<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フェイシャル@Behind The Seen Face & Body Care

b0066900_7305795.jpg

Grouponでほぼ半額になる割引クーポンが出ていたのを見つけて、久しぶりのフェイシャルにいってきました。

(「顔が汚い!なんとかしてこい」と面と向かっていわれてしまうのでね)
b0066900_7293287.jpg

初めて行くサロンでしたが、ソファーがあったり、暖炉があったり、飲み物やカップケーキが置いてあったりと、誰かのお家のような乙女チックな作りです。
b0066900_7304571.jpg


オーガニック・ディープ・クレンジングというコースをお願いして、施術前に「何か気になるところは?」と聞かれたので、
「シミと小鼻の黒ずみが、、、」と話すと、”Oh! You have some blackheads, I can extract them”とのこと。

角栓=コメド=blackheadというそうです。

クレンジングの手順は、
スチーム&クレンジングマッサージのあと、器具をつかって角栓を押しだし、ローションで拭き取り、最後はパックを顔全体にぬってしばらく放置
という感じでした。

美容院でも、カットやパーマの手順を観察するのが好きな私。
フェイシャルは何をされているか自分では全く見えないので、どんな作業をしているのか気になります。
毎回だれかに立ち会ってもらって、写真かビデオを撮って欲しくなります。

角栓をとる器具を調べてみたら、exctractorというモノだと分かりました。
ループが毛穴を囲むようにして、皮膚に対して垂直に押し当てるのがただしいやり方だそうなので、自分の顔を自分でやるのは難しいですね。

youtubeには「いったい何年顔洗ってないんですか?」というような毛穴詰まりまくりのおじいさんから、スチームで毛穴をゆるめることなくひたすら角栓を絞り出すビデオ(Black & White Heads On Nose)もあります。Medical&Surgical Education TVのシリーズですが、画像がかなり虫っぽいので、苦手な人は決して検索しないように!


さて、こちらのサロンでは天然材料の化粧品を使っていることが売りで、そのため妊婦さん(私じゃないですよ)でも大丈夫とのこと。
マスクは自分で調合を選んでもいいし、お任せも出来ます。
今回は、美白系ということでお任せして作ってもらいました。
イチゴやハーブ、ビタミン Cとあといくつか入れてペーストにしたものでした。ひんやり冷たく、匂いが甘くてフルーティなので、ジャムを塗られているような感覚になりました。


マスクを拭き取った後はまだ毛穴が開いている感じがして、肌もべとついているような、脂っぽくなった?様な気がしていたのですが、家に帰る頃にはちょうど良く落ち着いて、1トーン白くなった様な気になりました。

クーポンは2回分を買ったので、また来月行くんですけれど、それまでに毛穴がつまらないように週1回のスクラブを家でちゃんとやらなくては。

一応会計の時に「今日使ったプロダクトで質問はありますか~?」と聞かれましたが、それ以外はサロンで売っている商品をごり押しされることもなく、気持ちよく帰ってきましたよ。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-25 15:40 | myself

Bunya Bunyaという名前でした

LAの空も秋らしい雲になってきちゃった。
b0066900_10185789.jpg


以前記事にした、大きな松ぼっくりが落ちてくる木の名札を見てきました。
b0066900_1019217.jpg


オーストラリアのBunya Bunya Treeというそうです。
日本名はヒロハノナンヨウスギ


名前を元に調べてみると、現地ではあの大きな”松の実”をナッツとして食べるようです。

がらさん、ご明察。

Bunya nutsの画像検索で見てみると、ゴロゴロした松ぼっくりの写真がたくさん見られます。

b0066900_101910100.jpg

b0066900_10191667.jpg

UCLAに生えている木を下から見ると、こんな感じでダラリンと垂れているのですけれど、松ぼっくりと一緒に写っている(おそらく)現地のBunyaBunyaの木は垂れずにこんもりとした枝ぶりに見えます。

気候が違うせいで、見た目も変わってしまったのかな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-22 18:02 | LA生活

飲んでびっくりのヨーグルトドリンク

ちょっと前に、noirさんのブログで手作りしたと紹介されていた、塩ヨーグルトドリンク。

イラン系のマーケットでは普通に買えるとのことだったので、散歩のついでにのぞいて買ってみました。

ドゥーグと言うそうです。これは、ミント味。
b0066900_16342859.jpg


何も言わずに夫にも出してみたところ、ひと口飲んで「ごめんなさい」ですと(笑)。

私は普通に飲めます。
酸っぱい+しょっぱい+紫蘇っぽい乳飲料です。

子どもの頃、甘いヨーグルト系ドリンク(ジョアなど)は苦手だったのですが、しょっぱいのは平気です。給食でドゥーグが出ていたら、昼休みまで残されずに済んだのに〜。
ミントのフレークが瓶の底にたっぷり溜まっていて、これが、しょっぱさと合わさると紫蘇っぽい風味になります。

しょっぱいせいで、甘みはあまり感じなかったけれど、成分を見ると砂糖も入っているようです。
ノンファットでもないので、カロリーは高め。

ラム肉やケバブ料理と一緒に飲んだら美味しいんだろうな〜。
炭酸入りも売っていたので、まだ暑い季節のうちに飲んでみようかな。

ちなみに、イラン系のマーケットではヨーグルトがずいぶん安いです。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-17 16:10 | 食べること

強引な畑づくり

仕事帰りにちょっと買い物に行こうと、近所の教会を通りかかったところ、建物の陰に数人のアジア人(C国人だと思うけど)が集まっていました。

見ていると、駐車場のどこかからホースを引っ張ってきて、芝生のあたりに水まきをしています。

気になったので買い物帰りに近寄って見てみると、

!芝生を掘り起こして畑を造っていた!

のです。
ご丁寧に、スプリンクラーの周りを取り囲むように、畝をつくって、ネギっぽいものやジャガイモぽいものがすでにずいぶん育っていました。
b0066900_822786.jpg


その場所も教会のバックヤードというわけでもなくて、歩道から建物までの芝生斜面の一角。
道路からは掘り起こされてぐちゃぐちゃになった芝生のかたまりが丸見え。


あのアジア人達が教会のメンバーだとして、許可を得て造っているにしても、あまりにも強引で景観を損ねるやり方だなぁ=なんでもアリなんだなぁとげんなりしました。


翌日、同僚の中国人が「ニワトリ飼ったことある?」と聞いてきました。
「無いけど、どうして?」と聞き返すと、
その同僚の友人(在LAの中国人、一戸建て住まい)が庭でニワトリの雌を飼い始めたところ、週に4-6個ほど卵を産むようになったのだそうで、それを聞いて子供の頃ほとんどの家でニワトリやアヒルを飼っていて、卵をとったり、自分たちで絞めて肉を食べたりしていたのが懐かしくなったとのこと。

「昔は人間の食べ残しや野菜屑をエサにしていたから糞は臭かったけれど、今から考えるとオーガニックよね」と、それは楽しそうに懐かしんでいるのですが、都会育ちの私はニワトリなんてふれあい動物園や小学校の飼育小屋でしか見たことがないし、自宅で卵をとるために飼うなんて「日本では1世代前の話だなぁ」と思いながら聞いていました。

(同年代だから、同じような環境で育っているのが当然のように思われることが面白かった )

農作業つながりで、ついでに教会に畑が造られている話をしてみたんですが、私が抱いた嫌悪感・違和感は全く伝わらなかったようです。


お隣の家が庭でニワトリを飼い始めたりする事に比べたら、近所とはいえ自分とは関係のない教会に畑が造られているなんて何でもないですね。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-16 18:15 | LA生活

暑い日にサウナ@Century Day and Night Spa

8月の暑い日が続いていた頃、しばらくヨガを休んでいたせいもあるのか、熱が身体の中にこもって汗が出ない様な感じがしていました。(じっさい、ほとんど汗をかかず)

こんな時には、サウナで汗腺を開いてしまいましょう!と、韓国スパへ出掛けました。

今回はどこにも割引クーポンが見あたらなかったので、私にとってLAで初めて行った韓国スパである、CenturySpaへ行ってみました。

ここは、以前は男女完全別だったのですが、少し前に共用のチムジルバン(温かい床の広間)が出来たとのこと。

行ってみると、男女別のSpaは$20、チムジルバンといくつかのサウナルームは追加で$5でした。

Spaの方もシャワーブースやアカスリスペースがリモデルされていました。
ここの特徴である、大きくて深い浴槽はそのまま、薬草風呂、ジェットバス、冷水風呂の3種類です。

ですが、シャワーブースの壁に付いている照明の傘が腐食していたり、大きな浴槽のタイルがぬるっとしていたり(温泉の湯ノ花と思い込もうかとしましたが、無理でした)、ドライとスチームのサウナが両方ともイマイチ熱くなかったり、、、とそこはかとなく不潔感が漂っています。

前回行ったCrystalSpaや他の新しめの韓国Spaでは、タオルや施設内ウエア(Tシャツと短パン)が使い放題なのに、ここでは入り口で1セット渡されたら、それっきりです。
ウエアも洗ってはあるんだけど、なんだか変な薬品ぽい臭いがしました。

チムジルバンは別なフロアにあって移動するのですが、その移動経路が外履きの人も通るようになっていて、Spaのあとに裸足で通るのが正しいのか疑問です。
b0066900_1642916.jpg


チムジルバンは新しいだけあって清潔で、しかも異常にデカイ。
ちょっとした体育館ぐらいあります。
その壁際には、60℃近い温度の、Salt Room, Gold Roomなどが設けてあるのですが、熱々の石や塩の上をこれまた素足で歩かなくてはならないのです。
タオルやござが敷いてあれば良いのに。
このフロアーには、食べ物や飲み物を出す売店も出来ていました。
ただし、Spaのエリアには無料の水タンクすらないのです。

そんなわけで、サウナで汗腺を開くという目的は達成したものの、値段の割りに満足度は低いなと思いました。
改装と同時に24時間営業になったので、掃除する時間が無くなったんでしょうかね。

帰ってからレビューを見てみると、意外にも高評価の意見が多かったです。
ただし、好レビューを書いている人はそのほとんどが「男性名」。
いくつかは、「ここはゲイ・フレンドリーで、とっても気分が良かった」なんていうものも。

以前から、スタッフの人が初めから英語で対応したり(他の韓国Spaは韓国語デフォルトが多い)、お客さんにも白人の人が多かったりしていたので、それは好印象だったのですが、男風呂の方はお客さんに偏りが出来ているのかも知れませんね。
(もしかして男風呂の方はもっと清潔なのか?)

客層はどうでも良いのですが、あまりにも清潔感に欠けた印象だったので、もう行くことはないと思います。広々としたお風呂が好きだったので、とっても残念なのですが。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-12 15:25 | 楽しいお出かけ

20年ぶりにピカピカ

学生の頃に、まだオープンしたばかりのランドマークタワーのお店で母に買ってもらった指輪。

あまり着けないうちにシルバーなのですっかり黒ずんでしまっていました。
デザイン的には夏っぽいから、せっかくだし、磨いて使いましょうとお店でクリーニングをしてもらいました。
どこかに送るのかと思ったら、お店の奥でやってくれるそうで、1時間くらいで出来上がって、費用は$15。
b0066900_17101325.jpg


新しい水色の巾着ポーチも付けてくれましたよ(嬉)。


指輪が出来上がるのを待っている間、アイスでも食べて休憩しようと思ったけれど、Century Cityのモールの中にはフローズンヨーグルトのお店はあるんですが、アイスクリーム屋さんが無いのです。
BreadBarのカフェにも置いてないし。。。


で、ひらめいた!(^。=)

地下にあるGelson's(スーパーマーケット)でハーゲンダッツを買えばイイでないの!

一番小さいカップを2人で一緒に食べればいいねと、夫がレジで払っていてくれる間に、ベーカリーでコーヒーを買っておこうと行ってみると、

あら〜、こちらにはジェラートが売ってたヨ。
b0066900_17101498.jpg

2人で1個を食べるはずが、こうなった(笑)。


ここのジェラートは水っぽくなく、ねっとりしていて美味しかったです。
(ただし、ハーゲンダッツのカップより高いのだ!)


ちなみに、この日のお昼はモールのフードコートではなくて、こちらのカフェ
残念ながら、エッグベネディクトの時間(土曜日の朝ごはんのみ)には間に合わなかったので、RawBeef サンド(ローストビーフの生っぽい部分)とサラダの盛り合わせを注文しました。
b0066900_17101561.jpg


このサラダが、どれも美味しくてびっくり。
b0066900_17101631.jpg

Beets & Beluga Lentils、Grilled Summer Squash、Lovely Shrimp Saladを選びました。

頼んだものが全て美味しいと、嬉しくなりますね。私は運をこういうところで使っているんだな、きっと。


ちなみに隣のテーブルに居たカップルは、運がなかったのかお口に合わなかったのか。
サンドイッチもサラダも大量に残したまま、チップも置かずに帰ってしまいました。
大きなお世話でしょうけどね、もったいなや〜。
b0066900_17101752.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2012-08-11 16:47 | 佳いもの

女子サッカー決勝戦をみて

去年のワールドカップの決勝戦の時と同様に、勝敗の結果が分かってから試合を見たワタクシです(笑)。

それでも、十分にハラハラしながら見てしまうものですね。

アメリカで暮らしていると、特に職場が大学なので、若くてぴちぴちした白人の学生さんをたくさん見かけます。
とくに、運動選手と思われる(ジャージや短パンを着ているので)人達の、体格の立派なこと。
何を食べたらあんなにすくすくと育つのかと思うほど、大きく、みっちりしています。

ワールドカップの時に比べると、なでしこの選手達もすこし筋肉が付いてがっしりしたような気がしましたが、まだまだアメリカチームの選手にはかないません。
それでも、同じように体の大きな外国チームに勝って決勝に進んできたんだから、体格差をカヴァーできる技術とチームワークがあるんだろうなと思いつつも、フィールドで自分たちより10cm以上も大きい人を目の前にしたら、どこにボールを出していいのか分からないような「壁」感を味わっているんだろうなぁ
なんて、思いながら見ていました。

アメリカ人は女子サッカーは白人の選手ばかりだったけれど、他の種目もみたら、「人種のるつぼ」の特長を生かして、それぞれのスポーツに適した体型を選べるようなものです。

単一民族(正確には違うかも、、、ですが)の日本が、欧米発祥(=欧米有利な)の色々な種目に代表を出しているというのは、スゴイよね。

スゴイといえば、レスリングの吉田沙保里選手の金メダル。
この人の記録って、ものすごいんですよね。
でも、その日の日本で配られた号外では、なでしこ銀メダルの裏扱いだったとか。
う~ん、、、、
なでしこが人気&期待が大きかったとは言え、レスリングが個人競技とはいえ、もうちょっと讃えてあげたらいいのに。
所属しているALSOKのCMでの扱いも、なんだかなぁ。CM自体は面白いんですけど、仮にも金メダリストをコメディータッチで使わなくてもと思うんですよ。
CMをみて、「うわーレスリング格好いい、私もやりたい~」と憧れる子供が出るような扱いをして欲しいなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-09 16:21 | TV

インド料理バフェ@Jaipur

ここ最近、土曜日のヨガに10:45からのクラスを取っているので、終わって家に帰ると1時近くになってしまいます。

この日のお昼はインド料理。暑い日はカレーが食べたくなりますよね。

よく行っていた近所のお店は値段と味が両方下がっているのに前回気づいてしまったので、別なお店にいってみました。たしか、ずいぶん前にディナーに来た時に美味しかった記憶。

ランチタイムはたいていのお店でバフェをやっています。

b0066900_4474985.jpg


なかなか上手に盛りつけできました。
タンドリーチキンだけでなく、魚の唐揚げやサモサもありました。

b0066900_4475275.jpg


カレーの種類も前のお店より多くて楽しいな。


b0066900_4475590.jpg

インドのデザートって、甘いドーナツをさらにシロップに漬けたようなものだったりと、アメリカーンなケーキを上回るほど激甘なのですが、この日はけっこう美味しく食べられてしまいました。
オレンジ色のはニンジンを練乳で煮たようなもの。


やばいやばい。


さすがにお腹いっぱいで、夜ごはんは抜き。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-04 13:34 | 食べること

インターネットが遅かった理由

うちのインターネットは、TimeWarnerのケーブルを契約しています。
(テレビは解約したのでインターネットのみ)

が、これが遅い上に、ブツブツと切れていたのです。
だいたいいつも決まった時間、夜の9時や11時などに、Wifiルーターのランプが点滅し、繋がらなくなります。

一度、ルーターのセキュリティを調べた時には、誰かよその人が電波を盗んでいる様子で、それはパスワードでブロックしたにもかかわらず、あまり状況は改善されませんでした。

ケーブル会社に電話したところ、「お宅のルーターを遠隔でモニターするリストにいれてみます」という返事。
それがどういう意味かは分かりませんが、改善したような気がしたのは2,3日のことで、また元の通りに。

つながりが悪くなった時期と、iPhoneを使い始めた時期が近かったため、iPhoneのwifi使用が原因かな?と思ったり。

スカイプも、まともに会話が出来ていた時もあったのに、近頃ではブツブツと切れてしまって、文字通り、全く話にならず。糸電話の様な状態でした。

そんなこんな、ムカツキながら数ヶ月過ごしていたのですが、色々調べてみると、
ルーターとケーブル会社の相性が問題とらしいことが分かりました。

ケーブル会社のインターネットの契約をすると、普通はルーターもレンタル契約するのですが、レンタル料金x使用月数は購入金額をあっという間に超えるので、うちは自前のルーターを使っていたのです。
(自前のルーターを使う場合は、ケーブル会社に連絡して、器械のシリアル番号?を認証してもらう必要があります。場合によってはメカニックに来てもらう必要もアリ)


こんなの。
b0066900_392370.jpg

Linksysのケーブルモデム&wifiルーター一体型

ネットで調べると、このルーターでネット接続に同じように問題が起きているケースがたくさんあり、
解決方法としては、

相性の良いモデルに交換する

があります。

で、買い換えてみたのがこれ
b0066900_393876.jpg


これはケーブルモデムで、PCとのコネクションも1つしかポートがないので、さらにwifiアンテナだけのものをつないで使っています。


替えたとたんに、非常に快適になりました。
まず切れることがないですし、スピードも安定しています。

ただ、スカイプの雑音と接続の悪さはあまり変わらず、これはスカイプの問題のような気がします。
日本にかける時はGoogleVoiceか、母がiPadを使うようになったのでたまにFaceTime。
これらだとストレスフリーで話が出来ます。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-04 02:39 | LA生活

三浦しをん作品を読みまくる

オフ会の際に譲っていただいた本の中に、三浦しをんさんの「格闘するものに○」と「木暮荘物語」がありました。

偶然というか、帰国前に図書館にリクエストしていたもの(予約を希望日までペンディングしていてくれた件)も同じ三浦しをんさんの「風が強く吹いている」と「光」だったので、ほぼ同時期に、4冊まとめて手元にきました。

それまで、三浦しをんさんについては全くのノーチェックで、「舟を編む」という作品が面白いらしいと言うのをtwitterで見かけて、探してみたのがきっかけです。
直木賞もとっていたのに、ねぇ。


格闘するものに...を読んですぐに、そのおもしろさに感心して、さっそく追加のリクエストを図書館でポチ。

「まほろ駅前多田便利軒」と「むかしのはなし」も読み終えて、「月魚」と「神去なあなあ日常」を追加でリクエスト。
これを読み終わってしまったら、もうリトルトーキョーの図書館の三浦しをんコレクションはほぼ制覇という感じです。

あ~寂しい。

日本の図書館では大人気でしょうから、ロサンゼルスの図書館にこれだけ揃っていて、ウェイティングリストを待つことなく、こんなにサクサクと続けて読めたのは「ありがたや~」ですよ。

個々の感想など
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-03 20:36 | 読んだもの