<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

”れん”?

見てくださっている方はご存じのとおり、このブログのタイトルは
「晴れたり読んだり」というのですが、
夫のパソコンではその後ろに”れん?”(糸偏に連なるの字)と見えるんだそうです。
Macだと何も表示されていないんだけど。。。

他にも見える方いらっしゃいますか???
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-30 22:13

映画館でClosedCaption

トム・クルーズ主演のOblivionを見てきましたよ。

朝一の回でマチネー価格だったのと、3Dじゃない上映だったからひとり$8。
この値段ならまぁ、、、でも2時間半も費やすほどではなかったな、、、というちょっと残念な感想を持ちました。
誰でしょうね、「トムクルーズの映画は結構ハズレがないんだ!」と言ってたのは(^^)。
自分でも、他の映画の時に見た予告編では、
「トータルリコールとマトリックスが合わさったような面白そうな映画」と思っちゃったんですけど、実際はそれにさらに、アルマゲドンとタイムトラベラーズ・ワイフと、ベタベタなラブストーリーも入ってる感じ。

映画の内容はさておき、上映の案内にCC(クローズド・キャプション;聴覚障害や難聴の人のための字幕サービス、英語の聞き取りが不自由な外国人にも便利な機能)と書いてあったので、チケットブースで聞いてみました。

「じゃあ、デバイスを席まで持って行きますね〜」と言われて、先に座席に行って待っていると、届いたのがコレ。

b0066900_15351673.jpg


座席の肘置きについているカップホルダーに土台を差し込んで、そこから伸びたアーム先に着いている小さい電光掲示板のようなモノを自分の視界の好きな場所に浮遊させるようになってました。

アナログなんだかデジタルなんだかよく分からない装置。
でも、配線はどこともつながっておらず、テレビで表示が遅れがちなCCも、映画では画面とぴったりの速度で表示されました。

なかなか優秀。

ちょっと会話が込み入ってくると、雰囲気で理解できる範囲を超えちゃうので、あると便利だなぁと思いました。装置のガタイが良いのでちょっと目立つんですけどね。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-28 09:45 | 観たもの

もう寿命なのかと思った

近ごろ、iPhoneが挙動不審で、特にカメラはライブビューがいつまでも表示されなかったり、シャッターボタンの反応がものすごく早かったり、かと思うと異常に早くて連写のように同じ写真が何枚も撮れてしまったりしてました。
キーボードも変な反応をすることがあって、タッチスクリーンそのものがバカになったの?と思うことも。

それがね

ボタン1つは大げさだけど、3つくらいで治ってしまったデスよ。

Setting>general>reset>all reset

するだけ。

wifiのパスワード、壁紙に指定していた写真、画面の明るさ、キータッチの音、追加したキーボード、、、などは再設定の必要ありですが、なんだかとてもサクサク動くようになって嬉しい&気持ち良いです。
b0066900_17255525.jpg

新しい待ち受けもふじ子
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-25 17:05 | 佳いもの

カウンセリングを受ける

アメリカでの転職体験、
解雇通知は突然に」、
怒りングな日々
問い合わせ開始
X-day決定と退職金の選択肢
の続きです。



UCLAの中には職員用のカウンセリングサービスがあります。
セクハラやパワハラなどの深刻な内容以外にも、家族の問題(介護など)がおこって仕事との両立が難しいとか、仕事が面白くなくてやる気が起きないなどどんな理由でも受付けてくれる、というのを友人が教えてくれました。

電話をかけると数日後の予約が取れました。

で、当日。

レセプションは小さなソファーがおいてあって、希望すれば飲み物も出されます。
こぎれいで統一感のあるオフィス家具やら、かわいらしいフレームなどが飾ってあって、
こういうものもカリフォルニア州の税金や、国から支給される研究費の中から徴収される予算で賄われているんだなと思うと、「利用しないと損じゃない?」と思えてきます(^^)”。


カウンセラーの個室に通されると、そこはまた海外の民芸調のお土産のようなものが飾ってあって「動物のお医者さんの漆原教授の部屋」の雰囲気。
(これは、税金ではなく個人のポケットマネーで整えたんでしょうね??と、心配になります)


立て板に水のようにうまく説明できる自信は無かったので、これまでのいきさつをまとめたものと、おにぎり/海苔巻き部門の組織図などを印刷して持っていきました。
話したのは、
・レイオフの理由が非常に理不尽であること
・なにもアクションを起こそうとしない上司Jに腹が立って、顔を見るのも声を聞くのも”ムカツク”こと
・赤字の原因となったHの行為を公けにして何らかのペナルティを受けてほしいと思っていること
などです。

カウンセラーは恰幅の良い50代後半の白人女性で、落ち着いた声のトーンと、おぼつかない英語でも理解しようとしてくれるところに好感が持てました。

ただ、
ひじょ〜〜に残念なことに、その日の彼女は
「舅が亡くなったため、お葬式に行く飛行機の予約を”どうしてもその日の午前中に”取らなければならない」
と言う状況で、
面談中も5分おき、いや3分おきに電話がかかってきて、”excume me,,,wold you mind....?”と断られるたびに「どうぞ電話に出てください」と言わざるを得ず、ほとんど会話になりませんでした。

そんな状態で話しているうちに、自分でも「どうでもいいや」という気分に冷めてしまいました。

カウンセラーからのアドバイスは
「怒っている理由はよく分かるし、当然だと思う
ただ、
レイオフが伝えられた以上、上司たちがペナルティを受けるかどうかは貴女には関係ない
コトを荒立てて職探しにケチがつくよりは、
上司Jとは表面的にでも最後まで良い関係でいて、
良い内容の推薦状を書いてもらう方が賢明なのでは」
というものでした。

このアドバイスも途切れ途切れでしたけどね。

何の解決にもならなかったけど、全く関係のない人に話をする行為だけでも出来事を客観的に見つめるにはよかったのかなと思うのです。

ラボに戻って、同僚にも「カウンセラーに会ってきたよ〜」と報告。
彼女がその後カウンセリングを受けたかどうかは分かりませんが、同僚から上司Jに伝わる効果を少し期待してみました(笑)。

仮称設定はこちら
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-25 08:04 | myself

テレビ事情、the Voiceの場合

eugeenさんの記事のタイトルをパクってみました(エヘ)。

The VoiceというのはNBCチャンネルでやっている歌のオーディション番組です。
前のシーズンの途中から見始めたところ、ルールがイマイチ分からないまま、優勝者が決まってしまったため、今シーズンは最初からちゃんと見てみようと思って。

歌手のオーディション番組で有名なのはアメリカン・アイドルですね。
これは確かFoxチャンネルでやってるんですが、うちのアンテナでは写りが悪いので見たことがないのです(ケーブル契約をしているときはほとんどアメリカのテレビを観ていなかった)。
アイドルオーディションだから、若くて見た目も重視なんでしょう?

Voiceの方はおそらく、それに対抗してブラインド・オーディションという形式で第一審査があります。後に各出演者のコーチとなる4人の審査員がステージに背を向けて座っていて、歌声を聞いただけで「この人を自分でプロデュースしたい!」と思ったら、1曲歌い終わるまでに、ボタンを押して椅子ごと振り向き、”見た目”を確認できるというルール。もしも、複数のコーチが振り向いた場合には、出場者が自分でコーチを選べます。残念ながら誰も振り向かなかった場合には不合格。
各コーチが持てるチームの定員が決まっているので、歌う順番によっては「上手だから欲しいけれど、もう枠がない」というケースもあるのです。

このブラインド・オーディションが数週間にわたって放送されていて、10人x4チームが残りました。

先週から始まったのは、”the Battle”という対決で、同じチーム内でペアを作り、その2人(2組)で1つの曲を歌うのです。パート分けがあったり、ハモる部分があったり、衣装やメイクもプロの手によるものを身につけてお客さんとコーチの前でパフォーマンスを披露します。

歌い終わったところで、コーチが「このバトルの勝者は、、、」と言って、残したい人を選びます。
選ばれなかった方は、コーチに「こんな素敵な経験をさせてくれて、本当に感謝しています、、、」などとお別れのスピーチをするのですが、そこに登場するのがStealボタン。
オーディションの時に振り向いたけれど自分のチームに取れなかったコーチや、今回のパフォーマンスを聞いて「ここで落とすのはもったいない」と思ったコーチが”盗み取り”(stolen)するのです。その声もかからなかったら本当に敗退(eliminated)。

ブラインドオーディションに受かった人同士でも、一緒に歌うとどちらかが際立ってしまったり、逆に二人の声や息がとても良く合ってしまって一方を選ぶのが難しくなってしまったりというのが見ていて面白いところ。

出場者だけでもかなり上手だなと思うのに、歌のレッスンが映っているときにコーチがちょこっと口ずさんだりするのが、ものすごく上手だったりするのも「うわぁ、、レベルが違う」と面白かったり。

そんなわけで、月曜と火曜の夜はワタクシちょっと忙しいのですよ(笑)。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-23 17:42 | TV

あやしい瓶詰め

お弁当を持って行くようになって、一度インスタントのお味噌汁を買ってみました。

フリーズドライのものだったんですが、お弁当やさんで買ったので使い捨てのカップとあわせて1杯分$1.50くらい。
あとで、日系スーパーでみたら同じものがずいぶん安く売っていました。

生味噌タイプ&乾燥具材のインスタントもありますよね。

ああいうのだったら、自分で作れるんじゃないの?と思って調べてみたら、あちこちに載ってるんですね。
b0066900_1614036.jpg


で、作ってみました
レシピを載せている、たいていの人は、1杯分ずつ”味噌玉”にしたり、ラップで包むなどして職場に持って行ってるようなんですが、

めんどうくさいので(笑)
b0066900_1613864.jpg


5日分(1週間)を瓶詰めに。
あやしいでしょ(^^)。
給湯室の冷蔵庫に入れて置いて、1杯分をカップにとって、お湯で伸ばします。
b0066900_1614126.jpg


ポイントは、最初にカップの1/3くらいまでのお湯で溶いて、お弁当を温める時に一緒にレンジでチン。(1/3量だと吹きこぼれないので)
そのあと、ちょうどよい量までお湯を足します。

味の方は、なかなか侮れませんよ。
ワカメやネギが乾燥モノなので、家で作るみそ汁(塩蔵ワカメと生ネギ)には劣りますが、市販のよりは美味しいです。出汁が自分の好みのものですからね〜。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-15 13:35 | 食べること

春のオシャレさん

ふじこのカラーを新調しました。

サビ猫って、あんまり映える色がないような気がします。
まして、あの個性的な顔ですから。
ま、長毛だからさらに隠れちゃって見えないという説も。
b0066900_1753620.jpg


で、お店で目に付いたのがこれ。
サーティワンのチョコミントみたいだ〜

b0066900_1753833.jpg


後ろからちらりと見えると、かわいいぃ。
さわやかグリーンが、錆色に合うんじゃない?

と、私はお気に入りで褒めまくっているんですけど、ほんニャンとお父ちゃんはどうでも良いみたい。

〜〜〜〜
平日に時間がほとんど取れなくて、水やりがせいぜいになってしまっているベランダですが、
ロベリアちゃんが咲き始めました。
b0066900_175399.jpg



b0066900_1754046.jpg


あと、「あんた誰?」さんがニョキニョキ伸びています。
小さい葉っぱの時はナスタチウムかと思ったんですが、もっとしっかりしていて、葉っぱは薄毛で覆われているような感じ。こんなの植えた覚えがないのになぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-13 15:51 | 猫のこと

キーボード美白

Appleのキーボードはキーが白いので手垢が目立ちます。

自分専用のキーボードの場合は、「私の手って汚れてるのね、、、」と哀しくなり、

他人のものの場合は「あらあら、バッチィですねぇ」とかわいそうになり、


b0066900_28449.jpg

他の人のお古が回ってきた場合は、
「憧れのあの方の手垢つきなんて!嬉しくて仕事がはかどりそう!」とは、なりませんよね。

そんな時には、
b0066900_284565.jpg


水を含ませて硬く絞ったアクリルたわしで、

キーが沈まない程度の圧で、くるくるくるとこすりますと、
b0066900_284768.jpg


ほらキレイ。
こすると本当に垢のようなものが出てくるので、それらがキーの隙間に入らないようにティッシュや綿棒で拭き取りましょう。
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-13 01:57 | 佳いもの

X-day決定と退職金の選択肢

アメリカでの転職体験、
解雇通知は突然に」、
怒りングな日々
問い合わせ開始」の続きです。

頼りにならない上司Jから話はあったものの、彼に対して不信感いっぱいなWさんと私にとっては、それが正式な決定なのかどうか、いまひとつ確信が持てないのでした。

そんな状態で週が変わり数日たった頃、人事(Personnel)のイケメンお兄さんから私宛に呼び出しのメールが来ました。
「貴女のレイオフについては非常に残念に思っております。つきましては必要な手続きを説明したいので、木曜日(上司のミーティングからちょうど1週間後)に面談に来てください」とのこと。

Wさんに、「呼び出されたよ〜」と伝えると、彼女のところにはまだ来ていなかったのです。
もしかして、実はおにぎり/海苔巻き部門、具材部門の登場人物のうち、一人だけ日本人(残りは全員C国人)の私だけを排除しようってこと!?なんて、自虐的な発言でをWさんを困らせたりしていたのですが、数時間後に彼女も同じく呼び出しのメールを受け取り、ホッとした様子でした。

人事の人との話し合いでは、
・正式なレイオフの日は翌々月の14日であること
・退職にあたってはseveranceという手当が出ること
その支給額は、次の2つのオプションから選んで決められること
オプション1;週給x勤務年数
オプション2;週給x勤務年数の半分
が主に説明されました。
オプション2のメリットは、「もし今後の就職活動でUCLA内で仕事が見つかった場合、福利厚生の待遇にこれまでの勤務履歴を引き継ぐことができる」というものでした。
その権利は2年間有効(2年以内に仕事が決まればよい)。
勤務年数が長くなると、月毎にもらえる有給休暇等の時間が増えたりするのです。

その選択は2週間以内に決めて書類を提出しなくてはなりません。
イケメンお兄さんのオプション2についての説明が、オプション1に比べてずいぶん長く、2にした方がお得ですよ〜と言わんばかりでした。大学の出費が出来るだけ少なくて済むよう説明しろと、指導されているんでしょうかねぇ。

私としては、UCLAで勤務を続けることよりも、おにぎり関係の仕事に就く方が重要なので、迷わずオプション1と最初から決めていました。
Wさんは私よりすこし勤務年数が長いので、その恩恵をできることなら保持したいようでしたが、旦那さんと息子さんに「オプション1に決まっているでしょ!」と言われ、そうしようかな〜と心が動いていたようでした。

Wさんと私より、少なくともひと月は前にレイオフが決まっていたRさんなのですが、不思議なことに人事からの呼び出しは私たちと同じ日。しかも、雇用最終日であるX-dayも同じ日になっていました。
具材部門の売り上げ減の原因でもあるRさんの方が、結果的には言い渡しからXdayまでがひと月も余計に長いなんて、おかしな話ですよね。
そしてそのひと月の間に、予算の不正使用でHラボに雇われていた謎の人物は、早々と次の職を見つけてもう辞めていました。

人事のイケメンお兄さんの口ぶりでは、どうしてこんなことになったのか、全く知らなさそうだったので、
Hの予算流用の件や、LおよびJのミスマネージメントぶりを一応説明しておきましたが、

彼らもそんな話を聞かされたからと言って、何か行動を起こしてくれる謂われも責任も無いのです。

人事のイケメンお兄さんとの話し合いで収穫があったことと言えば、
「Xdayが決まったからには、実際の業務やラボでの仕事はいつまでやればいいの?」
という質問に対し、
「明日からでも、業務や仕事を止めて、就職活動に専念して良いよ。
Xdayまでのお給料はもう払われることが決まっているから、有休の届けも出さなくて良いし。
もしボスが何か文句を言ったら、人事からこう言われてるって言って良し!」
という回答をもらったことです。

実際には、すでに注文が入っていたおにぎりの製作と、出来上がったおにぎりを出荷するまでの手続きがひと月分ほど残っていましたが、それさえ終わればもう出勤すらしなくても良いということです。

仮称設定はこちら
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-11 16:32 | myself

問い合わせ開始

アメリカでの転職体験、
解雇通知は突然に」、
怒りングな日々
の続きです。

通告の翌日です。

「次の就職先を探せ」と言われたからには、探さなくてはなりません。

まずは、UCLAのキャリアウェブサイトをチェックしてみました。
同じ仕事内容のポジションが無いのはもちろんですが、お給料が同程度のラボで働ける似たようなポジションも含めてめぼしいものは見当たりません。
ひとつ二つ、掲載されているポジションは、求める人材のスキルやバックグラウンドが非常に詳しく書かれていて、こういう場合は既に候補者が決まっているのです。
UCLA以外で求職があるかどうかも調べてみましたが、その時点で同じ仕事内容の募集はありませんでした。

時期的にもホリデーを控えて、人の動きが一番少ない時です。
こうなったら、募集を出していないところに自分から聞いてみるしかありません。

同じくレイオフされる同僚と競合するのはお互いに好ましくないので、意向を聞いてみました。
「今と同じキャンパス内で見つかれば良いけど、見つからないようだったらしばらく家で専業主婦してのんびりするのも良いんじゃない、、と家族にも言われたの」
だそうです。

我が家としては、夫の収入だけでやっていけないことは無いけれど、仕事のキャリアが途切れるのは好ましくないので、積極的に探すことにします。
ターゲットは以下の3カ所。
1カ所目;UCLAのキャンパス内でおにぎり/海苔巻き部門のマネージメントに興味がありそうな部署(仮称;米問屋D)
2カ所目;B社にある、おにぎり/海苔巻き部門
3カ所目;C大学にある、おにぎり/海苔巻き部門

そう、生物系の研究分野において、”おにぎり/海苔巻きを作る”仕事は少々特殊ではあるのですが、多くの研究施設でコアとして設けられているのです。


米問屋Dとは常に協力関係にありました。ただ、そのトップであるM氏と私は直接面識が無かったので、その部署にいるちょっと知り合いのJJさんを通じてメールを転送してもらいました。
「ご存知かどうかわかりませんが、おにぎり/海苔巻き部門が閉鎖されることになりました。
そちらのD問屋さんで、業務を引き継いで、ついでにテクニシャン2人も同時に雇ってもらえる可能性はありますか?」という内容です。
JJさんからは「M氏は興味を持った様子なので、直接返事が来るかと思います。GoodLuck!」みたいなお返事をいただきました。

同じ日に、B社にもメールを出してみました。「UCLAの部門が閉鎖されることになったのですが、そちらでおにぎり担当の人員を増やす予定はありませんか?」と聞きました。

続く。

仮称設定はこちら
[PR]
by daysofWLA | 2013-04-08 21:13 | myself