人気ブログランキング |

ホテル巡りつづき

カジノで少し遊んで、Bellagioに移動。
もちろん車で(爆)。
酔っぱらって良い気分のワタクシは、PlazzoからBellagioの移動中に寝てしまいました。
この2つのホテル間はすごく遠いというわけではないのですが。

あちこちのホテルを車で渡り歩くと、さっき停めたのがパーキングの何階だったかわからなくなりがちです。その点、ベラジオのパーキングは地下だったので覚えやすい。

ベラジオはとーっても混んでました。人の流れが多いこと。
大晦日に向けてお客さんが増えてきていたのかな。

「たしか有名なチョコレートやさんがあったはず」どうせならそこでお茶をしようと、Ballroomのある方へ歩いていくも見つからず、そっちの方にあったカフェ、Palioでケーキを食べました。
b0066900_1523533.jpg


これが美味しいのよー。
容れものになっている外側のチョコレートがものすごく美味しかった、、、と今、書きながら調べたら、お目当てのJean-Philippe Mauryのケーキだったようです。納得。
大きくて、2人で1個でもよかったのだと、半分くらい食べたところで気づきました。
b0066900_1535760.jpg

飲み物とケーキ2個ずつで、ぴったり$20だったので、
夫が「20ドル!?(ぴったりだね)」とおどけたところ、
レジの店員さんからは「はい、コーヒー2つとケーキ2つなので、$20でございます」と至極まじめなお答えが返ってきたとのこと。
ロサンゼルスだったら、「Yeah!ぴったり$20だよ!ビンゴ~」みたいなノリのアミーゴもいるんですけれどね。
b0066900_155870.jpg


このあとガーデンで写真を撮ったり、またまたちょこっとカジノをしたりして時間を潰しているうちに、ベラジオの別の端っこの方に、探していたJean-Philippe patissereを発見しました。
大きなチョコレートファウンテンもみられたし、お土産も買えました。

と、やっぱりベラジオ良いねぇ、また泊まりたいねぇ、なーんて良い気分になっているところで、夫の悲劇が発覚。
ラスベガス最後の夜のために残しておいたBenjamin Franklinが見つからないというのです。
朝、ひとりでEncoreのカジノで遊んでいたときに、確かにポケットに入れた記憶があるのに。
どうやら、どこかのカジノでコーヒーを頼んだときにカクテルレディーにチップとしてあげてしまったみたい。

かわいそうに。というか、本当だったら、もらったレディーは超ラッキーでしたね。

すっかり元気がなくなった挙句に、夕ごはんにまたNoodlesに行ってしまいました。
Noodles、べラジオの中にあるカジュアルレストランですが、良い記憶がないのです。
でも、昼間のケーキが重かったから、麺でいいかなとおもっちゃったのですよ。
案の定、席も店員の愛想はわるく、頼んだものはハズレで、罰ゲームのようでした(笑)。
b0066900_1512570.jpg


ごはんが不味いと元気がなくなります。
気を取り直して今夜のショーのためにMGMに移動します。

ああ、そういえば外を全然歩いてないので、噴水ショーも見ませんでした。
by daysofWLA | 2009-12-29 14:00 | 旅行のこと
<< KA @ MGM Grand ホテル巡り >>