人気ブログランキング |

肉まん工場

横浜出身なので、豚まんとは言わないのだ。
中華街でも昔は豚まんなんて呼ばなかったのに、いつのまに?

涼しくなってくると、温かいものが食べたくなるのです。
ということで、肉まん作り。
b0066900_16202992.jpg

一度にたくさん作るとキッチンが工場っぽくなる。



b0066900_16213292.jpg

あんを包んで蒸し器の順番待ち。



b0066900_16244055.jpg

ふっくらホカホカ、15分で蒸し上がり〜。




b0066900_162804.jpg

断面SHOW。
お肉を減らしておからを入れたけどバレなかった。
あいかわらずウー・ウェンさんのレシピ(今回、あんは同發風にアレンジ)は美味しい。




b0066900_16241121.jpg

家で作ったのは、ちょっと時間が経つとしぼんじゃうのよねぇ。
いっぱい出来たから、明日のランチも肉まん。
お弁当に肉まんを持っていくなんて、中国人みたいだ…。


今日は縄跳び、50回連続で飛べました(^.^)小脳が思い出してきたかな?

追記(10/2/09)
同僚から、しぼまないコツを教えてもらいました。
1)生地の水分を極力少なくする
2)二次発酵(包んだあと、蒸すまで)を少し長めに取る
3)指定時間蒸したら、すぐに蒸し器のふたを開けない
4)グルテンの少ない小麦粉(アメリカのall purposeではなく、いわゆる薄力粉)の方がしぼまない

どれも思い当たる(レシピより水の量を増やしていたり、2回目に蒸した方が上手くいってたり)ことばかり。
あと、蒸し器に全部入らない場合は、薄く油を引いたフライパンに並べ、お湯を入れて焼き餃子のように蒸し焼きにしても美味しいそうです。その方が冷めてもしぼまないとのこと。

by daysofWLA | 2009-09-28 21:40 | 食べること
<< わからないことは訊いてみよう 衝撃の事実 >>