「ほっ」と。キャンペーン

タグ:異文化体験 ( 65 ) タグの人気記事

LAマラソン見物

Daylight Saving Timeが適応されたばかりの日曜日、2014年のLマラソンが開催されました。
今年のマラソンにはミツバチ仮装仲間のSちゃんと、友人Aちゃん夫のBが参加するというのを聞いていたので、起きられたら応援に行ってみようかなと思い立ちました。

とはいえ、闇雲に沿道に立っていても彼らが見つけられるか分からないので、ランナーを追跡できるAppがあるかを前日の夜に調べてみたり。
ランナーの持っているスマートホンのGPSを登録することで、見つけるAppはあったのですが、なにせレース直前だし、確実に見学に行けるとも限らないので、アカウント情報を教えてもらうのもちょっとね。

LAマラソンのサイトには、ゼッケン番号をもとに、スタート、10km、20km、30km、40km、ゴールの通過時間を教えてくれるトラックキング機能があったので、それでお知らせを受けることにしました。(ランナーの靴につけたチップが働くようですね)
お知らせは、携帯へのテキストか、emailかを選べます。

当日は7時半過ぎに起きたら、もうSちゃんもBもスタートしましたというアラートが来ていました。
シャワーを浴びてるころに10km通過のお知らせ。
Bの方がちょっと早めのペースです。

ホームベーカリーにパンの材料をセットして、顔にたっぷり日焼け止めを塗ってる頃にBが20km通過したというお知らせ。

見物ポイントはWestwoodとSanta Monica blvdの交差点で、コースでは30kmをちょっと過ぎた辺りです。
自宅からそこまでは歩いて30分くらいのはずだからそろそろ出た方がいい感じですね。
休みの日に私が勝手に起きるなんてのは珍しいので、物音で夫を起こしてしまいました。
帰ってくるまでにパンが焼けてしまうかもと、お世話を頼んでいざ出発。

b0066900_7263254.jpg

交差点についてみると、10時前というのにかなりの暑さです。
帽子はかぶってきましたが、首筋や足首のソックスの無い部分がじりじりと焼けてくる感じでした。
最初は道の北側で見ていたのですが、あんまり暑いので、Santa Monicaを渡ったところにあるPeetsコーヒーで飲み物を調達することにしました。
走ってくるランナーさんたちの合間を縫って、通行止めになっている大通りを横切ります。
アイスコーヒーを買って戻って来て1/3くらい飲んだところで、Bが30km通過したとのお知らせ。そのまま道の南側で待ちます。

Aちゃんから教えてもらったBの服装は、青の長袖、グレーのパンツ、白のソックス、赤いヘアバンド。Bは背が高いので目立つだろうと思いましたが、この暑さ、長袖を脱いじゃってるかも?と、大柄&青いシャツor上半身脱いでる人を探しました。
b0066900_7263591.jpg


b0066900_7264625.jpg

これはリタイアする人を拾う車かな?
乗ってる人はいませんでした。

この車の通過直後、お知らせから10分くらいでB発見。ちゃんと長袖着ていました。
グレーのパンツは汗のためかかなり黒っぽい。赤いヘアバンドが目立って分かりやすかったです。
名「Bー!、B〜‼︎」と呼んでみたけれど、イヤホンをしていたから気がついてもらえず(予め伝えておけなかったですからね)、走り去ってしまうのを慌てて写真を撮りました。

自分は走ってないのに、なんだか達成感(^^)。

つぎはSちゃんです。
Bよりは10分以上は遅いペースなので、中央分離帯の縁石に座って待つことにしました。
が、ふと気づくと、20km通過のお知らせが来ていません。
あれ〜??
あんなに練習していたんだから、まさかのリタイアってことも無いだろうけどと、Facebookをチェックしたり、Sちゃんにテキストを送ってみたり。
20kmに続き、30km地点もお知らせなしで通過しちゃってる可能性もあるかと、コースに近い
所に出て行って目を凝らしてみました。
b0066900_7264177.jpg

そういえば、Sちゃんの服装は聞いていなかったです。
女性で、アジア系、、と絞りをかけて探しいるところに、彼女の30km通過のお知らせが入りました。

あー、よかった。

お知らせから10分弱で、Sちゃん登場。かなり汗だくだったけれど、まだちゃんと走ってました。すごいなー。
こんどは気づいてもらえたので、ポーズをとって写真をパシャ。
止まってしまうのも悪いしと、「あと10km頑張ってねー」と声をかけながら、並走は10歩くらいで限界でしたよ。
お水をかけてあげたりした方がよかったのかなぁと後で思いました(準備不足でごめん〜 汗emoticon-0107-sweating.gif)。なので応援とは言えず見物>タイトル。

結果はBもSちゃんも見事完走。パチパチ〜!!!
Aちゃんは24マイル地点で待っていて、残り2マイルを一緒に走ったんだそうですよ(それだけでもキツそう)。

みんなこの夜はビールが美味しかったでしょうねぇ。
[PR]
by daysofWLA | 2014-03-10 03:03 | LA生活

タロット占い

これもアメリカで転職体験の続きです。

2回目の面接に行く数日前、お友達が私が出かける場所の近くでイベントをやるというので、「寄りますね~」なんて言っていたのですが、そのお店についてみると、イベントの気配は全くなし。
おかしいなぁ??とよくよく告知のメールを確かめたら、イベントがあったのは全く別のお店だったのでした。

そんなポカをして会えなかったのでその夜にテキストで「ドジっ子でごめん寝」とお断りを入れたところ、
「今からちょっとお茶しに来ない~」とのお誘い。

炬燵でもてなされ、しばらく会わなかった間のあれやこれやをひとしきり話してから、
「ね、タロットやってみない^o^」

このお家では前にもドルフィンカードなどを引かせてもらったりしてるのです。

一組目のカードを自分で切って、友達がめくりますと
「おぉー出るネェ」
と、キャリアとか仕事関係に動きありのカードばかり。

「じゃあ、次はコレね。」と、2組目。これも同じような結果。

3組目も出るのはお仕事系を示すものばかり。

わわわ、面白いですね~。

その時の”カードの言うこと”をまとめると、
・動く時が来ている
・自営業の様な方向へいくかも
・良いオファーが来るけど、その判断はよく考えてからの方がいい

という感じでした。

タロットをする前に職探しをしている事までは話していたけれど、具体的にコンタクトをとっている相手の内容などは話してない状態でした。
とっても思い当たったのは、UCLAのおにぎり部門のユーザーさんの古田助教授(仮名;日本人ではありません)から、彼のラボの所属になって1人でおにぎり部門を動かしてみないかという話を直前にもらっていたのです。
それが「自営業???」なんでしょうか?と思ったのです。

それとも、そのすぐ後に予定が入っているC大学の大口教授との面接でカードが示すようなことがでるのか?

タロットって、初めてやってもらったのでしたが、楽しかったです(^^)。
[PR]
by daysofWLA | 2013-06-14 21:27 | myself

ハロウィンの名残り

ハロウィンの夜を境に、急に冷え込んできたようなLAです。
カボチャ以外にも色々と撮った写真があったので、載せておきましょう。
b0066900_636297.jpg

b0066900_636317.jpg
これは、パンプキン・ツリーのアレンジ。
カボチャみたいな実が生っているのです。

b0066900_6363395.jpg
ミニカボチャで”のせ猫”の練習は拒絶されました。

b0066900_6363521.jpg
近所のスーパーで売ってた飾り。見ざる言わざる聞かざるフクロウ?
このスーパー、お肉のショーケースに血みどろ手首の飾りとか置いてあったそうです(笑)

b0066900_6363813.jpg
マンハッタンビーチの飾り付け。

b0066900_6364096.jpg

b0066900_6364138.jpg

ご近所の飾り付け。
去年までは気づかなかったんですが、この辺りの住宅街はTrickorTreatの子供が集まる場所みたい。夕方にはどこかから車で来たような親子連れを見かけました。

b0066900_6364377.jpg
ハロウィンの夜のディナーは、ラムのトマト煮と炊いたキノア(in ごはん茶碗 ^^)。


さて、昨年のミツバチ隊は再結成ならなかったのですが、ミツバチメンバーのひとりがWeHOへ出掛けるというので、私も合流させてもらうことにしました。

仕事を終えて疲れて帰ってきた夫を迎えたのは、こんな顔(<疫病ですか?)。
b0066900_6231935.jpg
去年の反省で、つけまつげの接着剤は多めです。

白塗り&ミニーの耳付きで夜ごはんを食べる姿にすっかり呆れられてしまいましたが、
それでも現地まで連れて行ってくれました(He was soooo nice!!)
それだけでなく、一緒にそのままパレードへ。

ふだんなら、ふじ子とゆっくりと過ごして鋭気を充電している時間に人混みに連れ出されて、悪夢のような夜だったに違いありません。

West Hollywood Halloween 2012 ; Photo by 夫
[PR]
by daysofWLA | 2012-10-31 20:57 | LA生活

トレジョーのキムチ

数ヶ月前に「Trader Joe'sでキムチを売っている」と言う情報を目にしました。
というものの、最寄りの店舗では見あたらず。

気になっていると、
「容器が爆発して、商品回収&発売中止になった」との続報がでました。

そうそう、キムチって発酵食品だからねと納得していました。

最近になって、「キムチの再入荷を確認」という情報をまた目にするようになって、トレジョーに行くたびにチェックしていたら、
今回ようやく見つけましたよ。
b0066900_3552817.jpg


野菜コーナーでもなく、サラダコーナーでもなく、ハムやオリーブを売っている場所にありました。


臭いが漏れないように完全密封のパッケージになっています。
そして、賞味期限が長い。(開封しなければの話しなのかな?)
b0066900_3553316.jpg


開けてみると、シール部分近くに張り付いていたのは、ガス吸収剤です。
これが発酵で生じたガスを吸収して爆発を防いでいるというワケね。


韓国レストランで出てくるような”新鮮パリパリ漬けたて~”というよりは、瓶詰めのしんなりしたキムチと同じ食感です。辛さは控えめ。
味もOKでましたよ(夫から)。
$1.99だし、近くで買えるのが便利です。


これを使って、ピントックという韓国のおつまみを作ってみました。
レシピは韓国料理の教室に行っているneeさんから頂きました。ありがとう~。
そば粉のクレープでキムチとネギを巻き巻きするのです。
b0066900_3553673.jpg


韓国焼き肉のお店で出てくる四角いお持ちのシートのようなモチモチ感です。emoticon-0100-smile.gif
あんこを巻いても良いそうです。
それにシナモンをふったら生八つ橋みたいになりそう。

そば粉の味が美味しかった。
チヂミより軽く食べられますね。
[PR]
by daysofWLA | 2012-10-19 19:57 | 食べること

Space Shuttleに会えました!

9月の引退飛行を見損ねてがっかり落ち込んでいた私ですが、ようやく飛行機に乗って運ばれる写真も気持ちがザワザワせずに冷静に見られるようになってきた今日この頃(大げさ)。

とあるクリニックで「そういえば、シャトルは見たの~?」
「見られなかったんですよ、残念で仕方ない(><)」なんて世間話をしている流れで、
「もうすぐ、博物館まで輸送されるでしょ。そのために木を切ったりしているんだから」
との情報。

ぬわんですと!?

我が家はふだん日本のTV番組ばっかり見ているのと、子供の学校経由で”スペースシャトルを見に行く遠足”等の情報が入るということもないため、すっかり情報から取り残されておりました。

細かい日程については、直前に友達のSちゃんが教えてくれたので、夫を焚きつけて行くことにしました。

今回は、輸送ルート、観察できる場所や時間、その近辺の道路封鎖状況、パーキングスポットなども念入りにチェックしましたよ。

調べたところ、InglewoodにあるForumという大型イベント施設前(自宅からは車で20分くらいの場所)で土曜日の8時半から10時位の予定で、セレモニーが行われるとのこと。スペースシャトルの滞在時間は30分と書いてあるサイトもあり、そこに行けばみられるのは確実とわかりました。

金曜日に輸送された区間の写真があちこちでアップされているのを見ると、ビルの屋上など少し高いところから、近づいてくるスペースシャトルを撮ると格好良さそう。
Forum到着以前のポイントを見るとInglewoodのCityHall前を8時通過予定とあります。
その近くには大きなパーキングロットがあるので、そこに上がれば高い位置からシャトルを見えるのではないかな?しかも隣にはマクドナルドがあり、コーヒー大好き夫も飽きずに到着まで時間をつぶすことも出来そうです。
ForumからCityHallまでは1km弱なので、歩いても大した距離ではないでしょう。

う~ん、我ながら完璧な計画だ。

出発時間を6時に決めて、おおむね時間通りに家を出ました。
高速を降りて、しばらくするとForumに向かって急ぎ足で歩いている人がみえました。
b0066900_426418.jpg

(まだ空には月が出ています)
駐車場は4時から開放されているとのことでしたが、私たちが着いた6時過ぎの時点でもが~らがら。

ちょっと手前に留めすぎてしまったので(これはあとあと良かったのですが)Prairie通り沿いに歩いて、Forumの建物を通り過ぎ、
b0066900_426811.jpg


スペースシャトルの通るManchester通りまで20分近くかかりました。
まだあんまり人は集まっていません。
b0066900_4262024.jpg


そこから、進んでくるシャトルに近づいていくように、さらに1kmほど歩くとマクドナルドがあるはず、、、、

と思っていたら、警備の人が「歩道にはみ出さないで!」と大きな声で注意をしています。
b0066900_4262522.jpg

という間に、白バイ&自転車隊や赤いはしご車のような車が通過して、
歩道も歩いてはいけないと言われてしまいました。

みると、もうスペースシャトルがそこに!
b0066900_426304.jpg


新幹線のような顔がゆるゆると近づいてきます。
b0066900_4263577.jpg

b0066900_4263924.jpg


告知されていた予定時刻より1時間ほど早くやってきた計算です。
パーキングロットにたどり着いて上から見ることは出来ませんでしたが、その分、人の集まりもまだ少なくゆったりと見ることが出来ました。
b0066900_4374393.jpg

警備のポリスマンも写真を撮っています。そりゃあ、あんなに近くにいるんだから、撮りたいよね!
b0066900_4265083.jpg

機体や翼は、無数のタイルが張り合わされていますが、ひとつひとつに番号がついているのが見えました。
これがちょっとでも損傷してしまうと、地球に帰ってこられなかったんですよね。



ちなみに、輸送の最後の400mを引っ張るのはトヨタTundraだそうですが、私たちが見ていた区間は台車自体が動いているようでした。
そのためか、トヨタも相当な金額をスポンサーとして出しているのでしょうけれど、見えるところには、ひとつもトヨタのロゴは確認されなかったです。
b0066900_4265817.jpg

お尻が通過し終わると、屋根の上で待機していたSWATの人達も撤収。
b0066900_4361057.jpg


わたしたちも、このままシャトルのあとについてForumまで歩いていこうと思ったのですが、シャトル本体の後ろにも、SWATの装甲車?はじめ、何台もの車が続いていたため歩道は引き続き通行禁止です。

1本裏の通りに入って、そこからPrairie通りまで早足で戻りました。
Manchester通りとの交差点には、先程よりもたくさんの人達が集まっていましたが、まだシャトルは到着していません。人間が歩くよりも遅い速度で運ばれているのです。
b0066900_4271936.jpg

見覚えのある赤い先導車につづいて、再びシャトル登場~~~。


交差点を過ぎてForumの真正面に当たる位置で、「停車」しました。
朝日を浴びるエンデバー号。
b0066900_4274046.jpg


このままセレモニーまで停まりっぱなしのようで、見物の人達も道路を渡ってForum側へ移動していきます。

人混みの中には、スペースシャトルポスターやTシャツを売っている人がいて、
b0066900_427479.jpg

b0066900_4275551.jpg

しかも、ちゃんと売れていました(笑)

b0066900_505131.jpg

こちらは、会場ボランティアの人のTシャツ。
大がかりな陸上輸送で批判の声も出そうなところ、一般人をボランティアとして取り込んで、地域のイベントにしてしまうところはやりかたが上手だなぁと思います。

b0066900_515419.jpg

セレモニーのためにマーチングバンドなども到着して、人の集まりもだんだん増えてきましたがもう十分堪能したので私たちも撤収。

b0066900_4281934.jpg

これが最後のチラ見写真。
あ~、楽しかった。パチパチパチ。

車をずいぶん遠いところまで停めた分、帰りもたくさん歩きましたが、道路封鎖の渋滞にも引っかからずスムースに移動できましたよ。

このあとスペースシャトルは少しスケジュールが遅れて、翌日の14日にサイエンスセンターに収納されたそうです。公開は30日からだとか。
第二の人生ですね。



余談ですが、撮った写真をGoogleのアルバムにアップしたところ、すぐに「イベントにシェアしてください」
というメールが来ましたよ。
どうして分かっちゃうのかな~?(^^)
[PR]
by daysofWLA | 2012-10-13 06:47 | 楽しいお出かけ

素敵なランチと赤シャツの人達

ディズニーランドでのランチは素敵なお店で頂くことが出来ました。
b0066900_8445952.jpg


前菜とデザートはバフェスタイル、各自メインディッシュを選んで注文します。
b0066900_8444470.jpg

b0066900_8444719.jpg


b0066900_8445761.jpg

b0066900_8445336.jpg

b0066900_8444976.jpg


食べるものがた~くさんあったので、2時間以上くつろいでしまい、それ自体がアトラクションだったような感じです。

内装もステキ。
b0066900_8443953.jpg



窓から通りを眺めるとこんな感じです。
b0066900_8465152.jpg


b0066900_8444225.jpg



ずいぶん赤いシャツの人がいると思いませんか?
気のせいではありません。
私もシャトルやゲートで見かけたときは、「アメリカ人のお出かけといえば赤いシャツなのかな?」なんて思っていたんですが、この日は理由があったのです。

それは、GayDays Anaheim 2012というイベントがあったから。

お揃いの赤Tだけでなく、タンクトップや、カッターシャツやとにかく色々な赤いトップスを着た人達が集まっていました。男性だけでなく、女性や、子供連れもいて、「この人達みんなゲイ/レズビアンなのねぇ」と思うと不思議な感じがしました。家族やお友達と一緒に来ているというケースもあるのでしょうけれどね。

もともとは、ウォルトディズニーワールドで始まったイベントのアナハイム版だそうです。
好みがどうであれ、ディズニーランドが楽しいのは変わらないでしょうから。
自分の所属?する団体がディズニーランドでイベントをやるっていったら、喜んで参加しますよね。

カトリックの団体がこのイベントに対してディズニーに抗議をしているなんて事もあるそうですが、
b0066900_8443635.jpg

大きな耳を頭に付けているオバチャンよりは、まともな人達だと思うなぁ(笑)
[PR]
by daysofWLA | 2012-10-06 13:24 | 楽しいお出かけ

飲んでびっくりのヨーグルトドリンク

ちょっと前に、noirさんのブログで手作りしたと紹介されていた、塩ヨーグルトドリンク。

イラン系のマーケットでは普通に買えるとのことだったので、散歩のついでにのぞいて買ってみました。

ドゥーグと言うそうです。これは、ミント味。
b0066900_16342859.jpg


何も言わずに夫にも出してみたところ、ひと口飲んで「ごめんなさい」ですと(笑)。

私は普通に飲めます。
酸っぱい+しょっぱい+紫蘇っぽい乳飲料です。

子どもの頃、甘いヨーグルト系ドリンク(ジョアなど)は苦手だったのですが、しょっぱいのは平気です。給食でドゥーグが出ていたら、昼休みまで残されずに済んだのに〜。
ミントのフレークが瓶の底にたっぷり溜まっていて、これが、しょっぱさと合わさると紫蘇っぽい風味になります。

しょっぱいせいで、甘みはあまり感じなかったけれど、成分を見ると砂糖も入っているようです。
ノンファットでもないので、カロリーは高め。

ラム肉やケバブ料理と一緒に飲んだら美味しいんだろうな〜。
炭酸入りも売っていたので、まだ暑い季節のうちに飲んでみようかな。

ちなみに、イラン系のマーケットではヨーグルトがずいぶん安いです。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-17 16:10 | 食べること

強引な畑づくり

仕事帰りにちょっと買い物に行こうと、近所の教会を通りかかったところ、建物の陰に数人のアジア人(C国人だと思うけど)が集まっていました。

見ていると、駐車場のどこかからホースを引っ張ってきて、芝生のあたりに水まきをしています。

気になったので買い物帰りに近寄って見てみると、

!芝生を掘り起こして畑を造っていた!

のです。
ご丁寧に、スプリンクラーの周りを取り囲むように、畝をつくって、ネギっぽいものやジャガイモぽいものがすでにずいぶん育っていました。
b0066900_822786.jpg


その場所も教会のバックヤードというわけでもなくて、歩道から建物までの芝生斜面の一角。
道路からは掘り起こされてぐちゃぐちゃになった芝生のかたまりが丸見え。


あのアジア人達が教会のメンバーだとして、許可を得て造っているにしても、あまりにも強引で景観を損ねるやり方だなぁ=なんでもアリなんだなぁとげんなりしました。


翌日、同僚の中国人が「ニワトリ飼ったことある?」と聞いてきました。
「無いけど、どうして?」と聞き返すと、
その同僚の友人(在LAの中国人、一戸建て住まい)が庭でニワトリの雌を飼い始めたところ、週に4-6個ほど卵を産むようになったのだそうで、それを聞いて子供の頃ほとんどの家でニワトリやアヒルを飼っていて、卵をとったり、自分たちで絞めて肉を食べたりしていたのが懐かしくなったとのこと。

「昔は人間の食べ残しや野菜屑をエサにしていたから糞は臭かったけれど、今から考えるとオーガニックよね」と、それは楽しそうに懐かしんでいるのですが、都会育ちの私はニワトリなんてふれあい動物園や小学校の飼育小屋でしか見たことがないし、自宅で卵をとるために飼うなんて「日本では1世代前の話だなぁ」と思いながら聞いていました。

(同年代だから、同じような環境で育っているのが当然のように思われることが面白かった )

農作業つながりで、ついでに教会に畑が造られている話をしてみたんですが、私が抱いた嫌悪感・違和感は全く伝わらなかったようです。


お隣の家が庭でニワトリを飼い始めたりする事に比べたら、近所とはいえ自分とは関係のない教会に畑が造られているなんて何でもないですね。
[PR]
by daysofWLA | 2012-08-16 18:15 | LA生活

ルシウス並に驚いた\(^▽^)/

実生活ではオリンピックを見てますが、まだ記事は6月分。追いつくぞ~

~~~~~~~

月曜日なのに有休をとってくれた友人が、焼肉&映画のデートに連れ出してくれました。
b0066900_973564.jpg

b0066900_9512.jpg


焼肉はこのボリュームで¥1680というお得なデラックス定食セット。
b0066900_95218.jpg

美味しいお店をたくさん知っている友人が行きつけにしているというお店なので、お味もgood!

食事のあとは関内から桜木町までてくてく歩いて、桜木町駅隣接のコレットマーレの映画館へ。
ワールドポーターズにワーナー系のシネコンが出来たときはずいぶん混雑したけれど、こんなに駅のそばに映画館が出来たら、わざわざあっちまで行く人は少ないでしょうね。
ましてや、すっかり古ぼけてしまった相鉄ムービルとかね。

上映まではしばらく時間があったのですが、友人がチケットを予約しておいてくれたのを先にチェックインしました。
スマートホンの画面のバーコードを発券機にピーッと読み込ませてました。
ハイテクぅ~!
(こういうのは、Fandagoでも出来るのかな~?)

家をでるときに母が「ブランケットを借りなさいよ!」と言っていて、よくわからずにいたのですが、映画館ではひざ掛けを貸してくれるんですね。
いつも映画が終わると冷え切ってしまうので、ありがたいサービスです。


観た映画は「テルマエ・ロマエ
古代ローマ人のお風呂設計技師ルシウスが、現代の日本にタイムスリップしてそのハイテクぶりにびっくりするというコメディです。

ルシウスだけでなく、私も十分に久しぶりの日本の映画館にびっくりさせられましたよ。
入れ替え制にもかかわらず、通常料金が1800円と言うのもね~。
封切から日にちがたっても割引がないというのもね~。
ブランケットのサービスがあるからしょうがないかな(笑)。

一緒に行った友人は高校生の頃からアベちゃんファンなので、サービスショットの連続にかなり満足していたみたいです(笑)。

アベちゃんだけでなく、ローマ人役を演じていた他の日本人キャストはみ~んな濃い系で、エキストラの外国人に混ざっても違和感がないのが面白かったです。

映画館で見なくてもいい感じの映画ではあるけれど、ふかふかの椅子に座ってウヒヒヒ~と大笑いしながら見るのは楽しかったな。友達と映画に行くっていうのも久しぶりでしたしね。

普段だったら、このあと呑みに行ったりカラオケ行ったりのフルコースというチョイスもあったけれど、今回は映画のあとコーヒーを飲んでおとなしく解散しました。
[PR]
by daysofWLA | 2012-06-25 11:57 | 旅行のこと

押しつけ親孝行?(父バージョン)

日本に買って帰ったお土産の中にGhirardelliのブラウニーミックスがありました。

これは母用ではなくて父用。
”趣味の友達との集まりにお菓子を作って持って行ってる”との情報(愚痴?)が母から入っていたのです。

箱の裏にイラスト入りで作り方も書いてあるし(英語だけど)、アメリカサイズの計量カップも一緒に渡したので(まぁなんて親切!)大丈夫でしょう~と思っていたら、、、大丈夫ではなかったようです。

夫の実家に滞在中には作っておらず、戻ってきた私を待ちかねていたように、
「お父さん、コレ作ってみようと思うんだけど~」と言ってきました。

友人と話すとどこのお家でも同じようですが、とにかく父親というのは「モノの教わり方が下手」だと思います。
なので、何ごとも上から目線というか、偉そう?(笑)。
それを横から母親が「インターネットで調べればいいじゃな~い」等と、口を挟もうものなら、あっという間に沸点に到達して、仲良くお菓子作りの予定が、、、、、。嗚呼。

二人のご機嫌を取りつつ、父をリビングのパソコン前に座らせて、
・単位換算
・オーブンシートの使い方
・クックパットで似たようなレシピを探す
等のページを開いて説明しましたよ。
「そうなのかぁ(お父さん知らなかったなぁ、テヘ)」と聞いていればかわいげがあるのに
「そうだろぅ(だと思ってたよ)」のような口ぶりなのよねぇ。
まったく。

全てのページを印刷しようとする手を制し、ブックマークに保存させて下準備の準備くらいが完了。

30分もあれば作れるかな~と思っていたけれど、夕ごはんの準備の時間に食い込むほどになってしまい、今度は母のご機嫌が斜め方向に、、、、、、。嗚呼。

そんなこんなで、焼き上がった「初めてのブラウニー」がこれです。
b0066900_9412378.jpg


宿題として、100円ショップで紙のお菓子型とラッピングを買ってきてお土産用を焼く、というのを提案したんだけど、やったかな?
[PR]
by daysofWLA | 2012-06-24 17:11 | myself