人気ブログランキング |

圧倒的

ひゃーー。
女子フィギュア・フリースタイル終わりました。
金メダリストはここ数回、青のコスチュームという伝統になっているようでしたが、今回も。
b0066900_18175898.jpg

とっくに試合が終わっているのに、だらだらとホッケーやらジャンプやらアメリカが活躍してそうな種目をだらだらと放送しているNBCには全く困ったモノですが、、、。
まあ、アメリカのTVだからしょうがないよね。

それにしても、キム・ユナ。
何なんでしょう?あのスピードと演技力、そして身体のしなやかさ。
SPの時と同じく、鼻をかんで、水を飲んで、リンクの真ん中でキリッと目線を流すだけで空気をつかんでしまうのですね。
「むかつくぐらいに上手い」とは夫の談。

真央ちゃんも、技術的には見劣りしないのだけれど、魅せることに関しては差がありました。
ジャンプやスピンもとっても上手なのに、SPの時より緊張していたのかな。
ノーミスのキム・ユナのあとで、自分でもミスをしたのが悔しかったのでしょうね。
表彰式でも辛そうだった。
でもよく頑張ったよーー。

スケートの採点方法はよく分からないのですが、男子フィギュアでも4回転ジャンプを決めたプルシェンコの評価が低かったように、女子の場合もジャンプよりも全体の流れや美しい振り付けが評価される傾向にあるのかも。
結果を見れば、ロシア方式よりもアメリカ・カナダ方式のスケートが評価されている?
日本の選手のコーチがロシア人頼みって、もう古いの?
なんてことを思いました。

NBCの解説の人ってとってもあからさまで、同じアメリカ代表でもレイチェル・フラットばっかり褒めていたのですよ。滑走前は。
それが、長洲未来ちゃんが最後に滑って、4位に滑り込んだらガラッと手のひら返したように、褒めまくり。
未来ちゃんはSPの時より、スピード感も増していて、自信たっぷりに魅せる様子がとっても良かったです。次回は日本代表になればいいのにね。
そういえば、安藤美姫ちゃんも、「この人はジャンプだけです」なんて滑る前から酷評されていたんですよ。感じワルイったら。

とりとめのないところで、もう眠いので、今日はおしまい。
by daysofWLA | 2010-02-25 23:59 | TV
<< 細かく切ったの日 悲しいお知らせ >>