Frozen Dumpling

明日、夫の職場のクリスマスパーティ用に、夕食後に冷凍餃子を焼きました。
夫の職場のパーティは「持ち寄り」制で、"main"、"appetizer"、"dessert"など予め分担を決めてホワイトボードに書くそうです。
以前、中国人の友人にもらった冷凍餃子がけっこう美味しかったというので、Ranch99まで買いに行きました。
しかし、目に付くのは「水餃子」がほとんど。冷凍コーナーでウロウロしているうちに、店員さんはお掃除をはじめたり閉店の気配。
やっと目が慣れてきて、「鍋貼」とか書かれているモノが見つかりましたが、中身がchickenだったりと、イマイチ気に入らない様子。
ふと、別の冷凍庫を見ると、カラフルな袋に入り「火鍋なんとか餃子」と書かれているパックが。バリエーションも「cuttle fish 」[shrimp][egg]とあり、一口サイズでパーティにも良さそうです。
しかし、いざ作ろうと、袋のうらの説明を読むと「put in boiling water」
ん?焼き餃子じゃないのかも。
いったん茹でて火を通してからフライパンで焦げ目を付けることに。
まあまあ、体裁は整いましたが、味見してみると「はんぺん・かまぼこ系」の味。
もしかして、火鍋って、シャブシャブのことで、今回買ったのはそれに入れる具だったのではないかと。。。。。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-16 20:02 | 食べること

Tama-en (Japanese BBQ)

3回目の結婚記念日、しかし二人で過ごすのは初めて、なので肉でも食べに行くことに。
しかし仕事帰りの車に乗ってから、雑誌でお店を探し、おたおたしているうちに、通勤ラッシュに巻き込まれ、どの道を使っても大渋滞。
freewayは混んでいるだろうと、一般道を使おうとしたのが徒になりました。
出発してすぐに「6時すぎに2人で。。。」と予約をしたものの、予約時間はとうに過ぎても、到着の目処はたたず。
5時すこしまえに出発し、空いていればfreewayを使って30分もかからないと頃の筈が、お店に着いたのは7:30pm。
ラッキーなことにお店はがらがらだったので「予約していたモノですが、、」と名乗るのは止め、食べ始めてしまいました。
「日本スタイルの焼き肉」なので、コリアンBBQのようにキムチなどのお通し軍団は出てこず、ちょっと寂しい気もしましたが、お肉はとっても美味しかったです。
レバ刺しやユッケなどの「生肉系」も久しぶりに頂きました。
調子に乗って注文しすぎ、食べ過ぎてしまい、お店を出た後もすぐには車に乗れませんでした。。。。orz
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-15 20:51 | 食べること

elf

字幕モードがなかったので、細かいところはイマイチ理解出来ず。
「エルフ」って、靴屋さんのお手伝いをしたり、クリスマスプレゼントをサンタのために作ったりするコビトのことらしいです。

そんなelfの世界に紛れ込んで、elfとして育てられた人間のオッサンが、ある日「自分は人間だ」と気づいてしまい、本当のお父さんに会いにNYにやってくる、というお話。

elfは、全般に感情や行動は子供のままで、ビルの回転ドアを喜んだり、甘いモノが大好きで、スパゲッティにシロップをどばどばかけて食べたり、、、、。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-13 17:33 | 観たもの

Christmas tree

ついに買ってしまいました。
スヌーピーのマンガで見て以来、気になっていた生もみの木売り場が待ちのあちこちに見られるようになり、ドラッグストアやホームセンター系でもきれいにデコレーションされて「買って買って〜」とささやくアレ。

家に来たのは7.5ftとあわや天井に届きそうなのっぽさんです。
「生」は水やりと処分が大変そうとのことで(値段はそんなに高くないらしい$16,7くらい)毎年使えるイミテーションになりました。
ライト付きなので、コンセントにつなぐとかなり明るいです。
オーナメントは、ブルーとゴールドのボール(何と云うのだろう?)をとりあえず飾ってみました。
窓を縁取る豆電球と合わせて、外から見るとだいぶ派手派手しくなってきました。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-12 17:06 | 愉しいこと

Venice Beach

12月も半ばだというのに気温は80F。
もちろん天気も快晴なので、ビーチに行ってのんびりすることに。
ブランチを向こうで食べるつもりで11:30ころに到着。
ホットドックになりましたが、食べ物は「海の家」レベルなので、期待通りのイマイチさ。
おこぼれを狙うカモメさん達の視線に曝されつつ、終了。

だいぶ前に買っていたビニールの凧を揚げてみることに。
ゲイラカイトと同じ三角形の凧ですが、付いている糸は凧糸ではなく、普通の縫い物用の糸という感じ。こんなんで保つのだろうかと思ったけれど、けっこう丈夫です。
凧も海風のお陰でするすると揚がっていきます。

シートを敷いて場所を確保し、しばしごろりと読書を楽しみました。
ビキニでゴロゴロしていた人もいるくらいで、日の当たる背中はぽかぽか、砂浜の砂はかなりひんやりです。
風が変わって凧が落ちてしまったのを機に撤収しました。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-11 16:14 | 愉しいこと

Terminal

NYの空港で入国手続き前に、クーデターが元で国が事実上無くなってしまい、アメリカに入国出来ず、帰るわけにも行かず、空港で入国許可を待ち続ける人(トムハンクス)のお話。
入国管理官から、ターミナルでしばらく待つように言われるものの、英語がほとんど分からないため事情をよく理解しないまま、放り出される主人公。
それに対し、「一応(なんだかやけに早口の英語で)説明はしたから(自分の責任は果たした)」という態度で突き放す、いかにもなアメリカらしさが上手に書かれています。
(少し気を回して何とかしようというところがほとんど無い感じ)
アメリカに来た外国人なら誰でも味わうだろう様な困難を、トムハンクス風に、不器用ながらもユーモラスに乗り越えていく様子も面白いし、主人公が好きになるCA役のキャサリンゼタジョーンズもかわいらしいです。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-09 11:45 | 観たもの

decorated house

夜によそ様のお家の写真を撮るのは、イケナイことでしょうか?
仕事の帰りに、けっこう電飾を頑張っているお宅を見掛けていたので、車でウロウロと廻ってもらって写真を撮ってきました。
昼間以上に人通りはなく、いまのところ、見とがめられてはいないのですが。。。。
車でするすると近寄って、パシャッと撮って、移動するのは、「ピンポンダッシュ」に似た感覚です。

電飾デコレーションは、感染性があるのではないかと思われ、一件、「頑張っている」お家があると、そのご近所もつられて、飾りはじめるという感じで、ある通りなどは、軒並みピカピカだったりするので、見ていて楽しいのです。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-07 22:16 | 愉しいこと

DVD player

最近、字幕があれば英語のDVDでもだいぶ理解出来るようになり、観ることが多くなってきました。
今はPoweBookG4をTVにつないで観ているのですが、このパワーブッ君のコンボドライブは調子が悪く、diskを飲み込まなくなったり、上映中にフリーズすることがしばしば。(補償を付けているので直せばいいのだが)
特に、この間借りた「ハリポッターとアズカバンの囚人」はひどく、5分おきにフリーズし、最後まで見るのはギブアップ。

もう一つ、家に今あるビデオデッキはタイマー機能が付いているようではあるものの、上手く作動せず、予約録画が出来ない状態です。

で、DVD-VCRコンボデッキというものの購入を検討しました。しかもどうせならリージョンコードフリーを、と探してみると、店頭にそのような代物は置いておらず。
しかも、予定予算よりだいぶ高くなってしまいます。
そこまで、必要としているわけでもなく、、(PB接続でがまん出来るかと)、どうせ買うなら、時代はHDD-DVDレコーダーでしょう、と思いをはせている今日この頃です。(HDD-DVDでマルチリージョンのは出ているんでしょうかねぇ?)
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-04 11:06 | LA生活

Lobster

帰りの車内で、卵が安いとチラシの入っていたスーパーに行こうということになり、車を流しているうちに、話の流れで二人してロブスターモードに入ってしまいました。
当初の目的だったスーパーは結局見つからないまま、ロブスターを安く出している中華料理屋へ方向転換。

香港系の味付けのレストランでロブスターは$6.99/Lb、好みの味付けで料理してくれます。この日はChinatown Styleということでショウガ風味の炒めモノに仕上がって出てきました。
他に、エビの身ぷりぷりのワンタンスープ、牛肉のブラックビーンソース炒めを頼んで、満足満足。
ロブスターは、1匹1.5ポンドだったので、10ドルちょっと、スーパーで生きているのを買っても9ドルはするので、けっこうお得だと思うのです。

Hop Woo B.B.Q Restaurant
845 N. Broadway LA CA 90012
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-03 11:05 | 食べること

lost way

夫、風邪のため早退するとのことで、独りバスで帰ることになりました。
大学のIDカードを見せると25Cで乗ることができ、所要時間も30分ほどと、待ち時間さえなければ車で通うのと同じくらいです。
アパート最寄りに停まるのは8番と12番の2系統あり、いつもどちらかを使うのだけど、この日はちょっと「いい気になって」super12というのに乗ってしまいました。
12番と同じルートで急行のように停留所を飛び飛びなのかと思いこんでいたのです。
車内で本を読んでいるうちに少しグロッキーになり意識朦朧で外を見ていたら、いつも曲がるはずの場所を素通りして、そのままずんずん進んで行くではないですか。
そのうち見慣れたルートに戻るかなと思い、2,3停留所をやり過ごしているうちに来たことのない場所に。
これはやばい、と降りましたです。
降りた場所からうちまではさほど遠くないことは分かっていたので、家の方角に向かって歩き始めつつ、「お迎えに来てコール」を。
いったい何のために早退したのか分からない夫に無事拾ってもらうことが出来ました。
あとでルートを調べたら、12番とsuper12はかなり違った行き先になっていたのでした。
[PR]
# by daysofWLA | 2004-12-01 10:40 | 困ったこと