人気ブログランキング |

姉妹都市の話

今日は、歯の定期クリーニングでした。
ここ数回担当してもらっているCさんは、Hygenistにしては珍しく(そうでもないのかしら?でも女性の方が多いイメージ)男性です。

「久しぶりだねー、どっか旅行とか行った?」なんて具合にソーシャルトークは始まります。
私の方はあんまり話すネタもないので、”How about you?”と話題を振ってみると、

「実はねー、日本に行ってきたんだよ」とのこと。
春頃にUCLAの歯医者さん数名が日本に行ったことは知っていたので、それに同行したのかなと思いつつ、続きを聞いてみると、

「大阪の貝塚市に行った」というのです。

それ、どこ?

知り合いでもいるのかしらと思ったら、
なんでも、貝塚市というのがCulverCity(WLAの近くにある市です)と姉妹都市という縁で、両地で開催される市民マラソンにランナーを招待し合っているのだとか。
フルマラソン4時間の記録という選考基準をパスしたCさんはみごと今年の招待ランナーに選ばれて大阪のマラソンを走りに行ってきたんだそうです。

え〜!
いわれてみれば、引き締まって、運動しているっぽい人ですけど。

大阪では、ホームステイ先のお家では上げ膳据え膳・お土産付きで歓待され、一緒にカルバーシティから招待された女性ランナーや他の都市からの招待選手とともに、市長主催のバンケットにでたり、マラソン当日には最前列でスタート、翌日は京都観光で雪の金閣をみたり、、、ととっても楽しい思い出になったのだそうです。

姉妹都市って、名前だけではなくてそういう市民の交流イベントもやっているのですね。

後で調べたところによると、その昔活躍した全日本バレーボールチーム”東洋の魔女”がアメリカで親善試合をしたときにカルバーシティがホストになったこと。そして、そのチームの中核選手達が所属していたチーム、ユニチカが貝塚市にあったところから、カルバーシティと貝塚市が姉妹提携を結んだのが始まりなんですって。
いまは、ユニチカチームも移転してしまいましたが、町としてバレーボールが盛んだったりという名残はあるようです。
そして、カルバーシティの図書館には貝塚市が贈呈した日本庭園があるんですって。

私には全く関係のない土地だったりするわけですが、日本に行ってきたアメリカ人からとっても楽しかったよという話を聞くのは、何とも嬉しいものですね。


おかげさまで、歯もすっかりきれいにしてもらえ、ふだんの歯磨きもちゃんとできているそうで、良かったです(^.^)。
by daysofWLA | 2009-07-13 15:10 | LA生活
<< くるくる復活 アメリカンBeef食べ比べ >>