<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アレルギー薬と耳

この冬、日本は例年にない寒さや雪だそうですね。
そんな寒さの中、断熱も十分でない仮設住宅などで暮らす方達はさぞや大変でしょう。

LAは例年にない暖かさです。12月末から1月は雨期のはずなのに、雨がちっとも降らないのが異常な感じです。暖かいことはありがたいけれど、なんとも変な気候です。

b0066900_9234614.jpg



そして生暖かいサンタアナの風に伴われて、とうとう今年もアレルギーシーズン到来。ちゃんと桜の開花と合うところが妙に正確です。

先日の検査で、ダニ以外はたいした反応は出なかったというものの、通勤で5分ほど外を歩くと、職場に着く頃には鼻はだらだら。喉や耳の奥はイガイガ。

医師から言われたようにアレルギー薬を飲み始めたところ、2日目にして耳がぼーっとし、音が反響して聞こえるようになって気持ちが悪くなりました。去年アレルギーがでた時には毎日半錠飲んでいたのを、蕁麻疹の時に1錠ずつ飲んだため、同じように1錠ずつ飲んでしまったらやっぱり強すぎたようです。

突発性難聴やメニエールなど耳鳴りやめまいを伴う病気だったらやっかいなので、これが薬のせいであることを確認しなくては。
お抱えペーパー薬剤師曰く、抗ヒスタミン剤は耳の血流を増やすのだそうで、それで耳がのぼせたようにぼーっとするのではとのこと。
翌日、薬を飲むのを止めてみたら、耳の違和感は治まりました。

 
でも、薬を飲まないと鼻がスゴイ(爆)んです。

職場への通勤で外を歩いたあとに一番くしゃみと鼻がでますが、部屋の中で出る時もあるし、ウォーキングで外を歩いても意外に大丈夫だったりと、何が原因なのかホントによく分かりません。

点鼻薬でしのぐ日とアレルギー薬を半錠飲む日を1日交替にしてみたら、耳の違和感もなく、生活に支障ないくらいに鼻の症状を抑えられたので、今シーズンはこれで乗り切れそうです。

家の中や寝る時は誰に憚ることなくマスク着用しています。猫には不思議そうな目で見られてますけど。


ダニ対策として、掃除をこまめにするように言われたので、少しこまめにやってみています。排気が無いといわれるDysonでもかけるとホコリが舞うようで、そのあとしばらくつらいのです。今までRoombaに任せてきたツケがありますから、部屋の隅や壁と床の境界にゴミが残ってしまっている様子。
Dysonの隅っこ用ブラシがすぐに詰まります。
こういうアイテムを使ってもすぐに詰まりそうだな。

ちょうど日本のTV番組(「世界一受けたい授業」もしくは「教科書に載せたい」ナントカ)で、家の中のどこにダニがたくさんいるかをやっているのを見ました。
見ているだけで鼻がむずむずするような写真の連続でしたよ。

効果的な掃除機の使い方として、
・かける前に水拭きする
・干したあとの布団の表面をかける、
・カーペットはゆっくり動かしながら縦横十字にかける
などが良いと言っていました。
Roombaがのろのろと部屋の中を行ったり来たりするのは、理にかなっているのかも知れません。

このサイトによると、シーツやカバー類だけでなく、掛け布団やベッドパッドなどものによっては家で洗えそうです。さっそくうちのもチェックしてみようっと。
洗ってダメになっても惜しくない程度のものですしね。

日本ではダニアレルギーがひどくなるのが夏場に増えたダニの寿命が来る秋なのだそうで、もしかしたらカリフォルニアでは少しずれていてこの時季なのかしらと思ったり。
でも自分以外にこの時季にアレルギーが出る人にあまり出会いません。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-29 23:00 | myself

野菜中心ディナーで調整

土曜の夜、日曜のブランチとちょっとヘビーな外食をしてしまったので、日曜の夜は野菜たっぷりの夕ごはんで調整。
b0066900_17445891.jpg

メニューは、
トマトサルサ
タコス味ビーフ
マッシュルームのマリネ
カボチャの煮物
ブロッコリ&パリパリ生ハム

タコスビーフ、、、思いっきり肉じゃん!と思うでしょ(笑)
これ、半分はおからなのです。
トルティーヤで巻いたらほんとのタコスですけど、うちで登場するのはレタス。
ローメインレタス1玉、ぺろりです。

ブロッコリ&パリパリ生ハムはこちらのレシピを作ってみました。
ナッツを入れるのと、最後にレモンを搾るのを忘れてしまったけれど、ブロッコリの青臭さが和らいで美味しかったです。
ところで、この料理に使う生ハムはWholeFoods(スーパー)のハム&チーズコーナーで「プロシュート5枚だけくださいな」と言ってみました。パックの($11くらい)を買っても良かったし、あまりはぴっちりとラップで包めば冷凍できるのも知っているのですけれど、このレシピを作ってみる以外に他に食べたい予定も無かったので。
そうしたら、なんと$2しないで必要な分だけ買えました。
次から1回分だけ欲しい時はこうやって買うことにしましょう。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-29 20:08 | 食べること

土の入れ替え

日曜の朝、出かける予定よりずいぶん早く起きられたので、ここしばらく「やらなきゃ」と思っていたことをやっつけました。

うちのベランダで、もう2年以上頑張って咲き続けているインパチエンスの植え替えです。

発芽ペレットで大きくなった苗を植えて以来、切り戻しはしたものの植え替えはしていなかったので水をやるたびに土がかたくなっているのが気になっていました。土の量もだんだん減っているような気もしていて。

ちょっと前に伸びすぎた茎を切った部分も落ち着いて、小さな芽が根元の方から伸びてきているのも見えます。今なら調子がよさそう(といっても、インパチエンスはいつでも調子が良さそうです)。トリミングしたので作業もしやすいです。

根元の周りをざくざくとスコップでえぐってひと株ずつ取り出しました。
途中でイトミミズサイズの百足さんにコンニチハ。

プランターの端っこや底の方に残った土は、伸びて絡み合った根でカチコチに固まっています。
(それだけの根っこを切り落としてしまった訳ですが、ま、なんとかなるでしょう)
かたいのは表面の土だけではなかったのです。
それらの古い土はもう栄養もないだろうと再利用せず廃棄にしました。廃土は袋に詰めて一般ゴミのシューターにボトン。ゴミの日を考えなくて良い生活は楽です~。


b0066900_3274531.jpg

せっかくなのでプランターもきれいに洗い、新しい土を入れ、取り出した株の根っこに付いている古い土もなるべく落として植え付け。
隙間にフカフカの新しい土を足して、水をたっぷりやれば作業終了です。

ついでに、ひとりぼっちのパイナップルと老いぼれローズマリーにも同居を持ちかけてみました。
ローズマリーのプランターの土は、インパチエンスのものよりもさらにかちかち。
他のプランターと同じペースで水をやっていても土とプランターの隙間から底に流れ抜けていただけのようで、ボロボロに乾燥しきっていました。
当然ローズマリーの根っこもひょろひょろと頼りないものが数本のみ。それでもまだ緑の葉が出ている部分もあるので、復活に期待してみます。

b0066900_3274836.jpg

このひどい状態のローズマリーを料理に使うことは最近はないのですが、水やりの時にあの香りがふわっと立つのは好きな瞬間です。だから、元気になるといいな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-29 07:44 | 趣味のこと

ナウシカ・ナイト

HollywoodのEgyptian Theatreで「風の谷のナウシカ」を観てきました。
b0066900_9274533.jpg

先日、図書館でオリジナル漫画の7巻セットを借りたあとで、こんな機会がやってきたのが面白いです。
ナウシカなんて、もう何回もテレビやDVD(持っているし)で観ているのだから、台詞もほとんど覚えているほどですけれど、大きなスクリーンで観るのはやっぱり新鮮でした。

スクリーンいっぱいにビョーーーンと現れる王蟲がそれはそれは巨大で、「ああ、やっぱりこんなに大きいんだ」と。


B'zやドリカムのライブのように、また日本人がたくさん来ているかなと思いきや、意外にもアメリカ人のお客さんがたくさん。
しかも、ちょっとダボっとしたジーンズに上はパーカーという服装の人がかなりたくさん。
オタクさんでしょうか。


日本語音声+英語の字幕だったので、ほとんど字幕には注意していませんでしたけれど、かなり簡単な英語に訳されていたようで、上映終了後にお隣のおじさんから
「日本語だともっと意味の深い台詞なんじゃないのか?」と聞かれました。

原作マンガでは、腐海の成り立ちの意味や戦争する各国の背景がもっと複雑に描かれているので、難しい説明文もありますが、映画はずいぶん簡単なストーリーになっているので、台詞も簡単なのですよね。

なーんて、書いていると私もすっかりナウシカオタクに思われそう。

面白かったのは、アメリカ人のお客さんたちが「え、ここで?」という箇所で笑ったことです。
覚えて居るのは、
・ナウシカがユパ様からもらったキツネリスのテトに指をだして噛みつかれるシーン

・バージ(輸送船)が母艦から外れてしまい遭難しそうな時に、風の谷の年寄りの家来たちが「虫に食われるくらいなら、とっとと死にます(自害する)」とあきらめを見せるシーン

初対面の動物に慣れるときに、最初に噛ませても手をふりほどかずにおく、というのは日本人はムツゴロウさんの影響でなじみがあるのではと思いますが、アメリカ人には不思議な行動なのでしょうか。
遭難しそうなときでも、アメリカ人は「絶対助かってみせる!」とアクション映画のように振る舞うのがデフォルトなのかな?と思ってみたり。

こんなに古い映画をわざわざ見に来る人たちばかりなので、エンドロールが始まっても席を立つ人はほとんどいませんでした。
ストーリーが終わったときと、エンドロールの終わって「おしまい」が出た時の2回、拍手が上がりましたよ。

そんなわけで、懐かしさが盛り上がったナウシカナイト。帰宅後、猫をテトのように肩に乗せて遊んでみたらずっしりと重かったというオチ。

b0066900_9274786.jpg


Egyptian Theatreの覚え書き;
チケットを予め印刷していったにも関わらず、もぎりの人はバーコードリーダーを持っておらず。同様の人、全員が入り口まで行ったあとで2つしかあいていないチケットブースで↑の写真のような紙チケットと交換の必要を知らされる。スマホでのe-ticketも同じく。
チケット交換時に渡される抽選券は、上映前に記入して箱に入れること。上映前におじさんが登場しての抽選アリ。
パーキングは今回はHollywood Highlandを使用。なにか買い物をすれば$2/2時間のvalidationそれ以降は$1/15分で追加。上映開始が遅れたのもあって駐車料金は$7。コーヒー$7。validationなしで上限$10の方が安上がりだった由。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-28 19:30 | 観たもの

変圧器 120->100V

b0066900_17254879.jpg

外国と日本では電圧が違うので、日本の電化製品を使う場合には変圧器が必要です。
低い電圧を高くする(アメリカの家電を日本で使う)のがアップ。高い電圧を低くする(日本の家電をアメリカで使う)のがダウン。

というのは、海外へ旅行や移住する際にはよく聞く話ですが、

うちの場合、LAに住んでから最近まで変圧器というモノを使ったことがありませんでした。
そもそも、日本から持ってきた電化製品がノートパソコンとIH炊飯器しかなく、ノートパソコンの電源はアメリカの電圧対応になっていましたし、炊飯器はサージ付きのコンセントタップを噛ませれば”炊飯は”出来ていたのです。
アメリカと日本の電圧差が120-100と小さいせいもあるのでしょう。
それでも電圧=火力が強かったせいか、炊飯器の内釜のコーティングが焦げたようになったり、5合炊きで5合より少量の場合はエラーが多発するなどありましたが、5合まとめ炊き→小分け冷凍というサイクルを続けていたのであまり問題もありませんでした。

この冬、甘酒を作ってみようと思ってから、急に炊飯器の保温機能が必要になって初めて変圧器の必要性に目覚めました。どうもアメリカの電圧は120で固定ではなく、110-120の間をふらふらしているようです。
そのため、一定温度を保つ保温機能の場合、「おいおい、きちんとしてくれないとこっちも働けないぜ~」とサボってしまうのではないかと推測。

トランス、トランスフォーマとも呼ばれる変圧器。
炊飯器やドライヤーにも対応できる大容量?(対応W数が高い)で、アップもダウンも可能なものというと日本でも結構なお値段がするようです。需要は少ないでしょうからね。

アメリカに来てからやっぱり欲しいなと思う人も多いのか、「びびなび」でもあっという間に売れてしまう商品のひとつです。

で、うちのはAmozon.comで買いました。
アメリカ製品だけあって、コンパクトさや見た目のスマートさはありませんが、送料無料だし、日本で買って持ってこなくても良いって事で。

アメリカで買った電化製品を日本で使いたい状況ってあるのかな~。
ダイソンとか?あと何でしょう?フードプロセッサーなど持って行くとパワーが弱くなるとか?
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-27 11:51 | LA生活

イタリア語

日本のテレビを付けたままにしていたらイタリア語講座をやっていました。

ふだん、街中で目や耳にすることの多いスペイン語に関しては英語と似ている単語も多い印象でしたが、その番組内で出てきたイタリア語の単語はほとんど意味が想像できないものばかり。
ヨーロッパに行ったらこんなに分からないことだらけ、きっと疎外感でいっぱいになるだろうなぁと思いました。

なんだかんだいっても英語は学校でずーーーーっと習いますし、読み書きする機会もあったので、アメリカに初めて来た時でも、本当に片言だったけれど「まったく通じない〜!ひぃ〜」ってことは無かったわけです。看板などは読めるし。

そういえば英語が通じない国には行ったことがないです。
ドイツ語は大学でやったけれど、看板が読めるほどには覚えていません。
いってみたら、右も左も分からない状態になるのかしら。それも面白そうです。

あまりにも知らない単語だらけだったので、イタリア語勉強してみようかという気になりました。でも、スペイン語の方が、世界的に見たら通じる人口が多いのか=お得感?。。。うーん悩む。

ところで、その番組の中にお料理コーナーがありまして、イタリア人のお母さんが説明しながら作るのです。野菜の名前や切り方、火加減などの単語を学べるというわけ。
タマネギを薄く切る時に中心から外側に向かって刃を入れたり、ナスのあく抜きに塩を振ってしばらく置いておくなど、国によって下ごしらえの方法も違うのですね。
1回見ただけではそれらの単語は覚えられませんでしたけれど、レシピは覚えてしまったので、冷蔵庫にあるものでさっそく再現
b0066900_1723141.jpg

なかなか美味しくできましたです。
お料理番組から外国語を勉強するっていうのも楽しそうだな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-25 08:00 | TV

ウォーキングは効果アリ?

1週間前に始めたウォーキングは、1日おきで5回続けています。
いちおう、三日坊主は免れています(笑)。

お昼休みに歩けるのならば、根性なしな自分でも続けられるかなと思っていたのですが、歩く=足だけの運動に思えて、なにげに上半身に汗をかくので、帰宅前に一歩きした方が帰ってすぐにシャワーを浴びられて良さそう。
b0066900_13584094.jpg

(↑Anderson Schoolの方角からみた建物)

というのも、ヨガで汗をかいてもあまり気持ち悪くないのですが、ウォーキングで汗をかくとちりちりと痒くなるのです。なにか悪いモノが出ているんでしょうか。。。。
歩く時はヨガの時ほど呼吸を意識していないからも関係あるのかな?
キャンパスの中とはいえ、フリーウェイが近くて空気が良くないと思うと、思い切り呼吸をする気にならないのですよね。

先週末は土曜日の朝のヨガに行こうと準備をしていた時、うっかり空腹でビタミンのサプリメントを飲んでしまったら、ちょうどでかける時間にものすごく気持ち悪くなってへたり込み、そのままお昼過ぎまで休んでしまいました。

その分を補おうと、昨日はお昼休みのスタッフ向けのヨガに行ってみたのです。

Downward Facing Dog やWarrierのポーズで太ももを緊張させる時、予想以上に脚の力がついているのを感じました。
いつも脱落してしまう腹筋もギリギリで他の人達と同じ時間をキープできました。


ウォーキングって効果アリでしょうか?
筋力が少しついたような気がしても、スキニージーンズは全くもって緩くなってはいない(むしろふくらはぎがきつくなったような 汗)ので、気のせいなんだろうなぁ。。。

b0066900_13552770.jpg

(↑上の写真と同じ建物を、グラウンドの向こうからみた図。夕陽が当たって美しいなぁ。ちょっと色合いがセドナの様じゃないですこと?)

まぁ、1週間で劇的にほっそりするはずもなく。
やらないよりはやった方がマシ。
暑くなる前に、せっせと歩いた方が良さそうですね。

「最近歩いてるんだ~」と話すと、「うちは毎晩のように夫婦で夜に散歩しているヨ」という人が結構いますね。
歩くなんて、よそのお家では運動とも言わないフツーの事なんだわね。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-25 04:11 | Yoga/Pilates

新しいベッド

先日の記事に、猫が猫用ベッドを使うようになったと書きました。

うちの猫はふわふわしたクッションが好きではないようで、椅子の肘掛けや、テンピュール枕、硬めの座布団などにもたれて寝ることが多いのです。

そのため、猫用ベッドも元から入っていたふわふわの綿を抜いて、硬めのスポンジを入れてみたところ使うようになりました。
ところが、そのせいでベッドは全くへこまず、もたれる部分が出来ないので、なんとなく寝にくそう。壁がないのでちょっと寒そうでもあります。


愚かな人間は、土手のあるベッドを調達してしまったのでした。


土手つきベッドも、ふわふわクッションがついていました。
当然それはお気に召さず、前足でちょいちょいと触って「これ、凹んで気持ち悪いんですけど~」とのダメだし。

そのクッションを取り外して、お気に入りのアロマ(=とうちゃんのパジャマ)を敷き詰めたところ、「これなら気に入ったわ」と寝てくれましたよ。

b0066900_7324795.jpg


土手に背中を沿わせて、且つ脚もゆっくりと伸ばせるほど、サイズもぴったりですね。


本当は、犬用(しかも結構大きくないか?この犬)なんだけどね。
b0066900_7325070.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2012-01-23 23:03 | 猫のこと

アレルギー検査をうける

3ヶ月ほど前に、全身に蕁麻疹が出ました。
蕁麻疹てカラダを上っていくのですよ。
足から始まって、胴体、肩、首、顔そしてさいごは耳や頭皮に拡がって抜けていくような感じでした。

最初の2日間は、アレルギーの薬、Zyrtecを飲んで様子を見ていたのですが治まらず、3日目に病院に行き、内服するステロイドを出してもらいました。

ステロイドを飲まないと治らないだろうなぁと思ったのは過去の経験から。3年前にも同じ蕁麻疹が出たことがあったのです。
これがまぁ、飲んで数時間で湿疹も痒みも消えて、全身が楽になるのですから、スゴイ薬ですよねぇ。

その記録がカルテにもあったので、いつもの先生が「アレルギーの専門医に診てもらいましょ」と転送されました。

専門医にかかる許可が出るのに数週間、それから空いている日に予約を取ろうとおもったらもう数ヶ月経ってしまいます。
なので、今日ようやく専門医に会ってきたけれど、当然ながら蕁麻疹は消えています。

現時点で出てないモノを「出たんです」といっても伝わらないだろうと思ったけれど、その他に毎年、今ぐらいから3月まで花粉症のような症状が出るので、その原因も分かると良いなと思って、聞いてみました。

蕁麻疹の原因は、寒冷刺激と極度の乾燥と静電気だと思っているのですが、結局はっきりとは分からず。皮膚は特にひどく乾燥しているようにも見えないけれど、乾燥を防ぐようにクリームをちゃんと塗りましょう、というアドバイス。
もしまた出てしまったらZyrtecを飲んでみて、効かなければ量を増やす、さらにZantac(別のヒスタミンブロッカー)を飲むことで対応してねとのこと。

花粉症らしい症状については皮膚のアレルギーテストを受けました。
b0066900_7132160.jpg

(接種直後。肘側から1-7,M, 時計近くにH,Sと書かれてます)

各種のアレルゲン溶液を、ものすごく細い針のついた楊枝のようなものでクリッと皮膚に刺していきます。(痛みは蟻に噛まれた瞬間程度。それよりマジックで直書きが気になります~)
15分ほど待って、判定です。

お品書き。
b0066900_7132498.jpg


結果は、一番強く反応したのがダニ。次が猫(笑)、樹木のmix。
それでも、ダニが+++で猫や樹木が++くらい。
陽性コントロールには++++を示したのに比べると
「大したことはないわね」ですと。


寝具を2週間に1度は全部お湯で洗うこと。
羽毛の枕は止めること。
枕カバーやシーツは、アレルギー防止繊維のものを使うこと。
加湿器は使わないこと。
ネティポットなどで鼻を洗うこと。
週に1度は掃除機をかけること。

などをアドバイスされました。
カーペットよりはフローリング、余裕があれば空気清浄機を使う
のが良いそうです。


ダニだったら季節に関係なく居るんじゃないかと思うので、決まった時季しかも外出した時にアレルギー症状が出るのはあまり納得がいきませんし、蕁麻疹についてはクリームや着るもの(綿がよろしい)で予防するしかないという結果。

専門医にかかった甲斐はさほど無かったですが、

「これといって激しくアレルギーを示すものは見つからなかった」
(猫についての反応はみなかった事にしているwww)

と、自分のカラダに言い聞かせて、楽観的に生きていこうと思います。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-21 08:30 | LA生活

スプートニクの恋人

先週図書館で借りてきた分に加えて、ここのところお友達と貸し借りをしているので、家に読む本がたくさんあってしあわせ。

うちはあまり本を買わないので、新しいものが無くて申し訳ないけれど、お互い読んできた好みがだいぶ違うようで、それでいて相手の好みの本も気に入って読めるものが多くて面白いです。

借りたものの中から、スプートニクの恋人。

読んでみて、「1Q84のみたいだな」と、思いましたです。


ずっと片想いのところ、
相手に会えなくなってしまうところ、
ひとづまとつきあっているところ、
そして、日常の世界からぽっと別の世界へいってしまうようなところなどがね。


私はこの作品を読む前に1Q84を読んで、へんてこりんな世界の造りをずいぶん楽しんだけれど、スプートニクの方を読んだことのある人は、それでも1Q84は面白いと思ったのかな。それとも、似たような話と思ったのでしょうか。
[PR]
by daysofWLA | 2012-01-20 12:38 | 読んだもの