人気ブログランキング |

インシテミル

すでに映画になっているミステリ小説です。

時給112000円という高額バイトに応募した12人の被験者が、とある建物で7日間過ごすというもの。
ひとりずつに鍵のかからない個室と、他人には秘密の武器が与えられ、夜の間は各自の部屋で過ごさなければならないというルール。
7日間のうちに建物内で起こったすべての出来事には、被験者は刑事責任を問われることはないという保証付き。それが傷害であっても、殺人であっても。。。
何も起こらずに7日間を過ごした場合のバイト報酬は約1800万円。
それが、殺人を犯した場合、探偵役として殺人犯を言い当てた場合、探偵役を補佐した場合などにはx○倍のボーナスがつくとのこと。反対に犯人として監獄に入れられた場合や、指名した犯人が違っていた場合には減額されてしまう。
初めのうちこそ、「みんなで穏やかに過ごしましょう」という雰囲気だったのが、最初のひとりが何者かに殺されたことによって、全員が疑心暗鬼になってしまうという心理状態の変化とそれによってとられる行動を何者かがモニターして楽しんでいるというからくりなのです。

閉鎖空間の中の12人がぴりぴりとヒステリックになっていくかと思いきや、なんだか読んでいてもあまり緊迫感がありませんでした。
さらっと読み終えて、なんだかぱっとしなかったので、珍しくもう一度ゆっくり読み返してみました。
謎解きが分かった状態で読むと、とっても印象の薄い伏線や、ヒントが隠されているのに気づくのですが、あんまり効果的でない印象は変わらず。
レビューは結構よいみたいだけど、いまいちでした。
面白くないワケじゃないのです。
素材は面白いのになぁ。同じ内容で、伊坂幸太郎に書いて欲しい。。。。

12人という登場人物が多すぎるのかも、と思ったら、映画では10人に減らされているようです。
映画の予告を見ると小説よりもスピード感がありそうな雰囲気だったので、少しは面白くなっているのかしら。
by daysofWLA | 2010-11-29 13:18 | 読んだもの
<< ドライアイ治りました Tangled(3D) >>