人気ブログランキング |

ホームレス中学生

そういえば、ちょっと前に読んだのでした。

お笑いの”麒麟”の田村さんが書いた本です。
有名なので、皆さんご存知ですね。

本人が中2、お姉さんが高校生、お兄さんが大学生の1学期最後の日に、学校から帰ってみると家が差し押さえられていて、あっけに取られる子供たちにお父さんが「解散!」と告げてどこかへ行ってしまうというお話し。

”すべらない話”などで聞いた内容がほとんどなので、あまり新鮮さがなかったのと、関西テーストのとつとつとした語りで進むので、さら~っと読み終わってしまいましたが、
冷静に考えてみると、ある意味、親に見捨てられてしまったのですから、すごい話。

ラッキーだったのは、兄弟が自分たちで働けるほど大きかったこと、周りの人が親切に助けてくれたことでしょう。

公園生活という極限を知った自分のことを、「お湯の温かさだけで幸せを感じることが出来る男」なんて笑っているけれど、何かひどい目にあわないうちに、ちゃんとした生活に戻れてよかったなぁと思いました。
by daysofWLA | 2008-12-11 11:08 | 読んだもの
<< 久しぶりにリトルトーキョーへ たのしい”びびなび” >>