タグ:舞台 ( 6 ) タグの人気記事

KA @ MGM Grand

夜のストリップは大渋滞。
b0066900_15224489.jpg

b0066900_1523014.jpg

b0066900_15231727.jpg

でもローマあり、パリあり、モナコありできれいですね。
ついに、MGM Grandまでたどり着きました。
b0066900_15245099.jpg



実をいうと、前日にチケットを引き取りに来た際に、MGMのカジノエリアが他のホテルに比べて猛烈にタバコ臭くて、なるべくぎりぎりに会場に入りたいと思っていたのですけれどね。

ベラジオにいるのも退屈になってきちゃったんで、もう1回ライオンをみればいいかと少し早めに着いたら、Lion Habitatは夜7時でおしまいでした。

これは、前の日に見たライオン。
広い広いカジノの一角にガラス張りのライオンコーナーがあるのです。
橋の上で寝るライオン2頭と、付き人。
b0066900_15111539.jpg

b0066900_151281.jpg

肉球でかいねー。
リラックスするとベロが出ちゃうのはネコと同じなのね。


KAのショップ。
なぜか、マネキンがヨガのポーズです。
ちなみにショーの内容にヨガは全く関係ありませんでした。
b0066900_15144037.jpg


さてさて、私にとっては1日目のLOVEよりも期待度が高かったKAです。
がっ、

水のショーOに対して、火のショーだと思っていたら期待はずれ。

他のショーと同様、どこだかわからない国の不思議な物語と思っていたら、それも期待はずれ。

アクロバット満載の、ドキドキサーカスを期待していたら、それもなんか違~う。

のでした。

レビューを見ると、ものすごく良かったという人もいたのですが、
私にとっては「いまいちだなぁ」というシーンの連続で、
シルク・ド・ソレイユ好きとしてはかなりがっかりしてしまいました。
好みの問題でしょうけれど。。。

ネタバレになるので、つづきはmoreで。

More
[PR]
by daysofWLA | 2009-12-29 21:30 | 観たもの

LOVE@Mirage

b0066900_13415385.jpg

1日目の夜のショー。
シルク・ド・ソレイユのショーの中では異色の、ビートルズの歌を元に作られたモノだそうです。
実をいうと、「そっくりさんによるものまねショーっぽいのかな」とあんまり期待をしていなかったのですが、、、、


!!!百聞は一見にしかぁぁぁぁぁず!!!

b0066900_13422826.jpg

b0066900_13424337.jpg



シアター入り口のかっこよさに、ショーを見る前からワクワクしました。
昼間、チケットをピックアップに行った時点でTシャツを衝動買い。
黄色くてかわいいでしょ。
b0066900_13433088.jpg


ショーが始まってみると、おなじみのビートルズソングに乗せて、かわいらしいキャラが縦横無尽に飛び回るのです。
すり鉢状の客席の真ん中にステージがあるのですが、舞台袖が縦横4方向にあってキャストが出たり入ったり、客席上方にはスクリーンがあって、天井からはロープが降りてくる、、、とどこを見ていたらいいのか、忙しいったらありません。

どこを見ていても楽しいです。
シートの背もたれに内蔵されているスピーカーからは、ステージの大スピーカーとは別の音が聞こえるのも効果的だなぁと思いました。
b0066900_13473943.jpg

私たちの席は上の方で、かなり全体を見渡せましたが、ステージに近い方だとまた違ったおもしろさだったでしょう。

クライマックスの一つ”白い布”のシーンを、私たちは上から見ていたのですが、下から見る人にはどうなっていたのか気になります。


これまで見たシルクドソレイユのショーは「言語がわからない人にも楽しめるように」と、どこの国のモノでもない台詞や歌詞とともに演じられていました。
このLoveに関しては、知っている曲に合わせてアクロバットを見るのはなんて楽しいんだろうという感動がありました。


ビートルズを知らない人でも楽しめる、好きな人にはきっとすごく気に入るショーだと思います。
会場から出るときにはきっとLoveに包まれた気分になることでしょう。
[PR]
by daysofWLA | 2009-12-27 21:30 | 観たもの

Mystere at Tresure Island

トレジャーアイランドが ”TI”になったのに、ついついTJと言ってしまうのは私だけ?

この日はゆっくり起きて、フードコートでお昼。
b0066900_17163274.jpg

ストリップを渡って夜のショーのチケットを引き取りに行き、ファッションショーモールをひやかして、Wynnで休憩。
b0066900_1717129.jpg

やっぱり噴水ショーも見たい、、、とベラッジオまで歩いて、
b0066900_17174497.jpg

Venetianに戻って、早めのディナー。
b0066900_17182191.jpg


そして7時のショーを観に再びTIへ。。。という一日でした。

Venetianって、こうして歩くのにはとっても便利な場所にあるホテルです。

Mystere良かった〜
[PR]
by daysofWLA | 2007-12-26 19:00 | 観たもの

Corteo

b0066900_13114245.jpg


職場で隣の席の学生さんから「ぼく、昨日シルク・ド・ソレイユのショーに行って来たんだ」と聞いたのは、2ヶ月ほど前のこと。
なんでも、彼の友人の所属している部署(臨床系)に怪我をしたActorさんが来たらしく、そのお礼にくれた数枚のリハーサルチケットがあまったので、声がかかったそうなのです。
つまり、ただ。
リハーサルとはいえ、もう舞台装置も衣装も本番通りだったそうで、「よかったよ〜」というので、わが家もチケットを買ったという次第でした。

お誕生日月間なのでネ。

写真はAmerican Expressカードでチケット購入した場合に、会場でもらえる簡単なパンフレット。
中に$5offチケットがあって、おみやげ物コーナーで使えるみたいです。
ポップコーン代くらいですね。

今回は、舞台の右袖、前から3番目という、とても臨場感溢れる席でした。
パーカッションのすぐ前だったので、うるさいかな?と心配したのですが、音は気にならず。
最初のパフォーマンスでは、とあるモノに乗ったきれいなお姉さんが、手が届くほどの所まで迫ってきたり、そのあとのパフォーマンスでは、大きなバフバフしたモノが飛んできて、それをピエロさんに投げ返したりと、楽しい席でした。
衣装やメイクもばっちり見えました。

角度的に、ステージを正面から見るのではなく、ほぼ真横からみる席だったので、アクロバットも違ったように見えていたんじゃないかと思います。

これまで観たシルクドソレイユのショーとは違っていて、ストーリーに重点を置いて、物語の世界に引き込もうとしているのかなという感じを受けましたが、私はもっと、あり得ないほどクネクネまがったり、ビョンビョン飛んだりする方が好きなんだなぁ。。。。
なので、一番良かったショーはと聞かれると、サルティンバンコなのです。

というわけで、eugeenさん、わが家もあの会場にいたのですよ〜。

で、こんなお馬鹿なことをして遊んでいました(笑)。

More
[PR]
by daysofWLA | 2007-10-19 20:00 | 観たもの

The Lion King

ミュージカルを見てきました。

我が家は二人とも10月が誕生日なので、そのお祝いに、ちょうどラジオでチケット発売の宣伝をしていた、ライオン・キングをおねだりしてみたのです。
偶然に、同じく誕生日ギフトでご主人がチケットをとってくださったという、mikiさんご夫妻にも会場でお会いできて、開演前に楽しくお話しさせていただきました。(^.^)

ミュージカルなんて、ずいぶん久しぶりで、(アメリカで見るのは初めてだし)、駐車場でずいぶんとドレスアップした人がいるのにまずびびりました。
でも、会場にはいると、普段着の人が大部分で一安心。
(オペラだったら、ちゃんとドレスアップしていかないといけないんでしょうね。。。。)

ストーリーは映画と同じと聞いていたのですが、衣装というか動物コスチュームのアイデアが面白くて、前半は目が釘付けでした。
とくに、オープニングでは、あっちこっちから動物がうじゃうじゃ出て楽しいです。

動物の役なのに、せりふを言うときは演じる役者さんの顔が見えているのですが、上手な人になると、動物の顔の部分に自然に目がいって、動物が演じているようにみえてくるのが、不思議です。

後半は少し、見る方がだれてしまったのですが、なかなか迫力があって面白い舞台でした。
[PR]
by daysofWLA | 2006-12-01 20:00 | 観たもの

BALLET-FLAMENCO---Sara Baras

スペインの有名なダンサーSara barasによるショーを見てきました。
フラメンコ自体、見るのは初めてでしたが、まずステップの速さに驚かされました。
そして、バレーの雰囲気のある、きれいなフレアーラインの衣装、ギターやバイオリンによる演奏と、フラメンコソング、どれもシンプルなのですが組み合わさって情熱的なステージを作り上げていました。

女性ダンサー達の群舞も手の動き、スカートの裾さばきが美しかったのですが、Saraのソロとなると、ステップが桁違いに上手いというのが素人目にも明らか。
一体1秒間に何ステップ踏んでいるのだろうかと。。。
男性ゲストダンサーと組んで踊っても、力強さにひけをとりません。かといって、ムキムキの逞しい足ではなく、きれいなおみ足なのです。

日本でも5月に公演があるようなので、ぜひ友達に勧めなくてはという気になりました。

ちなみに、今回の会場はUCLA内のRoyce Holl。
あまり大きなホールではありませんが、内装がとても綺麗で素敵でした。
[PR]
by daysofWLA | 2005-02-09 14:28 | 観たもの