タグ:自動車 ( 14 ) タグの人気記事

けがの功名

先日、車上荒らし(英語だとbreak inというらしいです)で割られてしまった窓ガラスは、次の日に修理屋さんが来て、直してくれました。

掃除機持参で、車内に落ちたガラスの破片もきれいにお掃除してくれたのでもうすっかり元通り。

その修理の人が、「タイヤの1本がバーストしそうになっているよ」と教えてくれて、見ると本当に変な形に盛り上がっている部分があって(ゴムの内部が割れているらしい)デベソみたい。

「もしフリーウェイ走行中にバースト、、、そして事故なんてことになったら、大変だ」と、今日タイヤの交換をしました。

タイヤやさん曰く、「いつ破裂してもおかしくない」という腹部動脈瘤みたいな状態だったらしく。車上荒らしは嫌なことだけれど、タイヤに気づくきっかけになったのは良かったのかな。


おまけ;
タイヤ交換を待っている間に、BestBuy(家電量販店)に行って、iPadを触ったり、最新型のシステムキッチンのデモで焼きたてのクッキーを試食したり、ホームシアターコーナーでカンフーパンダを観たり(途中まで)しました。
[PR]
by daysofWLA | 2010-04-03 12:18 | LA生活

やられたぁっっ (;。;)

2,3週間前に、急に思い立って車の中を片付けたワタシ。

後部座席に、もうボロボロになってページがちぎれたりしているThomas Guide(アメリカで定番の道路地図)やら、プリントしたgoogle mapのルート案内やら、BridgeやLighthouse(LA地域のフリーペーパー)なんかが散らばっていたのですよ。
それらを整理して、使っていなかった書類バッグ(学会に行ったときにもらったもの)に入れて、スッキリさせたのです。

バッグにはポケットも付いているので、ポケットティッシュや緊急用のサングラス(コンタクトを買ったときにおまけで付いてきたもの)を入れて、大きいポケットには膝掛けになるマフラーをいれて、我ながら良いアイデアだなぁとおもって、、、

ました。


今日の昼休みに家に帰ってきたときに、荷物を置きに車に行ったら、無いのです。
そのバッグが。

というか、なんか地面にガラスが落ちてるなぁ、、、と見たら、割られてました。後部座席の窓。

そう、車上荒らし。

車の中もガラスの破片だらけ。

ノートパソコンでも入っているように見えたんでしょうね。
見えるところに、置いといた方が悪いんでしょうね。

でも、一応ゲート付きのアパートの駐車場なんですよ。

見つけたときに、ちょうど通りかかったマネージャーには「警察に電話して(自分では何も対応しない)」といわれるし、
電話した警察にも、「犯人を見ていない」ならと、緊急じゃない番号に回され、
つながったと思ったら、hold onのひと言で15分くらい待たされたあとで
「今、busyだから1時間後にかけ直して」
なんて言われるし。。。

幸い、取られたものは↑に書いたような、無くなっても困らないものだったんで、
良かったですけど。
(泥棒も開けてがっかりしただろうなぁ、バカだよなぁ)

窓ガラスがねぇ。
夕方、出かける用事があったので窓無しで運転したけど、寒かった。
隣の車線に止まった車の人には、びっくりされるしね。


結局、夜に帰ってきてからダメ元でもういちど警察に電話したら、今度は割と良い人にあたって、
それでも「レポートを提出しに警察署に来れば?」と言うのを、
「犯人が残していったようなモノが落ちてる」と伝えたら、来てくれることになりました。

「他のところから盗んで金目のものだけ抜いて捨てたらしきバッグ」がうちのパーキングに落ちていたんです。銀行のチェックブックも入ってたから持ち主は分かりそうですけど。

そんなこんなで、警察官が来ました。
夫が対応してくれて、レポート出して、証拠品の書類も作ったそうです。
車についている指紋とかは取ったりしないんですね。

その途中で、同じガレージを使っている別の住人が帰ってきて、

「うちのもやられたの!」

そちらはメルセデスで、しかも助手席だそうです。
うちよりも、お気の毒だわ。
修理代、高そう。

前にこのアパートに住んでいた人によると、数年前にも車上荒らしがあって、他にはメルセデスを盗まれた(車を持って行かれた)人もいたそう。

そんな物騒なアパートなんて、聞いてなかったよ〜。
何度も狙われているんだからセキュリティカメラくらいつけて欲しいなぁ。

犯人が住人だったりしたら気持ち悪いなぁ。
ぁぁぁ、考えないようにしよ。

教訓;車の中にモノを置いてはいけません。
[PR]
by daysofWLA | 2010-03-30 14:15 | 困ったこと

Zipcarのシミュレーション

東海岸の方で広まっていたZipcarというカーシェアリングのシステム。
UCLAの辺りにもやってきたんだそうです。

ボディに緑色の「Z」マークが付いています。
車種はプリウス、シビックなどのハイブリッド車からBMWやピックアップトラックなどもあるようです。

調べてみたら、うちから徒歩圏内にいくつもZipcarのパーキングスポットがあったので、シミュレーションしてみました。

Zipcarの利用料金は $8-9/時 もしくは$72/日(週末価格)

うちの普段の生活だと、車に乗って出かける時間が
通勤 0
ギター教室 2時間/週 >>>約$20
週末の買い物含めたお出かけ 5時間くらい>>> $72にしとこう
といったところ。

1年分で計算すると、92x52週=4784 +年会費$35x2 >>>>約$5000

これは、自動車保険代とガソリン代が含まれた価格なので、
かなり安いのでは。
いまは、保険代だけで、$1500/年くらい払っているらしい。

歩いていける範囲にいくつもスーパーはあるから軽いものは徒歩で、重いものはまとめて買いに行くとか、本当に車が必要なときだけ乗るようにしたら、もっと減るかも。

でも、そんな計画的な生活が出来るかどうか(笑)。
「LAじゃ車が無いとどこにも行けなーい!」と、脳がすっかり思い込んでいますから。
どれだけ都合良く予約できるかにもよるだろうなぁ。

Zipcarの使い方
[PR]
by daysofWLA | 2010-01-20 00:11 | LA生活

Valet Parkingにご注意

いつものタイレストランで夕ご飯を食べて、さあ帰ろうというとき、
Valetのカウンターに行くと、うちの分の鍵がないみたいです。

スタッフの人がParking内をぐるぐる走り回って、車はあったのですが、鍵はついておらず。。。

車内やタイヤの上など探しても結局見つからず、、、。

どうやら、よその人の車に置き忘れたようです。
いちいちナンバーなど控えているわけもないので探す手立てはなく。
見つけた人が、parkingに届けるなんて事、無いだろうなぁ。。

幸い、スペアキーを持っていたので家には帰れましたが、預けたキーホルダーには、車のマスターキーだけでなくアパートの鍵(エントランス、部屋のドア用2つ、メールボックス用)、夫の職場の鍵数個がついていたので、無くなるとかなり大変です。
そして、誰かが持っているかもしれないということが、ちょっと気持ち悪いです。

会社にクレームしても、今のところ「車の鍵(を再発行)の分しか保証できない」と言われています。
うちとしては、車の鍵全交換、できればアパートのドアの鍵も用心のために交換して欲しいところなのですが、、、。
会社としては、車の鍵以外を預けた方が悪いという主張で来る様子です。



みなさんも、お気をつけくださいませ。
[PR]
by daysofWLA | 2009-08-02 20:54 | 困ったこと

罰ゲーム

朝からものすごーく眠くて、ヨガのクラスにも起きられなかった土曜日。

冷蔵庫空っぽだけど午後からギターのクラスがあるし、そのあと食料品の買い物に行けばいいかなぁと、のんびり支度をしていると、ギターの先生から電話あり。
「急用のため、今日のレッスンを別の日に振り替えさせて」
とのことでした。

出かけなくて良いと分かったら、また強烈に眠くなってきて、買い物に行くことも出来ず6時過ぎまで爆睡。


土曜日なのに一日働いて帰ってきた夫と、買い物がてらいつものChineseで夕ご飯を食べてしまおうとガレージへ。

車に近づいてみると、トランクが開いてます。
あれぇ?
ドアの鍵を開けようとしても、ボタンが効かず、、、

バッテリーが切れちゃってました。

最後に乗ったのは、私。それも先週の日曜日。
買い物のあと荷物を下ろして、ちゃんと閉めてなかったみたいです。

あぁ。


仕方なく、歩いていける近所のChineseへ。
土曜日の夕ご飯時なのに、他のお客は一人もいないし、ウェイトレスさんは具合が悪いのか空いたテーブルで突っ伏して寝ているし。
ウェイターさんはやっと注文取りに来たと思ったら、なんだか横柄だし。

嫌な予感はしていたものの、

出てきたお料理、劇マズでした。
これって、罰ゲームですか?っていうくらい。
車のバッテリー切らしたから、お仕置きですか?
それにしても、連帯責任になった夫もかわいそうだこと。


バッテリーが切れてないときに行ったら、もうちょっとまともなお料理を出してくれるんでしょうか?(笑)


明日の朝、AAAを呼んで車を直してもらおう〜。
[PR]
by daysofWLA | 2009-07-11 18:46 | 困ったこと

ヘッドライトの交換

4/29のこと、しばらくぶりで夜に運転して帰ってきたら、車のヘッドライトが片方切れているのに気がつきました。

切れたままで走っていてお巡りさんに見つかると、整備不良で”罰金”なので、急いで交換しなくてはなりません。


ヘッドライトって、あの四角くてデカイのを取り替えるのかと思って調べてみると、真ん中の電球だけを取り替えれば良いらしいと分かりました。
しかも、自分で出来そうなビデオも発見。(注!:音がでます)
How to replace headlight bulb


電球は近所のPepBoysというカー用品屋さんで売っていそうなのでそこに行ってみました。
お店にはいったとたんに、なにやら全体に”やるきのない”雰囲気が漂っています。

そこは、工場も併設してあるのですが、電球のありかを教えてくれた店員さんはメカニックに関する知識はほとんど無い様子。
2台のレジ両方に人がいて、並んでいる人もいないのに清算もなかなかしてくれず。

工場の方の受付にいたおじさん(修理担当の人で自分の仕事が終わって帰る前にたまたまフロントにいた人らしい)に聞いてみると、「そんなの簡単だから自分で出来るよ、どうやるか教えてあげよう」と車の前を開けてくれました。

ビデオを見たときは出来そうだなと思ったのですが、実際はホコリやオイルでかなり内部が汚れていたのと、電球を引き抜くのがちょっと硬そうで、爪が折れそうだったので、やっぱりお店に頼むことに。

さっきのおじさんはもう帰ってしまって、遅番の修理の人(たった一人)の手が空き次第やってくれたようで、最初に言われた時間よりは早く終わったのですが、そのあとフロントで修理伝票を発行するのに待ち時間が15分ほど、そのあとまたお店のレジで清算して、修理フロントに預けてある鍵を受け取るのにまた15分ほど待たされたのが響いて、お店についてから出るまで1時間もかかってしまいました。
(ヨガのクラスに間に合わなかったー!!!)

修理フロントの人が一人しか居らず、ひとつのことしか一度に出来ないタイプだったのが原因でしょう。
修理の人の感じがよいのを、フロントが台無しにしている気がします。
しかも、フロント内に何も手伝わない人がただ座っていて、(たぶん誰かを待っているとか、店員さんではなかったのかもしれない)「手が足りないのになぜ手伝わない~~」感を増長していました。

私よりあとに来た人には、車で20分ほどかかる別のお店の方が早いと勧めたり(でもその時点で、10分くらい話し込んだあとだった)、次の日の予約を取りながら「予約を入れてもその時間より前に予約無しで来た人がいたらそっちを先に始めちゃうから1時間くらい待ってもらうかも」といったり、なんとも効率の悪いお店でした。

軍手持参で自分でやってみればよかったのでしょうが、、、ま、日没前に新しいランプが付いたので良しとしないといけないのかなぁ。
[PR]
by daysofWLA | 2009-04-30 18:30 | 困ったこと

おかえり!

修理に出していた車がようやく帰ってきました。
預けてから、かれこれ1ヶ月経ってしまいました。

どうも保険会社と提携している修理工場って言うのは、可能な限り時間を掛けるようですね。
というのも、修理費用を見積もってしまえば、免責額以上の費用は自動的に保険会社から修理工場に払われるわけで、安いパーツを取り寄せて材料費を削減しようと、のべ日数を稼ごうと、お店の裁量次第。

夫が途中何回か電話した時も、「中古のパーツが出るのを”待っていた”けど、(出ないので)新品を取り寄せることにする」とか言っていたそうですから。

ともあれ、帰ってきた車は、事故で壊れた左側は凹みもなく、新車のようにピカピカ。
激しく凹んだボディの一部は切り取って、別の車からとったパーツをつなぎ合わせるなんて聞いていたものだから、フランケンシュタインのようにつぎはぎのある車になってしまうのでは、と心配していましたが、腕の良い美容整形みたいに綺麗に治ってました。
その分、反対側は、以前にこすった擦り傷などが残っていて、中古車感たっぷり漂います。
どうせ修理部分の塗装をするのだから、あまったペンキでちょちょっと塗ってくれればいいのになぁ、、、なんて思ったのですが。

せっかく直したのだから、大事に乗らないとねぇ。
[PR]
by daysofWLA | 2008-11-13 09:39 | 困ったこと

アメリカでの事故処理手続き

1)相手とDriver'sLicence#、insulance#などを交換。
警察はけが人が居ない場合は呼ぶ必要が無いと聞いていたので、呼ばず。
もし目撃者が居る場合(後続車など)は、あとで証人になってもらうことも出来るので、その人の連絡先を聞いておくのもよいとのこと。

2)保険会社に連絡
日時、発生場所、事故の状況などを説明

3)保険会社のadjusterから連絡がある
詳細な説明をする。
この人が相手の保険会社と連絡を取るらしい。
アメリカの場合、細かい状況がいろいろあっても、道路の優先車線や、車が動いていたか、停まっていたかによって責任が決まってしまうらしく、100:0でどちらか一方の責任になるようです。
ちなみに今回は100%うちの責任になりました。

4)保険会社と提携している修理工場にもっていき、修理額の見積もりをしてもらう。
保険会社からは、その金額から免責額を引いたものが支払われることになる。
小切手だけをもらって、もっと安く修理してくれそうなメカニックをさがしたり、直さずそのまま乗り続けたり、売ってしまうことも可能。
走行に問題のない損傷の場合、事故暦は残るが、修理すれば事故前の査定額に近い値段で売れるらしい。

5)修理中のレンタカー費用は保険でカバーされる。(そういうオプションをつけていた場合)
ただし、カバーされる金額は最低ランクの車になるので、もっといい車に乗りたい場合は差額を自己負担。
レンタルカーの損傷(ボディこすったり、駐車場でドアを当てられたり)に関しては、自分の車にかけていた保険を使うことも出来るし、通常のレンタカー用の保険を1日単位で買うことも可能。
[PR]
by daysofWLA | 2008-10-28 10:22 | 困ったこと

おそるべし、厄年

日本にいる時から、何度か車の事故を起こしていた私。
アメリカに来てからは、「(私の)運転が下手だから、隣に乗るのは嫌だ」と運転するのはもっぱら夫になったのもあって、事故といえば駐車場で当て逃げされたくらい。

そんな中、ただいま夫は厄年真っ盛り。
去年、日本に帰った時に京都のお寺でおみくじをひいたら”凶”。
お坊さんが説明してくれて、「そういえば、このところ良いこと無いよね」と。
そんな厄年もあと数ヶ月で明けるのかなぁ、、、などと話していたら、

やってしまいましたよ。
初交通事故by夫。

日本のお義母さんがたくさん持たせてくれた交通安全のお守り(車の中にいっぱいぶら下げてある)が効いたのか、さいわいにも相手もうちも怪我はなく。
車も走る分には問題なく。

ただ、かなりかわいそうな姿になってしまいました。
左後方がべっこり凹んで、ライトは電球を残して粉々に。
(これも、電球は残っているので、装備不良にはならず?)

はぁ。
このあいだ完璧に修理したばっかりで、あと数年は頑張ってもらおうと言っていたのに。。。。
相手もちゃんと保険に入っている人だったので、良かったですが。
修理費はどうなることやら。。。
[PR]
by daysofWLA | 2008-10-06 19:07 | 困ったこと

スモッグ テスト 2007

車のスモッグテストに行ってきました。
b0066900_1551462.jpg

お尻(排気ガスのダクト)になにか棒をつっこまれている、うちのクルマ!!
(動物の体温計みたいだ〜!)

20分くらいで終わるといわれて、通りの向かいのCoffee Beans & Tea leafでアイスティーを買って戻って待つことしばらく、、、、
「もうちょっと時間良いですか?コンピューターに入れないといけないので、、、」
と聞かれて、さらに待つことしばらく、、、

気づいたら1時間以上待っていたみたいです。
(本を読んでいたので気づかなかった。。。)

で、おじさんがやってきて「すみません、機械が壊れていて人を呼んでいるんだけど、、、テストはパスしているんだけど、、、書類は残しておくので、明日の朝でなおしてくれませんか?」
というようなことなので、

帰ってきました(爆)。

More
[PR]
by daysofWLA | 2007-10-24 13:29 | LA生活