人気ブログランキング |

Did you hear about Morgans? / The Blind Side

図書館のDVDコーナーで借りてくるのもずいぶん習慣化してきました。
土曜日の朝にヨガのクラスが終わったあと、向かいの図書館に行ってHold(予約&最寄りの分館に配送依頼)しておいた日本語の本をピックアップに行くついでに、DVDの棚から軽いのと重いのを2つ選んで借ります。

DVDは貸出期間が2営業日なので、土曜日に借りると日・月の休館日を挟み火曜日まで借りられます。
そして火曜日に行くギタークラスの近くにも返却できる図書館があるというとても便利なロケーション。

というわけで、この週末に観たDVD。

まずは軽いの。
「Did you hear about Morgans?」
ヒュー様とSATCのサラジェシカ・パーカーが離婚寸前の夫婦役。
離婚寸前だったところで殺人犯を目撃してしまい、FBIのリロケーションプログラムによって、ド田舎に避難させられて、最終的にはよりを戻す~~~という、期待を裏切らないお気楽映画でした。
こういうの大好き。

ダメ男役がすっかり板に付いているヒュー様ですが、前に観た元アイドル役(music & lyrics)の時より、中年太りしていたのが役作りなのか、現実なのか(笑)

サラジェシカパーカーと並ぶと二人とも顔がシワシワ系なので、おじいちゃんとおばあちゃんに見えることもあったんですが、白人ってある程度の歳になると急に老けちゃいますね。


お次は重いの。
「The Blind Side」
サンドラ・ブルックが去年アカデミー賞をとった映画でした。
身寄りのない黒人の少年が、裕福な白人の子供達の通っている私立高校に転入し、彼がほぼホームレスだと言うことを知った、とーーーってもお金持ちの家族に養子として迎えられ、後にプロのフットボール選手になるという実話だそうです。

父親にはあったことが無く、母親は麻薬常習者で行方がしれず、12人の兄弟は離ればなれ。
16歳のいままで自分のベッドすら与えられたことがなかったという境遇。
一歩間違えば、近所にたむろしているギャング達と同じように、落ちていってしまいそうな状況ですが、悪いことはせず、お行儀も良く、寡黙で穏やかな性格という持って生まれた「良い子」の性質が救いの道をひきよせたのでしょう。
映画の中にも登場していましたが、白人で裕福な人の中にも、すさんだ生活をしている黒人の中にも下品な想像をする人はいるのです。


こちらに映画のキャストと実際の人物を並べたサイトがあります。なかなかよく雰囲気の似た役者さんが使われているなぁと感心しました。映画と実話の違いや、脚色してある部分などを読んでみたら、それも面白かったです。
by daysofWLA | 2010-10-25 17:23 | 観たもの
<< 学生寮のCafeteria CrocsをMammothに >>