人気ブログランキング |

行方不明

おかげさまでValet Parking鍵束事件は和解のめどが立ってきた今日この頃、またもや新たなトラブル発生です(爆)。

ことの始まりは、ネットショッピング。

お友達と分けようと大容量パックのものを注文しました。量が多いので値段もそれなり。
数日たって、お店からの”注文受け付けました”メールを見直してみると、私の入力したアドレスが間違っているのです。
(番地が本当は135のところ、間違って153になっている感じ)

あわてて、お店に連絡をとってみたところ、すでに商品は発送されていてあと2日ほどで配達予定となっていました。

トラッキング番号を教えてもらって、UPS(宅配会社)に電話してみるも、
「輸送中なので何の手立てもとれない。配達日にまた連絡して」といわれます。

ちなみに、このカスタマーセンターの電話が、また音声自動認識で、選択肢を電話口で叫んだり、トラッキングナンバーを読み上げたりしないといけないのですが、何度か電話しているうちに
最初から”agent”と叫ぶと、そのままオペレーターにつないでくれることを習得しました。

さて、配達日。もちろん荷物は届かず、トラッキングシステム上でも
「正確な住所の取得を試みています」
のようなメッセージが表示されているのみ。これが先週の金曜です。
で、また電話。

オペレーターいわく、
「電話で配達先を変更することは出来ないので、来週月曜に集荷センターにピックアップに行くか、火曜日に住所変更が出来るハガキが届くのを待ってください」。
集荷センターはLAのダウンタウンにあり、月曜には行かれないので(あとで、行ってもだめだったことが分かるのですが)ハガキを待つことにします。

ここでふと、”UPSは間違ったアドレスしか持っていないのに、どうしてハガキを届けられるのか”という疑問が湧きます。
オペレーターが言うには、UPSのドライバーは伝票にかかれた住所にしか届けないが、ハガキはUSPS(郵便局)によって配達され、USPSは正確な住所を推測して届けるから大丈夫!とのこと。
にわかには信じられませんが、選択肢としてはハガキを待つしかないのでしかたありません。

さて火曜日、今日こそハガキがくるんだろうなぁとおもいつつ、ふとウェブサイトでトラッキングをしてみると、
そこには、
「Delivered on Monday =月曜に配達済み!!!」の表示が。
詳細を見ると、”玄関先におきましたよ~~。受け取りサインは不要のアイテムでした”とあります。

うちのアパートには届いていなかったので、近所の番地が近いアパートを数件まわって聞いてみましたが、荷物はどこにもありません。

また電話です。agent!とさけんで、一人目のオペレーターを確保。
ただ、通話状態がかなり悪かったらしく、トラック番号を伝えるだけで10分もかかってしまいました。
そのあとのオペレータとは問題なかったので、ヘッドフォンやマイクの問題かな?(←買い換えろー)
オペレーターが配達された住所を読み上げるのですが、郵便番号すらまったく聞き覚えのない住所、広いLAのどこかということしか合っていません。

「おかしいですね~、トラブル担当の人に回します」とまわされて、番号と状況をイチから説明。
「どこか違う住所に配達されたんですね~、調査部に回します」とまた、まわされて説明しなおし、、、
調査部の人から、さらに調査部のスーパーバイザーみたいな人に回されて、まさしく、正真正銘のたらいまわし。
トラッキング番号を暗記してしまうのではないかという頃、
ようやく、聞き取り調査が始まりました。





さすがに、調査部のスーパーバイザーは対応もしっかりしていて、話しやすかったのだけが救いでした。

通話の途中で、オペレーターが発送元にも連絡を取ったりしていたので、30分くらいかかっちゃいました。
途中何度も「もうちょっとお待ちいただいてよろしいですか」と聞いてくるくせに、
「じゃあかけ直して」というと、「待っていただくしかないんです」というのです(それなら聞くな!)。
いちおう、「お待ちいただいてありがとうございます」とか「トラブルになってしまって申し訳ない」とか言うのですけどね。マニュアルなんだろうなぁ。

長~い待ち時間のあと、スーパーバイザーから告げられたUPS側のまとめとしては
・荷物の回収を試みる;そのために大きさや中身、包装形状などを質問されました
・荷物が回収できたとしたら、正確な住所に届ける;なぜだかここでは電話で住所変更を受け付けてくれるのです。
・今後の調査結果については、発送元(お店の人)とやりとりするので、詳細についてはお店に問い合わせるように

だそうです。

今となっては、ドライバーがまともに荷物を回収に行くとは思えないし、そもそもその住所に配達したのかも怪しい。

お、、、??
ってことは、
お店の人が交渉をやめてしまったら、うやむやになっちゃうということでしょうか?
もう代金はカードで払ってあるのに。(泣)

そもそも住所を入力し間違えたのは私なので、お店の人をやいやい急かすのは心苦しい気がします。

ああ、たった一文字、住所を間違えただけで大変なことになってしまいました。

そして私の荷物は今どこに?


電話の最中に、こちらが何言っているか通じなくてオペレーターに切られてしまう、、、って事がなくなっただけ、生活スキルは向上しているんでしょうか。はぁ。
by daysofWLA | 2009-08-27 17:32 | 困ったこと
<< No Meat Weekに挑戦 Whopperなブランチ >>