人気ブログランキング |

よみがえる記憶

ふだん料理をする際はほとんどレシピは見ない私が、めずらしく、ほぼ忠実に作ってみました。

なぜならば、この人のレシピ通りにして美味しくないはずがないと思ったから。
この人とは、美味しそうなものいっぱいで、観ているだけで幸せになった映画、「かもめ食堂」でもフードコーディネーターをつとめられた、飯島奈美さん。
”ほぼ日”で連載されていたお料理がまた、どれも美味しそうなのです。

その中にハンバーグがありまして、”貧血気味の時は肉をたべる”気分になりますので、作ってみたというわけです。

主な材料の分量はレシピ通りですが、タマネギのみじん切りと肉をこねるステップは、フープロに任せました。
パン粉をひたす牛乳(←買わないので)は椎茸の戻し汁で代用。
ソースは、ケチャップ+バルサミコ+醤油にアレンジ。

焼き方も、タイマーをセットして、きっちり指示通りの時間を守りました。
そしたら、まぁ、

こんなに美味しそうにできたんですよっ。
元のレシピでは付け合わせもかなり美味しそうなのですが、ここはぐっと堪えて、メタボな人の平日の夕食バージョンで、ゆでモヤシのみとしました(笑)
b0066900_16362667.jpg




一口食べて、そのジューシーさと、フワフワ感に感動しました。
すばらしいレシピだわ。
b0066900_16395989.jpg

で、次の瞬間、仙台に住んでいた頃に食べた、行列のできるハンバーグやさんの名前をふと思い出したのです。
は、はせ、、はせくら

そのお店のとおなじ位、フワフワだったんですっ!今日のハンバーグも!
こんなに美味しいハンバーグが作れたことを、3年前の自分に教えてあげたいです。

ちなみに、テフロンを買い換えるか迷っていたフライパンは、ナッツを炒る用にフリマで買った重たいフライパンがあることを思い出し、とりあえず使ってみました。
前の持ち主が上手にシーズニングしていたのか、炒りナッツに使っていたのが良かったのか、テフロン並に焦げ付き知らず。
餃子はもちろん、魚のソテーなどもとっても良い感じに焼けるのです。
もちろん今日のハンバーグも。
by daysofWLA | 2009-04-03 21:00 | 食べること
<< お手軽園芸 Bikram Yoga初挑戦 >>