライドポテト)も無くなったかも知れません。



でも、チーズとサラミたっぷりのピザや、油ギトギトの焼きそば風ヌードルなどはまだメニューにあります。
Fat Freeと謳うものすごーーーく甘いアイスクリームが、スーパーに並んでいるのに似たものを感じます。
[PR]
by daysofWLA | 2011-05-05 10:12 | LA生活