<   2012年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お月見 Sep 2012

今年の中秋の名月は9月30日というので、月を見に屋上へ出てみました。
b0066900_4153832.jpg

東の空の低い位置にオレンジ色の大きな月があったけれど、エアコンの室外機等が邪魔で写真を撮るには残念な構図。


日曜なのに仕事に行っていた(as usualだな)夫が帰ってくるのを待って、天文台まで連れて行ってもらいました。
天文台からの見晴らしは最高ですからね。

Wilshire blvdを東へ向かう途中に見える月はさっきよりもずいぶん高く上がってしまっています。
b0066900_475097.jpg

b0066900_475468.jpg

ネオンの明かりがアジアっぽいのはコリアタウンが近いから?

このところ夜は冷え込むことが多いので、念のためウインドブレーカーを持っていったのですが、天文台に着いてみるとモワ~と生暖かいのです。
昼間の熱気がまだ籠もっている感じ。

まだまだたくさんの人がいて、駐車場もほぼ満車です。

b0066900_474544.jpg

ここからの景色は昼間でも俯瞰図のようで気に入っているのですが、夜景も美しいです。
デートスポットとして人気がありそうだわ。


高く上がってしまった月と建物を一緒にとるのは難しく、こんな感じが精一杯でした。
b0066900_47739.jpg

b0066900_4175764.jpg

b0066900_4175896.jpg


というわけで、被写体を夜景に切り替えます。
夫は三脚とNikonで本格的に、
b0066900_443996.jpg


私はOlympusとiPhoneで撮りました。
b0066900_455631.jpg

b0066900_417569.jpg
やっぱりiphone4のレンズは青みが強い


Griffith天文台の閉館は10時だったため、三脚をセットして10分も時間がないという、不完全燃焼のカメラマンさんは、また撮影に行きたがるでしょうか。
涼しくなって空気が澄んでくるともっときれいな写真が撮れそうですよね。


ちなみに、写真を撮っている間にちっさい蟻にたかられたり、帰りの下り道では鹿の親子に遭遇したりと、Griffithパークは結構ワイルドなのでした。
b0066900_4175952.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2012-09-30 21:47 | 楽しいお出かけ

2度美味しいCioppino

お粥生活&うどん生活を経て、腹巻きライフを送っているうちに気づいたらお腹の痛みも無くなりました。

金曜日に「週末は何か食べに行きたいものある?」と話していたところ、
夫が「このあいだ君が食べていた、赤くてちょっと辛いクラムチャウダーが食べたい」と言ったのです。
私の記憶には、赤いクラムチャウダーを食べたのは2年近く前のSantamonica Seafoodでのみ。
b0066900_4423329.jpg


それ以外に食べた赤いスープというと、韓国焼き肉で頼んだスープとか?


「ちがうちがう、ここ1,2ヶ月の間に絶対食べてるって!ブログを見返してみろ~!」と言うのですが、そんなものを記事にしたことはありませんでしょ(笑)

「ブログには載ってないけど、ぜーーーったい食べたって!」
と自信満々なので、食べたものを記録しているファイルを見直したのですが、それでも見つかりません。

もしかして、私が友達とごはんを食べに行ったときのチョッピーノ(私ではなくて友達が注文したもの)と間違えてるんじゃない?と、写真を見せると、
「それは覚えてるけど、それじゃない。」
というので、さらにiPhoneのアルバムを見ていると、

あった!

ただし、私が食べたものではなくて、”夫が”自分で食べたものでしたヨ。
「自分で食べたものじゃ~ん(笑) そりゃぁ、記憶(&記録)にないはずだわ」と言うと、
「あのとき味見したやろ!じゃあ食べたと同じだ!」と、あくまでも私の記憶が悪いような口ぶり。
理不尽な。

で、結果から言うと、Clementineのスープ&サンドセットについてきたスープだったのです。
b0066900_4423585.jpg

そういえば、その時はサンドもスープもやけに「美味しい美味しい」言いながら食べていましたっけ。

Clementineはこのところ2回続けて行っているし、あのスープは日替わりでまたあるとは限らないので、今週はSantamonica Seafoodに行くことになりました。

夫は「赤いクラムチャウダー」
b0066900_4452332.jpg

と「Fish&Chips」
b0066900_4423836.jpg


ここの赤いクラムチャウダーもちょっぴりスパイシーで美味しかったそう。
これは”カップ”サイズですが、”ボウル”サイズを頼むと顔が洗えそうな大きなスープ皿で出てきます。

私は「チョッピーノ」(このお皿も顔が洗えそうだ)
b0066900_442408.jpg


チョッピーノは魚介類の出汁がとってもよく効いている濃厚なスープです。
カリフォルニアのばあさんブログ何度か目にしたことがあるのですが、自分で食べるのは初めて。
貝や海老、イカ、魚がゴロゴロと入っています。
サイズは大と小がありますが、小でこのボリュームです。
さすがの私もタベキレネーゼ。
なので、ふっくら新鮮な貝は食べてしまって、残りは持ち帰りました。

b0066900_4424340.jpg


翌日に、タマネギ、マッシュルーム、サーモンの身を加えて、2人分のパスタソースになりましたよ。
結論までが長かったけれど、これが2度美味しいの理由です。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-29 12:00 | 食べること

夏のふじ子さん

b0066900_657020.jpg


猫もとろけるほどに、まだまだ日中は暑いのです。
b0066900_656454.jpg

b0066900_6561416.jpg

人間がTVを見ているとき、最近のふじ子席はここ。
おもちゃのネズミちゃんやボールをコロコロ転がして遊んでハイになった時に登っています。


それ以外のこの夏のお気に入りは、こんな場所。
b0066900_6561692.jpg

b0066900_6562444.jpg


ふだん使わないダイニングの椅子を重ねたところが、いたく気に入ったようです。

窓際ではあるんですが、ふだん開けていないので風通しがよい場所というわけではありません。
ただ単にこの椅子の裏が気に入っているのです。

都合よく考えれば、私のPCデスクの隣なので、くっついていたいのかな?(嬉)とも思えるけれど。
私がベッドへ移って寝てしまっても、ひとりで朝まで椅子裏で寝ています。

段ボール箱や紙袋は怖がって近づかない猫だけど、椅子裏の木枠に窮屈そうに治まっている姿を見ると、猫なんだなぁと思えてきます。
b0066900_6563073.jpg

この場所を人間は「アジト」と命名。
「ふじ子どこ行った?」
「アジトじゃない?」
ってな具合に使います。

おかげで猫ベッドは、すっかりお茶挽いてます。
b0066900_6564844.jpg



ちょっと涼しい夜は、もそもそと猫ベッドに移動している様子。
冬になったらアジト人気も凋落するでしょう。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-27 13:14 | 猫のこと

カフェテリアのゴミの分別

LAでは、特にアパート住まいということで、ゴミの分別はほとんどしていません。
リサイクルマークのついた、ペットボトルやビール瓶などは地下のリサイクル用コンテナに持っていきます。
でも、それも種類によって分ける必要はなく、ごちゃまぜ。
その他のゴミは、ダストシュートへまとめてドボン。

リサイクルセンターに持っていくと、ペットボトルなどは返金があるので本当はやったほうが良いんでしょうけれど、水やソーダなどを日常的には買っていないので、そんなに溜まらないのです。

b0066900_45447100.jpg

職場であるUCLAでは、キャンパス内(屋外)にこういう大ざっぱな分別ごみ箱が登場したのが数年前。
食べ物を含むゴミとそれ以外に分けます。

建物の中には紙のリサイクルをして、シュレッダーにかけるものを入れるごみ箱がありますが、これは情報守秘目的の意味合いが強そうです。


カフェテリアでは、この夏にゴミの分別が始まったところです。
分けるのは、
1)リサイクル
2)コンポスト
3)ランドフィル
の3種類。
b0066900_4404457.jpg

カフェテリアの使い捨て食器は、紙のお盆、紙皿、紙コップ、生物分解素材のスプーンやフォークなので、食べ残しを含めてすべてコンポストに行きます。

リサイクルに行くのが、ペットボトル、ヨーグルトの容器など。
ただし中も洗わず、種類も分けずです。どこかでまとめて処理するのでしょうか。

ランドフィル=埋め立てだと思うのですが、これはアルミコーティングされているポテトチップスの袋などが対象になります。

スープについてくる、クラッカーの袋(うすいビニール)はどこに入れるのかな?と迷っていたら、ゴミ集めの人に「コンポスト!」と教えられました。
そんなに何でも分解できるのか~?
と思いますが、どうなんでしょう。

小学校の社会科見学ではゴミ焼却場に行きました。アメリカの学校だったら広大な埋め立て地に連れて行ったりするのかな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-25 11:44 | LA生活

体の冷え

スペースシャトルを見逃してから、あちこちで(主にFacebookなど)「見たぞ!」という写真を見かけては、

「あ~あ、見たかったなぁ」とぐずぐずしていました。
(FBって当然ですが見た人しかアップしないから、みんなが見た様な気になりますよね)

なんだかものすごく悲しくなってしまって、感情のコントロールが出来ないくらい。

おかしいなぁ、これが更年期ってやつ?と思っていたんですが、

ただの体調不良でしたよ。

まず金曜の夕方に、お腹の動きがすぱっと止まってしまいまして、ガスが徐々に溜まってきて苦しい苦しい、

ガスぴたんで少し症状は治まったものの、

土曜日はヨガの後お昼を食べにいくも食欲なし。
たまたま、美味しくないお店に入ってしまったのでそのせいかなと思ったものの、食欲不振だったようです。
そして、そのお店の料理にたっぷり入っていたMSG(グルタミン酸ナトリウム=味○素)によって引き起こされた頭痛を撃退しようとコーヒーを飲んだのと、そのあと美容院で(意図的に)ぬるま湯でシャンプーされて頭皮が冷えたのが追い打ちになってしまったようで、、、、

ハラワタ溶けちゃったんじゃ?と思うほどの痛みと、、、、以下自粛。
b0066900_4561283.jpg

日曜になっても調子が悪く、オートミールなど食べて養生してみたものの、立ち上がると重力で腸がぶら下がるのが痛いような感じ。

そのまま寝込んで月曜は休んでしまいました。
お粥や梅入り番茶を作ってもらったのをすすりながら、寝たり起きたりしているうちにようやく痛みが治まってきたという感じです。

ふぅ~

この症状、過去に何回かやっているのです。いつも夏。
果物や冷たいものを食べたり、クーラーを使ったりして冷えてしまうのですね。
それを腹巻きや5本指靴下で予防して、カフェインもとらないようにしていたのに、最近はどれも重なってサボり気味でした。

暑い暑いとスイカを食べまくり、クーラーの中でアイスクリームを食べ、家でも手足が熱くて薄着になって、、、、
体の中に溜まった”冷え”に、最後の一押しで何か「悪いもの」を食べてしまっての食あたりだろうなという自己診断です。

お腹が痛くて寝込んでいる間も、足の裏だけは異常に熱くて、ベタついて気持ちが悪かったんですが、調べてみたらこれも冷えの症状だそうで。

それならばと、毛糸パンツの上に腹巻き&ホカロン、靴下履いてすごしていたら、さすがにお腹がほかほかで痛いのも治まってきて、気づいたら足の熱いのは消えました。不思議~。

お腹の方は落ち着いてきたんですが、目が結膜炎になってたり、皮膚が蕁麻疹の前兆のように変な痒みが出ているので、免疫機能低下気味? まだしばらく、お粥生活を続けた方が良いみたい。

のど元過ぎればで、もうフライドポテトとか豚骨ラーメンが食べたい気もするんですけど、まだちょっと我慢だなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-23 18:19 | myself

Space Shuttle引退飛行

朝のニュースで、飛行機の背中に乗せられて空軍基地を飛び立つ映像を見ていました。

何度も宇宙へ行って帰ってきたスペースシャトルは、塗装もあちこちハゲハゲで、傷だらけ。

その機体が最後に飛ぶ姿をなるべく多くの人に見てもらおうと、カリフォルニアのあちこちを4時間以上かけてゆっくりと低空で飛び、LAXまでやってくるという、企画だったそうです。

粋だね〜。

LAに来るのは11:30くらいと知っていたのですが、あいにく今日の午前中は朝から窓のない地下室で仕事。
決まった時間に終わらせないといけない作業だったので見られないなと思い込んでいました。

地下へ移動する前に、オフィスの窓から外を覗くと、ちょうど飛行機の音が聞こえて、それも普段では見かけないくらいに低いところを飛んでいます。

「あれ、スペースシャトル!?」と、同僚を呼んで一緒に見たけれど、背中に何も乗せていない普通の飛行機でした。

そのあと、作業をして一区切り付いたのが12:00ちょっと過ぎ。
もう着陸したかな?とニュースをチェックしたら、「LAXの着陸予想時間は12:30頃」と載っていました。

もしかしてまだ見られるかも!とあわてて、ビルの屋上へ移動しようとエレベーターに乗りました。
ちょうど別の階からもカメラや飛行経路をプリンとしたものを持った人たちが乗り込んできて、「そろそろよね〜」なんて言っていたので、ワクワクしながら屋上へでました。

空にはうすいレースのような雲がかかっていて、あちこちに飛行機雲が何本も走っています。
b0066900_14513067.jpg


FaceBookをチェックすると友達が同じキャンパスのどこかで「スペースシャトルを待っています」というステータスをアップしていました。

”どこで見ているの?”とテキストを送ると、「もう12時過ぎに通過しちゃいました」という返事が。

でも、他の人達もまだ待っているし、ニュースのサイトでも着陸したという記事は載っていないし、、、。とおもいながら、12:30までは待ってみようと、こんどはtwitterをチェック。

HolywoodHillsの上空を通過したところというtweetがあったので、またWLAの上空にも来るのかなと期待していましたが、結局空には何も見えないまま、、、
b0066900_14513193.jpg


やがて、LAXに着陸した!、スゴイもの見ちゃった!などというtweetが出始めたので、ようやく諦めがついて、お昼を食べに行きました。

最初の予定から無理だろうなぁと思っていたんだけれど、なまじ屋上にでて期待した時間があった分なんだかがっかりです。
こんな事なら、予定を調べて仕事の時間を調整しておけばよかったなぁなんて思ったけれど、後の祭り(笑)

10分くらいずっと空を見上げていたら、顔や唇が日焼けしてしまったようで、ヒリヒリします。
こういう、一生に一度しかないようなイベントを積極的に見ようとするかどうかで、人生ってちょっとずつ楽しくなっていくんだろうな。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-21 12:23 | myself

【注意喚起・ロサンゼルス総領事館】

***以下が領事館から在留届を出している日本人宛に届いたメールです。

9/19追記;ニュースによると、公安の一斉メールを受けてデモは行われなくなったとか。
押さえ込み出来ることをアピールしてるんでしょうけれど、そこまで誘導可能な10億人超って、気持ちが悪いな。


**********************
最近の日中関係の動きに係る注意喚起
 (当館入居ビル前におけるデモの予定)

                          2012年9月17日

   在留邦人の皆様へ

More
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-18 08:55 | LA生活

UMAI2012

LAで人気の日系レストランが集まるUmai2012のイベントに行ってきました。

参加するお店は、行ったことがあって美味しかったり、まだ行ったことはないけれど気になる〜なお店だったり。
こういうフードイベントはあちこちでやっていますが、行くのは初めてなので、どんな感じなのか楽しみでした。

到着はイベント開始の11時を10分ほど過ぎていたんですが、その時点でもう70人もお客さんが入っていました。

まずはお寿司を出しているShojinと利寿司のブースへ向かいました。

b0066900_15314263.jpg


バフェのようにある程度作り置きしたものを配るのかと思ったら、その場で握って1人前ずつ出してくれていました。
これは準備も大変そうです。

ホールの中央にテーブルと椅子が置いてあって、それはすでに一杯でしたが、先に来ていたお友達の近くに割り込ませてもらって座ることが出来ました。
Shojinのスパイシーツナロールは、マグロは使わず豆腐だそうです。
小ぶりのロールだったので、違和感のないまま食べ終わってしまいました。
b0066900_15315463.jpg

利寿司のお寿司も同様に慌ただしくパクパクっと食べてしまって、あまり印象が残っていません。
でも、生臭かったり、ごはんが固かったりというマイナスの印象もないので美味しかったんだと思います。

お次は、神楽のトンカツ。
これも熱々の揚げたてサクサクです。
b0066900_15321434.jpg


そうこうしているうちに、主催者の方の挨拶や、鏡割りが始まりました。
b0066900_15321768.jpg

樽のお酒は「獺祭」!
くるねこさんのブログで見かけて印象に残っていたお酒なので、「これは是非試飲しなくては」と、もらいに行きました。
大吟醸50というのが、さらっとしていて美味しかったです。クイクイ飲めてしまう感じ。

チケットには書いてありませんでしたが、サッポロビールや、群馬の地ビール、Born"梵"というお酒、他にはウーロン茶やお水も配っていて、飲み物にも困りません。

この頃には、お寿司のブースは長蛇の列が出来ていて、「早めに来てよかった〜」と思いました。
b0066900_15515838.jpg

これは、明治豆腐。
ブースに行くとジャムのような甘口のソースがいくつか、塩ネギダレ、鰹醤油、梅味噌が置いてあって、好きな味付けを楽しめます。私はしょっぱい系にしました。
他がお料理ばかりだったので、甘口ソースでデザート風に頂いても良かったかも知れません。

とっても暑い日でしたが、焼き物のお店は建物の外にブースを出しています。
たこ焼きたのたの3種類のソースがけ(1個は食べちゃったあとです 笑)
b0066900_1532274.jpg


鳥平のつくね&焼きおにぎり(焼きコーンもありました)
b0066900_15322816.jpg


たのたのたこ焼きは、大きくて中がトロトロ。食感は家では作れない感じですが、味付けは自宅でしっかり出汁を効かせたたこ焼きも負けてないなと思いました(エラそーー )

鳥平のつくねは大きくてもちゃんと火が通っていて、軟骨がコリコリとしていて美味しかったです。

まだ、ラーメン系が残っているのですが、お腹が一杯になってしまったので、休憩のために再び外へ出てみました。
ヨーヨー釣りやスーパーボールすくい。
他所のお子様を押しのけてやらせてもらっちゃいました。
b0066900_15323051.jpg

b0066900_1543828.jpg


縁日みたいで楽しくなってきた!(←獺祭が効いている)


ホールに戻ってみると、JINYAのラーメンは大混雑しているのに対し、IKEMENのブースはガラガラということが分かり、行ってみました。
|   |
|   |(写真なしです <(_ _)>)
|   |
IKEMENのつけ麺は、ちょっとお酢の利いたスープに、削り立ての鰹節を利かせて食べる物でした。
味はたぶん美味しいんでしょうけど、つけ麺なのでやっぱり好きじゃなかった。
これはIKEMENさんのせいではなく、私の好み。
む〜ん、いっそスープも麺も冷たくしたらどうなんでしょうね(つけ麺好きの方ごめんなさい)。
お店では温かいラーメンも出しているそうですよ。

これがチケット。
料理をもらったブースでパンチを開けてもらいます。
b0066900_15323541.jpg


JINYAのラーメンは食べたことがあるので、今回はパス。
ラーメンより炉端JINYAのお料理を出して欲しいかも〜とおもったけれど、
もうお腹いっぱいで、何にも食べられません。
これで$25はなかなかコストパフォーマンスがよかったですよ。

13時過ぎに入場時に配られた番号札(先着300名。これが私たちのは70番だった)でくじ引きがありました。ってことは、全体ではもっとたくさんの人が来ていたんですね。

賞品はたくさんあったけど、残念ながら私たちは当たらなかったので、ここで撤収。
イベント自体は4時までと言うことで、まだまだたくさんの人が残っていましたよ。
初回と言うことで、お店の人たちは大変そうでしたが、盛況になってよかったんじゃないでしょうか。

ステージには司会の方がいて、それぞれのブースの代表の方を一人ずつ上げてお店や商品の紹介をしてました。せっかくのお話でしたけど各店1回切りでしたし、お料理を取りに行ったり食べながらではなかなか聞きづらかったので、PVのようにしてずっと流しておいてもよかったのではないかしら。
b0066900_15431036.jpg

そうそう、鏡割りとくじ引きの間にワンピースの人も登場してました。暑いのにご苦労様です。
b0066900_15323390.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2012-09-16 11:08 | 楽しいお出かけ

縮毛矯正の日

前回が4月だったので5ヶ月ぶりの縮毛矯正です。


このところ耳の下くらいの長さのおかっぱショートにしているので、ストレートがとれかけの髪はブローで伸ばすのが面倒でしょうがありませんでしたの。

癖毛な友達とは、「縮毛矯正に行くのはある種の修行のような覚悟が要るよね」なんて話すのです。
時間が掛かりますから。

行きつけの美容院では、毛先までピンピンストレートにならないような薬剤の種類?が従来とちょっと違うもの(追加で毛先にカールのパーマもかけられるらしい)を使いはじめたそうで、作業時間も少し短くなりました。
前のが3時間は覚悟とすると、こちらは2時間半弱という感じです。

時間が短めだった理由はもう一つあって、
この日は最初のシャンプーから最後のブローまで、アシスタントの人に交替することなく同じ美容師さんがやってくれました。

これって、最近では久しぶりかも?

分業になると、美容師さんは同時に何人ものお客さんをこなせるでしょうけれど、こちらとしては作業ごとにちょっとずつ待ち時間が入ったりして、トータルでは時間が掛かっていたんだなぁというのに、気づいてしまったのでした。

前に担当してくれていた美容師さんは、縮毛矯正の時に全体が真っ直ぐになりすぎないようにと、メッシュを入れるときのように髪を少しずつ取り分けてパーマ液を塗るという気の遠くなるような作業をしてくれたこともありました。
パーマ液の改良によって、そんな職人技を使わなくても真っ直ぐすぎないストレートが可能になったというのは癖毛持ちとしてはありがたいですなぁ。

それにしても、真っ直ぐにはしたいけど、真っ直ぐすぎるのは嫌というのはつくづくワガママな話しです。
チリチリのウネウネの膨張アタマが、サラサラペッタンコになるだけでもどれだけ嬉しかったことか(笑)

逆にきれいな直毛の人は、「ふんわりパーマ」っぽい髪型に憧れたりするみたいですね。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-15 13:51 | myself

パンヤの木

Kapok、Silk Cotton Treeと名札に書いてある木です。

Kapokすなわちパンヤで、アボカドのような実がはじけると、中からあのパンヤ綿の繊維が出てきます。
b0066900_743180.jpg


それが今は花を咲かせているのです。

結構大きな木で、キレイなピンクの花をたくさん付けているので、遠くから見ても目立ちます。
b0066900_743342.jpg




その花びらを集めて作った、青ちゃんアート。
毎年、楽しんで作っている様子です。
b0066900_743536.jpg


ある時は、こんな複雑な模様も。
b0066900_743750.jpg


翌日には無くなってしまうんですけどね。


私は他にパンヤの木を見たことがなかったので、これがパンヤの木と思っていたのですが、このサイトを見たらピンクの花を付けるのはトックリキワタの木のようです。
幹もトゲトゲしているので間違いないでしょう。
[PR]
by daysofWLA | 2012-09-12 18:50 | LA生活