<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヒビゼロ

マカロンの練習は今日もやりました。4回目です。

マカロンには卵白だけを使うので、普通の卵を使うと黄身ばっかり残ってしまいます。
残った黄身はバタークリームに入れたり、クリームブリュレを作ったりすればいいのだそうですが、失敗マカロンだけでも持てあますところにさらにクリームブリュレなど、、、。
ま、分離させるのも面倒だと言うこともあって、こういう紙パックに入った卵白を買ってきて使っていたのです。量も調節しやすいですしね。

上手く泡立たなかったのは卵白液が古くなってしまったからだと思っていたので、新しく卵を買いに行ったところ、棚にあった卵白液の容器に「使う前に振って下さい」と書いてあるのを見つけました。
一応、卵は買って帰ったのですが、それを試す前に残っている卵白液を振ってから容器に出してみました。
そうしたら、グラニュー糖を加えるタイミングは3回目と同じでしたが、バッチリ固いメレンゲが出来ました。

つまり、3回目の時に、メレンゲの角がしっかり立たなかった理由は、
”パックを振らなかったから”でした。

3回目のマカロンが激しくひび割れた理由は、オーブントレーでした。
b0066900_1441518.jpg

この写真にあるようなすき間のあるブロイル用(なのだそうです、、、)トレーを、クッキングペーパーの下に置いてしまったのです。
その結果、熱の当たり方にムラが出来て、1回目よりもぼこぼこに膨らんで割れたのだと思います。

ひびは1回目でも出ていたので、「マカロン 失敗」を検索して出てくるたくさんの画像を見て、自分の1回目と3回目に近いものの説明を読んだところ、原因は”乾燥不足”とありました。
2回目に似ている写真は、やはりマカロナージュ不足とありました。

以上のことから、4回目は、
「しっかりメレンゲと適度なマカロナージュ、充分すぎるほどの乾燥」を意識して作ってみましたよ。

マカロナージュの状態は、こちらの動画を参考にしました。
これまでに見ていた他のレシピの生地がリボン状に落ちる写真に比べると、混ぜ方が少ないような印象です。でも、自分でやってみた1&3回目より少なめ、2回目より多めだとこんな感じだろうなと思いました。
この状態で絞ると、けっこう気泡が浮いてきたため、それは爪楊枝でつんつんと潰しました。

3cmの型紙も作り直して円の数を増やしましたよ。
b0066900_14481297.jpg

(この円に重なるように絞ってもなかなかきれいな○にはならないのです)

乾燥は、これまで1時間放置だったのを、2時間放置にしてみました。
1時間で触っても指には着かなかったのですが、薄い膜の下で生地がタプタプとしていたのが、2時間後にはずいぶん固まっていました。

ガスオーブンを350Fにセットして点火、20分待って庫内でカンカンという金属音がしてきたところで、トレーごと生地を入れます。
位置は上から2段目。
3分経ったら、
275Fに下げて8分焼きました。

嬉しいことに、最初の3分でのぞいた時点で、もう上手く焼けているのが分かりました。
全ての生地が、高さを平行に保ったままピエを出していましたから。

焼き上がりがこちら。
b0066900_14572693.jpg


上手く行くときは、全部がきれいに焼けるんですね!
b0066900_14572794.jpg


卵黄を使っていないバタークリームをはさんでみました。(卵黄があまってないので 笑)
b0066900_14572881.jpg


このまま冷蔵庫で保存してクリームと馴染ませます。

3回目のワレワレ軍と並べると、4回目のチームヒビゼロは美形揃いに見えますねぇ。
b0066900_14572938.jpg

[PR]
by daysofWLA | 2013-01-30 17:19 | 趣味のこと

はじめてのジェルネイル(^^)

2週間前に近所のネイルサロンに行きました。

伸ばし放題にしていたペディキュアを「汚い!」と言う人がいるもので。
でも、普通のマニキュアだとすぐにソックスや靴を履けないので、サンダルに履き替えると帰りがさむいでしょう。
それが嫌で、億劫だったのですよ。

で、乾いたらすぐに靴下を履けるジェルネイルを試してみようかなと思いました。
ついでに(笑)手の爪も。
b0066900_16255722.jpg

いつもマニキュアをきれいにしているお友達から、
「リバースフレンチにすると、伸びても気にならないyo!」
と教えてもらっていたので、写真を見せて「こういうのにしたいんですっ」と言ったんですが、
「これは難しくて今日は出来る人がいないわ〜〜」と言われてしまいました。
まぁ、初めてだし、伸びたときにどんな感じか様子を見たいだけだから単色でも良いかとお願いしました。


2週間後はこれ。
b0066900_16255854.jpg

爪が伸びた分、甘皮に近い部分はちょびっとヒロヒロしてますが、それ以外は剥がれず、欠けもせず。

その間、やかんを磨いたり、キンピラ用にゴボウや人参を刻んだり、鉢植えの土の入れ替えをしたり、ガスレンジを掃除したりしたにもかかわらず、ですよ。
b0066900_16255927.jpg


丈夫なのですねぇ。
感心しちゃいました。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-29 12:08 | 佳いもの

OXOのsifter

苦手なものに手を出してみようかな、と思うことがたまにあるのです。

過去には、猫を飼ってみたり。
犬は飼っていたけど、猫ってどこが可愛いのかわからず。友達の猫を預かってもイマイチなついてくれなかったので、自分で飼うことにしたのです。
ご存じの通り、まんまと猫好きになってしまいました。

今回は、お菓子作り。
それも難易度が高いと言われているマカロンに手を出しています(笑)。

腰を上げたきっかけはこちらのブログかな?
で、教室にでも行ってみようかと探して見つけたのがこちら。(もうキャンセル待ちになってますね)
でも、$69もするし、行く前に自力でやってみて出来るようになったらそれで良いんでは?と思って材料や器具を揃えてみました。
b0066900_13592183.jpg

もう$50以上はかかっていますよ(爆)。
レシピは一度に作る量が少ないこちら
sifterというのは粉ふるいのことです。
アーモンド粉と粉砂糖をふるいに掛けるのですが、うちにあるザルはかなり細かいためすごく時間がかかってしまい、20%OFFクーポンを手に買いに行きました。
実家にもあったニギニギすると粉がふるえるタイプの横に並んでいたのがOXOの商品
粉を入れて左右に振ると、粉が下に落ちるという仕組みなのです。
b0066900_13592385.jpg

3回目のマカロン作りに使ってみたのですが、
詰まりますーーーーー。
左右に振って出たのは最初の大さじ3杯分くらい。
残りは、メッシュの上で固まってしまって、動きません。
仕方がないので、上蓋を付けて上下に振ると出ました。
でも、今まで使っていたザルと同じくらい時間がかかるし、ボウルから飛び散ります。
普通の粉だったらサラサラと通るのでしょうか。

マカロン作りは噂通りなかなか難しく、
1回目がビギナーズラックで一番上手くいったような感じ。
(ひび割れなかったのだけを写してるんですよ)
b0066900_13592543.jpg


2回目はマカロナージュ不足で失敗。イチゴでピンクにしてみたのだけど、絞った時点でダメそうだとわかりました。ツヤも無し、ピエも無し。
b0066900_13592618.jpg


3回目はマカロナージュは大丈夫と思ったのに、ひび割れが1回目より激しくなりました。
b0066900_13592723.jpg

卵白が古くなってしまったようで、しっかり泡立たなかったのが原因でしょうか。
オーブンの段を変えたら焦げはしませんでした。
乾燥は1回目と同じくらい。なぜ割れるんでしょう?
b0066900_1457316.jpg


きれいに丸くならないのも可愛くないし、
お店では色と味がとりどりのマカロンが並んでいるけれど、自分で作ると1色がたくさんできてしまうのも面白くありません。
上手くできるようになるまでに、マカロンに飽きてしまったりしてネ。

料理は色々作っていても、飽きると言うことはないのになぁ。
味も適当に調節できるし、同じものを続けて作ることはあんまり無いから。
お菓子は適当にやると失敗するし、失敗したときにリカバリーする経験&知恵もないから、びくびくしているのです。まだ3回ですが、毎回腰が重い。

じゃあ、なんで手を出してるんでしょうね?(笑)

暇だからです!
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-28 13:03 | 困ったこと

クジラの見える公園

夫の上司宅でポトラック形式のフェアウェルパーティが催されてそれに出掛けました。

車で1時間以上もかかる場所なのに、業務のようなお出掛けだけではツマラヌ〜と、その近くにあるWhale Watchingスポットに立ち寄ることにしました。

去年の私の誕生日には、ドルフィンウォッチングボートツアーに参加したものの、どういう訳かイルカには全く出会えませんでした。
b0066900_15264942.jpg

かなりお天気のよい日で、ポカポカと暖かい陽気の中クルーズを楽しめたのは良かったのですが、マリーナに戻る途中、ブイの上に折り重なってひなたぼっこを満喫しているアシカorオットセイの軍団にスルスルと近寄っていくボート。
b0066900_15264744.jpg


いかにも「お茶を濁しているね〜」と私たちも含めたお客さん達にはバレバレながら、下船時に
「イルカが居なくて済まなかったっス、next time!」と笑顔で手を振るキャプテン。
同乗した全員が「同じ船で次回はないよ〜」と思ったに違いありません。

ま、そんなわけで、そのうちにイルカかクジラを見に行くツアーにまた参加しようねと話していた所で出掛けたのが、このスポットだったというわけです。
b0066900_15265061.jpg

b0066900_15265246.jpg


当日は雨予報だったお天気も持ち直して、曇り時々晴れ間という感じ。
駐車場はほぼ満車で結構たくさんの人が集まっていました。

双眼鏡やカメラの望遠レンズを構えている人達に倣ってその方向を眺めてみるものの、はっきりクジラやイルカという姿はなかなか見あたりません。
肉眼では、沖合に白く波が立つのが、「あれ?潮噴いてた!?」「今飛んでいたのはイルカちゃん??」と見えたような気がすることもあったのですが、、、。

観察記録を示すボードにも、目撃された尾ひれの数などが書かれていて、”見える”スポットであることは間違いないのですが、実際に太平洋を前にすると、
「この広さで、パッと来て、同じくちょうど現れたクジラに遭遇出来るのはよっぽどの事ダヨね、、」と、妙に納得できてしまったのでした。

晴れているとは言え吹きさらしの崖の上、服装もホームパーティ用(防寒度の低い、要は普段着^^)だったので、双眼鏡をのぞきながら滞在するのは小一時間が限界。

今回もクジラ&イルカは見えなかったね〜。残念。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-27 13:43 | 楽しいお出かけ

プロのお仕事

来月の頭に、市によるアパートの立ち入り検査があるそうで、それに向けてマネージャーと管理会社による事前点検が行われました。

検査は3年ごとに行われるそうですが、今回はマネージャー(アパートに住んでいる管理人)の上司に相当する管理会社の人が真面目にやろうとしているらしく、60戸それぞれを回って、けっこう細かく要修理リストを作っていきました。

今週は、そのリストに沿って修繕が行われています。

うちは特に直すところはないと思っていたのですが、突然、
「キッチンのKaulkingを直しに来ました〜!」と業者の人が2人でやってきました。

作業をみていると、前回自分でバスタブのkaulkingをやったのと同じ手順で、
ニュルニュルとシリコンを塗りつけ、指でぴょーーーと伸ばしていました。

でも、さすがプロ。やっぱり上手です。
薄く均一に、はみ出したりしないで仕上がっています。

ちょうど、バスルームのKaulkingがまた汚くなってしまった部分(割れたり剥がれたりした箇所からカビてきた)があったので、
「こっちもやり直してもらえますか?」
と頼んでみたら、OK~!とのこと。
b0066900_131927.jpg

b0066900_1311169.jpg

b0066900_1311228.jpg


今回は、古いkaulkingをちゃんと剥がしてから、塗り直してくれました。
(剥がさずに上塗りだけしたのは、やっぱりマネージャーの所行っぽい)

実はそろそろやり直さなくてはと、チューブを買ってきてあったところだったのですが、、、、。
開封しないでそのまま返品します(笑)

今日(25日)は、カーペットの一部を直しに別の業者さんが来たのですが、
「1時間後に材料を持って戻ってきます」と言ったきり、戻ってきませんでした。
待機している必要は無いのですが、来るのか来ないのかはっきりして欲しいなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-23 14:12 | LA生活

Gold Card

ちょっと前ですが、スターバックスからゴールドカードが届きました。
b0066900_11502245.jpg


11月の終わりに文句を言った件の、アレです。
4-6週間でカードが届くと言っていたので、6週間以内には届いたってわけですね。

GoldLevelになってからというもの、実はスタバに行く機会はめっきり減っているのです。
というのも、
・同じソイラテを頼むならPeet'sの方がお店が違っても、スタッフが違っても安定して美味しい
・スタバで12杯に1度もらえるフリードリンクよりも、Peet'sで$25チャージ毎に1杯もらえるフリードリンクの方がお得
・スタバやPeet's以外にも、本格ドリップコーヒーを上手に淹れるお店(ラテ系も美味しい)を教えてもらった
等々だからです。

ところが、
クリスマスの少し前に手持ちのプリペイドカードの残高が0になって、もうチャージしなくて良いやと思っていたところへ、お友達からプチギフトでスタバカードを頂いてしまいました。

それに加えて、ここへ来て届いたGoldCard。

うかうかしていると、スタバの客引き作戦にまんまと引っかかってしまいそうです。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-16 11:24 | LA生活

寒いです

大雪が降った日本ほどではないですが、このところのLAも夕方にちょっと外を歩こうものなら、凍えそうに寒いです。
ちゃんと長いコートやダウンを着ている人がほとんど。
たまに筋肉on半袖君もいますが、手をなるべく深くまでジーンズのポケットに入れたりしているので、やっぱり寒いんだろうな。

猫も寒そうです。
b0066900_13255531.jpg


ヒーターをつけると乾燥しすぎて肌が酷いことになってしまうので(また蕁麻疹が出たら困るし)、加湿器をつけて、オーブンを使ったり、あたたまるものを食べたりしています。

b0066900_13255759.jpg

粕汁もそのひとつ。
写真のは昨日、作ったのですが、気に入られたみたいだったので、今日もリピートしてやるぅ(笑)。
中身は違いますけど。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-15 20:15 | LA生活

ついにここまで(^^)

年末の休み中は、ごはんやお蕎麦、お餅などを食べる機会が多かったのですが、年が明けてから朝ごはんがパン食に戻りました。

今週食べているパンは、夫の隙を突いて50%全粒粉で私が焼いてみたもの。

結構上手に膨らんだので、調子に乗ってもう一度焼きました。
b0066900_176342.jpg


ほれ、この通り(^^)。


こんなにちゃんと膨らむ日が来るなんてねぇ。
HBを使い始めの日々から比べると、夢のようです。
綺麗に焼けたので、お友達への手土産にしてしまいました。

きっと、HB(SD-YD 250)も気合いを入れて働く気になったに違いありません。

というのも、お友達の家で日本製の新型HBで焼いたパンを味見させてもらったところ、とっても美味しく「(うちのパンがイマイチなのは)HBのせいでもあるのか?」と疑っていたのです。
夫が日本に帰っているときには、ネットで調べた最新機種の比較検討をメールで送り、「これなら、お餅もつける」とか「これはデニッシュが焼ける」とか「パンのメニューがたくさんあるよ〜」などと唆してみたのですが、”クリスマスプレゼントはHBだよ!”と言う陽気なサンタさんは去年は来ませんでした。

それで、こちらももう邪念を捨てて、気合いを込めてHBに材料を投入してみたというわけです。
魚心あれば水心、ですな。

な〜んて事もあるかも知れませんが、使用するプログラムを変えたのが一番の理由かなとも思います。

材料を入れたらBASIC Raisin BAKEモードスイッチをオン。
「ブドウを入れてくださーい!」のブザーが鳴ったら、スイッチをオフにし、
RapidBAKEにして再スタート。
要は捏ね時間を長くしているのです。
以前にRapidの捏ねが終わったところで再スタートしたこともあったのですが、今ほど上手くは行きませんでした。
最初のBasicのRestが長いので、その間に材料が温まっているのも影響しているんでしょうか。

レシピはこんな感じです。
Bread flour 200g
Wholewheat flour 150g
Gluten Powder 50g
Water 280g (重さで量る)
Sugar 2Tbs
Salt 1.5Tsp
Skim Milk 2Tbs
Butter 2Tbs (包み紙の線で)
Yeast 2Tsp

プチプチ追加
Bulgur 3Tbs(別分量の水でふやかしておき、2回目の捏ねの前に追加する)

Yeastは良いとオススメされた赤SAFではなぜか未だ上手く膨らまず、最初に買った瓶入りFlieschmann'sを使っています。
この謎も解明したいところです。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-10 13:25 | 趣味のこと

あるもので、適当に

最近はお昼を家で食べているのです。

レシピの写真が美味しそうで目に付いたのがこれ。「たっぷり白菜のスパゲティ柚子の香りで

冷蔵庫には、白菜〜?アルアル〜、柚子はないけど(レモンの塩漬けアルアル〜)、生ハムもないけど(パンチェッタが冷凍してアルアル〜)。

こんな感じで、レシピは簡単に”参考文献”に早変わり。

仕上げに、粉末の柚子胡椒をたっぷりと振りかけたから、柚子の香りもしましたよ。

あ〜、適当ついでにできあがりの写真すら撮らずに食べてしまいました。
一口目にレモンの塩漬け(千切り)を口にした夫、
「何これっ、辛っ(しょっぱいの意)、スッパっ、味濃いんじゃない、、」
と、いつもの理系らしい分析感想。

「そうぉ〜?」と返事しつつ、
(パスタには味はつけていないんだから、ちょうど良いはず、具だけ拾わずに混ぜて食べれ〜〜〜)
と念じていたら、

「あ、混ぜて一緒に食べるとちょうど良い、これ美味しい、美味しいっ」

(よしよし)。

気に入ってもらえたので、レシピの改変も成功だったと言うことですね。


写真がないのも味気ないので、夜ごはんの分でも載せておきましょうか。
b0066900_19134440.jpg


本文と関係なくて、すみません(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-08 12:54 | 趣味のこと

中華鍋を探して

久しぶりにダウンタウンのチャイナタウンで飲茶を食べました。
お店は、Ocean Seafood Restaurant。
b0066900_185113.jpg
こういうワゴンで回ってくるお料理の他に、

ウェイトレスさんがお皿を持ってウロウロしている
b0066900_185093.jpg
こういうものは、飲茶らしくないお値段なのですが、つい取ってしまう。笑



飲茶はチャイナタウンに行く口実だったのです。
本当の目的は、中華鍋を買うこと。
2週間くらい前に、もうずいぶん使っていたテフロンコーティングの中華鍋を捨てたので、替わりのものを買おうと思いまして。
あちこち見ているのですが、wokとして売っていても底が平らなものがほとんどなのです。
チャイナタウンにある雑貨屋さんならホンモノの丸底の中華鍋が売っているかな〜と思ったのです。

今までの中華鍋は取っ手(片手)付きの30cm(12inch)でした。
蓋は別売りのガラスのを持っていてこれも径が30cmです。
今日お店で見たのは14inch=35cm.
ちょっと大きすぎる感じがしたのです。

どうせ買うなら、打ち出しの中華鍋が良いかなとも思いますし。
お店のはhand hammeredとは書いていなかったので、買わずに帰ってきました。

家に帰ってオンラインで見てみると(このお店が見やすいです。)、
片手(Pow Wok、北京鍋)
b0066900_17343344.jpg

と両手(Wok,広東鍋)
b0066900_1734407.jpg

の2タイプがあります。

そしてセットで売られているちょっと背が高い蓋は、お鍋の径より1サイズ小さいのでした。
その方がぴったりと閉まりますからね。
うちにある30cmの蓋に合わせると考えると、、14inchでよかったのかな?
でも、あの大きさ(重さ)は振り回せそうにありませんでした。

どうしましょうかねぇ。
筋トレが先かしら。
[PR]
by daysofWLA | 2013-01-06 11:05 | 趣味のこと