<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

犬・猫に毒性のある植物

ギフトやお部屋のデコレーションとして、部屋の中にお花のアレンジメントやリースなど植物が増える季節ですね。
b0066900_7111888.jpg

うちでも、こんな生モミ&松の飾りを買ってみました。

業者さんからHoliday Tipsとして送られてきた広告に、犬猫に毒性のある植物のリストがありました。



Poison Ivy、Poison Oakといった、いかにも「毒」という名前の植物だけでなく、
アルファルファ、アロエ、などむしろ健康に良さそうなものも入っているのが意外でした。

シクラメン、クリスマスローズ、

うちにある植物なんてあまり数はないのに、そのほとんどがリスト入り。

b0066900_76444.jpg

ポインセチアは部屋の中に飾ろうかと思っていたけれど、猫に囓られない場所に置かなくてはね。
b0066900_764972.jpg

同じく、寒くなってきたのでそろそろ室内にとおもっていたアボちゃん(アボカド)も毒なのか~。
かなり背も伸びて棚には置けないし、どうしましょ。

b0066900_765176.jpg

3つのプランターにぎっしりと球根を植え付けしたDaffodil(ラッパスイセン)は、そろそろ芽が出そうというところです。これは猫をベランダにださなければOK 。

犬猫を飼っているみなさま、気をつけましょ〜。


まだ途中までですが、Moreに日本語名と、写真のリンクを並べてみました。
よく見かける観葉植物はかなりアウト。
聞いたことのない英語名も、日本語だったら馴染みのある花だったりして、面白いなぁ。
でも、毒アリなのね。

More
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-30 06:15 | 猫のこと

ご近所ワイナリー

11月も終わりとは思えないくらいの、暖かくて良いお天気。
4連休も最終日です。

今日こそはどこかへ出かけようと気合いを入れて起きましたが、朝ごはんを食べて支度が終わる頃にはお昼近く。

特にあてもなく、PCH(パシフィック・コースト・ハイウェイという西湘バイパスのような道)を
北に向かってドライブしてみました。


マリブといわれる辺りには、綺麗な高級ビーチハウスが海に面して並んでいたり、小さくて綺麗なビーチがぽつぽつと続いています。

しばらく走っていると、急に前方が渋滞になり、パトカーが行ったり来たりしだしました。どうやらすぐ先で事故が発生、通行止めになった様子。
他の車に続いて、UターンしてZumaBeachという場所で休憩しました。
b0066900_994940.jpg

砂浜に大きな砂山がいくつか作られていて、子供達がボディボードをそりのようにして滑って遊んでいました。

気温は高いとはいえ、水はかなり冷たいのですが、サーフィンをしている人だけでなく、普通に水着で泳いでいる人もいて、さすが白人は体温が高いだけあって寒くないのかな。

b0066900_9205051.jpg


そういえばこの近くにワイナリーがあったはず、、、
と、調べてみると、Malibu Family Winesという場所が一番近そうだったので、そこに行ってみることにしました。

景色の良い山の斜面がブドウ畑になっていて、芝生の上にテーブル、椅子、パラソルが用意されている小じゃれたワイナリー。

お客さんは、それぞれおつまみを持ちこんで、ワイナリーで気に入ったワインを買ってピクニックスタイルで楽しんでいます。

b0066900_995218.jpg


とりあえず、4種類のテイスティング($10)をしてみました。
うーーん。
どれもイマイチ。
軽くて飲みやすいというのでしょうか??ワインの香りはするものもあったけれど、どれも水で薄めてあるような味。白は甘すぎ、赤は酸っぱすぎに感じました。
決してワインに詳しい訳ではないけれど、好みに合いませんでしたねぇ。
b0066900_99542.jpg


距離的にも思いついたらふらっと立ち寄れる近さだし、雰囲気は良かったんですけどね~。

ちなみにParkingは、Valetが$6、少し離れた場所のSelfが無料でShuttle送迎になります。
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-27 19:22 | 楽しいお出かけ

白蓮れんれん

連休3日目の土曜日、朝ごはん、3時のおやつ、夜のフルーツの間をほぼ寝て過ごしてました(つまり食っちゃ寝x3?)が、そのうつらうつらの隙間で読み終えた1冊。


主人公の柳原白蓮(本名 燁子)はあの「真珠夫人」のモデルになった実在の女性です。

大正天皇の従妹という血筋で、幼い頃に公家に嫁ぎ、生まれた子供を婚家に置いて実家に戻ったあとに女学校(東洋英和)を卒業、その後、福岡の炭坑王と言われる大金持ち、伊藤伝右衛門と結婚。

金銭的には何不自由ない、むしろ実家にいた頃よりも自由な生活を与えられながら、伊藤家の複雑すぎる家庭環境や、九州という当時の文化的な僻地暮らしの退屈さに満たされなさを感じる日々。
それでも、東京や京都をしばしば行き来し、別荘でサロンのような集まりを開いたり、短歌や戯曲を書いて本も出版したり、グラビアに載ったりと人々のあこがれの女性として暮らしていました。


やがて、年下の東大法学部生と出会って、駆け落ち。
新聞に夫への決別分を投稿して、大スキャンダルとなるという波乱の人生でした。

でも、その後、結核を患った駆け落ち相手は快復し、伝右衛門との間には叶うことのなかった子供にも恵まれて、82歳まで長生きしたのですと。
華族のお嬢様でか弱い女性と思いきや、自分の欲望のままにたくましく生き抜いた人だったんだなぁと思います。

それにしてもこのタイトル。
ポポロンのCMソングのようだわ。
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-26 22:23 | 読んだもの

Hugo

ひっさーしぶりに映画を見てきました。

前回、映画館で見たのは何だったかな?あ、Tronだ。たぶん。

最近、映画館で見るのがすごく億劫なのです。
家でDVDだと、途中でお茶を飲んだり、ゴロゴロしたり、トイレに行ったり出来るのを、2時間座りっぱなしというのがね。

ですが、せっかくのお休みなので、「映画でも見ておこうか」ってことになったのです。

Hugo。
広告を見ていた時は、大きな時計のゼンマイが絡み合っている中を、男の子が走ったり、大きな時計の針にぶら下がったり、アンドロイドのようなロボットが宙に浮いたり、蒸気機関車がモクモクと駅の中に入ってきたりと、
ハリーポッターのような魔法系?もしくはSF系なのかなと思っていました。

さほど期待せずいたのですが、始まってみると、すぐにお話の中に吸い込まれて、あらあら、面白いではないの!

・主人公の男の子=Hugoが孤児で、意地悪な伯父さんがいる;ハリーポッターっぽい
・Hugoは大きな駅の中で人目を避けて暮らしている;ターミナルっぽい
・AIに出てくるロボットのような顔のからくり人形がキーアイテム
・駅に出入りする人々の中に、小さなロマンスがある;Love Actuallyっぽい
・Hugoが出会う可愛い女の子が、からくり人形を動かす鍵を持っていた
・からくり人形の秘密は、伝説の映画監督につながっていた

とまぁ、こんな感じです。
からくり人形(=アンドロイド)の話と思いきや、ニュー・シネマ・パラダイスのような昔の映画への憧憬へとつながっていくハートウォーミングなお話でした。

More
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-24 16:11 | 観たもの

カフェでの朝ごはん

アメリカ人は朝ごはんを外で食べるのが好きなようです。

パンケーキやオムレツが美味しいと評判のカフェは、よく行列が出来ています。

この日に行ったのは、Blu Jam Cafe。

ちょっと前に、お友達と来た時に他のテーブルの人が頼んでいたフレンチトーストが美味しそうだったので、夫につきあってもらいました。


それがこれ。
b0066900_10343568.jpg

アメリカのフレンチトーストって、ブリオッシュのパンで作っているのが多いです。
家庭で作るもののように、あまり卵液がシミシミになっていません。
以前、トースト用のパンで作ったフレンチトーストを別のお店で頼んだ時は、かなりかちかち菜仕上がりだったので、お店でのシミシミはあんまり人気でないのかしら。

で、ここのは、Crispyという名前だけあって、表面はサクサク、クリームとブルーベリージャムが挟まっている分がしっとりという感じです。
メープルシロップが付いてきていますが、必要ありません。
量も、この1/3もあればいいのですが、ミニサイズはやっていなくて(念のため聞いてみた)
「皆さん残して持ち帰ってますよ」ですと。
乗っているフルーツも完熟で美味しかったです。


前回は、ビーツのサラダがとっても美味しかったので、他のサラダも美味しいかなと期待をしていたんですが、この日頼んだアヒツナのサラダはイマイチでした。
b0066900_10344126.jpg

アボカドの下に野菜が隠れているのですが、その中の生もやしがちょっと臭くて、、、。ミントがアクセントになっていましたが、もやし臭には勝てず。
量もビーツのサラダほどたっぷりではなく、残念でした~。


いくつか、朝ごはんで人気のカフェに行ってみて思ったことは、

美味しいところは、「朝ごはん」といっても良いお値段です。
吉野家の朝定食、もとい、マックの朝メニューのようなわけには行きません。
(客層もぜんぜん違うけど)
飲み物と、料理を1品ずつ頼むと2人で$40-50(チップ込み)、いっちゃうんですねぇ。

少し安いところで、$30-40。でもこのちょっとした違いで、サラダの葉っぱが美味しくなかったり、全体的にまぁまぁ、、、だったりするのですよね。

あと、今回のように、美味しいと思ったお店でも必ずしも「なに頼んでも美味しい」訳ではないので(そういうお店も希にはあるけれど)、レビューを見て評判の良いものを頼むのが安心のような気がします。

お店の入り口に、Best ○○ in LA!なんていう雑誌の切り抜きが貼ってあったら、それを頼めば間違いないといいますか。。。
でも、それがその日に自分が食べたいものとかぶるかどうかは、分かりませんけれど。

b0066900_10343992.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2011-11-24 10:43 | 食べること

Happy Thanksgiving!

ダイレクトメールにあった可愛いイラストをコピペ。
b0066900_5161457.gif


今週は職場は木曜日からの4連休になるのですが、中学や高校などはまるまるお休みの学校もあるそうで、仕事に来ている人も少なかったり、同僚も子連れ(もう親よりはるかに背の高い男子高校生なんだけど)で来ていたり。

昨日はラボのメンバーでランチに出かけました。
近所にオープンしたシーフードバフェです。
Todaiなどのお手頃バフェが大好きな上司が先週行ってみたらしいのですが、その時にもらった割引クーポンを使って(爆)、みんなにご馳走してくれることになりました。
「みんな」といっても、うちのラボ、次々に人が辞めたので、上司を入れても3人です。
つまり、上司がおごる分は2人分で$20。私たちって安上がりねーと同僚と苦笑しました。


今日はサンクスギビング持ち寄りランチの企画にお呼ばれしたので、キャンパス内のガーデンに集合です。
こういう気のおけない集まりだったら楽しいですね。

b0066900_7244827.jpg

丸ごとターキーがありました!
ふだんからターキーは好きで朝ごはんにも毎日のようにハムを食べてはいるけれど、丸焼きはやっぱり別物。今年も食べられて嬉しいです。



日本も勤労感謝の日でお休みですね。
我が家の予定は何も決まっていませんが、皆様、楽しい連休をお過ごし下さいませ。
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-23 12:14 | myself

ラーメンYamadaya 

ずいぶん前にお友達から「美味しかったから行ってみて~」と教えてもらったラーメン屋さんです。

Torranceの方にあるので、気になりつつも行く機会のないうちに、
美容師さんから「CulverCityにヤマダヤというラーメン屋さんが出来て、なかなか美味しかったですよ」と聞いて、近いところに同じお店ができて行きやすいなぁとますます楽しみにしていました。

でも結局、初めて訪れたのは、「ついで」が出来たTorrance店の方だったという不思議。
さてさてお味は?
b0066900_11272210.jpg

”こってり”は40代のカラダには、こってり過ぎましたが、
b0066900_11272670.jpg

”とんこつ”は気に入りました。

美味しかったので今度はCulver Ciity店へ。
b0066900_11272890.jpg

こちらも変わらず美味しいのと、Torance店に比べて広々しているのと、お店の中が豚骨臭くないのが夫も気に入り、すでに通うこと数回。
b0066900_11273062.jpg

こちらのラーメンで満足するので、山頭火はもうすっかり候補に挙がらなくなりました。


そして今度は同じお店がWestwoodにもオープンするとのお知らせがありました。
Wilshireを渡ってすぐの所というと、毎週通っているYogaworksの辺り。
どこだろうなぁ?と思っていたら、先週土曜日のヨガのクラス中に階下から
「ドンドンカンカン」という工事音。

あ、やっぱりここにラーメン屋が?と日曜日に表を通った時には、もう看板も付け替えられていました。

以前記事にした天領庵と交代するのです。

歩いてこられる場所にラーメン屋さんができるなんて、、、ちょっとヤバイんじゃない?とは夫の談。(毎日のように通ってしまったらヤバイでしょうヨ)

ソーテルには別のラーメン屋さんJINYAも近日オープン予定とのことですし、WestLAのラーメン事情が急に充実の兆しです。

これで日本から天下一品ラーメンを買ってこなくても大丈夫になりそう。




余談ですが。
去年倒産した大型書店Border'sの空き店舗には、ディスカウントショップのRossが入りました。
もともとあったWestwood沿いの店舗が数ブロック引っ越した形です。
ガラス張りなので、本屋さん時代よりもお客さんが入っているのがよく見えます。

それから、長いこと空き店舗になっていたRalph'sの下(元Expoという家具屋さんが入っていたところ)には、Targetが入ることに決まったそうです。

Westwoodが学生や若い人が多い町だからというだけでなく、アメリカの経済状況からもこういう安い量販店でないとお客を呼べないのでしょうね。
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-21 20:07 | LA生活

ヤードセール延期

残念ながら、天気予報があたって日曜日は雨になってしまいました。

週半ばの予報では、雨予報が月曜日にずれたりしていたので、ポスターを貼りに行ったりしてしまったのです。
b0066900_17502447.jpg

ところが、土曜日の時点で、降水確率70%以上。
サンクスギビングの翌週に延期を決定しました。

部屋の中には出品を待つものが、うじゃうじゃと出ていて(今さら仕舞う気にもならず)、見苦しいことこの上なしです。

でも、しばらくお客様の予定もないので、いっか(笑)?

b0066900_17564858.jpg

こんなびしょびしょ雨の日でも出掛けられるところといえば、ショッピングモール。
ランチがてら、ちょうど(?)夫の化粧品も切れていたので、デパートへ。

ヤードセールの準備だけで、すっかり断舎離できた気分(まるっきり気のせい)になっていたのか、予定の無かったブーツなど買ってしまいました。

嗚呼。orz

デパートはすっかりクリスマスモードになっていて歩くのも楽しかったです。
赤や緑のデコレーションで華やか。すでに出張サンタクロースさんもいました。
クリスマスカードに子供とサンタさんとの写真を載せるなら、今から準備しないとですものね。

オーナメント売り場では、うちの猫にそっくりな飾りを見つけました。
b0066900_17503155.jpg

買わなかったけど、、、
いっぱいツリーにぶら下がっていたら、、、可愛いか?
ウサギやフクロウ、小鳥などいろんな動物がありましたの。
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-20 13:41 | 楽しいお出かけ

ホットワインの素

自覚はないのに体が冷えると、腸の動きが止まってしまい、お腹と背中がひどい肩こりのように痛くなることがあります。

そんな時は、お風呂で暖まるか、ホカロンを貼るか、温湿布をするか、、、など色々対応はしてきたのですが、今回は思いついて、ホットワインを飲んでみました。(玉子酒でも効くかも〜)

仕事帰りにスーパーで赤ワインと、ホットワインに必要な材料を調達。

店内からiphoneで調べてみたら、
オレンジもしくはレモン
シナモン、クローブ、などのスパイス
砂糖かハチミツ
とあります。

とりあえずオレンジをかごに入れて、スパイスを探していると、
こんなモノを見つけました。

b0066900_14375413.jpg


”Mulling SPICE”
オレンジの皮、シナモン、クローブなどのミックスになっているのです。
これを赤ワインに加えて、お鍋で温めればOK。
かーんたん。
b0066900_14375419.jpg

チャイミックスのように粉末なのかなと思っていたのですが、意外にも中身はゴロゴロ。
お茶パックに入れなくても、鍋底によく沈みます。

ワインとスパイスを合わせたら、すぐに火にかけずに、少し置いて乾燥したスパイスがふやけるのを待った方が、香りがよく出ます。

ハチミツを入れて飲んだら、洋風な養命酒のような味でした。
体も温まるし、美味しいし、少し酔っぱらうので早く寝るし、良いこと尽くめです。
[PR]
by daysofWLA | 2011-11-17 20:13 | 佳いもの

1/3-1/4=???

猫のエサはドライフードをやっています。
b0066900_12453755.jpg

缶詰も大好きなのだけれど、たまに出来る皮膚の炎症が「もしかしたら缶詰のせい?」と思い当たったので(確証はないけれど)しばらく控えています。

朝晩それぞれ7時に 1/4cupのスプーンで1杯ずつ。
これが袋に書かれた表で指定されている量なのです。

ドライフードは袋からこのガラスビンに移しておきます。
ふだんは、ここからスプーンですくって器へ。
b0066900_12452232.jpg

ビンに入りきらない分は袋に残しておき、ビンに余裕が出来たら移します。

前回、新しい袋を開けてフードをビンに移した頃に、そのスプーンが行方不明になりました。

(と、夫が言ってました)

ちょうど、キッチンがごたついていた時だったので、どこかに紛れてしまったのかもと、引き出しを探してみると、ちゃんと見つかりました。

そのあと、しばらくして猫がたびたびエサを残すので、
「もしかして、害虫駆除の毒が悪いんじゃ??」と置きエサ系からネバネバ系に変えたのは、以前記事にしたとおりです。

そのあとも、夜7時になっても朝のエサが残っていたりするので、少なめに計ってあげるようにしていました。


で、つい先日。

袋に残っていたフードをビンに移そうとした夫が

「スプーンがあった!」と叫んでいました。




ってことは?

引き出しから見つかって、ここひと月ほど使っていたのは、ひとつサイズの大きい1/3cupスプーンだったのでした。
並べると大きさが違うのははっきりわかるけれど、単品では違いを見抜けなかったんです。
b0066900_12453351.jpg

1/3-1/4=1/12 毎食30%ほど多かった計算。

だから、食欲がなかったのではなくて、多すぎて食べ切れていなかったんですね~。


とはいうものの、最近は食べきれるようになってしまっていたようで、
1/4Cupスプーンに戻したら、夕方にはお皿はすっかり空っぽ。


しかも先日のサマータイム終了で、時計が1時間ずれたのを猫は理解していないので、夕方6時頃からそわそわと自分のお皿の前でエサを待っています。
b0066900_12452465.jpg


おばかな飼い主が間違いに気づいてしまったため、猫にしてみたら量を減らされたうえに提供時間も遅くなって、拷問のようなもの、かも?


冬毛になってフクフク。中身もみっしり詰まってます。
b0066900_9293688.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2011-11-16 12:28 | 猫のこと